そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【真田丸】第48話視聴。

こんばんは。

今日も、見にきてくれてありがとう。

大河ドラマ「真田丸」は、第48話「引鉄(ひきがね)」。

これが終わると、もうあと2話になってしまいました。

これだけしっかりと大河ドラマを見続けたのは、初めてですね。

最終回が終わったら、いわゆる「○○ロス」の状態になりそうな予感がします。

果たして、どんなラストシーンになるんでしょうか。

それも気になりますが、今回のあらすじをどうぞ。

・徳川と豊臣の和議は為り、家康は陣を払い京へ移る。

それを知った真田幸村(信繁)は、佐助に家康の暗殺を命じる。

首尾よく家康の宿所に忍びこんだ佐助の刃は、確かに家康を仕留めた、かに見えたが・・・。

・影武者を犠牲にしながらも、家康は京に入り、のち駿府に帰った。

大坂城に対しては、牢人たちをすぐに城から立ち去らせるよう圧力をかける。

幸村と大野治長は「牢人がいなければ豊臣家は滅ぼされる」という意見で一致し

時間稼ぎと同時に、城内の士気と結束の維持に注力することになる。

・幸村は家康と裏で通じていた織田有楽斎を大坂城から追い出し、

牢人たちの家族らを城に入れるなどして、束の間の平穏が訪れる。

しかし、やはりと言うべきか、大坂城は一枚岩になれなかった。

治長の弟・治房による不祥事に始まり、褒美の金で武器を買い集め

さらに堀を掘り直すに至った牢人たちを、幸村は止めることができない。

あまりにも早く家康に大坂城攻めの口実を与えることになり、焦る幸村。

しかし、天は幸村を見捨てたわけではなかったようだ。

城の庭の畑から掘り出された、利休の印が入った木箱の中に入っていたのは・・・!

あとは、コネタをちまちまと。

・「無事に帰れたら、夫婦になっ」「ごめんなさい」(ドロン)

佐助の真剣なプロポーズ、あっけなく撃沈。

フラグをへし折るきりちゃんの思い切りの良さ、思わず笑いました。

・家康の影武者は、「そうだろうなー」とは思いました。

戦国モノの小説やドラマで、影武者の話はよくありますからね。

主に、今回のように「暗殺されかけた時の身代わりになる」とか

「本人が死んだ後に、バレないよう本人に成りすます」設定が多いですが

ユニークなところでは、昔読んだマンガで

「家康が忍術の達人で、普段は服部半蔵に扮していた」なんてのもありました。

・城内に畑を作っていたのが、今回の最後のシーンに繋がっていたとは。

利休の印もそうですが、こういうのを「伏線」というんですかね。

何度も言うように、私は普段ドラマを見ないのですが

続けて見ていると、後で設定が生きてくるのは楽しいですね。

あと2回、どんな仕掛けが待っているか楽しみです。

そんなところで、今日はこれまで。

ありがとうございました。

【真田丸】第47話視聴。

こんばんは。

週の初めなのに、頭痛いしお疲れモードな人です。

それでも、大河ドラマ「真田丸」のレビューはやりますよ。

第47話「反撃」を振り返ります。

・徳川の陣地から放たれた大砲の弾丸は、大坂城の天守に命中。

茶々の従者に死傷者が出たことで、城内の空気は一気に和睦へと傾く。

真田幸村(信繁)ら牢人の思惑をよそに、両家は条件のすり合わせに入るのだが・・・

・和睦交渉の席に家康の知恵袋・本多正信が出てくることを危惧した幸村は

女性の使者をたてるよう進言、茶々の妹・初に白羽の矢が立つ。

しかし、牢人に否定的な大蔵卿局も同席することになり、怪しい雲行きに。

さらに、徳川方の使者・阿茶局は、ある意味正信より手強い相手だった・・・

・和睦の条件は、豊臣方にかなり譲歩した内容となっていた。

何か裏があると察した幸村の不安は、現実のものとなる。

実は、文書には無かった「真田丸の取り壊し」や「堀の埋め立て」を

大蔵卿局が二つ返事で了承してしまっていたのだ。

憤慨する幸村たちに対し、悪びれる様子もなく「豊臣家のため」と言い張る大蔵卿局。

切り札を全て失った幸村は失意に沈むが、そこに秀頼と牢人たちが現れて・・・!

・江戸の信之兄ちゃんは、お通のもとに通っていたのが妻たちにバレて修羅場に。

おまけに、高額の料金まで請求されて目を白黒させるばかり。

前回は出浦様のおかげでネバネバまみれになるし、受難は続きそうな予感。

大坂城にいる弟より、自分の心配をした方がいい兄ちゃんでした。

それにしても、大蔵卿局がやらかしてくれますねぇ。

戦国時代は(いくら美化しても)奪い合い、騙しあいの世界。

家康がこんな都合のいい約束を出してくるということは、

いずれ反故にするつもりであろうと、幸村や昌幸でなくとも気づくはず。

ただ、家康の表の顔しか知らない大蔵卿局は、まんまとその術中にはまり

大坂城と豊臣家を、窮地に追い込んでしまったのです。

「家康の言うことを聞けば、豊臣は助かる」と本気で思っていたのでしょうか。

牢人の存在を毛嫌いする反面、権威にはとことん弱そうですもんね、この人。

しかもその自覚がない分、有楽斎よりタチが悪いかも。

でも、これまでのドラマなどでは「茶々が滅亡の原因」と描かれることが多くて

その汚名を彼女にかぶせる演出なのかも?という意見もあるようで。

彼女の心の闇は、最終回までに語られるのでしょうか。

そういう意味でも、残り3回も見逃せません。

最後に・・・あえなく「ナレ死」となってしまった片桐先生に、合掌。

【真田丸】第46話視聴。

こんばんは。

大河ドラマ「真田丸」も、あと5話となりました。

巷では流行語大賞の候補が発表される時期になりました。

残念ながら、我らが(?)「黙れ小わっぱ!」はノミネートを逃しましたが

ファンの間では盛り上がっているので、良しとしましょうか。

それでは、第46話「砲弾」のあらすじです。

・『真田丸』の攻防で徳川軍を大いに打ち破った真田幸村(信繁)は、

追撃にはやる豊臣秀頼を落ち着かせ、豊臣軍勝利への策を説く。

同時に、母親の茶々や周囲の取り巻きに容易く左右される秀頼に

大坂城の主として、威厳と自信を持つよう諭すのだった。

・一方、苦汁をなめた家康は正攻法で被害が拡大するのを危惧し

調略を用いて大坂城の士気を切り崩す作戦に切り替える。

幸村の叔父・信☆(☆は伊のつくりの部分)を探しだして交渉に向かわせるなど

あの手この手で揺さぶりをかけるが、幸村はその都度冷静に対処する。

・その頃、江戸にいた信之は思いもよらぬ行動に出ていた。

元豊臣家臣の平野長泰とともに、大坂城に兵糧を差し入れようというのだ。

妻の稲とともに信之を止めようとしたのは、 長らく臥せっていたあの男だった。

・にらみ合いが続く中、大坂城に突如として「和議」の提案が持ち上がる。

その仕掛け人は、裏で家康と通じていた織田有楽斎だった。

幸村は必死に反対するが通らず、最終的には茶々に懇願する形で

一度は秀頼が下した「和議」の決定を覆させる。

「全てはこの戦いに勝つため」困惑する秀頼にそう言い放ち、幸村は前を向く。

・しかし、家康にはとんでもない「秘密兵器」が残っていた。

全ては、この時のための時間稼ぎだったのかもしれない。

天守に向けられたイギリス製の大砲が火を吹いたその時、

秀吉が築いた天下の象徴・大坂城は、崩壊への秒読み段階に入る・・・。

この終盤で改めて言うことでもないのですが、

歴史好きには嬉しいコネタを仕込んであるのがいいですね。

前には、家康が「真田が大坂城に入った」と聞いた時に

「それは父(昌幸)か、子(幸村)か!?」と震えながら聞き返した話とか

今回で言うと家康が幸村を引き抜くために10万石の条件を提示した、とかですね。

自分が知っているエピソードが出ると、楽しいものです。

あと、今回のラスト付近で夜襲をかけるシーンがありましたが

言い出しっぺの武将・塙団右衛門が、自分の名前を書いた木の札を

ばらまく描写があり、これも歴史好きにはお馴染みの逸話です。

自分の手柄であることをアピールしようとしたらしいです。

ちなみに詳しく調べたところ、団右衛門の子孫は江戸時代に

島根に流れ着き、現在では地元の名家となっているそうです。

機会があったら、その伝承が残る街に行ってみたいと思いました。

残りはあと4回、来週は47話「反撃」です。

【真田丸】第45話視聴。

こんばんは。

大河ドラマ「真田丸」のレビューも、スマホからです。

第45話のサブタイトルは「完封」でした。

あらすじを振り返っていきましょう。

・1614年11月、徳川家康の号令で全国から集まった

30万の大軍が、大坂城を取り囲むように布陣した。

ほどなくして、城の外の砦を巡る戦闘が発生。

「大坂冬の陣」が始まったのである。

砦を奪われた大坂方には、戦の他にも懸念があった。

それに感づいた真田幸村(信繁)は、あの「怪しい男」の動向を探る。

・対する家康は、幸村が築いた「真田丸」を警戒していた。

城の南に陣取る部隊には「うかつに攻めるな」と指示を出す一方、

関ヶ原での「貸し」がある上杉景勝を脅し、「真田丸」の攻略を命じる。

さらに、真田信政の隊もこれに加わるよう命じる家康。

信之が避けたかった事態が、現実になろうとしていたが・・・。

・佐助から知らせを受けた幸村の決断は早かった。

幸村は息子の大助に策を授け、城外の敵を挑発させる。

これに乗った前田隊に加え、負けじと後を追う井伊・松平隊が

我先にと真田丸へと押し寄せる。  幸村の狙いは当たった。

上田城で見た父・昌幸の戦を、自らが再現する時がやってきたのだ。

果たして、真田の軍略は三たび徳川を退けることが出来るのか!?

やはりスマホで長文を打つのは大変ですね。

ずっと下を向くので首も痛くなりますし。

早くパソコンに復帰したいですね・・・

それはともかく、真田丸を巡るこの攻防は大坂方の大勝利。

家康が懸念していた通りの結果となりました。

真田勢同士の激突も避けられて、それも良かったですね。

細かいことですが「井伊の赤備え」に幸村が言及したのは

来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」への伏線か。

はたまた、三谷さんのサービス精神なのでしょうか。

どうせなら「ひこにゃん」の元ネタとか語ればいいのに(こらこら)

というあたりで、またしても真田に一杯食わされた

「ラスボス」家康は、次に何を仕掛けてくるのでしょうか。

いよいよ残り5話、カウントダウンの第46話「砲弾」をお楽しみに。

【真田丸】第44話視聴。

こんばんは。

昨日は心配をおかけしてすみませんでした。

体調の方は万全ではないものの、ある程度は回復しました。

でも週明けの残業は避けられず・・・全身の疲労感は残っています。


それでも、書かずにはいられない大河ドラマ「真田丸」のレビュー。

第44話「築城」で、ついに「幸村の城」とも言える『真田丸』の全貌が明らかに。

視聴者を(いい意味で)裏切るオープニング&エンディングの演出も相まって、

ドラマのクライマックス「大坂の陣」に向かう布陣は整いました。


それでは、いつものようにあらすじから。

・幸村(信繁)の献策もむなしく、籠城と決まった大坂城の豊臣軍。

 次善の策を考えることを怠らない幸村は、大坂城の弱点が南であることを見抜き

 城の南・平野口を固める出城を作ることを思いつくが、そこには意外な先客が・・・。


・幸村ら5人の大将は、自らが陣頭に立って徳川軍を迎え撃つ布陣を提案する。

 しかし、織田有楽斎や大蔵卿局は「牢人は信用できない」の一点張りでこれを却下。

 「もはや我慢ならん、城を出る」といきり立つ後藤又兵衛や毛利勝永をなだめる幸村。

 そこへ大野治長がとりなすことを申し出て、出城の建設は秘密裡に進むことになった。


・出城の建設と平行して、幸村は武田家伝統の「赤備え」を復活させようとしていた。

 「赤備え」とは、兜から鎧・具足まで赤で統一した、かつての武田軍の精鋭部隊である。

 漆の塗り方まで細かく指示を出す幸村の前に、有楽斎が現れる。

 その口から放たれたのは、とんでもない一言だった・・・。


・出城の建設すら許さない上層部の采配に、もはや憤りをも通り越した幸村ら牢人たち。

 本気で城を捨てることを考えた彼らを救ったのは、豊臣秀頼本人の言葉だった。

 「私が許す。この出城、仕上げよ」

 秀頼は、母である茶々にも「この城の主は私です。彼らがいなければ、我らは負けます」と説得。

 こうして、出城はついに完成。翻る六文銭の旗。幸村は高らかに宣言する。

 「ようやく私も城持ちになった・・・ 城の名は、『真田丸』よ!!」

 (ここでオープニングテーマ)



今回のラストシーンは、文句のつけようが無いほど格好良かったと思います!

第1話で信濃から船出した『真田丸』が、ついにあるべき場所にたどりついたという感じで。

いよいよ、後世に「日本一の兵(つわもの)」と語り継がれることになる、真田幸村の戦いが始まります。

ドラマを見ていない人も、今からでも遅くない。このブログの記事を読んで、次回以降に備えるのじゃ!(うざい?)

・・・うざいといえば、きりちゃんはどうしてるのかな(←おい)


さて、あとは気になった小ネタをいくつか並べます。

・幸村に先駆けて出城を作る提案をしていたのは、なんと又兵衛。

 しかし「徳川に勝つための城」を作りたい幸村とは対照的に、

 「敵の矢面(やおもて)に立って華々しく散る」ためだった、というのは面白い設定。

 結局、幸村の緻密な作戦に納得した又兵衛は折れ、『真田丸』の構想が動きだします。


・そんな幸村らの作戦にことごとく難癖をつける男、織田有楽斎。

 織田信長の弟であり、茶々の叔父にあたる存在です(茶々の母・お市と同じ年生まれの兄か弟)。

 その縁で秀吉の代から豊臣家に仕えており、大坂城内での発言力はかなりのもの。

 しかし、実は関ヶ原の戦いでは徳川家康に接近して東軍に加わった経歴もあり、

 今回の戦いでも、本気で豊臣家を勝たせようと思っているのかどうかは分かりません。

 また、武士というより茶人として有名になった彼は、戦になるのを避けようとしていたとも言われ・・・

 「牢人は信用できぬ」と再三言いながら、彼自身は信用に値する男なのか? 今後に注目です。


・再登場の出雲阿国さん、まさかの「自分は二代目」発言(役者は同じ)。

 服部半蔵も同じ役者の二代目が出てきたから、違和感はそれほど無かったけど。

 そう考えると、30年前から全く見た目が変わらない与八も、実は二代目だったりして(妄想)

 最近は斉藤道三のように「実は親子二代でした」説が有力な武将もいるしなぁ・・・

 まぁその辺は、見る側の想像におまかせってことで。


・「真田の赤備え」として後世に伝わる、幸村とその配下の真っ赤な装備。

 ルーツをたどれば、前述のとおり真田家が仕えた甲斐武田家に行きつきます。

 勇将揃いの信玄配下の中でも武勇随一と称された飯富(おぶ)虎昌と、

 その弟で武田四名臣の一人とされる山県(やまがた)昌景が率いたとされます。

 また、武田家が滅亡し、その遺臣を多数召し抱えた徳川家康の家臣・井伊直政は

 その武勇にあやかろうと「赤備え」部隊の継承を志願した、と言われています。

 直政は「真田丸」には登場しませんが、来年の大河では「井伊の赤備え」にも注目したいですね。



あぁ、疲れているのについつい語ってしまった。

年老いたのに戦の話になると張り切る、家康のことを笑えないね(←誰が年寄りやねん!)


次回はついに大坂冬の陣が開戦します。

第45話「完封」にご期待ください。

あと、明日から再開(予定)の旅日記もね。



にほんブログ村