FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
ようこそ!
このブログにご訪問いただき、ありがとうございます!

makonaga png
ブログ管理人(ライター、デザイナー兼務)の『まこな。』と申します。
「あれ、ちょっと顔変わってない?」


このブログは2015年4月下旬に「気づかれないうちに・・・【日記とか戦国とか】」のタイトルで始まり、

2016年4月で開設1周年を迎えるのを機に、現在のタイトルに変更しました。


タイトルの「雑食系」というキーワードの通り、管理人の日記から日々思ったこと、

管理人の好きな戦国時代やFX(外国為替証拠金取引)のネタまで、

幅広いテーマでほぼ毎日更新しています。

また、ときどき数日間連続で特集記事を書くこともあります。

【過去の特集記事(リンク)】

「戦国時代の中国地方」(全17回)

「なるはやで戦国時代を知る10章」(全11回)

「2015年末特番・下剋上列伝ランキング」(全11回)

【リンクについて】

このブログへのリンクは、自由に行ってもらってかまいません。

なお、リンクを貼る際にコメント等でお知らせ頂けますと、

私から相互リンクのお願いをさせて頂く場合もございますので、ご利用ください。


↓【広告】↓








【ブログランキング参戦中!】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【こんなブログもやってます】
戦国時代の出来事ブログ。(ライブドアブログ)

追記でまこな。の簡単な自己紹介を載せています。

興味のある方は「続きを読む」からどうぞ。

[ようこそ!]の続きを読む
【日常】久々にネット通販を利用したが、明日までに届くだろうか?

こんばんは。

今週火曜日に、ネットサーフィンの最中に”気になる本”を見つけ、買おうかと思いました。

昔ならまずは本屋に行って・・・となるところですが、今は実家にもネットがありますので通販サイトに直行。

中古品なら定価より安く手に入るものの、仲介業者が入ると面倒になりそうなので新品を選びました。

支払いもクレジットカードの一括払いにして、5分ほどで注文完了。

急ぎであれば”翌日お届け”にもできたのですが、急がないので通常の配送で金曜日到着の見込み、となりました。


ところが・・・以前このサイトを利用した際には、商品を発送したことを知らせるメールが届いたのですが

今回は受け取り予定日の前日である今日の夕方になっても、発送完了のメールが届いていません。

ニュースなどでも『ネット通販の普及で、運送業者の過重業務が問題になっている』と言われている影響でしょうか・・・?

繰り返しになりますが急ぎの荷物ではないですし、遅れても文句を言うつもりもないので、無事に商品が届いてくれることを願います。

あとは”不在で再配達”にならないように、荷物が届くまでは外出は控えなきゃ・・・ 幸い明日はスポーツジムも定休日だし。


果たして、荷物は無事に運ばれてくるのか? その結果は、明日のブログで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】今年の漢字が発表されました。 2位以下にも納得する漢字がズラリ。 

こんばんは。

すでにあちこちで報道されていますが、年末恒例の『今年の漢字』が発表されました。

一般からの投票で最も多くの票を集め、2018年の漢字に決まったのは『災』でした。

今年は地震・台風・豪雨といった自然災害の頻発に加えて、夏は『災害級の暑さ』と形容されるほどの高温となる日が続きました。

被災地を支援するボランティアや団体の活動も話題になり、改めて”防災・減災”の意識をしていかなければいけないと実感しました。

来年は、というよりこれからは『息災(そくさい、無事であること)』な日々が長く続くことを願い、また行動していきたいものです。


ところで・・・惜しくも受賞を逃した2位以下についても見ておきましょう。

2位 『平』  3位 『終』  4位 『風』  5位 『変』

6位『暑』 7位『大』 8位『最』 9位『新』 10位『金』

11位『成』 12位『米』 13位『震』 14位『退』 15位『天』 16位『水』 17位『雨』 18位『台』 19位『力』 20位『楽』


一斉に並べて見てみると、大まかですが2つのグループに分けられるような気がしませんか?

ひとつは『災』に関連して、災害や自然現象を連想させるもの(風・暑・震・水・雨・台)。

もうひとつは、来年5月の新天皇即位に伴って今年が『平成最後の年』であることを表したもの(平・終・最・成・退・天)。

今年一年を通じた国民の関心事として、この二つが特に大きかった要素であるといえそうです。 『変』は両方にかかってますし。

あとはオリンピックと高校野球の『金』とか、「半端ないって」の『大』とか。 皆様にとって印象深い文字は何でしたでしょうか?

ブログ主があえて一文字選ぶとしたら『鯖』かなぁ・・・ スーパーに行くと必ず缶詰売り場をチェックするようになってしまったので。

それはともかく、残り少ない平成30年。 息災で穏やかな日々でありますように。 では。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村


【戦国時代】”大坂城”はいつから”大阪城”になったのか? 調べてみたら色々出てきた。

こんばんは。

今朝の新聞を読んでいたら、『大坂』と『大阪』の違いについて書いている本の広告が出ていました。

戦国時代に詳しい方には常識なのかもしれませんが、現在の『大阪』という地名はかつては『大坂』と書かれていました。

1614~15年に徳川家康が大軍を率い、真田信繁(幸村)が大活躍した戦いも『大坂冬の陣・夏の陣』と書くことが一般的です。

しかし、その本の著者は広告の中で『昔の大阪のことを”大坂”と書くのはやめよう』という主張をしているようでした。

本そのものを読んだ訳ではないので何とも言えないのですが、気になったので詳しい経緯を調べてみました。


いきなり歴史とは関係ない切り口ですが、そもそも”坂”と”阪”はどちらも「傾斜のある地形」を表す”双子”のような漢字で

戦国時代から江戸時代ごろまでは、文書や手紙などで使うのは”大坂”でも”大阪”でも問題無かったらしいのです。

ただ、当時の文献などでは”大坂”と書いてあることがほとんどで、現在と同じ”大阪”が使われることは少なかったそう。

その傾向にならって、歴史(特に明治維新以前)の話題で”大阪”という地名が”大坂”と書かれがち、という現象が生まれました。


そんな”大坂”の優位が逆転したのは、江戸時代も後期になってから(おおよそ1800年頃)。

『大坂の”坂”という字は、”土に返る=死ぬ”を連想して縁起が悪い』という意見が世の中に広まったから、とか

幕末の時代に『”坂”という字が”武の謀”を連想させ、政治的に問題がある』とされたから、とか

その理由には諸説あるのですが、最終的には明治元年に『大阪府』が設置されたことにより、”大阪”が正式な表記となりました。

それでも庶民の間に定着するまでには時間がかかり、明治10年代頃までは”大坂”の字も使われ続けたと言われております・・・


で、大阪城についても『どちらが正解でどちらが間違い』ということは言えないにしても、歴史ファンの間では

『江戸時代までの話題では”大坂城”、明治時代以降の話題では”大阪城”』と使い分けている人が多いように思いました。

ちなみに、”ネットの百科事典”ことウィキペディアでは項目名が『大坂城/大阪城』と併記されていて

「どちらが正しいか間違いかは問題にしない」と言われているような、ネット社会ならではの配慮が伺えました。

ブログ主としては、戦国ネタでは”大坂”を使った方がしっくりくるので、今まで通りで行きます。 ”大阪”派の皆様、どうかご了承を。


では、今日はこんなとこで。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
【雑感】スポーツ観戦の面白さは、勝ち負けの分かりやすさに比例する説。

こんばんは。

案の定というか、週明けのワイドショーは『貴ノ岩関の電撃引退(金曜日の午後)』の話題で持ち切りでしたね。

ブログ主も好きで見ている訳ではないのですが、父が一日中テレビを見ていて、食事時はそれに付き合わざるを得ないのです・・・

もういい加減『誰が悪い』とか『気の毒だ』とかは聞き飽きたので、九州巡業の話題でも出してくれませんかね・・・


それでも人気が衰えないほど今の相撲は面白いらしく、来年初場所の前売り券はすでに売り切れたそうです。

確かに、大きな体の力士ふたりが土俵に上がり、力と技を駆使して攻防を繰り広げる様子は見ていて興奮します。

『相手を土俵の外に出すか、足の裏以外を地面につけたら勝ち』という勝ち負け判定の分かりやすさも、いいですね。

他の格闘技だと『ポイントによる判定勝ち』や『反則行為で指導が入る』など、計算しながら見ないといけない事もあって

それはそれで面白いという部分もあるのですが、やはりルールや勝ち負けは単純なものである方が入りやすい気がします。


一方・・・父は野球やサッカー以上にラグビーが好きで、テレビ中継があると必ず観戦します。

兄弟にラグビー経験者がいた父は、テレビを見ながら『今のは○○の反則だ』とすぐに反応するのですが

ブログ主は反則の名前や実況・解説の音声を聞いても、なぜプレーが止まったのか分からなかったりします。

最近は『今のは”ノックオン”といって、ボールを身体の前で地面に落とす反則です』などと字幕による解説が入ったりします。

おそらく、日本で来年開催される『ラグビーのワールドカップ』をより楽しんでもらうため、テレビ局も工夫をしているのでしょう。


ラグビーに限らず、点数を競うゲームでは『どうやったら点数が入るのか』が分からないと、見ている方も盛り上がれないですし

逆に細かいルールが分からなくても『どんな作戦で点数を取るか、それを防ぐか』が分かってくれば、ある程度は楽しめると思うのです。

個人的には『決まったー、ゴール!』の場面より『(外して)あー、惜しいー!!』の方がテンションが上がるのですが、皆さんはどうですかね?

もちろんお気に入りの選手やチームを見つけて、その戦いぶりをひたすら追いかける楽しみ方もイイと思います。 スサノオ! ガイナーレ! 松江シティ!!


そして年末年始は駅伝シーズン。 全国高校駅伝、都道府県対抗駅伝、ニューイヤー駅伝に箱根駅伝・・・ どんなドラマが待っているのか。

今から楽しみにしつつ、師走の一日は暮れてゆくのでした。  では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村