そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【関心事】ゆく月、くる月。

こんばんは。

「真田丸」の放送時間が変わって、ブログ更新のタイミングを逸してしまった人です。

あまり時間が無いので、短文で失礼します。


今日で7月も終わり。 1年の12分の7が過ぎました(約分はできない)。

今月は、私にとってもいろいろとありました。

前半は心身の調子がすぐれず、ブログの更新もなかなかはかどりませんでした。

中盤は教員採用試験で早起き&長旅をしたり、高校野球の応援に行ったり。

最後の1週間は、新しく買ったスマホの操作に慣れるのに時間を費やしました。

母校の甲子園出場決定も、多分私の中で今年最大のニュースになるでしょう。

なかなか激動の1カ月だったように思います。


明日からは8月です、今年は暑くなりそうなので

熱中症や水の事故にはくれぐれも気をつけていきたいです。


そういえば、元横綱・千代の富士の九重親方が亡くなったのですね・・・

大鵬さんや北の湖さんに続いて、大相撲界のレジェンドがまた一人・・・。

まだまだお元気だと思っていたので、ショックが大きいです。

関係者の皆さま方にお悔やみ申し上げます。



にほんブログ村

スポンサーサイト
【日常】スマホ狂想曲(最終楽章)。

はい、こんばんは。

スマホを手に入れてから1週間、多すぎる機能に振り回されている人です。

必要がないなら使わなきゃいいのに、一度は使ってみたくなるんですよね・・・


さて、今日は昨日の続きで、今年の流行語大賞最有力候補な超人気ゲームアプリ(←煽りすぎやろ)

『ポケモンGO』について、ちょっとしたレビューと感想を書きます。

最後の方は堅い話になるかもしれませんが、ご了承ください。


まずは、アプリを手に入れないことには始まりません。

偽アプリに引っ掛からないよう、公式サイトを見つけてダウンロード。

ゲームの最初に自分の名前を入力するんですが、これがなかなか難関でした。

すでに他のプレイヤーが使っている名前は、登録できないんですよね。

使えるのがアルファベットと数字だけなので、バリエーションも限られるし・・・。

結局何度かNGが出た後、全く意味のない文字列を登録するハメになりました(涙)


自分のキャラクターを登録すると、いよいよゲーム開始です。

キャラクターの周りには、チュートリアル的に3体のポケモンがすでにスタンバイ。

ヒトカゲフシギダネゼニガメと、初代からのファンには嬉しい顔ぶれです。

この中から1体を仲間にすると、ゲームの本編が始まります。

(ここで裏ワザを使うとピカチュウが仲間になるらしいですが・・・詳細は知らない)


このゲームでやるべき事は、大きく分けて3つ。

①屋外をひたすら歩く

②野生のポケモンを見つけて、捕まえる

③捕まえたポケモンを育てて、戦わせる


これまでのゲームと大きく違うのは、やはり①の「歩く」という要素でしょう。

画面に現在地付近の実際の地図が表示され、自分が歩くとキャラも移動します。

街中に点在する「ポケストップ」と呼ばれるポイントでアイテムを入手したり、

ランダム(?)に出現する野生のポケモンを見つけて、捕獲に挑んだり。

自分自身がゲーム内に入り込んだかのような感覚でプレイができるわけです。

大人も子どももハマってしまうのが、分かる気がします。


ちなみに私は、平日は家と職場の間を毎日歩くことにしているので

その時間を利用して、ゲームをやってみることにしました。

もちろん、いわゆる「歩きスマホ」にはならないように注意はしています。

画面を見る時は、安全な場所に移動した上で、他の人の邪魔にならないように。

また、ポケモンが近くにいるとスマホ本体がブルブル振動して教えてくれるので、

ずっと画面を注視していなくても、ゲームが進められるようになっています。

中には自転車や車を運転しながらプレイする人もいるようですが、

自分はもちろん周りの人にとっても大変危険なので、絶対にやめましょう。

(悪質な場合は、法律違反で罪に問われる恐れもあります)


リアルトレーナー歴5日ほどの私は、ポケモンをだいたい30種くらい集めました。

ポケモンは種類によって出やすさが違っていて、出やすいものは1日に数体捕まえることも。

アイテムを使って能力を高めたり、より強力な個体に進化するものもいて

「自分の手で育てる楽しさ」があるのも、魅力の一つかもしれません。

また、街中には「ジム」と呼ばれるチェックポイントが点在していて

他のプレイヤーが育てたポケモンと戦うことができるようになっています。

勝つとそのジムの所有権を手に入れることができ、何らかのメリットがあるようです。

「チーム」という要素もあり、陣取り合戦のような楽しみ方もできます。


と、ここまでゲームの内容と注意点について書いてきましたが

このゲームを楽しんでいる人も、逆にゲームやプレイヤーを批判する人も

ゲームに興味や関心を抱いていることには変わりないんですよね。

『好きの反対は無関心』という言葉があるように、本当に興味が無かったら

わざわざ話題にする必要も無いだろうし、批判もせずに済むはずです。

「自分は興味ないし、ゲームに熱中する人の意味が分からない」と言っている人も

『これをネタにして世間の注目を浴びよう』と考えた上での発言なのかもしれません。

人は生まれながらに、自分の言動で他人からの注目や共感を集めたいと思っているものですから。


あるいはゲームそのものというより、新しい反面よく分からないものに対する不信感だったり

深く考えずに流行に飛びつく人々の気質を、疎ましく思っているだけだったりするのかもしれない。

ゲームに熱中するあまり、社会のルールを破ってしまった人に対する憤りもあるのでしょう。

「こんなゲームがあるから問題が起こる!規制するべきだ!」という気持ちも分かりますが

「この世に火があるから火傷や火事が起こる!火の使用を禁止しよう!」とはならないですよね。


道具を使う側の意識やモラルを高めるとか、安全装置をつけるとかして

管理の仕方を徹底するのが、時間はかかっても合理的な方法だろうとは思います。

今回はあまりに速く広まってしまったので、今はそれが追い付いていない状態というか。

だからこそ、私も含めた一人ひとりが自覚をしっかり持って、

周りから後ろ指をさされることのないように楽しみたいものです。


それでは、ポケモンをゲットするために少し歩いてきます(←おい)

また明日お会いしましょう。



にほんブログ村

【日常】スマホ狂想曲(第三楽章)。

こんばんは。

歯医者の予約を入れていた事を、例によって当日の朝に思い出した人です。

毎度毎度忘れすぎやろ・・・


というわけで、今日も時間に余裕の無い中での更新になりますが

流石に2日続けて引っ張る訳にはいかないので、意を決して書きます。


『ポケモンGO』すごい人気ですよね!


日本では先週金曜日に公開されるやいなや、そのトレンドはものすごい速さで列島を駆け巡り

日本中でリアルポケモントレーナー(?)が増殖するという事態になりました。

初代(ゲームボーイ版)の発売から20年経っても、ポケモン人気は衰えませんね。


というわけで、私の友人たち(?)にも聞いてみました。

「正直な話、『ポケモンGO』ってどうよ?」


これ、誰だ?
「ポケモン、ですか? ピカチュウしか知らないです・・・」

暁(あかつき)さん
「一人前のレディーは、そんなものに興味ないんだから!」

響(ひびき)だよ
「うん、ゲーム以前に、歩きスマホは正直危ないよね・・・」

リアル友人ちゃうんかい!というツッコミは全力でスルー。だって”⑨の日”だもん!


あ、あっれ~~?  聞く相手を間違えたかな・・・?

という感じで、この騒ぎに乗らない冷静な(?)人も多数いると思われます。

でも自分がやらないからと言って、やっている人を侮蔑するのはやりすぎと思われ(以下略)


え? そう言うお前はどうなんだ、って?

まぁ、せっかくスマホを手に入れたのだから、当然乗ってみますよね(←言い訳)。

という所でちょーっと時間が押してきたので、今日はここまで。

実際に遊んだ様子と感想は、明日書くことにしますね。 お楽しみに。



にほんブログ村

【日常】スマホ狂想曲(間奏)。

スンマセン、遅くなりました!


いや~~、今日は予定外の残業が入ってしまいまして。

ツイッターの方では、スマホからの更新でお知らせしてたんですが

ブログをじっくりと書くだけの時間的余裕がなくなっちゃいました。


特に今日は「あのゲーム」について書く!と予告していた手前

割と言いたいこともあり、自分なりによく考えた上で文章にしたいと思っていたのですが、それも叶わず。

明日は早く上がれるはずなので、一日ずらしてもよかですか?

もちろん明日は”⑨の日”テイストも入る予定なので、二度おいしい(?)。

今日の分まで気合いを入れて書きますので、もう一日お待ちください。


それでは、今日は短いですがこのへんで。


にほんブログ村

【日常】スマホ狂想曲(第二楽章)。

こんばんは。

仕事終わりに甘いものがどうしても食べたくなって、シュークリームを買い食いしちゃった人です。

いや~、今日も暑かったですよ~。 そろそろ夏が本気を出してきたみたいです。


さてさて、昨日からお送りしている「スマホ狂想曲」シリーズ(というほどでもないが)。

日曜日に「ガラケー使い」から「スマホ使い」にクラスチェンジを果たしたまこな。ですが

その日は家に帰ってから充電をして、ポチポチ画面を触ってたら夜になってました。

あとは電話とメールの使い方を確認して、ちょっとツイッターを見て終わっちゃいました。


よく考えてみると、この薄っぺらい機械で電話ができるってのはすごいですね。

ダイヤルキーもついていないので、タッチパネルで番号を押すんですが

慣れないうちは隣のボタンを押しちゃいそうになって大変です。

メールやツイッターの文字入力でも同じことが言えるので、打つのに時間がかかります。

こればかりは、使い込んでレベルアップするしかなさそうですね・・・。


で、スマホのもう一つの楽しみ方といえば、やはりゲームアプリ。

ガラケーでも色々なゲームを遊んできたのですが、やはりスマホは段違い。

テレビゲームも顔負けの綺麗なグラフィックが、こんな小さな画面に映るとは。

ただ遊ぶだけなら無料(ゲームを有利に進めるためにお金を払うことも)の作品も多いため

とりあえずダウンロードして手軽にプレイできるというのも、現代人に合っている気がします。

ちなみに、私の場合は「ねこあつめ」と「パズドラ」を速攻でダウンロードしたわけですが。


ところで、スマホについてよく言われるのが「バッテリーが持たない」問題。

ガラケーに比べて、消費電力が多いためかすぐに充電が切れる、というのはよく聞いてました。

その点、実際使ってみてどうかというと、まぁおおむね当たっているのかな、と思います。

私の機種は充電量が1%刻みで表示されるんですけど、ゲームやツイッターをしていると

割と早く数字が減っていく気がします。 だいたい10分で5%くらいかな?

もちろん仕事中は触りませんし、それ以外でも長時間続けて使うことも無いので

朝出かけてから夕方帰るまでに、充電が切れることは無いレベルなのですが。

旅行に出かける時などは、予備のバッテリーを準備した方がいいのかもしれません。


というあたりで、今日はここまで。

明日は、社会現象(問題?)になりつつある「あのゲーム」について書きます。

皆さんもおわかりですよね?  どんな話になるのか、明日をお楽しみに。



にほんブログ村

【日常】スマホ狂想曲(第一楽章)。

こんばんは。

最近は暑さのせいか、夕方になるとエネルギー切れを起こす人です。

そんなわけで、今日のブログは少し短めで失礼しますね。


さて、タイトルからお分かりかとは思いますが・・・


ねんがんの スマートフォンを てにいれたぞ!


あれだけ引っ張っておきながら、あっさりと機種変更してしまいました。

この前の日曜日に、実家の近くの携帯ショップへ行って手続きをしてきました。

ご報告が遅くなったのは高校野球とか大河ドラマとかの事情があったためで・・・

2日ほど操作や使い勝手を確かめたのちの今日、ようやくお披露目です。


で、ガラケーからスマホに替わって何が一番驚いたかというと

やはり液晶?画面の大きさときれいさですね。

タッチパネル自体はニンテンドーDSなどでも慣れていたつもりだったのですが

指で操作するというのは新鮮で、画像も鮮明に見えるのが驚きでした。

うちのノートパソコンと比べると、画面は小さくても美しさが格段に違う・・・


もちろん電話やメールといった基本的な機能も、一通り使う練習をしました。

電話帳やアドレスのデータも、お店の人が引き継ぎをしてくださったので、問題無しです。

ただ、料金プランが強制的に変更になるので、そこは確認が必要ですね。

あとは新しい機能や初期アプリがたくさんありますが、おいおい覚えるということで・・・

(アプリは必要なければ解約もできるし。一応最初の1カ月は無料で使えるようです)


長くなりそうなので、今日はここまで。

明日以降も新しいスマホについて書いてみようと思います。



にほんブログ村

【真田丸】第29話視聴。

こんばんは。

母校の甲子園初出場決定で浮かれ気分になったまま、大河ドラマを見た人です。


先週はあまり参考にならないレビューになってしまい、すみませんでした。

読者の方から頂いたコメントを読んで、少し冷静になれた気がします。

他人の知識や感想を気にするよりも、自分の感覚を大事にした方が楽しいですよね。

そんな基本に立ち返り、今回は素直なレビューを書いてみようと思います。


それでは大河ドラマ「真田丸」、第29話「異変」のあらすじです。


・関白・豊臣秀次の自害による衝撃から豊臣家が立ち直りつつある中、

 信繁(幸村、左衛門佐)は大谷吉継の娘・春を正室に迎えた。

 かつて上田合戦で亡くなった信繁の最初の妻・梅の面影を感じさせる春に対して

 真田家の人々は様々な想いを抱きつつ、(表向きは)暖かく迎え入れるのだった。


・しかし、その輪の中にすら入れず、悶々とした気持ちを抱えるきり。

 ある時、秀吉の正室・寧の侍女から用事を頼まれる。

 それが縁で、キリスト教信者である細川ガラシャと知り合うことになるきり。

 秀次から託された『聖母マリア』の絵を見つめ、きりの胸中に去来するものは・・・?


・一方、太閤・秀吉の言動には目に見えて変化が起きていた。

 寝小便をしたり、好物を「まずい」と言ったり、小さな段差でつまづいたり。

 さらには、今後の政治について徳川家康に「徳川殿に任せる」と繰り返し(※)頼み込む始末。

(※)3度目は三成らが制止。しかも最初は「三成ら奉行に任せる」と言っていた。

 「殿下はもう長くない」秀吉の側にいる者は、うすうす感じ始めていた。

 そして秀吉自身も、迫りくる死の影に恐怖する心の内を信繁に吐露するのだった。


・その頃、秀吉から伏見城の改築を命じられていた昌幸は

 昼間から遊郭に入り浸ったかと思えば、一転して名案を考え出すなど本領を発揮。

 さらに信幸に2人の子(※)ができたことも発覚し、祝福する信繁。

(※)前妻・こうとの間に1人、正室・稲との間に1人。

 しかし、今後の真田家と天下の行方に対しては、兄弟に意識のすれ違いが生じていて・・・。

 そんな時、京をはじめとする畿内一帯を大地震が襲う(慶長伏見地震)。

 完成間近の伏見城天守は無残に倒壊。一方、寝室の隅でうずくまる秀吉を見た信繁は・・・。



という感じで、前回ほどではないにしても重い感じの回でした。

秀吉の様子を見ていると「人が老いるとはこういうことか」と切なくなりますね。

有り余る権力や財力をもってしても、老いや死から逃れられる人間はいない。

そうなると、周りの人間の理解や支えが何より必要になる気がしました。

(もちろん、老いた人間の弱さにつけこもうとする輩もおるわけですが)


あと、昌幸パパは何を考えていたんだか分からずじまいでしたね。

妻の薫から問い詰められてもはぐらかすし、出浦様も「分からない」と言ってドロンするし。

「秀吉や三成に警戒されないよう、愚か者を演じる気なのか?」とも勘繰ってしまいます。

次回予告で吉野太夫が倒れていましたが、謎が解けるのでしょうか。


それから、信幸アニキ! あんたもやることやってんじゃねぇか! おめでとう!

昔、信繁から「(梅に)子ができた」と打ち明けられた時、激しくうろたえていたのが懐かしい。

信幸がこうに会って、事に及んでいたことに感づいた稲が

「父(本多忠勝)にバラされたくなければ…///」と言って抱きつく場面、正直『グッ』ときました。


しかし、この一件で信幸の「真田の跡継ぎ」としての自覚が強まったのでしょう。

信繁に対して「豊臣家に何かあれば、自分は(真田を守るために)徳川につく」という意思表示。

もちろんまだ昌幸パパが健在なので、表立っては言えなかったのでしょうけれど。

「ちちうえぇ~~!?」が口癖だった頃から、アニキも格段に成長していますね。

今後ますます、主人公(笑)の影が薄くなりそうな予か(それは言っちゃいけない!)


あ、最後にこれだけは言わせて! 今回の片桐先生こそ「受難」だよ!!

信繁に「胃薬分けて」と言われて「おぉ、仲間♪」と喜んでいたのも悲しいけど

部屋を出て行ったすきに寝小便の濡れ衣を着せられるなんて・・・ イイオトナナノニネ

完全に窓際族の平野さんといい、こんなぞんざいな扱いをされる「七本槍」は見たことないよ!

三谷さん、そろそろ勘弁してあげてください・・・(面白いやら悲しいやらで複雑な気持ち)


というわけで、今日のレビューはこのへんで。

そうそう、次回「黄昏(たそがれ)」は総合テレビの放送時間が変わります。

東京都知事選の特番が入るため、午後7時15分からの放送です。お忘れなくー。



にほんブログ村

【関心事】やってしまいました。

こんばんは。

お待たせしてしまいましたが、皆様にご報告。

今日まで行われていた夏の高校野球・島根県大会で

私の母校・島根県立出雲高校が優勝を果たし、

春夏通じて初めての甲子園出場を決めました!!


昨日の準決勝・大社高校との試合は球場へ応援に行きました。

5回までに4点をリードしましたが、さすがに相手はシード校。

6回と7回で1点差まで追い上げられ、見ていたいけど見ていられない展開に。

それでも最後は粘り強い守りで、逆転は許さず4-3で勝利。 40年ぶりの決勝戦に進出しました。


そして、今日行われた決勝・立正大学淞南高校との対戦は、実家でテレビ観戦。

相手は準決勝で、今年春のセンバツに出場した開星高校に7-0で完勝したチーム。

正直、非常に厳しい戦いになるであろうと予想していたのですが・・・


いざ試合が始まってみると、主導権を握ったのは出雲高校。

1回にスクイズで1点を先制すると、その後も着実にランナーを進めて得点を重ねます。

淞南高校も再三チャンスを作りましたが、出雲高校のエース・原投手が要所を締め

終わってみればわずか3安打、1点に抑えました。

9回裏2アウト、バッターの放った鋭い打球にサードが飛びつき、捕球して倒れこむ・・・

その瞬間、おそらく日本中にいる出雲高校卒業生の夢が現実になりました。

勝利の校歌が流れた時には、自然と嬉し涙が出ていました。


今日のタイトルは、優勝インタビューでキャプテンが発した第一声です。

前評判の高いシード校でもなく、ましてや練習の時間や場所も限られる公立校。

(夏の島根県大会では、去年まで11年続けて私立校が優勝していました)

「目標は優勝」と掲げていても、本当に優勝するのは至難と分かっていたはず。

それでも、選手たちは勝つごとに自信をつけてこの大会を戦い抜いたのでしょう。

次は甲子園の舞台で、自分たちの力を発揮できるように備えてほしいと思います。


もちろん、初戦の日程が決まれば応援に行く所存です!


ありがとうございました。



にほんブログ村

【雑感】ちょっとした野望。

弟子「モテようとして、ガラケーをスマホに替えようとしてた奴がいたんですよ~」

師匠「ぬゎーーーぬぃー!? やっちまったなーーー!!!」

弟子「男は黙って」  師匠「のろし!!」  (このやり取り×2)

弟子「いろいろと面倒だよ~。」  「クールポコ」さんごめんなさい



というわけで、近々ガラケーからスマホに替えようと思っているのですが(←重大発表)

このタイミングだと、どう見ても「ポケモンGO」目当てと思われてしまいますね・・・

いやね、前々から「そろそろスマホに替えた方がいいかなー」という想いはあったんですよ。

自分のガラケーだと、ブログは更新できないし、ツイッターは見られないし、FXの取引もできない。

これらがここ1年のうちに続けて起こったので、さすがにガラケーの限界をうすうす感じていたのです。


それでね、その想いが決定的になる出来事がまさに今日起こっているんです。

今日は私の母校の野球部が夏の甲子園を賭けた県大会の準決勝が行われるので、

島根県の松江市まで応援に行く予定にしてたんですね。

その事を実家の母親に言ったら「島根に来るのなら、実家に寄って顔でも見せろ」と。


そう言ってもらえるのは有り難いことですが、問題もあって。

実家に帰ると、ブログの更新ができない!(実家にはインターネットの回線が無いため)

特に今日は、準決勝の結果を早く皆さんにもお伝えしたいのに・・・!

この際だからバラしますけど、実家に帰ってた時期のブログは予約投稿を使ってました 


やはり、自宅のパソコンからしか更新できない現状は厳しいものがある。 そう思った次第なのです。

もちろん、スマホには「料金が高い」とか「電池の持ちが悪い」というデメリットもあるわけですが

ブログとかツイッター、FXなど新しいことにどんどん挑戦していく過程で

もう「電話とメールさえできればいいや」という自分ではいられなくなった、ということ。

今週か来週あたりでお店に行って、機種変更の手続きをしてこようと思っています。

今のキャリアとは長いこと(ざっと15年)契約してるので、いろいろと割引や優待がつくはず・・・


長々と書きましたが、結局実家には帰ることにしました(よって、この記事も予約投稿です)。

スマホが手に入ったら、またご報告したいと思います。 もちろん、野球の結果もね。

ではまた明日お会いしましょう。



にほんブログ村

【関心事】さまーばけーしょん。

こんばんは。

世の子どもたちが夏休みに入ったことを、つい昨日まで知らなかった人です。

独身で社会人を10年以上やっていると、そりゃ気付かなくなりますよねー(自己弁護)

今日は、そんな私が「あ、もう夏休みなんだなー」と感じたことをいくつか。


①ツイッターで・・・

最近は布団から起きたらパソコンを起動し、ツイッターをチェックするのが

日課になっているのですが、トレンド(多くつぶやかれている話題)に「ラジオ体操」という言葉が。

勘のいい方ならピンと来ると思うんですけど、私はすぐにはピンと来なかった。

「え、今テレビでラジオ体操やってる時間だっけ?」というくらいしか思わず。

その文言が入ったツイートを確認して、ようやく理解しました。


夏休みの朝、子どもたちが学校や広場などに集まって体操をするんですよね。

そして、カードにハンコをもらうのが楽しみだった。うん、私も通った道だ。

(自分のとこでは、なぜか体操の後に1kmのマラソンがもれなくついてきたが)

今は県外に引っ越して、近所の子どもがどこに集まっているのかすら知らない。

大人になるってこういうことなのかなぁ、としみじみ思ったのでした。


②通勤途中で・・・

昨日は残業で帰りが遅くなるのが確定しているので、珍しく車で出勤。

学校の近くを通りかかると、当然のように子どもの姿は無し。

横断歩道で旗を持つ交通安全指導員の方も、夏休みの間はお休みです。


交差点の赤信号にひっかかったところで、ふとラジオをつけました。

たまに聞いているラジオの番組が始まるかと思いきや、聞きなれない音楽が。

そして「夏休み子ども科学電話相談の時間です。」という女性アナウンサーの声。


そうです。確かにこれも夏休み恒例。

自然や生物などに関する子どもたちの素朴な(?)疑問に専門家が答える名物番組です。

今年は昨日から放送が始まったところだったのですね。

ちなみに、今は電話だけでなくメールやインターネットでも質問ができるようです。

夏の甲子園の期間中以外は平日の午前中に放送されるようなので、

お時間のある方は聞いてみてはいかがでしょうか。


と、今日はここまで。

明日は土曜日、ちょっとした(?)重大発表を予定しています。

「何だそれ!?」と思った方は、明日の更新をお楽しみに。



にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。