FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】ある意味”月末の風物詩”、うっかりログイン忘れはいつのこと?

こんばんは。

豪雨酷暑逆走台風と、”自然の猛威”を見せつけられ続けた7月が、ようやく終わろうとしています。

明日からの8月も、暑くなりそうな予報が出ておりますが・・・ ちょっとは手加減して頂けると嬉しいです(被災した地域には特に)。


ところで、月末になると決まって思う事があります。

毎日起動しているスマホゲームで、ログインボーナス(1日1回ゲームを起動すると、毎日アイテム等をもらえる)が表示されるときに

その月にログインした履歴が”ラジオ体操のスタンプ帳”みたいに記録され、月の変わり目にそのスタンプ帳ごと新しくなるものがあります。

基本的にログイン回数が多くなるほどアイテムの量や質が良くなっていき、ゲームによってはその月のスタンプ帳が完全に埋まると

通常はお金を払って買わないといけない『超貴重なキャラクターやアイテム』が手に入ることもあるのです。

スマホゲームに課金できるほど経済的な余裕が無いブログ主にとっては、見逃せないところだったりするわけですな。

そのために、できるだけ毎日同じ時間帯に起動できるよう、スマホ画面のアイコンを整理するなど涙ぐましい(?)努力をすることも。


しかしながら・・・ そこは人間の哀しさ、うっかり忘れてしまうこともあるのでして。

その日は気づかなくても、月の終わりが近づくと否応なしに突きつけられる残酷な現実。

例えば、ある月の25日にゲームを起動した後に表示された文字が「今月24回目のログインです」だったら・・・

『・・・ログインせんかったの、いつや??』

まぁショックですよね。 日課をおろそかにしてしまった自分への憤りと、その月の完全ログイン報酬アイテムが手に入らないという嘆き。

ある意味、薬の飲み忘れ以上に『己の管理能力の低さ』を痛感する瞬間でもあります・・・ 仕事で発動してたらなお恐ろしいですが


とはいえ、その「ログインし忘れた日」に戻ってやり直せる訳ではないですし、反省として受け止めるしかないのでしょうね。

その上で”うっかり”をなるべく発動させないために、何に気をつけたらいいかを考えるのは、生活にも応用できそうな気もしますし。

『ダメな自分』は認めつつ、そこから『少しだけ前に進んだ自分』を目指す。 『完璧な自分』を当たり前とせず、見境も無く頑張らない。

周りが期待する形で社会に戻れるかどうかは分からんですが、自分がどこへ行きたいのかを見定めて、進んでいきたいと思います。

・・・たかがゲームの話から飛躍しすぎですかね??  すんません。


では、来たる8月も穏やかに過ごせますよう願いつつ、今日は以上です。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】今年もこのj記事がやってきた! 2018年版・夏の甲子園代表校まとめ。

こんばんは。

すでにニュース等でご存知の方も多いかと思いますが・・・ 当ブログ”夏の恒例行事”ということでお付き合いください。

今年は8月5日から阪神甲子園球場で開催される、夏の全国高等学校野球選手権大会。

今回は100回目の”記念大会”ということで、例年より7校多い56校が代表として出場し、頂点を目指して戦います。

7月初めの豪雨災害により、日程が大幅に遅れた地方大会もありましたが、今日で全ての代表校が出揃いました。

例年通り、このブログでは”夏の通算出場回数順”で今年の代表校を紹介していきます。 この夏アナタが応援したい学校は、どこかな?

地区名の太字『記念大会で通常より出場枠が増えた府県』であることを表します。)


34回目  京都  龍谷大平安(りゅうこくだいへいあん)  4年ぶり

27回目  宮城  仙台育英(せんだいいくえい)  2年連続 前回ベスト8

23回目  和歌山  智弁和歌山(ちべんわかやま)  2年連続春夏連続(準優勝)

       広島  広陵(こうりょう)  2年連続 前回準優勝

       高知  高知商業(こうちしょうぎょう)  12年ぶり

19回目  富山  高岡商業(たかおかしょうぎょう)  2年連続

       石川  星稜(せいりょう)  2年ぶり・春夏連続(ベスト8)

       鹿児島  鹿児島実業(かごしまじつぎょう) 3年ぶり

18回目  北神奈川  慶応(けいおう)  10年ぶり春夏連続

       南神奈川  横浜(よこはま)  3年連続

17回目  西東京  日大三(にちだいさん)  5年ぶり・春夏連続

16回目  佐賀  佐賀商業(さがしょうぎょう)  10年ぶり

15回目  福島  聖光学院(せいこうがくいん)  12年連続春夏連続

       東兵庫  報徳学園(ほうとくがくえん)  8年ぶり

14回目  栃木  作新学院(さくしんがくいん)  8年連続

13回目  南埼玉  浦和学院(うらわがくいん)  5年ぶり

       滋賀  近江(おうみ)  2年ぶり・春夏連続

12回目  西愛知  愛工大名電(あいこうだいめいでん)  5年ぶり

       徳島  鳴門(なると)  2年ぶり

       沖縄  興南(こうなん)  2年連続

11回目  新潟  中越(ちゅうえつ)  2年ぶり

10回目  北大阪  大阪桐蔭(おおさかとういん)  2年連続春夏連続(優勝)

 9回目  青森  八戸学院光星(はちのへがくいんこうせい)  2年ぶり

       岩手  花巻東(はなまきひがし)  3年ぶり・春夏連続(ベスト8)

       宮崎  日南学園(にちなんがくえん)  2年ぶり

8回目  北北海道  旭川大(あさひかわだいこう)  9年ぶり

       山梨  山梨学院(やまなしがくいん)  3年連続

       福井  敦賀気比(つるがけひ)  3年ぶり

       長野  佐久長聖(さくちょうせい)  2年ぶり

 7回目  東千葉  木更津総合(きさらづそうごう)  3年連続

 6回目  秋田  金足農業(かなあしのうぎょう)  11年ぶり

       静岡  常葉大菊川(とこはだいきくがわ)  2年ぶり

       北埼玉  花咲徳栄(はなさきとくはる)  4年連続 前回優勝

       愛媛  済美(さいび)  2年連続

 5回目  岐阜  大垣日大(おおがきにちだい)  2年連続

       南大阪  近大付(きんだいふ)  10年ぶり

       鳥取  鳥取城北(とっとりじょうほく)  3年ぶり

       香川  丸亀城西(まるかめじょうせい)  13年ぶり

 4回目  南北海道  北照(ほくしょう)  5年ぶり

       茨城  土浦日大(つちうらにちだい)  2年連続

       群馬  前橋育英(まえばしいくえい)  3年連続

       島根  益田東(ますだひがし)  18年ぶり

 3回目  東東京  二松学舎大付(にしょうがくしゃだいふ)  2年連続

 2回目  山形  羽黒(はぐろ)  15年ぶり

       東愛知  愛産大三河(あいさんだいみかわ)  22年ぶり

       岡山  創志学園(そうしがくえん)  2年ぶり

       山口  下関国際(しものせきこくさい)  2年連続春夏連続

       長崎  創成館(そうせいかん)  3年ぶり・春夏連続(ベスト8)

       熊本  東海大星翔(とうかいだいせいしょう)  35年ぶり

       大分  藤陰(とういん)  28年ぶり

初出場  西千葉  中央学院(ちゅうおうがくいん) 春夏連続

       三重  白山(はくさん) 春夏通じて初出場

       西兵庫  明石商業(あかししょうぎょう) 春は1回出場

       奈良  奈良大付(ならだいふ) 春は1回出場

       北福岡  折尾愛真(おりおあいしん) 春夏通じて初出場

       南福岡  沖学園(おきがくえん) 春夏通じて初出場


【出場校あれこれトピックス】

昨年からの連続出場・・・18校(昨年11校) 全出場校のうち、およそ3分の1を占めます。

今年のセンバツ出場・・・11校(昨年8校) 大阪桐蔭高校は、2回目の春夏連覇が懸かります。

10年以上ぶりの出場・・・11校(昨年9校) 最長ブランクは、東海大星翔の35年ぶり。

初出場・・・6校(昨年6校)、うち春夏通じて初は3校(昨年5校) なんと福岡代表は2校とも初出場です。


最後に・・・『去年までの代表校と見比べてみたい』という物好きなアナタには、こちらを⇒ 2017年  2016年  2015年


選手や関係者はもちろんですが、応援する側も暑さ対策を万全にして、各々の”100回目の夏”を楽しんで頂きたいと思います。

それでは、また明日。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【お楽しみ】どうにか1周年の日に間に合った!(なお、他は色々まにあわんもよう)

こんばんは。

『東から西へ、”前代未聞”の台風』と恐れられた、2018年の台風12号。

山陰地方もさぞ”大荒れ”になるかと身構えていたのですが・・・ 結果的には今日も『肩すかし』

台風が上陸した三重県や、その東側にあたる愛知・静岡・神奈川などでは被害や影響が大きかったようですが

朝に窓を開けた時には強風だと分かったものの、心配していた雨の方はほとんど降らず。 今の時間はすっかり青空です。

陸地を進む間に勢力が落ちて、中国地方に差し掛かる頃には思った程の力が残っていなかったのでしょうか・・・

もちろん、これに油断して「避難指示は大げさすぎるよー」なんて言ってると、忘れた頃に災害に見舞われるものですので・・・(←怖い話だ)

私自身も万が一への備えは怠らず、被害や影響が一日も早く回復に向かうことを、願うしか今はできません。


はい、マジメな話はここまで。

ここからは、昨日の記事で全世界のネット上にさらしてしまった『異物』の後始末をしておきます。

幸い、記事を更新した後に1人の読者さんから『元ネタ分かった!』とのコメントを頂き、公開して後悔せずにすみました(ダジャレか)。


それでは(別に誰も期待していない)完成版、お披露目です。

鳥山先生ごめんなさい

※昨日に引き続き、内容物は全て”いらすとや”さんのフリー素材(一部加工箇所あり)を使用させて頂いたことをここにご報告します。


・・・ということで。

ちょうど1年前の7月29日は、ゲームソフト『ドラゴンクエスト11』の発売日だったのです。

実は以前の記事で話していた『安く買えたゲームソフト』というのも、コレです。 中古かつ値引きセールでも、なかなかのお値段でしたが。

もっと言えば、ブログ主の中で『RPG』と言ったら8割方は『ドラクエ』シリーズが占めます。 好きな命令は「いのちだいじに」


なお、偽物ではなく本物が見たいという方には、例によって『ドラクエ11 パッケージ』あたりでググって頂くとして。

本作に限らず『ドラクエ』シリーズで大部分のキャラクターを描いているのは、『ドラゴンボール』などで有名な鳥山明(とりやま・あきら)先生。

パッケージに描かれたプレイヤー側の人間キャラだけでなく、冒険の行く手を阻む敵のモンスターイラストも鳥山先生が手掛けたもの。

特に、シリーズの全作品に登場している人気モンスター『スライム(下の写真)』は、ゲームを知らない方でも見た事があるかも・・・?

ピキー(鳴き声)

ブログ主も『ドラクエの”代名詞”』たる彼に敬意を表し、作品中に登場させてみました・・・

それっぽい素材(一部加工)を置いていた”いらすとや”さんの懐の深さにも感服・・・


え? 肝心のゲーム本編はどうだったんだ、って?

それがね、3DSでゲームを起動させたはいいけれど、電子説明書のボリュームの多さ(いちいち読むからだ)と

ものすごく綺麗で重厚なオープニングムービーに圧倒されてしまい、それだけでお腹いっぱいになっちゃいました。 ごめんなさい。

ファミコンやスーファミの”ドット絵”で満足できていた30代後半の”オールドゲーマー”には、最新の映像技術は刺激が強すぎる・・・


そんなわけで、目と耳と頭脳を適度に休ませつつ、仕事探しの合間に(←重要)冒険していくことになると思いますので

レビューとか攻略記事を期待している方におかれましては、本当に気をながーーーーーくしてお待ち頂ければ幸いです。

考えてみれば、ブログ3年もやってるのにゲームの攻略記事なんて書いた事ないぞ・・・ やれるのか、おい!


以上、もし今ひとつ魔法を覚えられるなら「ザメハ(※)」が欲しい、ブログ主でした。

(※)眠った相手を目覚めさせることができる魔法。 宿屋で「明日6時に”モーニングザメハ”お願いします」とか言うのかなぁ。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【お楽しみ】台風が接近している中で、一体何をやっとるんだブログ主は。

こんばんは。

台風12号が日本列島に接近中です。 皆様がお住まいの地域は大丈夫そうでしょうか?

山陰地方はというと、昨日の段階で『午後から雨マーク』の予報が出ており、午前中に買い物を済ませたのですが

この時間になっても雨が降る気配は一切無く、見事に『肩すかし』を喰らった感じであります。 そんな、ひどい・・・

ただ、この段階になって台風の予想進路(日本列島を東海地方から西に横断)が大きく外れることはないと思われまして・・・

明日の予報は有無を言わさぬ『暴風雨』で、朝起きたらその通りになっている確率は高いです。

住んでいる自治体からも、警戒を呼びかける防災放送が流れています。 万が一の時には、命を守る行動をとるようお願いします。


そんな状況の中、一足早く”自宅待機”を決め込んでいたブログ主がやっていたことはといえば。

近いうちに始めてみようと考えていた「あるゲーム作品」に関する”創作”をしていました。

というのも、昨日なんとなくネットサーフィンしている時に、あるプロの作家さん(絵描きさん?)のブログに行き当たって

ブログ主が始めたいゲームシリーズの過去作をプレイした記録を、簡単なイラストと一緒に記事にして公開していたのです。

やはりプロの物書き(絵描き)さんは凄いもので、ゲームの進行を物語調の文章や(良い意味で)力の抜けたイラストで彩っていて

私自身はその作品を遊んだことがないにも関わらず、ハラハラしながらエンディングまで一気に読んでしまいました。


『ゲーム好きに生まれた(育った?)のなら、自分のブログでも一度はこーいうのをやってみたいなぁ・・・』


そんな願望が芽生えてしまったのが運の尽き。 しかも当方、高校時代の美術は10段階の『2』。 プロには逆立ちしても勝てません。

そうして半日ばかり悶々としていた挙句、『案ずるより産むが易し』とばかりに”爆誕”してしまったのが、こちらです。


過ぎ去ったまま求めたくない


・・・・・・・・・。

しばらくお待ちください


なんかいろいろごめんなさい。 いつか誰かから怒られそうなので、先に謝っときます・・・


実はこれ、まだ作りかけです。 理由があって完成版は明日がいいんだけど、見せたかったので(!)載せてしまいました。

あと、下の『読者の反応(?)』も含めて、素材はすべて”フリー素材サイト・いらすとや”様からダウンロードしたものです。

なお編集の都合上、一部素材の部分削除・サイズ変更・左右反転・背景透過処理に伴う塗り直し(白色のみ)等を施しています。

以上2行をもって、素材提供元様のクレジット表記に替えさせていただきます


この情報だけで作品名が分かったという『物好き』な(←おい)方はいるのだろうか・・・ ヒントを記事中にいくつか散らしていますが

私の(勝手な)心当たりでは、最近の読者さんの中に一人か二人は気づいてくれそうな人がいる気も・・・。

もし「自分かも?」と思ったら、コメントなど頂けると嬉しいです(←本当に勝手なお願いだな)


明日の記事で、この”落書きとも呼べないモノ”の完成版を掲載すると思います(台風の被害を受けていなければ)

記録的な猛暑でへばった日本列島に、これ以上の風水害が起こらないことを願って・・・ 今日は以上です。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】暑さが原因ではなさそうな、今回の睡眠不足。 解決の糸口は?? 

こんばんは。

ツイッターにはちょろっと書いたのですが、昨日今日とあまり眠れていません。

具体的に言うと、夜になっていつもの時間に横になるのですが、なかなか寝付けないのです。

寝る前に薬を飲んで30分もすれば眠気を催し、布団に入ったらそのまま朝というのが普通なのですが

ここ2日は横になってから身体が熱くなったり、あるいは頭の中で考え事が浮かんだりして落ち着かない。

多分どこかのタイミングで眠りには落ちているのですけど、体感的には一晩中起きているような気分があります。


2日も同じことが続けば、何らかの原因を推測して対策を打たないといけません。

以前エアコンの温度設定(寝る前のタイマー)を間違えて、夜中に部屋の温度が上がって目が覚めたことがありますが

今回は時間を長めに設定し、寝苦しいという感じもしないので、その線の可能性は低いと思います。

飲み物に関しても、コーヒーや緑茶などカフェインを含むものは夕方以降は摂らないようにしていますし・・・

パソコンやスマホの使いすぎ(目に人工的な光を浴びすぎ)はあり得る・・・ 同時に知識や情報の過剰摂取も起こっているかも。

あと考えられるのは、日中の運動不足(記録的猛暑であまり外に出てない)か、仕事をしていないことによる将来への不安感か。

病院の先生に相談するのは、伝え方を間違えると『ただ薬を増やされるだけ』になる恐れもあるので、最終手段です。

ひとまず今日は早めにパソコンを切り上げて、落ち着いた気持ちで寝に入れるよう心掛けてみます。


と、台風の進路も気になりますが身体もケアしましょうってことで、今日は以上です。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【お楽しみ】戦国時代を題材にしたゲームに、人気が定着しないのはなぜだろう?

こんばんは。

某テレビ局のアナウンサーも「命を脅かすほど」と形容した暑さも、少し和らいできたような今日この頃。

しかし、今度は太平洋上から忍び寄る台風12号が、この週末あたりに日本列島を巻き込みそうな気配が・・・

今年の7月は、本当に天気が落ち着かないですね。 これ以上、雨と暑さによる犠牲者が出ないことを祈るのみです。


ところで、ツイッターを見ていましたら気になるニュースが。

『フェイト・グランドオーダー(FGO)』というスマホ向けの大人気ゲームが、ゲームセンターでも遊べるようになったそうです。

ゲーム好きを公言しているブログ主ですが、実はこの『FGO』はこれまで関心を持ったことがなくて、詳しいことはほとんど知らないのです。

ただ、それこそツイッターでゲーム好きな方がよく話題にしているのと、歴史上に実在した人物をモデルにしたキャラが出てくるので興味が無いわけではなく。 


例えばこのゲームに出てくる織田信長は、昨今の”萌え”を重視する風潮に乗ってか『女性』になって登場するのですが

彼女(?)の弟が、少し前まで”通説”とされてきた『信行』ではなく、近年使われるようになった『信勝』で出てくるあたりは「芸が細かいなぁ」と思ったり。

そもそも”うつけ”の信長に二度も背いて最後には兄の手で葬られた”優等生”の弟が、現代になって脚光を浴びるとは意外すぎた・・・


ただ残念なことに、このゲームで彼ら以外の戦国武将をモチーフにしたキャラは、今のところ見当たりません。

ざっと調べたところ『宮本武蔵』や『風魔小太郎』など、いわゆる”武将”以外の肩書を持つ人物なら何人かいるようですが。

このゲームに限らず、アーケードやスマホなどで多くの人が遊ぶ作品で、”戦国武将”が注目されるゲームって少ない気がします。

少ないというより、あってもファン層が限られているというか、”歴史に詳しくない人でも楽しめる”要素に欠けているのかも。


例えば、日本の戦国時代とよく比較される”三国志”の世界観は、最近のゲーム市場でも割と人気になりやすいです。

要因としては、ひとつは”三国志演義(小説)”や”横山光輝三国志(漫画)”など、多くの人に受け入れられやすい”下地”があること。

それと関連して、”一騎当千”の猛将たちが繰り広げる『一騎打ち』や知略の限りを尽くして展開する戦場での駆け引き、

果ては天気や風向きまで操ってしまう”天才軍師”の存在など、史実より”盛った”演出がしやすいことも、ファンを得るのには有利かと思います。


そう考えると戦国武将は一騎打ちしないし(源平合戦の頃はあったそうだが)、大規模な攻城戦にしても”兵糧攻め”か”水攻め”くらいで

それこそ信長が考案した(?)”鉄砲三段撃ち”とか信玄率いる”武田騎馬軍団”、上杉謙信の”車懸かりの陣”あたりを引っ張り出してこないと

ゲームファンから相手にされないのかもしれません。 (まぁこれらも元ネタは彼らの死後に書かれた”軍記物”だったりするのですが)


いちおう、某大手ゲームメーカーが『好みの戦国武将で軍団を作って戦わせる』アーケードゲームを開発して、割と人気が出たのですが

2年くらい前に終了してしまいました・・・ 実はこれも”三国志”で同じシステムのゲームが先にあって、そちらは今でも稼働しています・・・

他にも『戦国ゲームは”コーエー(テクモ)”の専売特許』というイメージもあるのか、なかなか後続作が出てこないのがもどかしい。

だからといって有名武将のほとんどが女性化して、プレイヤー(の分身)とキャッキャウフフするゲームばかりというのも困りますが。

この流れの『元祖』ともいえる”戦極姫”シリーズは、国盗りシミュレーションゲームとしても成立していたが(パソコン版は年齢制限あり)

そんなこともあって、以前紹介した『妄想の戦国』あたりには期待しているのですけどねぇ。 どうなりますやら。


以上、今日のつぶやきでした。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
【日常】家にいながらチケット確保。便利な時代になったものだ(短信)

こんばんは。

昨日はずいぶん長々と語っちゃったので、今日は手短に。

8月のお盆時期に、広島へ出かける用事がありまして。 今日はその支度を済ませました。

時期的に「ボランティアか?」と思われそうですが、さにあらず。 学生時代の友人に会ってきます。

で、その日1泊する広島市内の宿と、山陰と広島を往復する高速バスの座席を確保しなければなりません。

「ちょうどお盆時期だし、もう埋まってるかもなぁ・・・」なんて不安になりましたが、結論からいうと無事確保できました。


バスの方は、時間的に一番都合のいい山陰発の便が『残り3席』になってて、「あぶねー」と思いました。

明日に先送りしてたら、埋まってたかもしれないですね。 今日行動して良かった良かった。

ホテルも駅からは少し離れますが、そこそこのお値段で風呂・トイレ付の部屋を抑えることができました。

そこそこといっても『100万人都市の中心部』ですので、山陰に比べれば相場自体はお高めなんですけど。

とはいえ、野宿や車中泊というわけにもいきませんし。 必要経費と割り切って、クレジット1回払いで。


それにしても、ホテルはともかく今はバスの乗車券もパソコンから予約できちゃうんですから、いいですよね。

私が学生だった頃は、まず営業所に電話で予約して、直接窓口へ出向いて買わないといけませんでしたから。

バスに乗る当日に窓口に行く手間は残りますけど、チケットを紛失することもなくて安心です。

特にブログ主はどこかに出かけるとなったら、必ずと言っていいほど何かを家に忘れたり失くしたりするので・・・

あとは、当日の乗車時間にちゃんと間に合うように家を出ることだけですかね。 朝早いので、気をつけます(何に?)


短信と言うには中途半端な長さですが、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【雑感】コールド制度への賛否から問う、”他人を理解する心構え”って?

こんばんは。

今日は珍しく、やや個人的な主張が入った内容になります。 あしからずご了承ください。


夏の全国高校野球選手権大会、”甲子園への切符”をかけた戦いは、各地で代表校が決まりつつあります。

そんな中、ふと目にしたネットニュースの記事で、気になるものがありました。

記事の概要としては「予選大会の準決勝でコールド負けはかわいそう。 最後まで試合をさせるべきだ」という、取材した記者の情感が入った内容。

それに対して、ネット上の読者からは「予選の”コールド制度”は必要だし、かわいそうは言い過ぎ」と、否定的なコメントが多数寄せられていました。

中には「そもそもコールド負けした学校の選手は努力不足。 悔しかったらもっと練習しろ」と、ブログ主からすれば”心無い”指摘もあったように思います。


ご存知ない方のために説明しておくと、”コールド制度(注)”は高校野球の地方大会では当たり前のように採用されているルールで

一方のチームが”大きな点差”をつけてリードした場合、試合を途中で打ち切ってしまう(当然リードしているチームの勝ち)ことを言います。

”大きな点差”は具体的には『5回か6回終了までに10点差以上』または『7回か8回終了までに7点差以上』がついた状態を指します。

要は「両チームの”力の差”がありすぎて、これ以上試合を続けても逆転するのは(ほぼ)不可能」ということです。

(注)プロ野球でも、試合続行が不可能になるほどの雨が降りだした時などに『コールド』として試合を打ち切ることがある。

   ただしコールドが適用されるのは(原則)5回まで終わっているときのみ。 5回より前に打ち切られるとその試合は”中止”扱いになる。



もちろんスポーツは最後まで何が起こるか分かりませんから、逆転する可能性がゼロということは決して無いのですが

(実際”地方予選の決勝戦”と”甲子園での本大会”では『点差によるコールド』は適用されず、大差がついても9回まで戦うことになる)

高校野球の予選では『暑さの中の試合で高校生の体調が心配』とか『決まった期間の中で試合数をこなさないといけない』ために

『中盤までにほぼ逆転できない点差がついたら、試合時間を短縮するために必要』という理由でルール化されています。

「コールドはかわいそう」と述べた記者を批判した人の多くは、こうした「現実」を踏まえて意見を書いたのではないかと思います。 私もこの点は同感です。


ただ、それを差し引いても「弱いチームは努力が足りない、予選に出るだけ無駄」とのたまう”高校野球ファン”の気持ちをブログ主は理解できません。

想像の域を出ませんが、こういう人は『全国優勝を狙う強豪』とか『過去何回優勝の伝統校』同士の対戦は注目するけれども

そうしたごく一部の『優勝候補』以外の学校がどれだけ練習を積んできたか、悔し涙を流してきたかには興味がないのかもしれません。

実際は予選に参加する約4,000校のうち、半数近くは1勝もできずに夏を終えるのに・・・ 彼らは予選に出る価値が無かったのでしょうか。

大手の新聞やネットサイトからして『今日は甲子園優勝を狙う○○高校が快勝しました』みたいな記事しか流さないからなぁ・・・


例えるなら、競馬の”G1レース(※)”のようにテレビで中継される有名な(競馬に詳しくない人でも名前は知っている)レースしか見ないのに

「今年はこの馬がいいよ」とか「あの馬(騎手)はダメだな」とか、競馬新聞の受け売りとも思える”講釈”を垂れているような。

そして大体の場合、倍率が高い(=優勝する可能性が低い)馬には見向きもしません。 そういうのが勝つと「なんでアイツが~」なんて言ったりね。

こういう人の場合、『競馬が好き』ではなくて『競馬が好きな自分が好き』なだけじゃないのかね、って思うことがあるのです。

・・・かく言うブログ主も、大相撲中継を見て「あー、あの立ち合いじゃ勝てないよ」とか言ってたりするので、”ファン失格”かもしれませんが。

(※)競馬の世界でもトップクラスの実力を持つ馬しか出られないレース。 デビューしたての馬がいきなり出られるようなものでもない。


・・・話を逸らしてしまいましたが。

結局のところ、「結果が出ないこと」を「努力不足」と決めつけるのは、ほとんどは「それをやったことがない人」だと思うのです。

もちろん、中には高校時代に血のにじむような練習に耐えてきた経験から、「負けたのは努力が足りないからだ」と言いたい人もいるでしょう。

ただね、ブログ主と”心無い”発言の主は別の人間ですし、今まさに戦っている(夢破れた子も含む)高校球児と応援するファンも別の人間。

『自分は、こうしたらうまくいったから』と自分なりの”アドバイス”をしたつもりでも、相手の悩みや不満をきちんと解決できることは少なくて。

むしろ『俺がこう思うんだから、お前もこうするべき!』と、自分の主張や価値観を相手に押し付けているだけになっていることもあって。


本当に相手と悩みや不満を”共有”しようと思ったら、相手と同じ土俵に立った経験があるのとないのとで格段に難易度が違ってくる

具体的には「いま彼(彼女)はどんな課題を抱えているのか」や「どこを援助したら解決の糸口がつかめそうか」を読み解くことがしやすくなるでしょう。

少なくとも、相手の(ネガティブな)感情を無視した状態で自分の正しさや世の常識・一般論を押し付けても、何の解決にもならんことが多々あるのです。

とはいえ今回のようなネットの掲示板やブログ・SNSの場合、ただでさえコミュニケーションが”一方通行”になりがちではありますし

いくら『相手にも相手の考えがある』と言っても、私にだって譲れないと思っている部分はありますので、そこはお互い様なのですが。


一つ言えるのは、ブログ主は「弱いチームは見る価値無し、強者の試合だけ見たい」という”ファン”とは、当分仲良くなれそうにはないということ(汗)。

まぁゲームと一緒で、楽しみ方なんて人それぞれでいいとは思うんですけど。 私の心が敏感に反応しすぎるだけなのか・・・?


・・・と、とりとめのない主張だかなんだか分からないものにお付き合いいただき、ありがとうございました。 そしてごめんなさい。

明日は例によって(?)軽めの話で、私も読者さんもリラックスできればと思います。 それでは。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】欲しかったものを安く買うことができたら、そりゃうれしいのだ。

こんばんは。

実家から帰ってきまして、再び電気代を気にしながらクーラーを稼働させる平日の午後。

今年は早めに帰省したことですので、ひとつ”土産話”といってはなんですが、山陰のお盆に関するプチ情報を。


8月11日(土・山の日)から12日(日)にかけて、島根県出雲市で夏祭りが開催されます。

河川敷での花火大会なども行われ、わりとテレビ番組やタウン情報誌などで紹介されることも多いのですが

それと同じ日(11日)に、ブログ主の実家の近所で行われる”町内会の夏祭り”が、意外なゲストを呼ぶそうです。


その方というのが、なんと・・・  真っ赤なタオルと『元気ですかーー!!』でお馴染みの、そう。


 アントニ


・・・が呼べたらスゴイんですが、さすがに田舎(ごめんなさい)の町内会のレベルでそれは無理だと思います。 残念ながら。


お祭りのゲストは、その”闘魂伝説”な方のものまねでお馴染み、『アントキの猪木』さんでした。

まぁ本人ではないにしても、山陰地方でお笑い芸人さんを生で見る機会って滅多にないですから、スゴイことには変わりないです。

お盆の本番で道路は激混みだろうけど、もっかい帰省するのもアリかな・・・ なんて考えておるところです。


で、長い前置きに続いて短い本編を(←だったらいっそ前置きが本編じゃないか)

ブログ主の家の近くには古本屋(といっても全国チェーンの広いお店)があって、最近はほとんど行ってなかったんですが

ふと思い立って、すでに暑い午前中に歩いて行ってみたら、思わぬ”掘り出し物”がありました。

前から「遊んでみたいなー」と思っていて、他のお店でも値段を比較検討していたゲームソフト(もちろん中古)が

そのお店限定のセールで、”表示価格から2割引き”で売られていたんです。 あと3本くらい残っていたかな? 

2割引き後の値段より安いものは、最近ネットで調べたどのお店にも無かったので、売り切れないうちにと購入を決めました。

「仕事探しもしないでゲームかよ」と言われそうで恐縮ですが・・・ やりたいと思ったことは、可能なうちにやっておきたいので。

・・・といいながら、実は今日買ったゲーム(シリーズ最新作)の過去作を攻略している最中で、まだ起動していないのです・・・


もちろん仕事探しも進展させないといけませんが、ゲームの話もそのうちブログで紹介するかもしれません(著作権に触れない範囲で)

仕事としてやるわけではないので、専門の攻略サイトみたいな濃い情報は期待しないで楽しんでいただければ。

言うなれば歴史ネタと同じノリで・・・ って、”歴史ネタは遊び”と思わせるような事言わんの。 こう見えて取材やネタ練りには結構時間かけてんだから。


といったところで、ブログ主の母校は負けてしまいましたが高校野球も楽しみですねってことで、今日は以上です。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】御嶽海(みたけうみ)関、涙と笑顔の初優勝! 世代交代の”のろし”は上がるか?

こんばんは。

先ほど、実家から帰ってまいりました。 結局1泊のみでした。

でも、親戚との会食やご先祖の墓参り、あと畑の世話ができたので、納得の土日となりました。

あと、高校野球の島根県予選で、私の母校が2年ぶりに準々決勝(ベスト8)に残りました。 

次の試合は優勝候補の強豪校が相手ですが、精一杯戦ってきてほしいと思います。


さて、今日の話題はやはり先ほど終わったばかりの大相撲名古屋場所。

昨日の時点で決まっていましたが、長野県出身の関脇・御嶽海(みたけうみ)関が13勝2敗の成績で初優勝を果たしました。

本来なら優勝争いを演じるはずの横綱・大関陣が相次いで途中休場となり、まれに見る混戦が予想された今場所。

”本命不在”とも評された中、初日からの10連勝で先頭に立った御嶽海関が、終盤の大関戦も乗り切ってそのまま逃げ切りました。

平成4年12月生まれの25歳。 平成27年3月の初土俵(プロの力士としてのデビュー)からわずか3年半で成し遂げた幕内最高優勝でした。

長野県出身の力士が幕内最高優勝を勝ちとったのは、現在の優勝制度ができてから始めてのことだそうです。 長野県民の皆さま、おめでとうございます。  昌幸パパも喜んでるかな?



昨日実家に帰ってすぐ、父が見ていたテレビ中継でインタビューを受けていた御嶽海関は、涙を浮かべて時折言葉に詰まる様子が。

そして、今日の表彰式で行われた”優勝力士インタビュー”は帰りの車のラジオで聞いていましたが、『(優勝は)最高です』と喜びを素直に表現。

そうかと思えば、まだ25歳でそれほど取材慣れもしていないためか「賜杯(トロフィー)は思っていたより重かった、腕力が足りないです」とか

「これだけ多くの人の前でしゃべったことがないので、明日の朝になったら(何を話したか)全部忘れてると思います」と答えるなど

初々しくも素朴な人柄が垣間見え、客席が笑い声に包まれる一幕もありました。 おそらく、長野県からも多くの方が応援に来ていたのでしょう。

来場所以降は、次の目標となる”大関”を視野に入れた戦いになるでしょう。 さらなる活躍に期待したいところです。


なお、優勝した御嶽海関は、”関脇以下で勝ち越した力士”が選考対象となる『三賞』の対象でもあり、殊勲賞と技能賞をダブルで獲得。

残った敢闘賞は西前頭9枚目の”豊山(ゆたかやま)”関と、西13枚目の”朝乃山(あさのやま)”関が、優勝争いに絡む好成績を評価されて受賞しました。

この2人は、御嶽海関よりも若い24歳で、しかも初土俵がともに平成28年3月で同じという”同期生”。

デビューからまだ3年も経っていない”新星”ですが、アマチュア時代からの実績があり、すでに幕内でも通用する実力をつけています。

すでに30代の”ベテラン”が上位陣の大半を占める中で、若い彼らが存在感を発揮する時が来るのは、そう遠くないのではないでしょうか。

来場所は横綱・大関陣も万全に近い状態で土俵に上がり、彼らのパワーを正面から受け止める存在であってもらいたいものです。

あと、石浦関は幕内に残れるのかなぁ・・・ 今日の結果を見る限りは可能性はありそうだけど。 まぁ負け越しは負け越しだから十両に落ちても仕方ないが。

隠岐の海関も、千秋楽に”対戦相手の休場で不戦勝”、勝ち越しが転がり込んできたけど、不完全燃焼ですね。 もう一花咲かせて頂きたい。



では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村