FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】平成30年もはや2か月経過・・・ ”3月は去る”と申しますがどうなる?

こんばんは。

今日は2月28日、”なぜか他の月より短い”でお馴染み、2月の最終日です。

なにせ、原則4年に1度の”うるう年”で1日増えたところで、それでも単独最下位の29日しかないんですもの。

ホント、何故なんでしょうね。 2月に生まれた人間としては、ちょっと腑に落ちない気もするのです。

まぁ今年は冬の平昌(ピョンチャン)オリンピックで日本選手団が活躍して、過去最高のメダル数だったらしいので

いつもの2月よりエキサイティングで思い出に残る2月になったという方も、多いのかもしれません。


なお、オリンピックが終わっても3月9日からは同じ韓国・平昌にて”冬のパラリンピック”が開催されます。

テレビもネットもオリンピックが終われば『あー終わった終わった』で、パラリンピックはほとんどニュースにならないのですが

2年後に東京開催の『オリンピック・パラリンピック』を控えている日本は特に、世間の関心を高める努力をしてもいいのでは~??なんて。

まぁ私が知らないだけで、様々な所で盛り上げようとしている人たちもいるのでしょうけど・・・ 

このブログとブログ主は、平昌パラリンピックと日本代表選手団を応援します。 何の影響力もないけど(汗)


さてさて、そんな事を言っていたら結構いい時間に。

明日からはもう3月です。 カレンダー的にはもう春っすよ春。

とある世界では、毎年春を告げに来る妖精さんがウォーミングアップを始めている頃でしょうかねぇ(どこだよ)

『3月はサル』なんて言うと『じゃあ1月はイヌで2月はニワトリか?』なんて返してくる人は放っておいて(誰だよ)

慌ただしくなるであろう年度末に向けて、仕事や学業、人間関係の足場をしっかり固めていきたいですね。

そのためには、体調管理も忘れずに。 迎え撃て、スギ花粉(私も予備軍)。 飲み忘れるな、ビタミンB(今日で2日目)。


ひとまず3月もこんな感じでグダグダやっていきますので、よろしくお願いします。

ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】睡眠不足もなんのその、伊達ではなかったサプリの威力。 ※あくまで個人の感想です

こんばんは。

昨日の記事で紹介した通り、36歳にしてサプリメントデビューしたブログ主です。

持ち前の疑り深さからサプリに否定的だった過去を一旦忘れて、自分の身体をメンテナンスする必要性に鑑みて

体内のエネルギー効率を高める効果があるといわれる、”ビタミンB”を中心とする8種類の成分を補う錠剤を

今朝から飲み始めたわけですが、アリかナシかでいえば今のところは”アリ”だと思います。


というのも、いつもと同じ仕事(身体を動かします)をしたつもりでも、疲れの残り方が全然違うんですね。

ましてや今日は火曜日で、普段よりも忙しく動き回った割には『あ~くたびれた~』というダルさがほとんど無い。

終盤に差し掛かっても『まだまだイケるぞ!(変な意味ではない)』みたいな感触すらあり、自分でもビックリです。

身体の中でビタミンBたちがせっせと働いて、食事のカロリーを効率よくエネルギーに替えてくれているからでしょうか。

とはいえ『プラセボ(※)効果』なんてのもあり、自分の思い込みだけで症状が良くなったように感じるのも”よくあること”らしいので

1週間なり1か月くらい続けて、望ましい効果が持続するか、体調に異変が起きてないかなどを見極めたいと思います。

(※)『プラセボ(偽の薬)を”本物の薬”だと信じさせて病気の患者に飲ませると、症状が改善することがある』という心理効果。


もちろん、食事・運動・睡眠といった基本的な生活習慣も、おろそかにはできませんから。

実は夜中に目が覚めてしまって、仕事中もちょっと眠かったんです。 そしてブログ書いてる今はかなり眠い。

眠気とかダルさは身体が発する”SOS”・・・は言い過ぎでも、何らかのメッセージであることは確かなので

『それすら聞こえなくしてしまうほど、サプリや健康食品に依存するのは良くない』と己に言い聞かせ、今日は早めに寝ることにします。


ではまた。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【お楽しみ】※ブログ主の感想です。 効果効能を保証するものではありません。

はい、こんばんは。

今日は、実にうさんくさい『通販の決まり文句』で始めてしまいました。

昨日の記事が書く方も読む方も重苦しくなる内容だったんで、ちょっと路線を変えたつもりですが、どうでしょう。

もちろん『読者に何かを売りつけようという話』じゃないので、気楽に読んでいただければ。


今年に入って、ブログ主はことさら『健康』を意識するようになりました。

いやまぁ、メンタルだの虫歯だの睡眠の悩みだの、週替わりで複数の病院に通っているために

”医療費を払い過ぎて、税金が少し安くなった男”が『健康』を語るなって話ですが。

それでもできるものなら長生きはしたいですし、これ以上心身の状態を悪くして働けなくなった時のことを考えると恐ろしい。

そういうわけで、取り急ぎ自分の意志で改善しやすいと思われる『食習慣』から攻めよう、と決意した次第なのです。

(運動も重要ですが、現在の仕事が身体を動かす内容なので、ひとまず現状維持を目標に。)


今までの食習慣で一番の課題だったのが、ブログ主が『炭水化物大好き人間』である事実を受け止めることでした。

30代になっても、お腹が空けば「大盛りカップラーメン(焼きそば)に白いご飯」が何よりのごちそうだったり。 血糖値の上昇が止まらない。

これじゃ「お好み焼きをおかずに白いご飯を食べる」という関西人(噂です)の事を笑えない。

糖尿病やメタボリックになる前に、一刻も早く脱出する必要があると考え、今年に入ってからは我慢しています。

いくら油の摂取を控えても、穀物やお菓子などの炭水化物を必要以上に摂っていると

生活や運動でエネルギーとして消費されなかった分は、体脂肪に変わってしまうらしいです。

とりあえずお米ならお米だけ、パンならパンだけ、麺なら麺だけ。 いわゆる”主食”を1種類に絞ることにしました(基礎の基礎ですが)。


あとは、子どもの頃からの”肉好き”であることも認めつつ、タンパク源をそれに依存しすぎないようにすることも課します。

大豆製品(安価な納豆か豆腐がメイン)を1日1回は食べ、匂いや小骨が苦手な魚料理も1週間に2回くらい取り入れるように。

缶詰でも良かったのですが、最近はコンビニのお惣菜も種類が多く、試しに食べてみたら案外おいしかったので続いてます。

特に青魚(イワシ、アジ、サバ、サンマなど)はコレステロール値を下げるのに効果的とのことなので、克服できるならしたいところです。


そして、最近読んだ本に触発されて、サプリメントも始めることにしました。

もちろん添加物や過剰摂取が心配なサプリに頼らず、日々の食生活だけで必要な栄養を補えればスバラシイですが(実はサプリに否定的だった私)

”毎日毎食にわたって栄養バランス満点の食事をする”ためには、自分には時間もお金も足りないことが分かったので

お手軽かつお手頃に、特に必要と思われる成分を補充するためならアリかな、と思い直したのでした。


ドラッグストアの売り場を物色し、あまたあるサプリメントから選びに選んだ一品が『ビタミンBミックス』

これも本やネットの情報ですが、日々の食事でカロリーを摂っても、そのままではエネルギーとして使われないんですね。

そもそもカロリーは、食べ物に含まれる”タンパク質”や”炭水化物”、”脂質”をある計算式に当てはめて算出したもので

計算式通りに”身体のエネルギー”として使われるためには、体内で消化や分解をしないといけないそうです。

その”消化や分解”の過程で必要不可欠とされているのが、”ビタミンBなんとか”と呼ばれる数種類のビタミンなんです。

これらが不足していると、いくら食事でカロリーをとってもエネルギーに変換しきれず、余った分は体脂肪に(以下略)。


実際、その本を読んでからふと思い出して、『疲れた時に効く!』と言ってたまに飲んでいた栄養ドリンクの表示を見てみると

ちゃんと『ビタミンB1、B2、B6』が豊富に配合されていることが分かりました。

彼らが身体の中でカロリーをエネルギーに効率よく替えてくれるから、元気が出るように感じるわけですね(効果には個人差があります)

今まで『タウリン何千ミリグラム!』が身体にいいと思って、そこばかり気にしていたのですが

本当に重要なのは、こっちだったのかもしれないです。 栄養ドリンクを飲み続けて10数年、衝撃の事実でした。


そんなわけで、栄養ドリンクを毎日1本飲むよりはるかに安上がりと思い、サプリを購入してきました。

1日2錠が適量ということなので、明日から毎日朝と昼に1錠ずつ(※)飲もうと思います。

(※)ビタミンBは全体的に水に溶けやすく、飲んで数時間もすると尿として排出されるため、何回かに分けて摂ると良いとのこと。

果たして効果はありますかねぇ・・・ 何事も”過ぎたるは及ばざるがごとし”ですから、過度な期待はせずにおきますが。

何か変わったことがあれば(悪い方でないことを祈る)、またブログで報告するかもしれません。


あれ、今日も思った以上に長くなってしまった。 どこがお気楽に読める記事だ。

明日は歯医者で帰る時間が読めないので、短いかもしれないし、そうじゃないかもしれません。

つまり、中身は開けてみてのお楽しみ。 ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【人生(仮)】他人と比べて自信を失う”クセ”をどうにかするための、ブログ主なりの考察。

こんばんは。

2日前の金曜日の記事で言っていた”練り上げ待ち”の内容で、今日は書いてみます(忘れてなかった!)

テーマはタイトルの通り【他人と比べて落ち込む”クセ”を、どう克服すればいい??】です。


これを考えたきっかけはもちろん、ブログ主自身がその”クセ”を強く持っているからです。

いつから始まったかはもはや定かではありませんが、最近の例をあげると。

「あの同僚は自分より仕事が早いし、上司からも褒められている。 それに比べて自分は・・・」

「あのブログは大した事を書いている訳でもないのに(失礼)、自分のブログよりも読者が多い・・・」

「(ツイッターで)あの人は『おはよう』とつぶやいただけで何十人からいいねされるのに、自分がやっても無反応・・・」


とにかく、自分と他人を比べる材料があると、反射的に比べてしまうんですね。

そして大抵の場合はその観点において自分より優れているので、『自分なんて・・・』と自信を失ってしまうんですね。

まぁ、それだけならいつもの事だからブログに書こうとも思わないのですが、問題は別の視点にあって。


例えば、メンタル関係のお医者さんが書いた本とか、メンタル関連の症状をある程度自力で克服した人のブログ、

あるいは「自分に自信が持てない、自分はダメな人間・・・」と落ち込んだ人が検索するであろうネット上の記事などでは

決まって「他人と比べるのをやめたら、自信が湧いてくるよ!」という内容のアドバイスが。

多くの方がそろって口にするくらいですから、その見立ては確かに正しいのかもしれませんけど

当事者としては「それが出来るのならとっくにやってるし、こんなに苦しんでいないんだよぅ・・・」が本音だったりするわけで。

そう。 わかっちゃいるけど、やめられないんです。 わかっちゃいるけど、やめられない。 大事なことなので2回言いました。


人間というもの、「なくて七癖」とか「三つ子の魂百まで」という通り、一度心身に染みついてしまった習慣や考え方を変えるのは非常に困難。

その理由は、あくまで聞きかじりですが「その習慣や考え方の中に、無意識に利点(メリット)を感じているから」だそうです。

じゃあ『自分を他人と比べる』ことの利点って何だろう・・・と考えていると、思い当たるフシがありました。

「自分より優れている(と思っている)相手と比べて、劣等感を持って落ち込む」のは当たり前だけど

逆に「自分より劣っている(と思い込んだ)相手と比べることで、優越感を得ることができた」からではないか?と。


優越感。

思い返せば、これは限りなく”自信”と似ています。

「私は、アイツよりテストの点数が良い」 「私は、アイツより足が速い」 「私は、アイツより友達が多い」・・・

特に子どもの頃なら、比べる相手はだいたい「自分より程度の低い”アイツ”」であることが多かったのでは。

「”アイツ”に勝っている」イコール「自分はこれができる、能力がある」という”自信”に結びつくことは、私の経験上もありました。


ただ、学校を卒業して社会に出てからは、自分が勝てる(はずの)”アイツ”はなかなか見つからなくなるんですよね。

それは、自分の心も成長して「自分より程度の低い(と思っている)相手に勝っても、誇れることじゃない」と思うようになるから。

また、テレビやSNSを通して見聞きする人物は、ほとんどの場合自分より優れているから有名になっている、という事実も。

そして何より、あらゆることが高速化・効率化されつつある現代日本では、「できること」より「できないこと」の方が見えやすくなっている。


「何やってんだ」 「こんな事もできないのか」 「それでもプロ(正社員)か」 「これだから派遣(パート、バイト)は」 などなど・・・


常に「自分より優れている”誰かor何か”」と比べられて、価値観として刷り込まれてしまう面もあるのではないか、なんて。

そう思うと、これは”個人個人のメンタルの強さ”だけで片付けてしまえる問題でもないのでは、と。 

絶えずこうした不安や悩みを抱えた人に『心が弱いからダメなんだ、もっとガンバレ』は禁句とされていますが

他人の心の内面まで完全確実に言い当てるのはおそらく不可能なので、相手を余計に傷つける可能性もあることは確かです。


・・・ちょっと脱線気味ですので、話を戻して。

結局のところ、確実に「他人と比べるのをやめる」ための方法として、現時点で言えるのはただ一つ。

”他人と比べることのメリットを手放す”、つまり”他人と比べて優越感を得ることを諦める”ことになるわけですが。

「それだと”自信を失う”ことはなくなるけど、”自信を得る”こともできなくなるじゃん!」 心の中から、そんな声が聞こえてきますよ。

そうですよね。 ホントそうですよね。 大事なことなので(以下略)



ですが、ここで重要な気づきを与えてくれたのは、このブログでも以前に何度か紹介・引用している

北海道で工場経営と宇宙ロケット開発をしながら、全国の学校などで講演活動を行っている植松勉さんです。

植松さんもブログを公開していて、私も主にツイッター経由で更新された記事を読む事があるのですが

その中で何度かおっしゃっていたのが『”優越感”は”自信”とは違うものである』ということでした。


”優越感”は自分より低い相手と比べれば簡単に手に入るけど、自分より優れた相手に出会えば簡単に”劣等感”に変わってしまう。

そんなものは”本当の自信”ではない。

”本当の自信”は、過去の自分にできなかったことができるようになったとき、”自分が成長した実感”とともに得られるものである
、と。


これも、聞く人にとっては「そんなの分かってるし、できないから困ってるんだよ」となってしまうかもしれません。

ですが、今の自分にとって居心地が良くない場所に留まっていても、状況が自然に良くなることはほとんどない、とも感じます。

そして、自分で一歩も前に進まないまま”自信”を得られたとしても、それは単に”優越感”の基準が下がっただけに過ぎない、とも。

だとすれば、このまま(頼りない優越感にすがりつつ)劣等感を抱えて生きていくしかないんだ、と開き直るのも一つの方法だし

それに納得できないなら、自分の中に残った力を振り絞って、できなかったことをやって”本当の自信”をつかみに行くか。

あるいは「一人では何もできないから助けて」と、周囲の人や機関に向けて声を上げるか。
 

自分自身の問題として考えた時に、今思いつく解決策はこれくらいです。 傷つき、恥をかき、後ろ指をさされる恐れはあるけれども。


究極、「他人と比べること自体が無意味」という、”悟り”に近い開き直りもアリかもしれません。

「人間誰だって、最期は骨と灰になるんだ。 そこに優劣なんてない」 数日前、ブログ主が実際に思ったことです。 ・・・病んでますかね、私。


まぁそれは究極過ぎるにしても『自分のメンタルに対して強すぎる”劣等感”は自分を傷つけるだけ』と絶えず自覚すること

頼りない”優越感”を”本当の自信”に置き換えていけるように行動を起こしていくこと、この2点はやってみようと思います。


キーボードを打つ手にちょっと気合いが入りすぎて、長くなってしまいました。

明日はその反動で、あっさり味の記事になるかもしれません。 その時はご容赦を。

ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【戦国時代】シリーズ「落日」第3章・13 信仰は儚き”もののふ”の為に・前編 ~信長包囲網・ラウンド2~

こんばんは。

毎週土曜日のお楽しみ(?)、戦国時代シリーズ連載「落日 ~室町幕府、終焉への道~」のお時間です。

ついに前回から、この連載のクライマックスとも言うべき『信長包囲網』の紹介に入ることができました。

天下布武の理想に向けて突き進む織田信長と、それに待ったをかけようとする周辺諸国の大名たち、そして室町幕府将軍・足利義昭

彼らが激しく火花を散らす様子は、まさに我々が思い描く”戦国絵巻、歴史ロマン”そのもの。 今回はその第2ラウンドです。


【注意】今回と次回の記事には、”戦国時代の宗教”について言及する部分があります。

     これらの記事においてブログ主は、日本における宗教の在り方や是非などを論ずるつもりはないですし

     また読者様それぞれの宗教観や信仰に何ら干渉するつもりはないことを、あらかじめお断りしておきます。



さて、義昭を将軍としてまつり上げ、京の支配者となった織田信長が”包囲”されるまでの経緯は、前回の記事で説明しております。

まぁ早い話が『信長が調子乗ってるから、協力して袋叩きにしようぜ』という思惑で一致した、朝倉・浅井・三好といった信長の隣国の大名たちが

よってたかって信長の軍に対抗しようと打ちかかったものの、そこは強大な戦力を誇る信長軍。 まだまだ余裕がありました。

ところが・・・ 1570年9月、摂津(大阪府北部)のあたりで三好軍と対峙していた信長が驚愕する知らせがもたらされます。

それは、「石山本願寺が織田家に宣戦布告し、各地の一向宗徒に決起を呼びかけた」というものでした。

なぜこれが、信長にとって”驚愕”に値する知らせだったのでしょうか? 順を追って説明してみます。


まず『石山本願寺(いしやまほんがんじ)』とは、織田軍が出兵していた摂津国にある、”一向宗”の寺院です。

一向宗については以前この記事でも触れていますが、一般には『浄土真宗本願寺派』と呼ばれます。

「一向に(ひたむきに)仏を信じ念仏を唱えれば、誰でも救われる」というシンプルな教えが、当時の民衆に受け入れられ

戦国時代の日本においては近畿や北陸などの地域で多くの信者を獲得していた、有力な宗派の一つでした。

”天文法華の乱”で一時は影響力を失いますが、信長が台頭し始めた頃にはすっかりその勢力を取り戻していました。


そして石山本願寺は、”天文法華の乱”で同じ一向宗の寺院・山科本願寺が焼き討ちされた反省から

大規模な改修がなされ、戦国大名たちの城と比べても見劣りしないほどの防御力を誇る”要塞”と化していたのでした。

もちろんそこにいるのは武士ではなくお坊さんなので、『幕府を牛耳って天下を取る』なんて発想は出ないのですが

当時の一向衆の法主(総責任者)・顕如(けんにょ)は信長を『仏敵』と罵(ののし)り、敵対心をあらわにしたのです。


その理由については、現代まで数々の説が唱えられてきました。

一般ウケするのは「神も仏も信じず、既存の宗教を叩き潰したい信長を危険視したから」ですが、ちょっと短絡的すぎるかも。

(確かに絶頂期の信長は『自分こそ神だ』と言ったらしいけど、その割にはキリスト教には好意的で、城下での布教を認めたというし)

私個人としては『信長が顕如に石山本願寺からの立ち退きを要求した』ことが一番の決め手ではなかったか、と思っています。

まぁ、これ以上深入りすると収集がつかないので、あとは例によって個人の興味と想像にお任せして・・・とさせてもらいます。


では、なぜその”お坊さん”の集団が、信長を恐れさせる存在だったのか。

実はこの一向宗、以前から”一向一揆”と呼ばれる戦国大名への反乱部隊を組織的に展開し、大名たちの脅威となっていたのです。

というのも、民衆が自分たちの要求を通すため、その地を支配する武士や大名に対して起こす”一揆”の一種ではあるのですが

一向衆を信仰する者たちによる”一向一揆”では、その参加者に対して顕如ら本願寺の上層の僧侶たちは

「戦って死んだ者は極楽浄土に行けるが、敵から逃げた者は地獄に落ちる」と説いて聞かせたと言われ、

まさに「死をも恐れず戦う」軍団として、領内に一向宗の寺院を抱える大名たちの”頭痛の種”になっていたのです。

特に、一向宗が盛んだった加賀(石川県)では『一向一揆の軍団が守護大名を攻め倒す』という現象も起きており

彼らを敵に回すということは、並みの戦国大名と戦うと同じか、それ以上に厳しい戦いを強いられることを意味したのです。


特に、信長にとって難関となったのが”願証寺(がんしょうじ)”というお寺の存在でした。

願証寺は、信長の故郷である尾張(愛知県)とその隣国・伊勢(三重県)のちょうど境目にある”長島”という地域にあり

この地に織田家に敵対する勢力がいるということは、本来は安全なはずの尾張が常に”緊張状態”にさらされることを意味します。


しかも、本願寺が信長に宣戦布告する前の年(1569年)、それまで長らく伊勢を支配していた

戦国大名・北畠(きたばたけ)氏が、信長軍の侵攻を受けて降伏し、戦国大名としては事実上滅亡したこともあって

城を追われて織田家に恨みを持つ北畠氏の旧家臣や、信長の支配を良しとしない地元の武士なども身を寄せた結果

願証寺が抱えた”一向一揆”の兵力は、多いときで10万人を超えたと言われています。

関ケ原の戦いでも『東軍7万、西軍8万(諸説あり)』と言われることを考えると、とんでもない兵力ですよね。

まさに信長にとっては『目の上のたんこぶ』、あるいは『喉に刺さった魚の小骨』のごとく、彼を苦しめるのであります・・・。


時間軸は冒頭の場面に戻ります。

三好軍に加えて本願寺の一向一揆まで敵に回してはとても勝ち目はない、と愕然とした信長。

それに追い打ちをかけるかのように、浅井・朝倉の両軍が京へと進軍を開始したとの知らせも届きます。

まさに前回のリプレイを見るような、反信長陣営による挟み撃ちの危険にさらされた信長でしたが

ここでも冷静かつ迅速な統率力を発揮、すぐに摂津の陣を引き払って京へと帰還しました(義昭も一緒でした)。


一方、肩すかしを喰らった浅井・朝倉連合軍は、京のほど近くにある比叡山延暦寺に軍を駐留させます。

それを知った信長は、延暦寺に使者を送って軍を退却させるよう要請しましたが、逆に延暦寺からも敵対の意思を表明されてしまいます。

この間にもプレッシャーを逃れた三好軍は京を狙っているし、一向一揆はいつ暴れ出すか分からないし・・・

まさに”八方塞がり”となった信長ですが、この状況を打破するための”とっておきの行動”に出るのでした。


さて、その思い切った行動とは・・・??  ここで今回は時間切れ、続きは次回で。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
【日常】珍しくネタは浮かぶんだけど、時間の方が・・・ 明日は例の連載ネタだし(宣伝)。

こんばんは。

昨日の休みに確定申告を片付けて、心も軽く仕事に臨めた金曜日。

月の最終金曜日で『プレミアムフライデー』とのことですが、始まってちょうど1年だとか。

果たして、景気を刺激する効果はあったのか? 検証が待たれるところです。


さて、ブログ主の方は珍しくいろいろ頭が回る一日であり、書きたいネタの候補がいくつか出てきました。

ただ、それをブログ記事として載せられるクオリティまで練り上げるには、それなりに時間がかかるわけでして。

特に今回はいつもの日常ネタや時事ネタとは違って、割と自分の内面とか人生観につながる内容になる事もあって

もう少し練り上げる時間をとって、少し深めに掘り下げてみたいと思ったので、今日のところは”保留”とします。

そう言って何日かすると、別のネタで記憶が上書きされて「あれ、何書こうとしたっけ??」となるのですが・・・今回は大丈夫でしょうか?(知らんがな)

明日の土曜日はもう戦国連載シリーズの記事と決まっているので、書くとすれば日曜日になると思います。

もし忘れてなかったら「あ、金曜日に言ってたネタってこれか」と思って読んでいただけたら幸いです(私こそ忘れないようにしないと)


では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】昨年分の確定申告、ひとまず決着の巻。 これからの方は、早めのご来場を。

こんばんは。

ツイッターの方でもつぶやいたのですが、今日は仕事の休みを利用して確定申告をしてきました。

下準備はネットで調べながら進めておいたものの、会場に出向いての申告手続きは初めてでした。

(申告自体は以前にもした事があったが、医療費控除だけの場合は期間前でも受け付けてもらえた)

果たして、どんな感じで申告をすればよいのか?  備忘録的なことを書き残そうと思います。


私の住んでいる自治体では、申告会場は市役所ではなく、駅のすぐ近くにあるイベント用ホールでした。

平日の朝9時から始まると知って、申告期間も序盤の今ならそれほど混んでいないだろうと思い、9時少し前に会場に到着。

ところが・・・ すでにメイン会場となるホールの前には、入場を待つ人、ひと、ヒト。

係の方から整理券を受け取った9時ちょっと過ぎの時点で、すでに”40人待ち”の状態でした。

『こーりゃ1時間くらいは平気で待たされるな・・・』と覚悟したのですが、思ったより人の回転は速くて

30分くらい待ったところで、自分を含む5人の番号が呼ばれたので、書類一式を持って待合スペースを立ちました。


整理券の番号を見せると、受け付けの係員が聞いてきます。

「今日はどういった申告ですか? 書類はありますか? 記載もれや印鑑の押し忘れは(以下略)」

いやそんないっぺんに聞かれても答えられんよ、と心の中で苦笑しながら、

今年申告したい内容と、すでに書類一式は作ってきたこと、記載内容に問題がないか点検してもらいたいことを伝えました。

すると係員は「分かりました、ではこちらへ。」と、長机についたてを何枚か立てた、急ごしらえの窓口に通されました。



なお、この窓口コーナーの奥にはパソコンが置かれた机が並んでいて、事前に書類を作っていなくても

係員の説明を受けながら、パソコンを操作して必要事項の記載と印刷まで行えるようになっているのですね。

ただ、こちらに通されると一人ひとりの対応に要する時間が格段に長い上、パソコンに不慣れそうな年配の方も多かったので

もし私が自宅での書類作成を面倒くさがっていたら、パソコン操作待ちの列でさらに待たされる事態になっておったわけです。

少しでも早く家に帰りたい私は『あぁ、事前に用意しておいて良かった』と、心から思ったのであります。


で、話を本筋に戻しますと。

長机の向かい側に別の係員があらわれ、書類の記載内容を点検してもらいました。

時折「少々お待ちください、えーと・・・」と言いながら、分厚い”ガイドブック的なもの”をめくって目を通し、また書類の方を見て・・・

およそ2~3分して、「金額の間違いまでは分かりませんが、記載内容はこれで問題ないです」との回答を頂きホッと一安心。


ただ、少額ながら”ネットを通じて得た雑収入(怪しいビジネスではござんせん)が1件あることから

『この金額を得たことを証明する、パソコンのスクリーンショットなどの提出を求められるかもしれません』とは言われました。

もちろんそれを用意する方法は見当がついているし、今すぐに持って来ないといけないものでもないので

お礼を言いつつそのコーナーを離れ、会場出口付近にあった「書類提出コーナー」に寄って、提出してまいりました。

結果的に、会場に着いてから駐車場を出るまで1時間ほどで済みました。 午後からとかだったら、もっと待ってたろーなー・・・。


私の想像ですが、こういうのは期間の後半になるほど混みあうようになっていると思われます。

それに、早めに行って「もし何か不備があっても、直してまた持ってくればいいや」と構えるのと

終了目前で「なんとしても今日済まさないと、申告できない!」と焦るのとでは、気持ちの面でもかなり違いますから。

自分で日時の都合をつけられる方は、時間的・日程的にゆとりを持って会場に向かわれることをお勧めしたいです。

あとは、何か専用の機器が自宅にあれば会場に出向かずに申告できるらしいですけど、私は多分その器具は買わないなぁ・・・

今年もまた年末になったらヒイヒイ言いつつ、各種の証明書類や領収書の山と戦っていることでしょう・・・(医療費が減れば別ですが)


ともあれこれで一つデリケートな案件が片付いたので、今日は枕を高くして眠れそうです。

明日は仕事ですけど、まぁ心身を壊さない程度にやってきます。 では。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】何の自慢にもならんけど、私のゲームスタイルは最大”4刀流”です。

こんばんは。

いやー、何があった訳ではないんですけど時間が遅くなってしまいました。

仕事終わって買い物寄って、帰って酒飲んで飯食って、あとはダラダラとゲームして・・・ あ、原因はこれだ。


改めて説明するまでもなく、そしてブログに書くのも何度目か分からないですが、ブログ主はゲーム好きです。

朝起きたら出勤までゲームして、昼休憩の間にゲームして、帰ったら寝るまでゲームして・・・ 誇張無しに”こんな生活”になる日もあります。

もう36にもなったのにこんな事でいいのか、とも思わないでもないですが。 好きなものは好きだからしょうがない(そんなタイトルのゲームがあった気もする)

もはやゲームは自分にとって、生活の一部になっていますよね。 まさにノーゲーム、ノーライフ(だからいちいち他所様の作品と絡めるなっての)


そんなゲーム好きの”症状(?)”がひどい時には、タイトルに書いた通りの”4刀流”を披露する(誰も見ちゃいないけど)ことまであります。

すなわち、テレビゲーム(P○3)をしながら携帯ゲーム機(3○S)をいじり、スマホのゲーム画面をタップしつつパソコン画面のゲームもチェック。

もちろんアクションゲームばかりだと回せないのですが、シミュレーションゲームはこちらが命令を出すまで相手(CPU)は動かないですし

RPGなら行先を指定すれば勝手に移動してくれたり、経験値稼ぎのための戦闘を自動で進めてくれたりと、忙しい現代人に優しい仕様。

スマホやパソコンのゲームも基本無料でがっつり遊べる(他のプレイヤーに勝とうと思えば課金は必須ですが)良作が多いので

どれをスタートしてどれを後回しにするか、また今ダウンロードして遊ぶ時間がとれるかどうか、と嬉しい悩みと戦っております。


昔はゲームをしたいと思ったらゲーセンで遊ぶかゲームショップで買うかしかなかったのが(そして相当な出費はつきもの)

ネット通信にかかる費用だけで、家にいながら選び放題、遊び放題。 いい時代になったものだ・・・

同時に、ゲーム会社だけに限らず個人でゲームを制作できる環境が広がりつつあるのも、有り難いことです。

そしていつかは(という夢はいつまでも叶わないので、半歩でも動き出したいが)自分でもゲームを作れたら・・・なんて。

消費する側から生産する側に回るチャンスは、自分が好きで興味がある分野ほど可能性があると思いますし。

まずは、何から勉強すればいいかを勉強しないと。 ・・・堂々巡りになる可能性も大ですが、いつかは。


明日は仕事が休みなので、予告通り確定申告(1回で済むかどうか不安)に行ってきます。

ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【雑感】疲れを感じた時は、エネルギーの向く先を意識するのも大事かも。

こんばんは。

今日の歯医者も割と早く終わって、買い物と食事も済ませてホッと一息ついています。

虫歯の治療は、今年に入ってからは受診1回につき1本のペースで進んでおり

あと2~3回も受診すれば、”治療のための通院”から解放される(かもしれない)状態まで改善しております。

今よりも口内の環境を悪化させると歯を削られる痛みもですが、通院で貴重な時間やお金が削がれるのはもっと痛いので

毎日の歯磨きに加えて、週に2回は”糸よ○じ”(商標かもしれないので伏字で)的な道具を使って歯垢を除去して。

ホント、子ども時代の自分に一つだけ言えるなら歯ぁ磨けよ!(加トちゃんか)』と伝えたいなぁ、と。


まぁそれはともかくとして、今日は自分でもはっきり分かるくらいの寝不足でして。

夜中に何となく目が覚めたことは分かったのですが、いつも起きる時間にアラームが鳴っても、頭も身体もやけに重い。

朝食のパンに普段よりかなり濃いめのコーヒーをつけて、カフェインの力を借りて乗り切ろうとしたのですが。

結論から言えば、仕事が始まって1~2時間が一番キツカッタですね。 身体が温まってくれば、ある程度は動けましたけど。

以前のブログでも話した”脱水症状”に近い不快感もあって、水だけ飲みにちょっと休憩に出たりして。


どうにかお昼休みに突入して、楽な姿勢でスマホの”とある占いコーナー”を見ていたら

『今日のあなたは内から湧き出すエネルギーが強いので、方向づけがうまく行けば大きな成果が得られるでしょう』とある。

普段なら「こっちは寝不足でクタクタなのに、何が”大きな成果”だよ」と、気にも留めなかったかもしれませんが。

今日の私は、この文面に”いい意味での”引っかかりを感じて。 「あぁ、そういうことか」と。


一般的に、”疲れ”と言ったら”心身がエネルギーを消耗している”状態を指すのだと思います。

寝不足で身体が動かなかったのも、睡眠によるエネルギーの回復が追いついていなかったのが一つの原因でしょう。

しかし、こう考えることもできるのかもしれない。

”エネルギーは満ちている状態だが、行き場を失って暴走しかけている”ために心身が疲労することもあるのではないか、と。


メンタルの状態には気持ちが落ち込む”うつ(鬱)”に対して、気分が高揚する”そう(躁)”というものがあります。

同じ人でもある時は”うつ”、またある時は”そう”と切り替わる症状を持つことがあり、”そううつ病”と呼ばれることもあります。

対照的な2つの状態ですが、”自分の意思で心や身体のコントロールすることができなくなる”という点では共通している気がします。

(これらの見立てはブログ主の主観を含みます。 もちろん専門家ではありません・・・)


ちょっと時間的に押してきたので(明日も仕事なのです)、このあたりで強引に締めますけど

寝不足になったのも、実はエネルギー不足ではなくエネルギー過剰が原因で寝付けなかったから・・・と考えるのはさすがに強引すぎるか。

でも考えてみると、確かにここ最近は”自分はダメだー”と落ち込むことは減っていて、むしろ”なにくそ!”とエキサイトすることが多かったり。

まぁそれも”心の振れ幅が大きくなっていて、これまでと逆方向に振れている”と考えると、決して望ましい状態ではないのですが。

ただそういう形で現れたエネルギーが、何かを始めたり形にしたりする時に大きな役割を果たすのは間違いないと思うので

今日の占いでの導きを一つの気づきとして、そのエネルギーをぶつけるに足る目標を見つけていきたいな、と感じました。


では、今日はゆっくり寝たいのでそろそろ離脱。

明日の記事は休み前なので、余裕を持って書けるといいなぁ。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】給料日を明日に控えて、予算編成してました。 確定申告も行かないと。

こんばんは。

タイトルにあります通り、私の会社は毎月20日が給料の振り込み日です。

恥ずかしながら私、社会人になってしばらくは『あればあるだけ使ってしまう』タイプだったのですが

30代を迎えたあたりで「これではいかん」と思い立ち、毎月の収支のやりくりを少しは考えるようになりました。


現在いちばん大きい支出になっているのはもちろん家賃ですが、引っ越しするメリットがあるかどうかは微妙・・・

共益費・駐車場・ネット環境込みと考えた上では、市内でもかなりお値打ちな価格帯の部屋を選んだと思っていますし

自宅の近くに格安スーパーがあるのも、食費や日用品費の節減に大いに貢献してますからねぇ。

それと、大学の学費に充てた奨学金の返済があと3年・・・ 返済し始めた頃は途方もない金額でしたが、なんとか完済が見えてきました。

最近は”奨学金が返済できず自己破産”なんて世知辛い話も聞きます。 私にしても大学は出たけれど・・・ですし。

”入試改革”や”生きる力の育成”が叫ばれる中、借金してまで大学へ進学する意義も問われてくるのかもしれません。


で、その他の毎月発生する支払い(電気ガス水道スマホetc...)は、口座振替またはクレジットカード1回払いの設定にしております。

支払い忘れもなくなりますし、1回払いなら借り越しの利息もつかないし、カードのポイントもたまるし・・・

もちろん、月に1回は自宅のパソコンで『何にいくら使ったか』を確認して、必要以上に使いすぎないよう注意もしています。

冬場はどうしても電気代(暖房)とガス代(風呂)が高めになるので、そこも計算に入れた上でシミュレーションをしたりして。

そしてどうにか毎月少しずつでも、給与受け取り口座から貯金用の別口座へ現金を移して・・・ これは明日の仕事です。


あ、あと先週金曜日(奇しくも?私の誕生日と一致)から、確定申告の手続きができるようになったらしいです。

すでに書類一式はパソコンを使って作成してあり、あとは”コンビニで書類を印刷⇒申告会場へ出向いて手続き”です。

来月中旬まで期限はありますが、できれば早いうちに行った方がいい(手直しが必要になる可能性もある)ので

仕事が休みの木曜日に済ませてこようと思っています。 会場は混雑するだろうけど、これは仕方ないよなぁ。


そんなわけで、明日は仕事終わりにお金下ろして歯医者行って(涙)、買い物してからブログ書きますー。

更新が遅くなるかもしれませんが、その時はご容赦を。 ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村