FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
ようこそ!
このブログにご訪問いただき、ありがとうございます!

makonaga png
ブログ管理人(ライター、デザイナー兼務)の『まこな。』と申します。
「あれ、ちょっと顔変わってない?」


このブログは2015年4月下旬に「気づかれないうちに・・・【日記とか戦国とか】」のタイトルで始まり、

2016年4月で開設1周年を迎えるのを機に、現在のタイトルに変更しました。


タイトルの「雑食系」というキーワードの通り、管理人の日記から日々思ったこと、

管理人の好きな戦国時代やFX(外国為替証拠金取引)のネタまで、

幅広いテーマでほぼ毎日更新しています。

また、ときどき数日間連続で特集記事を書くこともあります。

【過去の特集記事(リンク)】

「戦国時代の中国地方」(全17回)

「なるはやで戦国時代を知る10章」(全11回)

「2015年末特番・下剋上列伝ランキング」(全11回)

【リンクについて】

このブログへのリンクは、自由に行ってもらってかまいません。

なお、リンクを貼る際にコメント等でお知らせ頂けますと、

私から相互リンクのお願いをさせて頂く場合もございますので、ご利用ください。


↓【広告】↓








【ブログランキング参戦中!】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【こんなブログもやってます】
戦国時代の出来事ブログ。(ライブドアブログ)

追記でまこな。の簡単な自己紹介を載せています。

興味のある方は「続きを読む」からどうぞ。

[ようこそ!]の続きを読む
【日常】

こんばんは。

天皇誕生日の振替休日となった今日は、特に外へ出る用事もなく自宅で簿記の勉強をしていました。

午前中(工業簿記)と午後から(商業簿記)でそれぞれ2時間ずつくらい、合間に休憩がてらゲームを挟みつつ・・・

仕事のある日はどうしても自学にとれる時間が限られるため、試験までの休日で可能な限り進んでおきたい気持ちがありまして。

ひとまず最初に購入した教科書が一通り終われば、あとは何をすればいいかを考える”余裕”も出てくると思うので、急がず怠けずですね。


それと、大相撲春場所の番付が今朝発表されましたが、「横綱大関」の文字が復活しました。

大相撲の番付編成上、”三役(大関・関脇・小結)”は必ず東西に各1名ずつ置かなければならない決まりがあり(横綱は不在でも良い)

初場所終了後に引退を表明した(元)豪栄道関が大関の地位を失い、10勝すれば大関に復帰できた関脇・髙安関も負け越してしまったため

春場所の大関は貴景勝関ただ一人となり、規定を満たせなくなったことから、西の横綱・鶴竜関が(番付上は)大関を兼ねる形となりました。

また、役力士が7名となったことで平幕力士の数が増え(幕内の定員は42人で変わらない)、「前頭18枚目」が出現したのも珍しいです。

鳥取県出身の横綱・琴櫻さんが祖父、現在の佐渡ヶ嶽親方が父親という22歳の新鋭・琴ノ若関が新入幕で「東前頭18枚目」に座ります。 

貴景勝関や朝乃山関といった”伸び盛り”の力士だけでなく、初場所で初優勝した33歳の徳勝龍関などのベテランも侮れないという

まさに解説者泣かせ、”群雄割拠”の春場所で覇権を握るのは果たしてどの力士か・・・といったところ。  無事に開催されればですが(おい)


・・・あ、麒麟の話が入り込むスキがない。 三好長慶、細川晴元、そして足利義輝、大河ドラマで彼らに脚光が当たる日が来るとは(感無量)

あくまで主役は明智光秀で、歴史上の出来事にも何らかの形で絡んでくるのですが、「前半生が良く分からない」彼だからできる演出かと。

個人的には、ユースケ・サンタマリアさん演じる朝倉義景の登場が待ち遠しいです。 「ぷっすま」は学生時代によく見てたなぁ・・・(関係ない)


ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村


【日常】明日は職場主催(?)の健康診断へ。 3年ぶりに生活習慣への評価が下される・・・

こんばんは。

いきなり本題に入りますけど、明日は午前中に職場がセッティングした”年に1度の健康診断”を受けてきます。

昨年は仕事そのものをしていなかったし、一昨年は派遣先の職場で連絡ミスがあって受診の時期を逃してしまったため、3年ぶりの受診です。

いちおうまだ40になる前なので、胃や大腸にカメラを入れる検査は無いのですが、あと数年したらやらんといかんのやろなぁ・・・(´_ゝ`)

昨年の12月からジムに通い始め、生活の中に運動を取り入れる意識や習慣を(わずかながら)育てたことが、吉と出れば良いのですが。

とりあえず、”要精密検査”とか”要治療”といった望ましくない結果が出ないことを祈るのみです。 ブログ主の運命やいかに。


と、今日は短いですがこれで。 夜9時から飲食は一切禁止(水もダメなんだって!)なので、早めに寝ます。 ではまた。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【再放送2019】 第8話『アイツは”稀代のワル”でした!? 魔王も認めたニクイ奴』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物(一人二役)】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。
おっす!おら信長(文中「長」):ゲスト解説者という設定の、信長のまねっこ。
                   


【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  毛利元就・徳川家康

 5位(同率)  長尾為景・宇喜多直家

 4位      豊臣秀吉

(ランキング圏外の紹介⇒番外編

 3位      斎藤道三

 2位      ????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――



(CMが終わったつもり)

makonaga png

ま「戦国武将下剋上ランキングも、いよいよ大詰め。第2位の発表です。」



デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャジャン!!



第2位 松永久秀(まつながひさひで)

 立身出世度:☆☆☆☆・  素性の分からぬ三好一族の側近

 下剋上度 :☆☆☆☆・  将軍や大仏にも情け容赦なし

 権謀術数度:☆☆☆☆☆  悪巧みの知能指数は天下逸品

 危険人物度:☆☆☆☆☆★ 信長公認、掟破りの満点超え!

 人気知名度:☆☆☆☆・  怪しい魅力のダークヒーロー

 繁栄存続度:☆☆・・・  名物の茶器ごと爆死?して滅亡




ま「第2位は、松永久秀(まつながひさひで)。

  総合点数は25点でした。」


のぶさま2019

長「久秀が2位とな。 間違いなく1位だと思っておったがのう。」

ま「そうですか。」

長「うむ、こやつの所業には余も驚かされたでな。

  なにしろ、並の人間にはできぬ事を3つもやってのけおった。」


ま「では、せっかくですのでその“3つの悪事”の解説は信長さんから。」


長「まず一つ目は、自らが仕えた主家の三好家を事実上“崩壊”させたこと。」

ま「松永久秀は、信長さん以前に京の周辺を支配した、三好長慶の家臣だったんですよね。」

長「左様。

  どのような素性なのかはよく分かっておらぬが、長慶にはずいぶんと重用されたらしい。

  しかし、ある時期から長慶の親類縁者が相次いで謎の死を遂げる。

  これらは久秀が裏で手を回しておった、とする噂が絶えなかったのじゃ。」


ま「主なところでは、長慶の弟の安宅冬康(あたぎふゆやす)と十河一存(そごうかずなが)、

  それに長慶の跡継ぎ息子だった三好義興(みよしよしおき)などですね。」



長「親族を次々に失い精神を病んでしまった長慶は、ほどなくして病死する。

  そして三好家は久秀の一派と、同じく重臣であった“三好三人衆”の勢力とに分裂してしまった。

  これと前後して、久秀は大和(やまと、現在の奈良県)の地に自らの城を築き

  三人衆の勢力に対抗して畿内における影響力を確保するべく、余に接近してきたのじゃ。」


ま「それにしても、主君の親類すら平気で亡き者にするような危険人物を、なぜ信長さんは受け入れたんですか?」

長「実は、こやつは余と趣味が合うというのか、茶道の名品を数多く所有しておってな。

  そのうちの一つを余に譲り渡すことを条件に、協力を求めてきおったのじゃ。

  相手の利益や好物で釣って要求を通すのは交渉の初歩じゃが、確かにうまいやり方よの。」



ま「何と言うか、抜け目がないですね。で、二つ目は?」

長「室町幕府の現役将軍・足利義輝(あしかがよしてる)の宿舎を襲い、殺害した。」

ま「応仁・文明の乱以降、幕府の将軍を京から追放した武将は何人かいましたが…。

  命まで奪うのは“やりすぎ”というか、いかにも久秀という感じですね。」


長「まぁ、これには三好の跡継ぎ(義継)や例の三人衆も絡んでおったようじゃがの。

  ただ、この義輝は相当な剣の使い手であったそうで、敵に囲まれてからの抵抗はすさまじいものだったと伝わっておるぞ。」


ま「一説には、将軍家に伝わる名刀をとっかえひっかえしながら、襲いかかる敵を次々に斬って捨てたとか…。」

長「互いに実際の光景を見たわけではないから、責任は持てぬがの。

  しかし最後は力尽き、京は完全に三好一族の手に落ちたのじゃ。」



ま「そして、三つ目ですが…。」

長「おぬし、東大寺(現在の奈良県奈良市)の大仏は知っておるか?」

ま「えぇ、修学旅行で見たことがあります。」

長「その大仏、実は余の時代に一度焼き払われておる。


ま「確か、江戸時代に寄付を募って再建されたんですよね。」

長「何じゃ、知っておったのか。」

ま「ずいぶん前になりますけど、“ヒス○リア”で見た覚えがあって…。」

長「だから、特定の放送局に媚びを売るのもほどほどにせい。

  ともあれ…その大仏が焼失した際にも、久秀がその場におった可能性が高いのじゃ。」


ま「三好三人衆との戦いの最中の出来事だったと聞いています。」

長「うむ。どちらかの陣営が意図的に火を放ったのか、

  あるいは何かの拍子に飛び火したのかもしれぬが、罰当たりなことよ。」



ま「で、久秀はこの後も信長さんを頼ったり寝返ったり降伏したり裏切ったりを繰り返し、

  最後は居城の大和・信貴山(しぎさん)城に追い詰められて、自害したんですよね。」


長「久秀には、茶道の名品『平蜘蛛釜(ひらぐもがま)』を譲れば命は助ける…と

  使者を通して伝えてあったのだが、あろうことか奴はその茶釜に火薬を詰めて爆発させ

  文字通り城ごと“吹き飛んで”しまったのじゃ。あれには驚いたのう。」


ま「(小声で)…ここまでお互いに見てきたような事を言ってますが、台本のセリフです。

  久秀が働いた悪事の虚実や、その最期には諸説あります。 ご了承ください。」


長「何をこそこそしておる?」

ま「いえ、別に。」


長「ともかく、人間の短い一生のうちで奴ほどの所業を働いた存在というのも珍しい。

  それをも上回る戦国武将がおるとは驚きじゃ。 第1位はいったい何者ぞ?」


ま「…という所で、大変残念なのですが信長さんは別の仕事があるため、出演はここまでとなります。
  (いろいろあって時間も押しちゃったし…)」


長「是非もなし。 だが有意義な時間であった。 いずれまた語らおうぞ。」

ま「ありがとうございます。」

長「あと、こんな事もあろうかと余の”芸人仲間”を呼んであるゆえ、よろしく頼むぞ。」

「え!? いやそんなの聞いてないですけど、誰なんですかそれ

長「蘭丸、馬を引けぃ!」

(のっしのっし、と退場)


ま「(えぇ…) き、気を取り直してこの後は第1位の発表です! チャンネルはそのまま!」

誰ですかアナタは

(じーーーーーーっ…)


ま (なんかさっきからすごい視線を感じるけど、あの人じゃないよね…??)


【次回、感動(?)の最終回! 謎の芸人(??)の正体は?】

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
【未分類】不定期ながら、更新再開します。
こんばんは。

前の記事から、またしばらく間が空いてしまいました。

父の様子ですが、不安だった血管の詰まりによる容態の急変は見られず

先週の始めに集中治療室から一般病棟に移り、点滴と投薬を受けています。

まだ食事はできませんが、少しずつ体力や気力が戻りつつあるのを感じます。

今日からは本格的なリハビリ(日常生活のための訓練療法)も始まり、ひとまず窮地は脱したと思われます。

私自身も、もうしばらくは実家と病院を往復する日々を続ける必要があって

パソコンからネットに繋ぐことができない状況にありますが

自分のことを考える余力も少しは見えてきて、まだこのブログを見てくれている方もいるようなので

毎日とはいかないまでも、気が向いた時にはスマホからブログを更新したいと思います。

父のリハビリと同じで、少しずつ以前の状態に近づけていくことができるようにやっていきます。


では、近いうちにまたいつか。