そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【真田丸】第8話視聴。
今日は⑨の日!
「8話だョ!」

幽谷さん

電(いなづま)なのです

これ、誰だ?

「「「全員集合~!!」」」


大河ドラマ「真田丸」のレビューをする月曜日が

今週は2月29日、つまり『⑨の日』にあたることに昨日気づき、

前回(19日)もお休みした手前、2回続けて穴をあける訳にもいかず、

無理やり『⑨の日』感を出そうとした結果がこれだよ!


読者様、歴史ファンの皆様、そして「真田丸」関係者の皆様、大変申し訳ございませんでした。


・・・ちくしょう、うるう年めぇ。


気を取り直して、第8話「調略」のあらすじ、行ってみよー!(←反省してない)


・上野で滝川一益の軍を破り、そのまま信濃へ進出を図る北条軍。

 時を同じくして、徳川家康も甲斐・信濃の情勢を伺っていた。

 そんな中、父の昌幸から上杉家臣・春日信達の調略を命じられた真田信繁(幸村)は

 信達がいる信濃・海津城に潜入した叔父・信尹のもとへ行き、調略の手筈を整える。

 海津城では信尹の子・信春を名乗り信達に接近する信繁だったが、

 理に頼った説得を試みて、かえって信達の心をかたくなにしてしまう。


・信達の調略が進まない中、北条軍は国衆を次々と従属させ、悠々と信濃を進んでいた。

 昌幸は業を煮やし、北条軍の大将・北条氏直に会いに小諸城へ赴く。

 氏直は昌幸が遅参したことに怒り、話を聞こうともしなかったが

 昌幸と懇意にしている国衆・出浦昌相の説得に加え、

 陣中見舞いに訪れた氏直の父・氏政のとりなしによって事無きを得る。

 そこで昌幸は信達を調略している旨を氏政に話し、勝利の見返りとして

 『海津城を信達に与える』という内容の書状をもらう約束をとりつける。


・一方その頃、海津城に陣を構えていた上杉景勝は

 昌幸が北条方についたという知らせに憤慨し、信尹を問い詰める。

 信尹は「兄とは袂を分かつ覚悟」と言い切り、景勝の怒りを鎮めながら、

 信達調略の最終段階に入ろうとしていた。

 北条につけば海津城が与えられると伝え、父の代から海津城を治めてきた

 旧武田家臣としての信達の『プライド』を刺激する信尹と信繁。

 これにはついに信達の心が動き、調略は成功したかに見えた。


・川中島に布陣し、上杉軍と対峙する北条軍。その中には昌幸の姿もあった。

 海津城で挙兵する手筈の信達と、上杉軍を挟み撃ちにする作戦である。

 ところが、上杉の陣を見張っていた北条軍の兵が、まさかの光景を目にする。

 信達とみられる人物が、磔(はりつけ)にされていたのだ。騒然となる北条陣営。

 「調略は失敗、このまま攻めるしかない」平然と述べる昌幸に対し、

 『徳川軍が甲斐に侵入した』という知らせを聞いていた氏直は

 半ば投げやり的に昌幸に殿(しんがり)を押し付け、甲斐へ向かう支度を始める。

 陣中に残った昌幸と昌相が「計画通り」とほくそ笑んでいたのを知らずに・・・。

 北条軍の転進を受け、上杉軍も兵を退き、本国・越後の反乱鎮圧へと向かったのだった。

 北条と徳川が甲斐を争い、上杉も越後に去った今、信濃は権力の空白地帯となった。

 これこそが「信濃を国衆のみで治める」昌幸の真の狙いだったのである。


・矢沢三十郎とともに海津城を出て、真田の郷へ向かう信繁の表情は暗かった。

 信繁の頭の中を、昨夜の出来事が駆け巡る。

 北条家からの書状を見せた次の瞬間、信尹が信達を短刀で一突きにしたこと。

 それを信尹が「裏切り者の信達が、口封じのために襲ってきた」と説明したこと。

 ようやく心を許した信達を、何のためらいもなく始末してしまった父と叔父。

 そして「私のようにはなるな」という、尊敬してきた叔父からの一言…。

 「俺は、あの人たちが恐ろしい」今の信繁には、そうこぼすのが精一杯なのだった。



いやー、予想はしていましたが、やはり『重い』回になりました。

戦国時代には、華々しい合戦の裏で、こうした命のやり取りが繰り広げられていたんですね。

他人の心の弱い部分をくすぐり、時には手荒な方法で自分の思い通りに動かしてしまう。

こういう部分も、戦国時代を生き抜くために必要な「才能」だったのかもしれません。

今回の一件も、信繁自身が成長していくための糧となっていくのでしょうか・・・?


あとは、細かい部分になりますが

「うろたえながら爪を噛みまくる家康」

「自分の汁かけ飯の食べ方を正当化する氏政(※)」

など、戦国武将好きが食いつきそうな仕掛けもありました。

(※)氏政がご飯に汁を数回に分けてかけていたのを見た父・北条氏康が
   「毎日食べる飯と汁の加減も測れなくてどうする」と叱ったという。
   もっとも、事実だという証拠はありませんが・・・。


追記では、今回の話に関連した武将について掘り下げます。



にほんブログ村

[【真田丸】第8話視聴。]の続きを読む
スポンサーサイト
【その他】ご報告。
こんばんは。

今日は1点だけご報告を。


先日のブログでちらっとお知らせしていた新しいブログですが、

昨日今日でひとまず形ができたので公開を開始します。


こちらのタイトルをクリックすると新ブログに飛びます。

『戦国時代の出来事ブログ。』 (ライブドアブログ)


こちらのブログは毎日更新する性質のものではありませんが、

戦国時代に関する自分の知識や記憶を整理するために

少しずつ内容を充実させていきたいと思っておりますので、

時々覗いてみていただければ幸いでございます。


では、今日は短いですがこれで。

明日は「真田丸」レビューをお楽しみに。


にほんブログ村

【関心事】時事的なゲームネタ。
こんばんは。

今日は一日、自宅でゆっくり過ごしました。

このブログ的には、あまり美味しくない展開ですけどね…。

まぁこういう時は、ニュースネタで場をつなぐとしましょう。


何かのニュースで見たのですが(ソースは失念)、

今日は人気ゲームシリーズ「ポケットモンスター」の第1作目が発売されて

ちょうど20年の節目を迎える日だったそうです。 (初代はゲームボーイでした)


へぇー、それはすごーい。(棒読み)


・・・え? 「ゲーム好き」を公言しておいて、その程度の感想しか出てこないのか、って?

だって私、「ポケットモンスター」を一度も遊んで無いんですよ?(爆)

せいぜい「スマ〇ラ」『ピーカ、チュウー!』とやっている程度で。


ポケモンマスターへの道は、始まってもいないんだぜ…! (←何カッコつけてんだ)


なので、これ以上のコメントは差し控えます。


ところで、ゲームで話題になったといえば

ある芸能人が、自分の子どもがゲームについての約束を破ったことを理由に

『携帯ゲーム機を真っ二つに壊した』というニュースが報じられていましたね。

ゲーム好きからしたら「さすがにやり過ぎかな」と思ったのですが、皆さんはいかがですか?


もちろん、「ゲームのやりすぎは子どもの成長によくない」という主張は分かります。

かの有名な高橋名人(古い…)も「ゲームは1日1時間!」と言っていたくらいですから、

子どもが1日何時間もゲームに熱中するというのは、不自然な姿であるのは確かですよね。


その一方で、携帯ゲーム機の普及でゲームがコミュニケーションツールの一つとして成立し、

またスマートフォンやインターネット上でも、面白いゲームが無数に存在します。

大人でさえ、それらに貴重な時間とお金を際限なくかける人が後を絶たないのですから、

自分の判断で歯止めをかけられない子どもが出てくるのは、当然のことと言えるでしょう。

私も教員をしていたことがあるので、子どもを持つ親さんが心配する気持ちも理解できます。


ただ、だからといって「ゲームそのものを全否定する」ような対応をしてしまうのは、ちょっとどうかなと…。

今回ゲーム機を壊された息子さんが、これに懲りて「もう一生ゲームをしない」かと言えば、そうとは限りません。

いずれ大きくなって「ゲームなんて時間とお金の無駄」と思ったのなら、自主的に距離を置くようになるでしょうし、

「自分はやっぱりゲームが好き、ゲームは楽しい」と思えば、自分で気に入ったコンテンツを見つけてくるはずです。

そういう判断ができるようになるまでに、母親としてどのようにフォローするのが子どものためになるのか。

そこだけはもう一度、考えてみてほしいと思ったのでした。


最後はちょっと熱くなってしまいました。 反省…

ゲームは『楽しむために作られたもの』ですから、楽しいニュースが多く聞けるといいですね。

以上、今や日課となった「艦隊これくしょん」をプレイしながら書いた記事でした(←えっ!?)


にほんブログ村


【雑感】くうねるところ、すむところ。
家に帰ると、一通の封筒が届いていた。

差出人は、自宅アパートの管理会社。

入っていたのは、契約更新のお知らせと契約書だった。

「そうか、またこの時期が来たのか」と思った。


私の現在の自宅は、単身者向け賃貸アパートの一室。

2年ごとに契約更新があり、今回が2回目の更新なので

もうすぐ丸4年が経過することになる。

4年といえば、大学に通っていた時期とちょうど同じだ。


もう十数年も前の話だが、大学時代の私も一人暮らしをしていた。

住まいは、学生向けのワンルーム。

人生初めての一人暮らしで、最初は心細く感じることもあったが

学生が多くそれなりに賑やかな町だったので、何とかやっていけた。

近くにスーパーやコンビニもあったので、買い物にも困らなかった。

当時は免許が無かったので、どこへ行くにも自転車だったが。


その家の近くのコンビニで、3年間ほど夜勤のアルバイトをした。

毎日ではないものの、昼間は大学に行き、夜から朝までバイト。

我ながらよく続いていたなぁと思う。 これが若さだろうか。

このバイトの収入と親からの仕送りのおかげで、生活を送ることができた。

これとは別に奨学金も受けていたが、学費の支払いでほぼ全て消えた。

余談だが、奨学金は今も返済が続いている。


今の家の話をするつもりが、すっかり昔話になってしまった。

ともあれ、今は引っ越しをする積極的な理由もないため、

この家での5年目突入はほぼ間違いないだろう。

実家を除けば、今のところの人生で一番長く住む家ということになる。

感謝もこめて、週末はしっかり掃除でもしようかと思った金曜の夜である。


今日はここまで。オチはない。



にほんブログ村




【関心事】ハラショー。
響(ひびき)だよ
「・・・何だい?
 私は何も言っていないけど?」


こんばんは。

今日はいきなりの謎展開ですが、どうかお付き合いを。


さて、本題は仕事場での話です。

私は鳥取県内の某事業所で主に事務的な仕事をしていますが、

今日は人生初めての経験をしました。

とある書類の処理を頼まれたのですが、その書類にはなんと!

ロシア語がびっしりと・・・。

その内容を日本語で分かるようにまとめてほしい、と言われました。


うーん・・・英語すらおぼつかない私が、ロシア語を操れるはずもなく。

でも、仕事なのでやるしかありません。

幸い、インターネットは使えるので翻訳サイトの力を借りて・・・と思ったのですが、

そもそも、ロシア語の文字ってどーやって入力するの!?って話ですよ。

まぁ、これもネットで調べたら何とかなったんですけどね。

やり方は、コントロールパネルの「言語の設定」から、アレをコレしてソレすれば・・・。

うまく説明できないので、知りたい人は検索してみてください(爆)


で、どうにか文字を入力できるようになって、一つずつ文字を入力しては

単語や文章ごとに翻訳をして、意味の通じる日本語に直していきました。

多分、この作業だけで3時間くらいかかったんじゃないかな・・・。

最後の方は、数文字だけですがキーと文字の対応を覚えるくらいになりました(苦笑)

いつか、この経験が活きる時が来るといいけどなぁ・・・と思ったのであります。


で、冒頭の彼女は何だったのかというと、

ゲーム内の設定でロシアと縁があり、「たまにロシア語をしゃべる」というキャラなのです。

⑨の日でもないのに呼び出してごめんよ、響(ひびき)さん。

そんなどうでもいい伏線を回収しつつ、今日の話は以上です。

спасибо!(『スパシーバ』、ロシア語で「ありがとう」)



にほんブログ村

【雑感】ブログたのしいです(^0^)/
こんばんは。


さて、今日はブログの話。

ブログの話になった時は、ネタが無い時だと思ってもらってかまいません(←おい)


このブログも、早いもので開始から10カ月が経とうとしています。

最近は見に来て下さる方の数も増えて、一層テンションが上がっています。

ブログが続いているのは皆様のおかげです。 ありがとうございます。


あと、ブログを書いていくのはやはり楽しいと思っています。

自分の知識や思いを自由に表現できる場であると同時に、

他の方からの意見や感想を得ることができるのは刺激になります。

それでも、ブログの更新が「しんどい」と思うことも時にはありますよ?

例えばネタが無い時とか、ネタが無い時とか、ネタが無い時とか・・・(←そればっかりかよ!)

・・・と、こんな風に遊べるのも、日記ではできない楽しみ方ですね。


まぁ、ちょっとだけ欲を言わせてもらえば

「もっとアクセス数を伸ばしたい」とか、

「検索エンジンにも引っかかるようにしたい」とか、

「人を引き付けるタイトルや文章を書けるようにしたい」とか、

「あわよくば広告やバナーを貼って収入を得たい」とか、


やりたい事はいろいろあるわけですが(←どこがちょっとだよ)

それに気をとられて『楽しくない』と感じるようになったら、ブログ自体が続かないと思いますので、

そこだけはブレずにやっていきたいと考えています。

その結果として、読んだ人にも楽しんでもらえたとしたら、二倍うれしいですね。

「初心忘れるべからず」ってことで、これからも頑張ります。


【今日の帰り道、強風で傘の骨が一度に2本折れたまこな。に励ましの1ポチを!】

にほんブログ村

【日常】あたためますか?
たなくじ0222

ちょっと見づらいですが・・・。

まだまだ寒い日が続き、温かい食べ物が恋しいですね。

そして、こんな事を口ずさんでみる。


あったかいんだからぁ~♪ 


去年の今頃は、流行ってたなぁ・・・(遠い目)


さて、こんばんは。

ところで、皆さんのお宅には電子レンジがありますか?

食べ物や飲み物を温めるときには大変便利ですよね。

一人暮らしの私にとっても、電子レンジは欠かせない存在ともいえます。


スーパーで買った総菜や冷凍食品を温めるのはもちろんのこと、

炊いて余った白飯を小分けに冷凍すれば、欲しい分だけ解凍できます。

あと、100円ショップで売っている専用の容器を使えば

パスタやそばなどの乾麺をゆでることもできてしまいます。

手をかけなくても温かいものが食べられるのは、ありがたいことですね。

電子レンジがあればこそ、この寒い冬も元気に乗り切れ・・・


『チーーーーン!!』


おっと、言ってるそばから夕飯の支度が出来たようです。

それでは、今日はこのへんで。 そして、いただきます。


何食ってるんだ!?と思った方は、ポチっと。】

にほんブログ村

【真田丸】第7話視聴。
こんばんは。

今日2月22日は、島根県が制定した「竹島の日」だそうです。

それと「ネコの日」でもあるニャー(←悪ノリ)

だからといって、特に書くこともないのですが。


さて、本題に入りましょう。

昨日放送された大河ドラマ「真田丸」第7話のレビューです。

サブタイトルは「奪回」でした。

それでは、あらすじをどうぞ。


・北条軍約5万の侵攻を受けた滝川一益は、神流川(かんながわ)でこれを迎え撃つが大敗。

 残った手勢をまとめ、本拠である伊勢(三重県)へ撤退しようとしていた。

 一方、真田の郷で「滝川軍敗退」の報を受けた真田昌幸は、この混乱に乗じて

 かつて真田の所領だった滝川方の岩櫃・沼田の両城を攻め、これを奪取することに成功する。

 しかし、一益の人質として沼田城にいるはずだったとりの姿は無かった。

 一益が撤退した箕輪(みのわ)城にいると踏んだ昌幸は、信繁(幸村)を連れて箕輪城に乗り込む。


・箕輪城で昌幸と面会した一益は、人質は信濃を抜ける際に返すこと、

 また岩櫃と沼田を真田に返すことを約束する(一益は、この時点では城が落ちたことを知らない)。

 「早まったことをした」と焦る昌幸だったが、すぐさま次の一手を打つ。

 滝川軍が立ち寄る予定の信濃・小諸(こもろ)城で、人質を奪い返すよう信繁に命じる。

 小諸城に潜入した信繁は知恵を絞って滝川方の兵を欺き、人質を逃がそうとするが

 あと一歩のところでバレてしまい、逆に捕らわれの身となってしまうのだった。


・真田の行動を知り、昌幸に騙されたことに憤りを隠せない一益だったが、もう一つ悩みの種があった。

 伊勢に戻るには、信濃西部の木曽義昌(きそよしまさ)の領地を抜けなければならない。

 その義昌が滝川軍の通過を容認せず、足止めを食っていたのだ。

 一益は悩んだ末、信繁ら人質の身柄を義昌に引き渡して領地を通過することができたが、

 織田家の跡継ぎを決める清洲会議には間に合わず、不遇の晩年を送ったという…。


・木曽義昌に身柄を引き渡された信繁。今後を憂慮する中、事態は思わぬ展開を見せる。

 人質の立場であるはずのとりが、信繁の目の前で義昌に平手打ちを食らわせたのだ。

 もと武田家臣であり、織田信長の信濃侵攻に際して武田を見捨てた義昌だったが、

 とりは義昌が幼い頃から面倒を見てきた存在で、義昌は頭が上がらなかったのである。

 (管理人注:国衆出身の義昌自身も、武田の人質だった時代があったのだろうか…?)

 結局、とりの意向が通って信繁ときりは身柄を解放されることとなった。

 信繁ときりは互いに憎まれ口を叩きあいながらも、真田の郷に戻れることに安堵するのだった。


・とはいえ、とりを救えずに真田の郷に戻った信繁は、昌幸からきつく叱責される。

 「お前は勘に頼りすぎる。だから失敗するのだ」という昌幸の言葉に、反省しきりの信繁。

 しかし、昌幸は「お前はそこが面白い」とも言い、信繁に次の指示を与える。

 「信尹のいる海津(かいづ)城へ行き、上杉家の武将・春日信達(かすがのぶたつ)を調略せよ」

 昌幸は上杉家に庇護を求めつつも、腹の内では北条家へ味方する意思を固めていたのだ。

 春日を北条に寝返らせ、それを手土産に北条氏政・氏直の歓心を惹く作戦である。

 本能寺の混乱が未だ冷めやらぬ中、真田家の生き残りをかけた戦いは始まったばかりであった…。


【『今日の徳川家』は出番無しのため休載します】


いかがでしたでしょうか。

ここでは書きませんでしたが、信繁の兄・信幸も城を任されて頑張っていますし

その妻・こうも久々に出てきました。 やはり『病弱キャラ』全開でした…もはやギャグ要員?


一方、期待された合戦のシーンは冒頭にちょこっと出てきただけで、

「神流川の合戦」もナレーションベースで終わってしまいました。

まぁ、真田軍が積極的に絡んだわけでもないので、これは仕方のないところですかね。


それでも、鎧兜をつけた武将の姿を見ると、気分が高揚してくるのは私だけでしょうか?

りりしい鎧武者の姿は「これぞ戦国武将、これぞ大河ドラマ!」という感じがするのです。

やはり大河ドラマというブランドには、他の連続ドラマには無い要素がある気がしています。


最近の作品では「軽い」とか「史実を無視している」という批評が為されたこともあるようですが

『新たな視聴者層の獲得』と『長年のファンを納得させる演出』の両立は難しいところですね。

特に今年は「真田信繁(幸村)」という人気の高い武将が題材ということもありますので

またいろいろな意見が出てくると思いますが、それらも含めて今後も楽しんで見ていきたいと思います。



追記では、ドラマに出てきた気になるセリフを少し掘り下げます。


にほんブログ村

[【真田丸】第7話視聴。]の続きを読む
【日常】今日の成果。
こんばんは。

日曜日の夜に、人知れず更新です。

「真田丸」が始まるまでに終わらせないと・・・。


今日は、仕事が休みだったこともあって

自宅でパソコンを使った作業をしていました。

その成果物を上げておきます。

【その1】
暁(あかつき)さん

ゲーム『艦隊これくしょん』から、駆逐艦の暁(あかつき)です。

しかし、いつものことながら似ない・・・。

あー、絵心が欲しい。


とはいえ、これで「第六駆逐隊」の4人が揃ったので(←『何それ?』な方は検索を)

今後の「⑨の日」などで出番を作っていきたいと思います。


【その2】
戦国地図

戦国時代の日本地図を作ってみました。

現在の都道府県とは、区割りが違っています。

(面積が不自然だったり、必要以上にカクカクしているのは仕様です)


実はこれ、新設予定のブログで使うつもりで作りました。

合戦の場所や武将の行動をイメージしやすくするためのものです。

これがどのように活かされるかは、ブログが出来てからのお楽しみということで。

今月末か来月初めには、公開を開始したいと思っています。

このブログからもリンクを貼りますので、覗いてみてくださいね。


というわけで、今日はこのへんで。

明日はお約束の「真田丸」レビューをお楽しみに。

【雷(いかずち)さんも、心なしか嬉しそうです】

にほんブログ村

【雑感】続・FXって・・・。
こんばんは。

昨日は予定を変更してすみませんでした。

どうにか落ち着きましたので、今日は通常営業です。


さて・・・。

一昨日の記事で久しぶりに「FX(外国為替証拠金取引)」について書いたので、

ついでと思って以前ブログに書いた「FX連載」の記事を読みなおしてみたのですが・・・。

まー、初心者未満のくせして偉そうなこと書いてましたね(苦笑)

我ながら、可笑しいやら恥ずかしいやら・・・。

そんな当時のまこな。を鼻で笑いたい方はこちらから →       (新しいウインドウが開きます)


では、現在のまこな。はどうかというと・・・。

続きは追記にてお話しします。


にほんブログ村

[【雑感】続・FXって・・・。]の続きを読む




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。