そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【関心事】もういくつ寝ると、ハッピーハロウィン! ・・・何がめでたいねん。

こんにちは。

昨日今日とぐずついた空模様が続く山陰地方は、すっかり秋の空気に入れ替わったようです。

体調はひとまず持ち直したとはいえ、気を抜くと朝晩の肌寒さにやられてしまいそうな気配。

こういう時はしっかり栄養と睡眠を確保して、すこやかな毎日への足場固めをしたいものです。


さて・・・今日の話題ですが、10月恒例のイベントとして日本でも定着した感のある『ハロウィン』です。

特にここ数年は、思い思いの仮装をして夜の街を練り歩く若者の姿を、テレビなどで見る機会も増えたように思います。

私の住まいは地方なので、そういう風景に出くわすことはそうそうありませんが、お店で特設コーナーを見かけることはあります。

そこで決まって書かれているのが、今日のタイトルにした一文。  そう、『ハッピーハロウィン!』です。


もともとハロウィン(ハロウィーン)は海外発祥の行事で、どんな意味があるのか正直なところ私もよく知りません。

そのうえで考えたのが『ハッピーハロウィン』というからには、ハロウィンにはめでたい意味があったのかな? という点です。

ほら、日本でもおなじみの『ハッピーバースデー』は”お誕生日おめでとう”だし、『ハッピーニューイヤー』は”あけましておめでとう”じゃないですか。

その法則に従うと、『ハッピーハロウィン』は”ハロウィンおめでとう”になるわけですよ。 

ハロウィンって、何かのお祝いをする日だったんでしょうか。 お化けやコウモリにお祝いされてもなぁ・・・なんて気もします。

まぁ、そこまで深く考えるのも野暮(ヤボ)というものかもしれません。 周りが楽しんでいるならそれに合わせて・・・


(ピロリロリーン♪)


・・・記事の途中ですが、ここで新しい情報が入りましたのでお伝えします。

ブログ管理人がハロウィンについてネットで調べたところ、その起源や風習には諸説ありますが

元々は2000年以上前のヨーロッパで、ある民族の暦における年の変わり目を祝う行事だった、ということです。

また、ちょうど秋の収穫の時期とも重なることから、収穫祭としての意味合いもあった、という報告もあります。

やがてこの風習がキリスト教に取り入れられ、お祝いの行事として欧米諸国に広まったものとみられています。

なお、『なぜ仮装をするのか』や『なぜお化けやコウモリなのか』については、現在も調査中とのことです。

また新しい情報が入りましたら、お伝えします。


・・・なるほどなぁ。 ちゃんと意味があったんですね。

というわけで、ハロウィン当日には皆さんもどうぞ心置きなく『ハッピーハロウィン!』とあいさつしてみましょう。
相手の反応が薄かった時の責任は負いかねますが・・・

たまには誰かの役に立つこともあるこのブログ(本当か!?)、今日はこのへんで。

興味のある方は、上の”宿題”の答えを調べてみてもいいと思います。  私もあとで調べておこうっと。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【関心事】まめちしきー。 鮭ってなー、○身魚やねんでー。

こんばんみ(←古い)

今日は休みでしたが、やっぱり外が暑いので出かけたくありませんでした。

まさか10月になってクーラーを使うことになるとは思わなんだ・・・ そろそろ勘弁してください。


で、買い物にも行かずにパソコンでブログ書いたり調べものしたりして、ネタを見つけました。

あるサイトでクイズのコーナーがあって、今が旬?の「鮭(さけ)」について出題されていました。

サブタイトルでも何となくわかりますが、内容は「鮭って赤身魚?白身魚?どっち??」というもの。

はて・・・そんなの気にしたこともなかったな、と思って調べてみました。


結論からいうと、鮭は「白身魚」に分類されるそうです。

『赤っぽい色の身をしてるのに、白身魚とはこれいかに??』とお思いの方のために、ちょっと解説を。

そもそも魚の赤身と白身の違いは、魚体(?)を構成している筋肉の種類の違いなのだそうです。

マグロやアジなど赤身魚の筋肉は赤く、これは長時間泳ぎ続けるスタミナを生み出す『遅筋(ちきん)』と呼ばれるものです。

一方、タイやヒラメなど白身魚の筋肉は白っぽく、普段はゆったり泳ぐため遅筋はあまり必要なく、『速筋(そっきん)』という筋肉の種類です。

両者の違いは『ミオグロビン』というたんぱく質の含有量とか、酸素の運搬効率だとか・・・ まぁここでは専門的なことは割愛。

ちなみに、遅筋と速筋は人間にも備わっており、例えば陸上選手でもマラソンや長距離走の選手は遅筋を鍛え、

瞬発力が必要な短距離走や跳躍・投てき種目の選手は速筋を鍛えると良いそうです。 これも聞いた知識ですが。


で・・・肝心の鮭はどうかというと、タイやヒラメに近い筋肉の構成になっているそうで、分類上は白身魚ということに。

「じゃぁなんで白い身にならなかったの??」と思いますが、その赤さの正体って何だと思います??

鮭の身には『アスタキサンチン』という成分が含まれていて、これが赤く見せる原因とか。

また、エビやカニを茹でると赤くなるのも、この『アスタキサンチン』と同じ種類の成分が含まれているからだそうです。


これでまた一つ、賢くなっちゃいました。 新しいことを知るのは驚きと楽しさがあって、いいですのぅ。

だからといって、他人に「そんなことも知らないの?」とか軽はずみに言っちゃう大人にはなりたくないですけど。

知識の質と量だけで人生が決まるとは思いませんが、あって損になることは少ないので、どんどんシェアしていきましょう。


それでは、今日もどうもありがとうございました。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】気が早いかもだけど、年末調整の話。 今年は不安要素がいっぱい!

こんばんは。

仕事が休みだった今日は、冷蔵庫にたまっていたゴミを片付けました。

お恥ずかしい話ですが、いつカラになったかも分からない調味料やドレッシングの容器がいくつも転がっていて

それらを一つひとつ洗って分別してゴミ袋に入れて・・・ 一人暮らしをいいことに、たまりにたまったツケを払いました(苦笑)。

おかげで冷蔵庫の中が見違えるようにスッキリし、入れた事も忘れていたお菓子の小袋も見つかって二重にハッピーです(笑)

やはり身の回りの事をきちんとしていないと、いい仕事もできないのかなと・・・ この歳になって思えるようになりました。


さてさて、かくもズボラな一人暮らし生活を送っている私でも、お金に関してはいい加減ではいられません。

先週図書館から借りた、お金に関する本を読んでいて、重要な事に気がつきました。


「そういえば、今年の年末調整ってどうすればいいんだろう・・・?」


年末調整(ねんまつちょうせい)とは・・・ まぁここで解説しても誰も読まないと思いますけど(苦笑)

簡単に言えば各個人が1年間に支払った所得税について、年末の最新情報をもとに修正をする手続きのことです(うん、簡単じゃない)

会社などからお給料をもらっている人は、一部の例外を除いて所得税が天引きされている(①)はずです。

これに対し、その人が1年間に支払うべき所得税の総額(②)は、その人の家族構成や給与額の変動、

1年間に支払った保険の掛け金等を考慮して、それらの情報が出揃う年末に計算されます。

ほとんどの人の場合、①と②の金額には差分が生じることになるので、それを修正するのが年末調整になります。

なおかつ年末調整を受けた多くの人は、払いすぎた所得税を返してもらえる(12月の天引き額と相殺)ことになっています。

(ある一定の条件下では、逆に納税額が増えることもある。 詳しくは「年末調整 追徴」あたりで検索を)


私もこれまで、毎年どこかの事業所で働いてお給料をもらってきましたので、年末調整じたいは毎回やっているのですが

手続きの大半はお給料や税金などを管理する部署の方が担当しており、自分で準備したのはいくつかの書類だけです。

① 扶養控除申告書(正式名称はもっと長いはずだが、ネットで検索するにはこれで十分だとか)

② 保険料控除申告書(1年間に支払った保険などの内容・掛け金を記載する)

③ ②に記載した保険料を支払ったことを証明する書類(保険会社等から年末に送られてくる)

なお、配偶者がいる場合は提出書類が1枚増えるそうだが、私は未婚だから関係ないや・・・(泣)


このうち①と②は例年だとその時期になれば勝手に(?)手元に届くのですが、今年は事情が違いまして。

現在の雇用形態の都合上、仕事場は近場なのですが雇用契約を結んだ会社の本社は大阪にあり、手渡しで書類をもらえる距離ではないのです。

また、ネットの噂ですが私の所と同じ業種の会社の中には、そもそも年末調整関係の話を従業員にしないところもあるそうで・・・。

そういう話を聞くと、ちゃんと手続きに必要な書類を渡してもらえるのか不安になってきましたので、

今月の給与明細が郵送されてくるタイミングで、本社に確認をとってみたいと思います。

もしダメそうなら、来年2月~3月に『確定申告』をする必要がありますので、そちらの準備も進めなければ。

(ちなみに、私には基準を超える医療費の支払い実績があるため、どちらにしても確定申告をしなければ損をしてしまう)


・・・と、半ば私自身の備忘録になってしまいましたね、今日の記事は。

この件については、また進展があり次第書くことにしようと思います。(場合によっては、新カテゴリーを立てるかも?)

お金のことは何でも人任せにせず、自分で知識を集めて行動するクセをつけるといいかな、と考え始めた35歳の秋(言っちゃった)


というところで、また明日から仕事を頑張・・・それなりに役目を果たしてきます。 

そいではねー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】『24時間戦えますか?』 睡眠時間を削ってでも手に入れたいモノって・・・?

こんばんは。

今日から10月、部屋にいると一気に日が短くなったように感じます。

『秋の陽はつるべ落とし』なんて言いますが、決して坊主頭の落語家さんが落ちてくる訳ではないですよ(←何の話やねん)


さて、昨日ふと見ていたテレビ番組で「睡眠負債」という言葉を知りました。

解説するところによると、日本人の平均睡眠時間はここ2~30年で短くなる傾向が続き

日本人のおよそ4割は、1日に6時間以下しか睡眠をとっていない、という調査データが出ていました。

また、慢性的な睡眠不足の状態が続くと、まるで徹夜明けのように頭と身体の機能が著しく低下し

長期的にはがんや認知症などの重大な病気が発症するリスクを高める恐れがある、と指摘されていました。


確かに、私自身も大学生や中学校の教員をしていた頃などは、

睡眠時間を削ってでもゲームがしたい、とか数学の授業の準備をしなきゃ、とかと考えることが常で、

生活における睡眠の優先順位は、必ずしも高くなかったように思います。

『まだまだ若いから、多少寝なくても平気!』という自分の身体に対する過信もあったでしょうか。


しかし、私もすでに四捨五入すれば40になる年齢に差し掛かり

おまけにメンタルに不調を抱えてからは、睡眠時間をないがしろにすることの恐ろしさを身をもって知りました。

どこかで聞いた話では、ヒトは寝ている間に脳や体内器官などのクリーンアップをして、コンディションを整えているのだそうです。

ちょうど、パソコンも小まめにプログラムの更新や不要なデータの消去をしないと、思わぬ不具合につながるのと似ています。

それこそ若い頃は『寝たらすぐに明日になるからもったいない、少しでも長く起きて時間を有効に使いたい』という思いで

知らず知らずのうちに『睡眠負債』を積み上げてしまい、そのツケが心身の不具合を起こしたのかもしれません。

それでもまだ私は大病になる前に気が付いたので、幸いだったと言えるのでしょうが・・・


タイトルのキャッチコピーは、確か私が小学生くらいの頃のもので、いまひとつピンと来ていませんでしたが

今のビジネスマンも、特にダブルワークやネットビジネスをしていたり、グローバル化で海外を相手に仕事をしている人だと

それこそ寝る間も惜しんで働いて『俺、毎日3時間しか寝てねーや!』みたいな寝てない自慢に走るケースも見られます。

働いた時間に比例して報酬もはずむならそれで満足かもしれませんけど、昨今の経済状態ではどうだろう・・・

むしろ『働けど働けど、我が暮らし楽にならざり』で、仕方なく睡眠より仕事をとるというケースが多いのかもしれません。

もしそうだとしたら、この状態を放置していることの方が『働き方改革』が解決すべき課題と言ってもおかしくないと思うのですが。

まぁこんなネットの片隅で主張しても仕方ないのですが(爆)、次の選挙ではそういう視点で投票先を考えても面白いのではないでしょうか。 ナンテネ。


それでは、今週もまたよろしくお付き合いのほどを。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】今になって、お金についてもっと勉強したい。 誰も教えてくれなかったし。

こんばんは。

今日の【関心事】はいつもと違い、ごく個人的な話になりますのでご注意をば。


ここ1、2年でしょうか。 「なぜ自分はお金について、もう少し勉強しなかったのか」と思うようになりました。

これは最近、FXを始めたり、ネット銀行の口座を開設したり、投資信託に関する情報を集めたりと

普段使いのお金だけでなく、将来に向けた資産形成にも関心が向くようになったことと、無関係ではありません。

もちろん「もう少し稼ぎがあれば・・・」とか「FXで一発大儲け・・・」といった非現実的な希望も心の中にはありますが。

それを差し引いても、もう少し早くお金のことについて知っておけば、と考えることしきりです。


「なぜ銀行にお金を預けると、何もしていないのにお金が増える(利息がつく)のか?」

「なぜ銀行やカード会社は、クレジットカードのリボ払いをしきりに勧めてくるのか?」

「毎月の給料から天引きされている税金や社会保険料は、どのような根拠で決まっているのか?」


これらは親や学校の先生から教わった覚えが無いし、社会に出てからも

「世の中そういうものだ」みたいな感じで、無条件で納得していた感じはするのですが

本来はちゃんと法律とか規則が決まっていて、それに従ってお金や社会が動いているはずなのです。

そういう所を知らないで「どんな手段を使っても、とにかくお金が欲しい」だと、詐欺師やギャンブラーと変わらない訳で。

そんな大金ではなくても、せめて自分が働いて稼いだお金くらいは、その出所や行き先を知っておいてもいいのでは、と。

誰も教えてくれないなら、今は自分でいろいろ調べられる環境もあるし、勉強しない手はないですよね。


そういうわけで、今日の仕事帰りに早速図書館に寄ろうと思ったのですが、月曜日は休館日でした(泣)

明日は仕事が休みで図書館方面に行く用事もないので、水曜日からにします。

知識がたまってくれば、このブログでもネタに使えるかもしれないので一石二鳥ですね(←おい)


では、今日はこれで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村