そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【関心事】勝負の世界に生きるとは。

こんにちは。


昨日から今日にかけて、将棋の藤井聡太四段の話題が飛び交っていましたね。

若干14歳にして、将棋界での連勝記録(28連勝)をプロデビューから負け無し(※)で更新したという大偉業。

(※)プロの戦績に残らない”非公式戦”では1度負けているらしいが・・・

政治や国際情勢、芸能界などで暗い話題が続いていた中、ひときわ明るいニュースとなりました。


私自身の将棋の経験は、小学生の頃友達に誘われて休み時間に指していた時くらいで

駒の動かし方や禁じ手など、基本的なルールを知っている程度なのですが

地元から女流プロとして活躍する里見香奈さんが出たこともあり、興味は持っていました。

この先どこまで連勝が伸びるのか、いつタイトルを取るのかなど、藤井四段に対する期待も持っています。


それはそれとして、まだ若い彼の連勝を止められなかった他の棋士が情けないとか、不甲斐ないとも思いません。

将棋は対局すればどうしても勝ち負けがつく世界ですし、対戦した相手も藤井四段と同じ道を歩んでプロになった棋士です。

「勝負は時の運」ともいうように、ここまでの結果だけで「藤井四段の方が強い」とは言い切れない面はあると感じます。

むしろ、藤井四段の連勝が止まった後こそ、本当のプロとしての力が試されるのではないかと思っています。

今は世の中やマスコミが完全に味方している「追い風」の状態ですが、それがなくなっても同様の実力を発揮できるのか・・・。

彼には「若さ」という武器と、それゆえの吸収力や伸びしろが存分にあるはずなので、

この先に高い壁が立ちはだかったとしても、乗り越えていく可能性は高いと思います。 というか、乗り越えていただきたいです。


また話は変わって、藤井四段の活躍で「棋士になりたい」と憧れる子どもも増えている、と報じられていました。

下手をすれば、来年の小学生の「なりたい職業ランキング」で『ユーチューバー(動画配信者)』をも抜くんじゃないか、というくらいに(笑)

もちろん憧れを持つのは大事ですし、好きなことならとことん突き詰めることができると思います。

ですが、子どももいないし人に語れるような夢も持たなかった、30代半ばのオッサンから一つだけ言わせていただきますと

「大して好きではないことをあれこれ理由をつけて続けるのは、正直苦痛ですよ?」



「○○になって成功したら、お金を稼げるから」あるいは「有名になれるから」という理由も、動機としては悪くありません。

少し前の日本なら『ハングリー精神』とか言われて、「見込みのあるヤツだ」ともてはやされたものです。

ただ、そういう思いで突き進んできた人が、成功できる見込みがなくなってしまったとしたら・・・ これは恐ろしいです。

例えば自分より若くて才能もある人間が現れて、そいつの方が稼ぐしチヤホヤされている・・・ これで平常心を保てる人は少ないでしょう。

ましてや直接対決で負けた日なんかには「オレは何のためにここまでやってきたんだ?」と追い詰められてしまうかもしれません。

そんな自分を救うには「自分はコレが好きだから続けているんだ」という、自分への信頼が必要じゃないかと思うんです。


もちろん勝負の世界ですから、勝たないことにはプロでいることを許されなくなる恐れだってあるわけですけども

その瀬戸際で運命を分けるのは「自分はこの世界で生きていたいんだ!」という強い意志ではないか、ということで。

豊かになった今の日本なら、それほどお金や知名度に執着しなくても生きてはいけますけれども

だからこそ「自分は○○が好き、だから続けるための努力も辛抱もできる」という思いを持つことができれば

将棋やスポーツの世界に限らず、社会で必要とされる人間に育っていけるのではないでしょうか。



最後に。

ここまで読んで「こいつ、ひょっとして酒入ってない??」と思ったあなた、正解です。

なんか説教くさくなってしまってスミマセン。

明日はまたくだらない事を書くと思うので、許してくださいな。

では、また。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村


【関心事】わからないから、おもしろい。

こんにちは。

今日は仕事が休みで、空模様もぐずつき気味でしたので

家にこもってゲームをしたり、歴史の勉強と称してブログのネタ作りをしたりで過ごしました。

昨日公開した室町幕府の基礎知識的な内容を引き継いで、次回以降も連載が続いていきますが

私自身、有名な戦国武将が活躍するより前の時代について、本腰を入れて勉強するのは初めてのことで

(高校時代に日本史を履修していなかったため)

家にあった参考書や歴史関連の本に雑誌、さらにウェブサイトも動員して情報をかき集めています。

これらをかみ砕いて自分の言葉にして、ブログ向けの文章にするのはなかなか根気のいる作業になりそうです。


私の家にある本というのも、史料と呼べるものや専門家が書き下ろした研究書の類は少なく

どちらかというと、一般の歴史ファン向けに書かれた、ある程度平易な文章で要約的な内容のものが多いです。

もちろんそれらはたいてい過去に一読し、重複する事柄が多いので一応頭に入っていましたが

いざ納得できるように説明しようとすると、情報量が圧倒的に少ないことに気づきました。


例えば、応仁の乱の解説でよく登場する「将軍・足利義政は政治に無関心だった」という一文。

自分のための読書であれば「あぁ、確かにそうだったな」で終わりになるところですが

ブログで説明しようと思えば「なぜ義政は政治に無関心だったのか?」を掘り下げないと、

ただ歴史上の事実(と思われること)を書いただけの、何の広がりも面白みもない文章になってしまいます。

・・・こういうことを言い過ぎると自分のハードルを上げることになっちゃいますが(苦笑)


「知らない」とか「わからない」ことは悪いことじゃなくて、これから知って成長できる余地があるということです。

ですから、このブログに歴史ネタ目当てで来ている人はあまりいないと思いますが(←どうでしょうか?)

「興味がない、わからないから読まない」はもったいないので、ぜひ一度読んでみてほしいと思います。

なおかつ感想や質問などいただけると連載の励みにもなりますので、どうぞよろしくお願いします。


・・・ブロガーの端くれとしての本音が出たところで、今日はこれまで。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【関心事】パンに何はさむ?

こんにちは。

基本、その日の思い付きでお送りしているブログの主です。

今日は、ふと仕事中に頭に浮かんだ話題をひとつ。


みなさんは最近、サンドイッチを食べましたか?

スーパーやコンビニに行くと、ほぼ必ず売っているサンドイッチ。

中身もバラエティに富んでいて、たまに食べたくなるんですよね。

そんなサンドイッチに『名前の由来』らしきものがある、というお話です。


パンに何かをはさんだ食べ物は、古くから世界各地に存在したようですが

「サンドイッチ」という名前そのものは、18世紀のイギリスが発祥のようです。

イギリスにある「サンドウィッチ」という街を治めた、ある貴族にまつわるエピソードがあります。

一説によると、彼は三度の飯よりトランプを使った博打が好きで、

文字通り食事の時間も惜しいということで、2枚のパンの間に薄切りの肉などを挟んで

片手でカードを持ったまま食べるのが常だった、という話が伝わっています。

このエピソードが語り継がれ、「サンドウィッチ」→「サンドイッチ」となったというのですが・・・(もちろん諸説あり)。

真偽のほどはともかく、話のネタとして知っておくには面白いと思います。


で、実は私の知り合いにもサンドイッチが大好物だという男がおります。

偶然にも、彼もトランプを使ったゲームが大の得意。

特に、裏返したカードを2枚めくって同じ数字をそろえる、いわゆる「神経衰弱」が強いんです。

彼は、何のヒントもない状態でも、3組のペアを簡単にそろえてしまうんですね。

なんでかって? それはね・・・





「サンドイッチ」だけに、 『三度一致』・・・  ばんざーい!




「仕事中に、こんなくだらない事考えてたのか!」と呆れられる前に、逃げます。

では、またね。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【関心事】転職1か月に寄せて。

こんにちは。

タイトルの通り、今日で新しい職場に入ってからちょうど1か月になりました。

経験のない仕事を必死で覚えながらやっていたら、あっという間だった気がします。

ひとまず、大きなケガやトラブルもなく最初の節目を迎えられたことは嬉しいです。

心配していた身体の疲れや不調も、今のところ大丈夫そうです。

少しばかり腰と、両手の指の第一関節と第二関節の間が痛むことがありますが(←本当に大丈夫か??)

家ではしっかり食事と睡眠がとれているので、カバーできているのだと思います。


以前にも書いた気がしますが、今の仕事は率直に言えば『覚えれば誰でもできる』作業だと思います。

私がダメになってもおそらく替わりの人員はいるし、私の後にも3,4人ほど作業場に入ってきました。

あるテレビ番組で、この作業の工程をすべてオートメーション化してコストを下げたという企業が紹介されていました。

ですから、もし私のところもそれをやろうということになれば、労働力としての人員はいらないということになります。

正社員とおぼしき方々は、作業全体を管轄する業務もあるので必要とされるのでしょうが・・・。

そう考えると、いつまでもこの仕事にしがみついている訳にもいかず、でも日々の暮らしにお金は必要で。

自分がこれからの世の中に必要とされるには、どんな能力をつければいいのか。 何をすればいいのか。

そもそも、今の世界に「いい仕事」なんて存在するのか。 あるとすれば、それはどんな仕事なのか。

自分も「いい仕事」につくために、学校で一生懸命に勉強をし、大学まで出させてもらった。 それだけでは不十分だったのか。

30代も半ばになって気づくようでは遅いのかもしれませんが、そんなことを考えています。


そのきっかけは、ネット上にアップされていた1本の動画でした。

北海道で小さな会社を経営する傍ら、自らのライフワークとして宇宙ロケットの研究・開発事業を行っている

『植松 努(うえまつ つとむ)』さんによる約20分間のスピーチです。

ちょっと長いかもしれませんが、お時間のあるときにじっくり聴いてみてほしいと思います。



私はこのスピーチを聞いた時、前の段落で書いたような仕事や人生についての疑問を感じると同時に

教員として子どもを教えていた時期に、本当に子どもたちのことを考えていただろうか、と身につまされる思いがしました。

衝撃と感銘を受けた私は、この後植松さんの著書を買い、ブログを読み、ご本人による講演会にも参加してきました。

将来の夢や進路に迷っている学生さんやその親御さん、あるいは何かに失敗して自信を失ってしまった人などに

植松さんの人柄と熱意がこもった言葉が届くといいな、と思っています。


それでは、私は私で明日からも仕事を頑張ってきます。

今日はこのへんで。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【関心事】コンビニの野望・山陰版。

こんにちは。

今日も雨は全く降らず、梅雨入り宣言もスカシだったのかと思ってしまう私です。

で、今日のテーマは何の脈略もなく「コンビニ三国志」とまいりましょう。

みなさんのお住まいの近くにも、ほぼ例外なくコンビニエンスストアがあると思います。

全国的にはコンビニの最大手といえばやはり「セブンイレブン」ということになりますが

ここ山陰地方では、まさに今が国盗り合戦のごとき勢力争いの真っただ中。

「ローソン」や「ファミリーマート」と入り乱れて、激しいシェア争いが繰り広げられています。


私が子どもだったころ、山陰地方のコンビニといえば第一が「ローソン」で、

ついで「ポプラ」という広島に本社を置くグループの店が主流となっていました。

他に「A&B」という今は亡き(ローソンに吸収)チェーン店や、個人営業のコンビニもあちこちにありました。

当時の私の世界観では、「コンビニ=ローソン」といっても過言ではなかったかもしれません

(ポプラの関係者の方、ごめんなさい。炊き立てご飯のお弁当は、たまに家族で買ってました)

実際、「セブン」や「ファミマ」はCMのみで見ることのできる、ある意味『空想上のお店』でしたし

「サークルKサンクス」や「AMPM」なんかは「なにそれおいしいの?」という状態でした。


それが2000年代に入ると、様子が変わってきます。まず動いたのはファミリーマート。

2004年に鳥取県、続いて2005年には島根県にも進出し、ローソンの一強状態が崩れます。

なお、島根に進出するとき、地元のJA(農協)と協定を結んで農作物やその加工品を販売したことでも話題になりました。

ローソンはともかく、経営体力ではファミマにかなわないポプラは次第に押され、閉店が相次ぐようになります。

それから遅れること約10年、2016年にはついに業界最大手のセブンイレブンが

鳥取県(全国の都道府県で46番目の出店ということで、マスコミにも大きく取り上げられた。未出店は沖縄のみ)、

そして島根県松江市に出店(島根県の西部には2009年に進出していたが、松江や出雲の人間には無縁の存在だった)。

セブンの襲来でいよいよ追い詰められたポプラは、なんとローソンとの資本提携により

山陰地方の店舗の大部分を『ローソン+ポプラ(通称「ローポプ)』にモデルチェンジ。

ポプラの売りである炊き立てご飯のお弁当は受け継ぎつつ、取り扱う商品はほぼすべてローソンと共通です。

こうして、山陰地方のコンビニ勢力図は完全に「三つどもえ」の状態となり、今に至るわけです。


果たして、この熾烈な陣取り合戦を勝ち抜き、山陰地方に覇を唱えるのはどのコンビニなのでしょうか?

ちなみに私は、学生時代にアルバイトをしていた「ローソン」をひそかに応援しています。

でも、家から一番近いコンビニは「ファミリーマート」だったりするんですけどね・・・

そして、久しぶりにポプラ(今はローポプ)の炊き立てご飯のお弁当が食べたくなった、まこな。なのでした。


今日はこれまで。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村