FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】『やめられない』は性格のせいじゃないかも・・・ 実はブログ主も自覚がある。

こんばんは。

今日で11月も終わり。 平成30年も残り1か月となりました。

64年まであった昭和に比べると半分ほどですけど、日本の歴史で見たら同じ元号で30年は長いんですよね。

どんな”平成最後の年の瀬”になるか、予想はつきませんが穏やかに迎えられたら良いとは思います。


さて、昨日あたりからテレビのワイドショーを騒がせている話題がありました。

『飲酒運転でひき逃げをした”元アイドル”』と、『覚せい剤使用を繰り返した”大女優の息子”』の裁判。

どちらのケースも、本人は裁判の中で反省の弁を述べているということですが・・・

法律を破って、というか”人としてやってはいけない過ち”を犯した訳ですから、処罰は避けられないと思います。

とはいえ、この二つのケースには(そのまま当てはまるかは疑問ですが)反省や処罰以上に”根が深い”問題が横たわっているように感じるのですね。


『お酒(アルコール)』と『覚せい剤』、どちらも『依存症(いぞんしょう)』と呼ばれる症状を引き起こすことが知られています。

最初は『すぐ止められるから』という軽い気持ちで始めたのが、だんだん量や頻度が増えていって、自分の意志ではやめられなくなるのが依存症。

近年では他にも『ゲーム』や『インターネット(スマホ)』、『買い物』に『異性との交際』など、生活に身近なものに依存する人が増えているといいます。

横から見ていると「なんでやめられないの? 意志が弱いからダメなんだ!」と叱りつけたくなるのも、無理はないことなのですが・・・


ブログ主が思うに、依存を生み出してしまう心理として『かりそめの幸福感』があるように思います。

普段の生活でうまくいかないとか、ムシャクシャするとか、心が満たされないことって、誰にでも起こり得るはずです。

そんな夜にお酒を飲みながら『やってられっかコンチクショー!』なんて叫ぶと、何となくスッキリしたりして。(お酒は20歳になってから)

叫ぶまではいかなくても、アルコールの作用で脳の理性的な働きが抑えられることで、その時は何となく幸せな気分に浸れる。

やがて酔いは醒めて、また辛い現実に戻るとストレスが溜まり、あの幸せな感じを求めてお酒に手を伸ばし、そしてまた・・・

この繰り返しの中で、以前と同じ量では(身体や心の”慣れ”が生じて)幸せな気分が得られなくなり、だんだん量が増えていく・・・

ついには『アルコールが無いと、身体や心の状態を維持できない(と錯覚する?)』状態に陥ってしまうのが、依存症のざっとした仕組みらしいです。


もちろん自分の意志で飲酒やゲームを止めることができる人もいるでしょうが、全ての人がそうかというとまた難しいのが現実で。

むしろ本人に『お酒を止めたい』という気持ちがあっても、『お酒を飲めば幸せになれる』ことを脳に刷り込まれてしまっているがために

例え周りの人間が止めてもお酒を欲して金銭を要求したり、暴力を振るったりというケースが起こり得るのだそうです。

ひいては人間関係や仕事にも支障をきたし、社会からの孤立や経済的な困難まで抱え込んでしまうリスクも・・・

その状態を治療するために、物理的にお酒やネットを絶った環境を整えて、カウンセリングや集団生活を行う施設も増えているのだとか。

予防策としては『お酒やゲームで得られる幸福感はかりそめのもの』と自覚して、本当に心が満たされるために何をしたらいいのかを考える・・・とか?

難しい課題ではありますし、安易な解決法に逃げてしまいたくなる気持ちもありますが、人生を懸けて向き合う価値はあると思いたいです。


以上、遊んでいたネットゲームがまた一つ終了することを知って、ちょっとガッカリしている11月の終わりでした。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】帰ってきてボーっとしてたら、もうこんな時間だった。

こんばんは。

昼過ぎからハローワークの定期面談日(『失業認定日』ともいう)があったので、行ってきました。

支払いがあって銀行にも立ち寄ったのですが、窓口の前で10人くらい待っていてハロワの時間に送れると思い、やめました。

多かったのは月末だからですかね? そうだとすれば明日も多そうだな・・・ 朝早く行けば空いているのか。


・・・と、そんなことはどうでも良くて、なぜこんな時間になったのかですよ。

ハロワの用事が終わって帰りに買い物して、家のパソコンでツイッターとか見ながらボーっとしてたから。

夕食はいつも通り家族と食べたし、スマホゲームのログインボーナスも確保したし、特に変わった事はしていないのに

妙に脳が疲れているというか、緊張状態から解放されていない感じもあるのですよね。 久々に外の人と会話したから??

こんな時は、パソコンやスマホの画面から離れて、ゆっくり風呂入って暖かくして寝るのが一番の良薬でしょうかね。

来週からはスポーツジムに通えるようになるので、時間と感情を持て余すことは少なくなりそうな気はしますが。

仕事探しも身体と心の調整も、焦らず確実に進めていきたいと思います。  風邪をひかないのも大事。


では、今日はこんな感じで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】想定外の手間はかかりましたが、転院先の予約が取れました。 

こんばんは。

今日は、出雲に引っ越してからお世話になる(予定の)メンタルの病院へ行ってきました。

米子の病院には都合4年半ほど通っていたことになりますが、家族の都合で実家に戻ることを告げたら

先生が「じゃあ、向こうの病院に提出する紹介状を書きましょう」と、すんなり了承してくれました。

それから1週間ほどで実家に紹介状が届き、こちらの生活も落ち着いてきたので、朝から出かけました。


その病院は割と規模が大きい『総合病院』的なところで、待ち時間がかなりかかることを覚悟して行きました。

正面玄関を入ってすぐのところにあった『総合受付』で、紹介状を持っていることを告げて受診をお願いすると・・・

「申し訳ありませんが、11月中は患者さんが一杯で、予約をとってもらわないといけません」

その予約も、その場でとれる訳ではなく『以前受診していた病院から、予約の依頼をしてもらう』という手間がかかるもので。

その場ではとりあえず健康保険証の確認と、病院に登録してある住所の変更の手続きをして、米子の病院に電話をかけました。


で・・・結果から言うと、お昼過ぎには米子の病院から「予約がとれました」と連絡がありました(留守電で病院の名前が間違っていたけど)

前回もらっている薬(残り3週間分)が無くなるまでに行ければいいや、と思っていましたが、来週の水曜日に受診できるそうです。

月曜日に行ったハローワークでも『新しい病院の先生からも、就労への意見を聞いてみては?』と言われていたので

思っていたより早い時期に受診できるのは、助かります。 話がしやすい先生だとなおいいけど、どうなりますやら。


では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【雑感】久しぶりの”ぬるい”ゲーム論。 楽しみ方は自分が一番知っている?

こんばんは。

気が付いたら、11月もあと3日ほどになってるじゃないですか。

”平成最後の”という前置詞(?)が飛び交い始めた夏の頃が、もうずいぶん昔に感じられます。

おそらく『クリスマス』や『大晦日』にも”平成最後の”がくっついて、全国各地を飛び回るのでしょうなぁ。

その頃、ブログ主は何をして過ごしているのやら。 仕事が決まっている可能性は低いですが、できることからやっていきます。


それとは全然関係ないですけど、毎日プレイしていた”あるスマホゲーム”が11月末で終了することになっています。

世界中でヒットしている有名なRPGシリーズのキャラクター達が総出演する、大きな会社が運営しているゲームでしたが

5周年の記念イベントを開催するのと同じ時期に”サービス終了”が発表されまして、結構ショックを受けたのですよね。

今はいわゆる”家庭用ゲーム”よりも収益や集客が見込める、スマホゲームに力を注ぐゲームメーカーも増えてきていまして

ゲームを遊ぶ顧客とゲーム内アイテムへの課金の奪い合いが熾烈を極めており、宣伝広告もインパクトの強いものになっています。

そんな”供給過剰”な状態の中で、ゲーマーとして”心から楽しんで遊べるスマホゲーム”に出会うのはなかなか難しいですし

”自分のゲームデータを進めてもらう見返りに金銭を払う”というビジネスまで成立している状態ですから、なんともはや。


ともあれ、自分が遊んでいて楽しいと思うゲームがあったら『どこが(どの要素が)楽しいのか』を考えると、なかなか面白いですよ。

ブログ主の場合は『経験値が増えてレベルや能力値が上がる』とか『最初は弱いキャラでも成長(進化)させられる』要素が多いと、楽しいと感じるようです。

これは、リアル世界で学校に勤めていたことが関係しているのかな? ・・・そうでもないか。単にRPGやSLGが好きだだけかも。


とりとめのない話になってますが、特にイベントの無い日の記事は難しいですな。 明日はどうなるかね。

では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】住所変更の手続きを再開。 下手したら市内で済まなかった可能性も・・・

こんばんは。

米子を引き上げてから、明日で一週間になります。

今日は月曜日ということで、三連休の間は進められなかった『住所変更の窓口をはしご』してきました。

先週のうちに、市役所での手続き(住民票+国民健康保険+自立支援)は済ませておいたので

今日は市役所で発行した住民票の写しを手に、警察署とハローワークを訪ねました。


警察署では、運転免許証の住所変更手続きをしました。 免許証は一番よく使う身分証明書ですから・・・

免許証には住所のほかに『本籍(戸籍に載っている所在地)』のデータも入っているので、本籍も書いてある住民票を持っていきましょう。

窓口にはそれほど人がおらず、5分ほど待ったら『裏面に変更後の住所が書かれた免許証』を受け取れて、胸をなで下ろしました。

というのも、もし市内の警察署で手続きできないと言われたら、松江にある県の免許センターまで行かなきゃいけなかったので。

これで、顔写真入り身分証明書の提示を求められた時にも安心です(マイナンバーカードは持ってません、なんとなくですが)。


続いて、警察署のすぐ近くにあるハローワークにも行って、こちらも住所変更を申請。

ただ、ハロワの場合は管轄する(住所のある)営業所?が変わると、イチから求職者データを作り直さないといけないらしく

想定してたよりかなり長く待たされてしまいました・・・ それでも明るいうちに帰れたのは良しとすべきか。

で、ハロワの方から『受診する病院が変わるようなので、早めに新しい担当医と話をしてください』と言われているので

明日あたり、前の病院からの紹介状を持って行ってみます。 割と大きい病院なので待たされることは覚悟で・・・


では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】九州場所の結果も気になるが、まずは地元民待望の吉報から。

こんばんは。

いやー、今日は待ちに待った”吉報”が島根県に届きました!

このブログでも何度かお伝えしていた、サッカーの中国地方アマチュアリーグに所属の松江シティFC

今日まで行われていた社会人サッカークラブの全国大会で見事に優勝し、Jリーグ参入への第一歩を踏み出しました!


この大会で優勝したことにより、来年は日本でアマチュアサッカーの”最高峰”となるJFL(日本フットボールリーグ)に昇格し

さらに一つ上の目標である”Jリーグ(まずは、ガイナーレ鳥取もいるJ3リーグ)”への昇を目指して戦うことになります。

もちろん、Jリーグに参入するためには成績だけではなく、チームの運営体制や地元のスポンサー・サポーターの支援が必要になるわけですが

バスケットボールのプロチーム・島根スサノオマジックの例もありますし、島根だからといって無理な話ではないと思います。

なにより、島根県にJリーグで戦うチームができるのは、サッカーに縁の無かったブログ主にとっても夢のような話ですから・・・!

今回勝ち取ったチャンスをさらに大きく膨らませて、島根県を挙げて応援できるチームを育てていってほしいと思います。


そして、先ほどまで行われていた大相撲九州場所でも山陰勢は頑張ってくれました。

前頭11枚目の隠岐の海関は、11勝4敗の好成績。 終盤は久々に優勝争いに名前が載る活躍でした。

十両5枚目に落ちてしまった石浦関も、千秋楽に勝ち越しを決めて8勝7敗。 幕内復帰への足掛かりになるといいのですが。

あとは・・・今場所は何かと”不手際”が目立ってしまった三役格行事・式守勘太夫さん(出雲市出身)が、

来場所から行事の世界の最高位である”立行司”式守伊之助(しきもり・いのすけ)に昇進することになっています。

力士で言えば”島根県から横綱が出た”くらいの快挙なのですが・・・ 地元の新聞で一面にはなったものの、全国的な話題にはなってないのでした。

というわけで、今のうちに言っておきます。 (来年初場所の)式守伊之助は、島根県出雲市出身です!!


あ、遅ればせながら貴景勝(たかけいしょう)関初優勝おめでとうございました。 来場所は早くも大関獲りの期待も出てきそうですが、果たして。

では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】スポーツジムへの加入契約に、思わぬ後日談がありました。

こんばんは。

昨日の”勤労感謝の日”との合わせ技で3連休、という方も多そうなこの土日。

天気も大きく崩れることはなく、冬の訪れを前に行楽地は賑わったのでしょうかねぇ。

さらに今年は『ブラックフライデー』とかいう単語と一緒に、大型スーパーのチラシも出回っていたので

そちらのお店も駐車場が混雑していそうな感じ。 特に用事が無ければ、家でのんびり過ごすのも有意義ですよね。


ところで、先日ご報告した『スポーツジム通いを始めたい』話は、無事に仮契約まで進みました。

”仮”というのは、ネット上での契約(と初期費用払い込みの手続き)はしたけれど、現場で正式な契約書を書かねばならず

それはジムを使用開始する12月に入らないとできない、ということでして。 12月3日(月)に行く予定です。


で、タイトルに書いた”後日談”というのが、ブログ主が悩んだ”入会金”についての誤算。

そのジムは『11月中は入会金無料キャンペーン』を掲げていて、12月スタートでは適用されないと思っていたのですが

実は11月中にネット経由で仮契約を済ませたところ、初回利用の日付が12月でも入会金が無料で計算されていたのでした。

つまり、当初の予定通り11月後半から通い始めていたら、入会金と相殺できると踏んでいた11月分の会費(半額だが)を

余計に払うだけの結果になっておったのですね。   早まらなくて良かったのか、一方では早く始めたい気持ちもあったけども。


ともあれ、お金を払って『運動する習慣』や『体力をつける練習』をさせてもらう訳ですから、しっかり計画的に利用しないとね。

あとは『風呂とサウナに入り放題』と『マッサージチェアに座り放題』を楽しみとして(←思考がオッサン・・・)、長く続けたいと思っています。


明日は大相撲の千秋楽です、誰が優勝しているのでしょうか? (昨日まで可能性があった隠岐の海関は、三賞候補に入るのか?)

それでは、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【戦国時代】戦国武将”いい夫婦”合戦、蛇足かもしれない後半戦。

こんばんは。

昨日の記事では『いい夫婦の日』にちなんで、戦国時代の”いい夫婦”について紹介しました。

もちろん戦国時代は現代と違い、本人同士が好意を持って夫婦になったケースばかりではありませんでして

今日の後半戦で紹介するのは『歴史的には有名だけれど、幸せだったのかどうか・・・?』という夫婦がメインになります。

引き続き『正妻(最も関わりが強かった妻)』を原則として紹介しますが、例によって異説もありますのでその辺はご承知おきを。


⑤ 織田信長と、帰蝶(濃姫)

戦国時代の尾張が生んだ”ヒーロー”織田信長の妻は、隣国・美濃の大名で『マムシ』の異名をとった斎藤道三の娘でした。

つまりは完全な”政略結婚”だったわけでして、仲が良かったことを示すエピソードはほとんど残っていません。

それどころか『本能寺の変』で信長が討たれた時に、彼女がどこでどうしていたのかすら諸説あって分からないという・・・

しかも信長さん、若い頃は奥様よりお気に入りの女性がいて、そちらばかり可愛がっていたそうですよ。 ヒューヒュー(謎)


⑥ 武田信玄と、三条夫人

信長と並んで人気のある戦国武将・武田信玄の妻として知られるのは、三条夫人なる女性。

もとは京に住むお公家さんの娘で、(公家と縁が深い)駿河の今川さんの紹介で甲斐に嫁いできたそうです。

その人となりは詳しくは伝わっていませんが、信玄との間に5人の子どもを授かっているので、良縁だったのでしょう。

ただ、長男で跡継ぎの武田義信が父と対立して死に追いやられるなど、”悲運の女性”として語られることもあります。


⑦ 毛利元就と、美伊の方

一代で中国地方を制した謀将・毛利元就は、”愛妻家”としても戦国トップレベルかもしれません。

というのも、元就は22歳の時に美伊の方を正室に迎えてから、49歳で死別するまで側室を一人も持たなかったのです。

いかに多くの子どもを残すかが”生存戦略”の一つだった戦国大名としては、珍しいことだったとは言えます。

”三本の矢”として毛利家を支えた息子たち(隆元・元春・隆景)の母として、一族の結束を象徴する存在であったのでしょう。


⑧ 明智光秀と、熙子(ひろこ)

再来年の大河ドラマ『麒麟が来る』で主役を務める、明智光秀についても少し。

1545年頃、光秀が美濃にいた時に知り合って結婚したらしいのですが、詳細はよく分かりません。

しかし『光秀が職を失い困窮していた時期に、自分の髪を売って家計を立て直した』というエピソードがあったりします。

ちなみに、妻の実家の苗字は”妻木(つまき)さん”だったそうで・・・ちょっとややこしい。 


⑨ 徳川家康と、瀬名姫(築山殿)

大トリを飾るのは、戦国時代を終わらせた”大御所”徳川家康。 さぞ円満な夫婦生活だったかといえば、なんのなんの。

今川義元に従属していた時代に、義元の養女として紹介された瀬名姫との縁談は、はっきり言って”悪縁”そのもの。

夫とはいえ養父の”部下”である家康を心の中で見下していたのか、互いに心を開くことができなかった上に

家康が信長と同盟すると”武田家と内通している”疑いを立てられ、息子の信康とともに処断されてしまいましたとさ。


・・・と、様々な夫婦を見てまいりましたが、最後はこの方にコメントを頂きましょう。

”生涯独身”の信念を貫き通した末に養子たちの争いを招き、果ては”女性説”まである上杉謙信さんにとって、『夫婦』とは何でしょうか。


謙信 『うるせぇよ。』


では、また。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
【戦国時代】もし戦国時代に”いい夫婦の日”があったら、表彰されるのは誰だろう? 

こんばんは。

今日は11月22日、語呂合わせで『いい夫婦の日』だそうです。

某日曜夕方の長寿番組で司会を務める”今川義元似の”落語家さんに話を振ったら、何て返すんですかね。 それじゃダメじゃん!


このブログで書いていそうで書いてなかった話題として”戦国武将の夫婦関係”がありました。

大河ドラマ『真田丸』の中に登場した夫婦については、ドラマの小ネタ的に紹介した事もあったかもしれませんが

歴史ファンならずとも知っている有名な戦国武将でも、その奥様の事を詳しく知っている方は多くないのでは。

そんなことを考えて・・・『第1回・戦国”いい夫婦”グランプリ(仮)』を勝手に開催してみることにしました。 

なお、時代背景上”生涯のうちに複数の妻(側室など)を持った武将”も多数いますが、原則として『正室(最初に結婚した妻)』を対象とします。


まずは、有名どころにして正統派から。

① 豊臣(木下・羽柴)秀吉と、ねね(おね)

言わずと知れた『農民から天下を取った男』と『農民に天下を取らせた女』の夫婦。

秀吉が織田信長に仕え始めた頃に知り合い、夫の出世を陰ながら支え続けた”戦国で最も有名な妻”です。

子どもには恵まれなかったり(異説あり)、夫の女癖の悪さを信長に訴えたりと色々ありながら、グランプリ候補の筆頭です。


② 前田利家と、まつ

秀吉とは歳の近い同僚で、出世してからも仲が良かったという前田利家も、良き妻に恵まれた武将です。

利家が晩年、いわゆる”加賀百万石”の大名にのし上がれたのも、”賢妻”と知られたまつの存在が大きかったといえます。

また、秀吉と利家は自宅がご近所同士で、ねねとまつも普段から世間話をしたり味噌を借りたりする間柄だったとも。


③ 山内一豊と、千代

同じく信長に仕え、後に土佐(高知県)の大名となった山内一豊(やまうちかつとよ)は、妻の方が有名だったりします。

大河ドラマ『功名が辻』でも、”一豊ではなく妻の千代を主人公として”お話が作られていたと思います。

「良い馬が欲しい夫のために、”秘蔵の財産”を差し出した」逸話があまりにも有名で、夫の影が薄いのはご愛敬。


④ 浅井長政と、市

近江(滋賀県)の戦国大名・浅井長政が妻に迎えたのは、織田信長の妹であった”お市の方”。

美濃攻略と上洛を見据えていた信長の”政略結婚”とされる向きもありますが、夫婦仲は非常に良かったそうで。

長政が志半ばの死を遂げた後も、(”清須会議”の取り決めで)柴田勝家と再婚するまで、一人で娘たちを育てたようです。


女性に関する記録が非常に少ない(名前すら分からない事も多い)戦国時代にあって、いずれも”いい夫婦”として名が残った方々。

もっと詳しく経歴や逸話などを解説している本やサイトも多いので、興味がある方は掘り下げてみてはいかがでしょう。

続いて、”いい夫婦”だったかどうかはともかく、”あの有名武将たち”の奥様はどんな方だったのか・・・ 

と、最初の想定より長くなってきたので、明日の”後編”に続きます。 さて誰がエジキになりますやら(←こらこら)


では、また。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

【日常】父、二度目の退院。 ブログ主は市役所と親の使いに回る。

こんばんは。

朝のツイッターでも書いた通り、父が再入院から帰ってきました。

午前中に母と私で迎えに行き、病室の荷物をまとめて車に積んで退院しました。

午後からは、在宅でお世話になる診療所や介護事業所の方が次々と家に来たそうです。

もっとも、私は私で住民票や健康保険の手続きをしないといけなかったので、市役所にいましたが。

明日が雨の予報だし、金曜日は祝日だというので、今日中に済ませたかった仕事は片付けられました。


で、市役所から帰るやいなや、親に使いを頼まれましてね。

実家で乗っている車を修理する段取りが(よりにもよって)今日整ったというので、行ってほしいと。

父は病み上がりですし、母も家を離れられないというので、慣れない車を運転して行ってきましたよ。

薄暗闇の市街地をおそるおそる走って、先ほど無事に帰ってきてブログの更新ができました。

待合スペースでは、早くもクリスマスソングが流れてました・・・ もうそんな時期か。


ともあれ、一日中バタバタとしてたおかげで、いい眠気が来ています。 よく眠れそうでありがたい。

まだまだ読めない大相撲の優勝争いを気にしつつ、また次回。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村