FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
ようこそ!
このブログにご訪問いただき、ありがとうございます!

makonaga png
ブログ管理人(ライター、デザイナー兼務)の『まこな。』と申します。
「あれ、ちょっと顔変わってない?」


このブログは2015年4月下旬に「気づかれないうちに・・・【日記とか戦国とか】」のタイトルで始まり、

2016年4月で開設1周年を迎えるのを機に、現在のタイトルに変更しました。


タイトルの「雑食系」というキーワードの通り、管理人の日記から日々思ったこと、

管理人の好きな戦国時代やFX(外国為替証拠金取引)のネタまで、

幅広いテーマでほぼ毎日更新しています。

また、ときどき数日間連続で特集記事を書くこともあります。

【過去の特集記事(リンク)】

「戦国時代の中国地方」(全17回)

「なるはやで戦国時代を知る10章」(全11回)

「2015年末特番・下剋上列伝ランキング」(全11回)

【リンクについて】

このブログへのリンクは、自由に行ってもらってかまいません。

なお、リンクを貼る際にコメント等でお知らせ頂けますと、

私から相互リンクのお願いをさせて頂く場合もございますので、ご利用ください。


↓【広告】↓








【ブログランキング参戦中!】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【こんなブログもやってます】
戦国時代の出来事ブログ。(ライブドアブログ)

追記でまこな。の簡単な自己紹介を載せています。

興味のある方は「続きを読む」からどうぞ。

[ようこそ!]の続きを読む
【その他】ようやく冬らしくなってきた2月後半の夜、ブログ主が”冬”を感じる幻想的な1曲を。

こんばんは。

毎週水曜日は、簿記2級の勉強会で留守にしています。 そろそろ折り返し地点になりますけど、なんとかリタイアせずに続いています。

今週末には今年1回目の試験も行われるそうで、ツイッターなどではまた解答速報が出るのかなぁ・・・次回の対策として、チェックしないと。


そんなことより、留守番動画・・・というか今回は”BGM”ですが、こちらを選びました。

「信長の野望」や「三国志」などの代表作を持つゲームメーカー・光栄(現:コーエーテクモゲームス)が手掛けた「ロイヤルブラッド」

地球の歴史で実際にあった時代ではなく「RPG的なファンタジーの世界」を舞台とした、一風変わったシミュレーションゲームです。

「邪悪なドラゴンに魂を売った国王の野望を阻止するため、辺境に追いやられた6人の貴族が正義の魔術師とともに立ち向かう」物語。

とはいえゲームシステムは「野望」とほぼ同じで、自分以外の貴族もすべて倒して全国を統一しないとエンディングにならないのですが(汗)


今回お送りするのは、プレイヤーが戦略コマンド(内政や軍備など)を行う時に流れる中から”冬”をモチーフにした1曲。

このゲームの中でも”春夏秋冬”の季節があり、3か月ごとに流れる曲も変わるのですが、その中でブログ主が最も気に入っている曲です。

真っ白な雪と冷たく澄んだ空気に覆われた世界で、妖精たちが無邪気に遊んでいるような・・・  部屋を暖かくしてお楽しみください(え)




にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】東西に長い山陰地方。 全国のニュースで”大雪”の見出しも、一概には言えないようで・・・?

こんばんは。

昨日の昼過ぎあたりから本気を出した「冬将軍2020」のおかげか、今朝は”今季2回目の積雪”となった出雲市の平野部です。

この時期の”大雪”を報じるニュースでは、山陰地方よりも北陸地方や東北地方の日本海側の様子を取り上げることが多いのですが

今日のお昼の全国ニュースでは真っ先に「雪で真っ白になった鳥取砂丘」の映像が紹介されていました。 

ブログ主も直接見たことは無いですけど、やはり報道する側は珍しくてインパクトの強い映像を使いたいのでしょうかね。


で、今日ブログ主が言いたいのは「ひとくちに”山陰”と言っても、東と西ではずいぶん違いがあるんすよ」という話。

全国ニュースで「鳥取砂丘も真っ白!」みたいな映像を、山陰地方以外(同じ天気予報を見る山陽地方は別かも)の人が見たら

「うわー、山陰地方は雪で大変だな。 松江とか出雲でもこんなに降ってるのかな?」とお思いになるのも、ごく自然なことと感じます。

しかしながら、鳥取砂丘のある鳥取市は鳥取県の最も東にあって、山陰地方(の平野部)では最も雪が積もりやすい場所なんです。

今回は鳥取県の西部にある米子市や、さらに西の島根県松江市でも「朝はJRが止まり、除雪車が出動する」くらいの積雪はありましたが

もっと西にあるブログ主の本拠・出雲市の平野部では、昼前には道路からは雪がなくなり、仕事から帰るのも全くいつも通りでした。

そして、島根県をさらに西へ進んだ”ある町”のスキー場は、今年は雪不足で1日も営業できず、今回の雪も”焼け石に水”だとか・・・


なので、興味のある方は山陰地方の地名を聞いた時に、「これは東西で言ったらどのへんにあるだろう?」なんて気にしてみて頂ければ。

だからと言って山陰地方の観光客や人口が増えたりはしませんけど、鳥取と島根を間違える”うっかりミス”は減ると思います(←うっかり?)


では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【戦国時代】日本の歴史ドラマ史上最も”イケメン”な足利将軍降臨・・・?(極貧漫画家からの大出世)

こんばんは。

大河ドラマ「麒麟がくる」、昨夜は第5話「伊平次を探せ」が放送されました。

鉄砲の秘密を知りたい光秀さん、美濃出身で鉄砲に詳しいらしい鍛冶職人「伊平次(いへいじ)」を探して、再び近江→京へと旅に出ます。 

室町幕府からの依頼で鉄砲を製造しているという「本能寺(!!!)」では、部外者の立ち入りを禁止する厳重な警備が敷かれていたが

中に伊平次がいるかもしれないと気が気でない光秀(背中には大事な鉄砲)、運悪く通りかかった幕府の武士から”職務質問”を受ける。

「怪しいものではない」と主張する光秀、しかし声をかけた幕臣・細川藤孝も「さては将軍様の命を狙う刺客だな!?」と聞く耳を持たない。

ついには互いに刀を抜き、白昼堂々の”真剣勝負”に・・・と思いきや。   「待て。」


本能寺の門から馬にまたがり出てきたのは、室町幕府13代将軍・足利義輝(当時の名乗りは”義藤”とも)その人。

ちょうど本能寺での用事を終え帰途につくところ、自分の部下と見知らぬ男が街中で斬り合いを始めようとしているのは穏やかでない。

義輝公、光秀と藤孝の構えを見るなり「両名は同じ流派の使い手と見える。 仲間同士の斬り合いはやめておけ。」と諭して去っていった。

同行していた実兄(光秀とは1話で面識あり)の三淵藤英(みつぶちふじひで)も間に入り、しぶしぶ刀を納める藤孝。 唖然とする光秀。


な、なんですかこの”イケメン”は・・・ こんな足利将軍見た事ない・・・


鳥取県境港市から太平洋戦争を経て漫画家を志したもののさっぱり人気が出ず、島根県安来市出身の妻とともに”極貧生活”を送りながら

(戦争で左腕を失って)右腕一本で漫画を描き続け、ついには6回もアニメ化された”国民的妖怪マンガ”を世に送り出したあの人
に瓜二つ。

・・・うん、あまりに説明が回りくどすぎました。 あとは「ゲゲゲの女房」で検索してもらえれば。(ちなみに藤孝は「雑誌の編集者」でした)

この義輝公なら、史実では散々苦しめられた三好長慶や松永久秀ともいい勝負になりそうな気が・・・(だからって歴史を変えちゃダメだけど)

というか大河ドラマで三好長慶とか細川晴元がキャスティングされるのっていつぶりなんだ!? それだけでもブログ主は満足なんですけど!


以上「いへじ」と打っても「伊平次」と変換されたパソコンからお送りしました。 ではー。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

【その他】皆様のおかげで38周年。 苦しい時は「結果は自然」と「再起動」でまた1年乗り切ります。

こんばんは。



今朝のツイッターでもお知らせしましたが、本日ブログ主は満38歳の誕生日を迎えました。 おめでとうございました(他人事か)

ブログやツイッターで知り合った方々からもお祝いのメッセージを頂き、自分が生きていても良かったんだなぁと思えた朝でした。

実際、学生~社会人の数年目までは「自分が努力すればなんでも叶えられる(=できないのは自分の努力不足)」と信じていましたが

30を手前にして心身に違和感を覚えはじめ、そして転げ落ちるように”メンタルの底なし沼”へ・・・ 生きていたくないと思った日も少なからず。

それでも家族や友人、職場の方、医療・福祉の関係者、ブログの向こう側の方などが差し伸べてくれた”何か”にしがみつくようにして

「やっぱりまだ死にたくはない、もう少し生きていたい」という思いを持って、ようやく岸まで這い上がったのが今のブログ主の姿かもしれません。


また心が挫けて”底なし沼”に沈んでしまいたくなる日が来ないとも限りませんが、いつまでも嫌な事から逃げ続ける訳にもいかないので

「自分にできる範囲の努力(というか準備)はして、後はなるようになる」くらいの心持ちで、自分を追い詰めないように歩みを進めたいです。

あとは、ヤバイと思ったら早めに休むなり遊ぶなりして心身を守る。 致命的なエラーが起こる前に再起動、パソコンやスマホから教わった。

そんな感じでまた1年、次の誕生日もそこそこ穏やかに迎えられたら良いなぁと思いながら、麒麟を待つことにします。 では。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村