そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【戦国時代】毛利元就の生き残り戦略~戦国時代の中国地方3~
※このブログの戦国ネタが初めての方は、まずこちらをご覧ください。


こんにちは。

今日で5月も終わりですね。


さて、「戦国時代の中国地方」も3回目です。

前回は、後に中国地方の支配者となる毛利元就が

毛利家の主となった頃の状況をお話ししました。

今回は、元就のとった戦略について掘り下げてみたいと思います。

中国地方年代記 1


おさらいになりますが、当時の毛利家の周りには

同じような勢力を持つ小領主が多数存在していました。

さらに安芸の外では、大内と尼子の2大勢力がにらみあっています。

その中で家を守るためには、味方を増やさなければなりません。

そのために元就は、自分の子どもたちを活用しました。


元就には、9人の息子がいました。

特に有名なのが、長男の隆元(たかもと)、次男の元春(もとはる)、三男の隆景(たかかげ)

す。

元就は、元春を石見との国境近くに領地を持つ吉川(きっかわ)家に、

隆景を瀬戸内海沿いに領地を持つ小早川(こばやかわ)家に、それぞれの領主の養子として送りこ

みます。

2人は後に、領主の跡を継ぎました。これは、両家が毛利家の一門に加わったことを意味します。

こうして、元就は兵を使うことなく、吉川家と小早川家の勢力を手中に収めたのです。



戦国時代には、多くの大名が元就と同じように自分の子を利用する戦略を用いていますが、

元就のいた安芸のように、小勢力が多数存在する地域では特に効果的でした。

この戦力を背景に、毛利家は安芸国内の勢力を武力や政治力で制圧していきます。


そして、元就の真骨頂といえばやはり「知力」です。

元就は、ドラマやゲームの中で「戦国時代随一の謀略家」などという紹介をされています。

「謀略」というとあまりイメージが良くない気もしますが、

その「知力」は敵対する相手を徹底的に追いつめる一方で、

守るべき家臣や領民に対してはとことん思いやる、という一面もあったようです。


次回は、その元就の「知力」について見ていきたいと思います。


では、またいずれ。
【日常】ゴミゼロの日に思うこと
こんにちは、まこな。です。

今日の記事は、【日常】カテゴリーですが内容は【雑感】寄りかもです。


さて、今日は5月30日。

語呂合わせで、「ゴミゼロ(5・3・0)の日」だそうです。

そういえば、小学校の頃にこの時期に合わせて

校区内のゴミ拾いをしたのを思い出しました。

今もやっているのかな…?


ところで、ゴミって知らないうちにたまりますよね。

私は、昔から片づけや整理整頓が得意ではなくて

気がつくと部屋の中がゴミだらけ、という経験を何度もしています。

特に、一人暮らしだとたまる速度が速い…。

思い立ったときに掃除をするのですが、また知らぬ間にたまっている。

その繰り返しだったような気がします。


そもそも、なぜゴミはたまるのか。

多分、「家に入れるもの」が「出ていく(捨てる)もの」より多いから。

「摂取するカロリー」が「消費するカロリー」より多ければ体重が増え、

「入ってくるお金」が「使うお金」より多ければ貯金が増えるのと
同じで、

考えてみればシンプルな原理だったようです。


そこで最近は、ゴミがたまらないうちに

家に持って入るものを少なくしたり(惣菜のトレーや買い物袋など)、

不要なチラシや昔の書類を少しずつ処分したりして

なんとか「出ていくもの」が「入ってくるもの」より多くなるよう心がけています。

そのせいか、部屋が以前よりもすっきりとして居心地がよくなり、

掃除もホコリ取りと掃除機かけくらいで済むようになりました。

なんでもっと早く気付かなかったんだろうか…。


以上、休みの日のしようもない一人言でした。

明日は戦国ネタをアップする予定です。

ではでは。
【その他】無題
口永良部島は大変なことになっていますね…。

島民が全員避難できたというのがせめてもの救いです。

皆さんが一日も早く落ち着いた生活を取り戻せるよう祈っています。


すみません、今日は以上です。

まこな。
【戦国時代】毛利元就、その人となり~戦国時代の中国地方2~
※このブログの戦国ネタが初めての方は、まずこちらをご覧ください。


なんとなくタイトルで韻を踏んでみました。
どうでもいいですね…。ごめんなさい。


さて、先日から始まった新シリーズ

「戦国時代の中国地方」2記事目です。

今日は、前回も名前が出てきた中国地方の戦国武将

「毛利元就(もうりもとなり)」について書きたいと思います。


毛利元就は、戦国時代の安芸(あき、現在の広島県西部)の国にある

吉田郡山城(よしだこおりやまじょう、広島県安芸高田市)を拠点とした戦国大名です。

『戦国大名』というと、ドラマやゲームの中では

「広い領地と多くの家臣を持つ殿様」という印象がありますが、

元就が当主になった頃の毛利家は、わずかな領地しか持っておらず、

周囲にも似たような状況の領主が多数存在していました。


そんな元就の少年時代について、次のような逸話が伝えられています。

ある日、家臣とともに厳島(いつくしま)神社に参拝した元就は、

「元就様が中国地方の主となれるように」と祈ったという家臣に

こう言ったそうです。


「初めから中国地方が目標では、安芸1国も治められずに終わるだろう。

 天下を統一するくらいの気持ちを持ってはじめて、中国地方の主になれるものだ。」



この手の逸話は後世の創作である可能性もありますし、

まだ少年の元就が天下統一を夢見ていたかどうかも分かりませんが、

彼の意識の高さや思慮深さは伝わってくると思います。

そしてその言葉通り(というのも変かもしれませんが)、

元就は中国地方の主へと歩を進めていくのです。


ところで、元就が毛利家の当主となった頃、中国地方には2つの大きな勢力がありました。

中国地方の旧国名


1つは周防・長門(すおう・ながと、あわせて現在の山口県)などを支配する「大内(おおうち)家」。

もう1つは出雲(いずも、現在の島根県東部)を拠点に勢力を広げた「尼子(あまご)家」です。

両者は勢力の境界となる安芸や石見(いわみ、現在の島根県西部)を巡って争っていました。

毛利家をはじめとする安芸の小勢力は、その2大勢力に挟まれる中で、生き残りへの道を探っていたのでした。

元就は、この状況をどのようにして生き抜いていったのでしょうか。

次の記事では、そのあたりを詳しく見ていきたいと思います。


それでは、また。
【雑感】自分の言葉で
今日は、少し戯言などを。


ネットでとある記事を目にした。

内容をざっくり言うと、「仕事ができる人は、アウトプットを大事にしている」。

社会において、本当の意味で「できる人」というのは

試験勉強のように知識を頭に詰め込んだいわゆる「物知り」ではなく、

その知識や経験を自分の言葉で表現し、他者に働きかけすることのできる

人のことを言う、というものだった。

そして、そうなるためには日々の練習と少しの努力が必要なのだという。


これを読んで、私は自分のことを言われているような気がした。

私には、人から「物知り」といわれるのが嬉しくて、知識を頭に詰め込んできた節があったからだ。

もちろん、新しい知識をどんどん取り入れるのは大事なことだし、何より楽しい。

しかし、ここで提起された問題は、それで満足してはいけないということだと思った。

本当に大切なことは、知識や経験そのものより一歩先にある、ということなのだろう。


そう考えると、私がブログを始めようと思ったのも

自分の知識や思いをだれかに伝えたいという欲求によるものなのかもしれない。

毎日更新するのに時間は要するが、キーを打っている時間はそれなりに楽しい。

最近は、少しずつではあるが訪問者のカウンターの数字が伸びてきつつあるし、

拍手も頂けるようになった。本当にありがたいことだ。

この文章が誰かに伝わっている、そのことがモチベーションになっている。


力を入れすぎて仕事に支障が出たり体を壊しては本末転倒だが、

そうならない程度に、自分の言葉で発信する力を磨くため、ブログを続けていきたい。

そんなことを考えた、初夏の夕暮れ時だった。


今日はここまで。
【日常】冷やし中華、始まる。
あいさつのパターンが無くなってきた…。


さらっと更新いきます。


仕事の帰り道、ふと立ち寄ったコンビニが

冷やし中華をポスターで推していました。

そういえば、ここ数日気温が高くなってきて

「今年もそんな時期になったなぁ」と思わされます。


私の実家でも、夏になるとよく冷やし中華が

食卓にのぼりました。

うちの場合、具は錦糸卵に細切りのハムときゅうり、

あとはくし切りのトマトというのが定番でした。

一方、最近のコンビニの冷やし中華には

チャーシューやゆで卵も乗っていておいしそうです。

もう少し暑くなったら、買ってみようかと思ったのでした。


以上、「スープはごまだれ派」のまこな。でした。
【戦国時代】戦国時代の中国地方
※このブログの戦国ネタが初めての方は、まずこちらをご覧ください。

今日は月曜日。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


さて、このブログの柱の一つ【戦国時代】カテゴリー。

今日から唐突に、新シリーズが始まります。

題して「戦国時代の中国地方」です。
中国地方の旧国名
参考までに、大まかな当時の地図と国名を載せておきます。
(黒線が現在の都道府県境、赤線が当時の国境を表します)


戦国時代に興味を持っておられる方の中で、

「中国地方」と聞いて多くの方が思い浮かべるのが

戦国大名の「毛利元就(もうりもとなり)」ではないでしょうか。

戦国時代を題材にしたアクションゲームのキャラクターとしても登場していますし、

三本の矢(※)」の故事を聞いたことがあるという方も多いと思います。
(※)「一本の矢は簡単に折れるが、三本束ねれば折れにくくなる」
    ことに例えて、兄弟や家臣の結束を説いたという話。



実際、元就が率いた毛利家は

その後を継いだ毛利輝元(もうりてるもと、元就の孫)の代にかけて

中国地方の大部分をその勢力下に置いています。

しかし、天下統一を推し進める織田信長の軍勢に苦戦し、

本能寺の変後に政治の実権を握った豊臣秀吉に臣従。

関ヶ原の合戦では徳川家康に敵対し、領地を減らされたというのが

毛利家、そして中国地方がたどった大まかな流れになります。


しかし、毛利家がなぜここまでの大勢力を築けたのか、

毛利家に協力あるいは敵対した勢力や人物はどうなったのか、

そして元就がどのような戦いや試練を乗り越えてきたのかということを知ると、

より戦国時代の奥深さを味わっていただけるのではないかと思い、

今回の記事を書こうと思った次第です。


…本心を言えば、私自身が山陰地方の人間なので

鳥取・島根の戦国武将についても知ってもらいたいという狙いもありますが。



ということで、これから少しずつ記事を書いていきたいと思いますので

気の向いたときに読んでいただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。
【日常】何年ぶり?ほか
こんばんは、かな?

まこな。です。

ずいぶん日が長くなりましたねぇ。


さて、今日の出来事なんですが、

散歩している時に道端でつまづいて

アスファルトの上で思いっきり転んでしまいました…。


幸い、長ズボンを履いていたので

ひざを軽くすりむいただけで済んだのですが、

転んでひざをすりむくなんて、何年ぶりだろう…?

すぐに思い出せないほど、久しぶりな気がします。

うん、足元には気をつけよう(教訓)。


それから、今日は大相撲夏場所の千秋楽でした。

昨日の時点で8人に優勝の可能性が残る大混戦でしたが、

関脇・照ノ富士関の初優勝という結果で幕を閉じました。

来場所の大関昇進も確定的ということなので、

ますます土俵を盛り上げてほしいと思います。

さて、山陰出身の関取の成績はというと…

幕内・隠岐の海関は9勝6敗。

十両・石浦関は8勝7敗と、ともに勝ち越しとなりました。

今日は二人とも負けてしまって残念でしたが、

番付が上がった来場所の活躍にも期待していきたいです。


では、今日はこれで。
【雑感】1か月
おはようございます。


さて、このブログを始めてから

もうすぐ1か月が経とうとしています。

その間、どうにかほぼ毎日更新をすることができました。

自分でも、よく続いたなぁと思います。


ここ数日、いろんな方のブログを見て回っていますが

いろんな仕掛けや工夫がされていて感心しました。

私のブログもまだまだ改善できると思いますので、

少しずつですが手をいれていきたいと考えています。


そのひとつとして、タイトルを少し変えました。

ブログの方向性がある程度見えてきましたので、

中身が分かるようにしたかったんです。

実際、先ほどの話で見たいと思うブログを選ぶ基準も

ほとんどはタイトルだったので…。


というわけで、「気づかれないうちに…【日記とか戦国とか】」を

これからもよろしくお願いいたします。
【日常】季節外れ?な話
今日も更新できました。

まこな。です。

ここ数日長い記事が続いたので、今日は手短に。


昨日の話になりますが、

仕事の帰りにスーパーに立ち寄ったときに、

半額になった石焼き芋を見つけました。

お腹が空いていたのと、

甘いことで有名な「安納芋(あんのういも)」だったので

思わず買ったのですが、これがおいしかった

中は黄色が濃く、黒糖のようなコクのある甘さで

あっという間に平らげてしまいました。

また、安い時に買おうかなぁ。


今日は以上です。