FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】『なんで9月終わってしまうん?』 『坊やだからさ・・・』 『3分間待ってやる!』 (ひどい) 

こんばんは。

早いもので9月も終わりですね・・・って毎月のように言っている気がしますが、タイトルくらいはちょっと凝ってみました(カオス)

仕事の方は、今月の勤務日数が16,5日(0,5日分は通院のための午後休)となり、盆休みがあった8月よりは手取りが増えそうです。

明日からはご存じの通り”消費税率が8%と10%の混在状態”になりますので、うちの職場にも少しずつ影響が出てくると思いますが

今の自分にできること・やるべきことをはっきり見据えて、高すぎる理想に手が届かない自分を責めることがないように取り組みたいです。


ここからは全然9月と関係ない話ですけど、最近のブログ主は (ロウ・もれる)』という漢字が気になっています。

『屋根から水が漏れる』など、あまり良いイメージで使われる漢字ではありませんが、見れば見るほどよくできた文字だなぁと。

左側の”さんずい”も水を表す部分ですし、右側なんて『屋根の中に雨が落ちている』という、まんま『雨漏り』の状態と見てとれる。

本当はもっと違う意味で作られた文字かもしれないけど、”漢字のふるさと”中国の昔の人も雨漏りに悩んでたりしたのかな・・・?

だからと言って、たくさんのお家で雨漏りが起こってしまうような豪雨や台風は、もう勘弁してほしいですけど! どうなる18号。


では、今日はこれで。 

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】来週の今頃は、たぶん東京の空の下。 増税されたら何を最初に買うかなぁ。

こんばんは。

気がつけば、会社主催の”2泊3日東京行き・研修&慰安の旅”まであと1週間を切っていたブログ主です。

おそらく来週の今頃は、ほとんどの日程を終えて(最終日の7日はほぼ移動のみ)ホテルの自室でのんびり(ぐったり?)してると思います。

なにせ人口17万人そこら(今年8月末現在、中心部に限ればもっと少ない)の出雲市から、1,000万都市の東京に出ていくわけですよ。

ただでさえ人の多い場所が苦手なブログ主、東京の雑踏に揉まれてエネルギーを使わずに乗り切れるなんて考えていません・・・はい。

どこへ行こうか何をしようか(もちろん勉強もありますが)の楽しみよりも、無事に帰って来られるかどうかの心配をしながらの1週間です。

(先日発生した台風18号は、かろうじて?旅行より前に通過しそうですが・・・ 吹き返しの風で飛行機が欠航なんてのは勘弁してくれ)


雑談ついでにもう一つ、明後日10月1日からついに消費税率が10%に引き上げられます。

このブログでも何回か話題にしてましたが、いわゆる「軽減税率」制度も導入されて8%と10%の品物が混在する状態になりますね。

微妙な線引きはあるものの「自宅で飲み食いする飲食料品」と「定期的に購読する紙の新聞」は8%に据え置き、と覚えておけば良いかと。

そうでないもの(お酒や栄養ドリンク、スポーツ新聞なども含む)は実質2%分の値上がりになりますが、キャッシュバック制度もあって

そのせいか『某・総合検索サイト(ナイツの塙さんが調べてるアレ)』の広告が「ペイペイ」一色になっていたのには、ちょっとヒキマシタ(本音)


ちなみに、ブログ主が「増税前に買っておこうと思ったもの」第1位は、スマホの保護ケース(手帳型ならなお良し)でした。

市内の”ドンキがホーテしちゃうお店(なんだそれ)”で探したのですが、スマホの型が古くて対応する商品が見つかりませんでした(泣)

初めてのスマホを買って以来使っていたケースが少し割れてしまい、どうせなら増税前に欲しかったところですが・・・販売店に相談しよう。

皆さんは、税率が上がってから最初の買い物は、何にする予定ですか? ブログ主は・・・東京で買う”晩酌用の缶ビール”に1票。


では、明日からの1週間も”へにょり”と(?)乗り切っていきますかね。 失礼しました。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】ラグビーに詳しい人って日本では少ない気がするけど、盛り上がってまいりました。

こんばんは。

今日はジム行って簿記の勉強した以外にネタが無くて、疲れた身体を横たえてぼんやりしていたら、まぁ大変。

ラグビー好きの父が毎日のように見ている『ラグビーワールドカップ2019』で、日本代表チームが”奇跡”を起こしたそうじゃないですか。

全部で4試合行われる予選リーグの2試合目、大会が始まる時には世界ランキング1位だった(※現在は2位だが、詳しい経緯は省略)

今大会における優勝候補の一角・アイルランド代表チームとの試合で、『19-12』のスコアで勝利をおさめた…と報じていました。

世界ランキング9位の日本代表にとっては”格上”の相手で、試合前は『さすがに勝てないだろうな…』という声が大勢を占めていた中で

こんな”番狂わせ”を起こしてくれるなんて、選手や関係者の方々には賞賛の言葉しかありません。 もちろんアイルランド代表も強かった。


ラグビーをよくご存じの方には”基礎知識”かもしれませんが、ラグビーは「チームの実力差がそのまま勝敗になる」スポーツだと言われます。

その証拠に、毎年1月ごろに行われる”高校生のラグビー全国大会”では、トーナメントの上位に残る学校は毎年ほとんど固定されていて

高校野球(甲子園)や高校サッカーのように『無名の学校が強豪校を次々に破って上位に進出する』ということは、めったに起こりません。

そして、4年前のラグビーワールドカップで”歴代のワールドカップでわずか1勝”だった日本代表が、”優勝2回”の南アフリカ代表を相手に

『歴史的勝利(34-32)』を挙げた際には、「スポーツ界の歴史に残る、とんでもない快挙」と世界中に報じられたのも、そのためです。

今回の勝利を「奇跡とは呼ばせない、呼びたくない」というファンの気持ちもよく分かりますが、世界レベルで見れば充分に”奇跡”かと・・・。


それはともかく、今日のアイルランド戦に勝利したことで、チームにとって大きな目標となる「予選リーグ突破」が現実味を帯びてきました。

ラグビーワールドカップの予選リーグは、5チームが1試合ずつ総当たりの対戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出できます。

日本が入っている”グル―プA”では、アイルランドとスコットランドが強豪と呼ばれていて、予選勝ち抜けの有力候補となっていますが

開幕戦のロシア戦、そして今日のアイルランド戦と連勝したことで、日本がここに割って入る可能性も出てきたと言っていいと思います。

すでにアイルランドと対戦して敗れているスコットランドが、もう一つ星をとりこぼすことがあれば・・・ いやいや他力本願では相手に失礼か。

こうなれば日本代表が次に対戦するサモア代表との試合は、大いに応援して自力での決勝トーナメント進出を後押ししたいところです。


・・・と偉そうにぐちゃぐちゃ語っていますけど、ブログ主もラグビーの詳しいルールはほとんど知りません(トライとノックオンは覚えた程度)

ルールや戦術についての質問は、お近くのラグビーファンかグーグル先生までお願いします。 すみません。

では、今日はこれでー。 明日は午前中に用事で外出してきます(多分ブログには書きません)。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】そうそう、昔から「減価償却すれば火もまた涼し」って言うよね~ (丸焼けになるわい)

こんばんは。

今日は朝から晴れたり曇ったり雨降ったりと忙しい空模様で、ついには先ほどから雷様がゴロゴロ言い始めました。

来週はまた台風の接近で大荒れになるとかならないとかの予報が出てますが、どうか東京旅行に影響が出ませんように・・・と。


ところで、タイトルのことわざ(?)に何の違和感も抱かなかった方は、ブログ主と気が合うかもしれません(流石におらんやろ)。

減価償却(げんかしょうきゃく)・・・  昨日の夜の勉強会で一番時間を使ったテーマです。

ブログ主もつい2か月前に簿記3級の勉強を始めた身ですから、他人様に教えられるほどの知識や技術は身についていないわけですが

あえて”簿記の知識が無い相手に説明”すると・・・例えば自動車を買って何年か乗り続けていたら、傷がついたり部品が劣化したりします。

会社の帳簿(持っているお金の額やモノの価値を記したもの)には、新品として買った時の値段が”その車の価値”として記録されますが

1年、2年と使い続けていれば、前述の通り車の価値(売った時の下取り額)はどんどん下がっていく・・・ なんとなくイメージできますかね?

そんな”時間の経過で劣化していく固定資産(車や建物など)”の帳簿上の価値を”目減り”させる手続きというのが、減価償却らしいです。

もっと詳しく知りたい方は、このページを閉じた後に「減価償却 わかりやすく」で検索してみてください。 楽しいと思います(ホントかよ)


・・・ただ一つ、この授業を受けてブログ主が思った事は「うん、算数が苦手でなくて助かった」でした(自慢するわけではないのですが)。

簿記の先生は「問題文に出てくる数字を落ち着いて”公式”に当てはめれば、誰でも問題が解けるようになります」と説明していましたが

ブログ主が数学の先生をしていた頃には、授業中に『それができれば苦労はしないよ』って顔をする生徒がたくさんいた訳でしてねぇ・・・

昨日は前の方に座っていたので本当はどうか分かりませんけど、練習問題に四苦八苦していた受講者も少なくなかったような気が・・・

似たような練習問題を何回も実際に解いてみて、問題文の読み方や公式の使い方を目と頭と手先で覚えるのが大切かなと思います。


簿記についてはまだまだ初心者ですけど、数学の勉強方法だったらちょっとくらいは相談に乗れますよ・・・と謎のアピールをしたところで

今日は以上です。  あじゅじゅじゅした(ありがとうございました)。



にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【再放送2019】 第5話『下剋上の世に生きた、2組の親子の話。』 ※今回は刺激が強めです

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物(一人二役)】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。好きな「信長の野望」は烈風伝。
おっす!おら信長(文中「長」):ゲスト解説者という設定の、信長のまねっこ。
                   意外にも、SNSが炎上したことはないらしい。


【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  毛利元就・徳川家康

 5位(同率)  ????・????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――



(CMが終わったつもり)

makonaga png


ま「それでは、続いて第5位を発表しましょう。 同率5位の一人目は…」


デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャン!


第5位 長尾為景(ながおためかげ)

 立身出世度:☆☆☆・・  越後の守護代を務めた家柄

 下剋上度 :☆☆☆☆・  守護も関東管領も敗死させる

 権謀術数度:☆☆☆・・  謀略よりも合戦の強さがスゴイ

 危険人物度:☆☆☆☆・  誰が呼んだか『歩く下剋上』

 人気知名度:☆☆★・・  謙信を子に持つ分のボーナス点

 繁栄存続度:☆☆☆☆☆  子孫は上杉を名乗り幕末まで続く



ま「続いて二人目!」


デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャン!


第5位 宇喜多直家(うきたなおいえ)

 立身出世度:☆☆☆・・  落ち目の宇喜多家を立て直した

 下剋上度 :☆☆☆☆・  主君を追い落とし一国の主となる

 権謀術数度:☆☆☆☆☆  なりふり構わぬ手腕は西国随一

 危険人物度:☆☆☆☆☆  親族からも恐れられた冷酷ぶり

 人気知名度:☆☆・・・  正直、知らない人も多いのでは?

 繁栄持続度:☆☆☆・・  息子の秀家は島流しとなり没落



ま「第5位は、長尾為景(ながおためかげ)と宇喜多直家(うきたなおいえ)。

  総合点数は、ともに22点です。」


のぶさま2019

長「長尾に宇喜多…。 聞いたような、聞かぬような…?」


ま「確かに、全国的にはそれほど名の知れた人物ではありませんね。

  まずは、長尾為景の話から。 信長さん、上杉謙信(うえすぎけんしん)はご存じですよね?」


長「無論じゃ。  我が織田家も一時期、上杉家とは同盟を結んでおったからのう。

  友好の証として、立派な屏風(びょうぶ)を送ったこともあるぞ。」


ま「長尾為景は、その上杉謙信の父親だった武将です。」

長「ほう、かの謙信入道(※)の父親とな。」   ※にゅうどう、ここでは『武士でありながら仏僧となった人物』に対する呼称


ま「長尾為景は、越後(えちご、今の新潟県)の守護代であった長尾家に生まれました。

  当時、彼の上司であり越後を治める守護の地位には、上杉家の当主が就いていました。

  しかし守護本人は京都で仕事をすることが多く、守護のいない間に地元で力を蓄えた為景は

  越後に帰ってきた守護を相手に謀反を起こし、まんまと討ち取ってしまいました。」



長「まさに弱肉強食、力無き者は滅ぶが定め。 絵に描いたような下剋上じゃな。」

ま「それだけではありません。

  この越後守護のお兄さんは、関東管領(かんとうかんれい)という幕府の要職についていたのですが

  弟が為景に討ち取られたという知らせを聞いて、弔い合戦とばかりに配下の大軍を率いて越後へ侵攻します

  一度は越後から撤退した為景でしたが、そこから盛り返して最後には完勝をおさめ、関東管領はあえなく討ち死に。

  こうして越後のほぼ全域が為景の支配下に入り、長尾家(のちの上杉家)が戦国大名として雄飛する基盤となったのです。」


長「なるほど。 この男、聞けば聞くほどかなりの戦上手であると見える。

  さすがは後世において『軍神』とも『越後の龍』とも讃えられた、謙信入道の父親だけはあるのう。」



ま「そんな『軍神』との対決といえば、確か信長さんの軍勢も『手取川の合戦』で…」

長「織田家の公式記録には、そのような合戦は載っておらぬ。 よいな?」(ギロリ)

ま「…アッハイ。」

長「分かれば良し。」


ま「一説には、当時の人々から『下剋上が鎧を着て歩いている』と噂されたという伝承が残る為景。

  その点は、室町幕府を盛り立て“義”を何よりも大事にした印象が強い謙信とは対照的ですね。

  そして謙信は、かつて為景が打ち破った関東管領の地位も、後に受け継いでいます。」


長「歴史は人と人が紡ぐもの。 余がこう言うのも何だが、歴史とは面白いものじゃ。」

ま「では、次は宇喜多直家について。」

長「で、あるか。」


ま「宇喜多直家は、備前(びぜん、今の岡山県東部)出身の戦国武将です。

  室町時代の宇喜多家は、備前守護代の浦上(うらがみ)氏に仕える家柄でした。」


ま「直家の祖父・宇喜多能家(よしいえ)は有能な人物だったそうですが、妬んだ同僚に城を奇襲され、討ち滅ぼされてしまいます。

  まだ子供だった直家は住処を失い、父とともに流浪する生活を強いられたのち、戦国大名となった浦上家に再び仕官。

  立身出世を夢見るのかと思いきや、祖父を失った積年の恨みを晴らす“下剋上人生”が幕を開けるのです…。」


長「…嫌な予感がするのう。」

ま「生放送ですので詳しい内容は言えませんが、直家の仕官後に”浦上家やその周辺で起こった事件”の被害者のお名前です。」

(フリップを出したフリ)

ーーーーーー

宇喜多直家が関わったとみられる”事件”の犠牲者のみなさん(敬称略)

【死亡】

・島村盛実(祖父・能家を討った本人)

・中山信正(直家の妻の父、娘も直後に自害

・金光宗高(前の岡山城主、謀反の容疑で切腹)

・税所元常(直家の妹の婿、俗説か?)

・松田元賢(直家の娘の夫、娘も以下略

・三村家親(備中松山城主)

・後藤勝基(美作三星城主)

【行方不明】

・浦上宗景(主君、備前から追放)

ーーーーーー



長「…いくら戦国の世とはいえ、数が多すぎはせぬか? 手あたり次第という印象じゃな。

  まぁ、若い頃に弟や叔父達を葬った余が言っても、説得力は無いのだろうがな。」


ま「と、信長さんですらあきれ…いえ、驚くほどの所業を積み重ねた末に

  直家は主君であった浦上氏をも没落させ、備前一国の主に上り詰めたわけです。」


長「…思い出した。

  この直家とやら、我が織田家と敵対する毛利家との勢力の境界線上に領地を持ちながら、敵なのか味方なのか

  最後の最後まで態度をはっきりさせぬ奴だったな。  この信長をもってしても、腹の内が全く読めなんだわ。」



ま「それもそのはず、直家の親族の一人は我々の取材にこう答えてくれました。

  (音声は変えています)『彼と直接会う時は、万が一に備えて着物の下に鎧を着ていました』

  いくらお家再興のためとはいえこれだけの“悪行”を重ねると、身内からも恐れられてしまうのですね。」

長「…どうやって取材したのか気になるが、大人としてそこは触れぬ方がよいのだろうな。」



長「しかし、がぜん気になるのはこやつの息子のことじゃ。

  先の謙信入道と為景殿の例もあるし、父に似てさぞ冷酷非情な奴なのだろう。」


ま「いえ、それが…。

  直家の息子で宇喜多家を継いだ秀家(ひでいえ)は、実に明るく人当たりの良い性格で

  本拠の岡山城に立ち寄った羽柴秀吉に、大いに気に入られたといいます。」


長「なんと。」

ま「秀吉が全国を統一した後には、政権の中枢を担う“五大老”の一人に最年少で抜擢されたほか

  秀吉の養女となっていた前田利家の娘を妻に迎えるなど、成人後もその穏やかな性格が幸いし厚遇を受けたようです。」


長「ほう、人を見る目は確かな猿の眼にかなうとは、相当なものじゃのう。

  父親としては複雑な心境であろうが、家名を残せたのだから良かったではないか。」



ま「しかし、関ヶ原の戦いでは西軍につき、奮戦するも敗北。 秀家は領地を全て没収され、八丈島へ島流しとなりました。

  それからおよそ50年後、静かに生涯を終えたといいます。 世はすでに江戸幕府4代将軍・徳川家綱の時代となっていました。」


長「是非も無し。 ひとたび生を受け、滅せぬ者のあるべきか。」


ま「というわけで、第5位の二人をご紹介しました。

  信長さん、ランキングもあと4人です。」


長「3人までは何となく名前が思い浮かぶが、あと一人は果たして誰かのう。」

ま「番組をご覧の皆さんも、ぜひ予想してみてくださいね。

  CMのあと、第4位の発表です。」



【次回更新に続きます。タブンネ】

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
【日常】2日続けてマジメな事を書いたので、今日はくだらない話がしたーい(鳴き声)

おはようございます(←時間感覚の欠如)

昨日と一昨日、とんでもなくマジメで説教臭い内容の記事を書いてしまったことをここにお詫びします。 すんませんっした。

いやね、一応ブログのキャッチコピーに「人生観もたまに」とあるのは間違いないけど、自分のキャラに合っていないのは感じてます。

年代も住んでいる場所も趣味も、そして背負っている人生も異なるお客様が訪れるこの場所で、全ての人が満足するネタって多分無いです。

それでもブログ主が理想とするのは「仕事終わりに読んだら”ホッ”とする話」であって、誰かの悪口や社会への不満ではないのでして。

・・・というか、こーいうブログ論を書いたところで(ブログ主以外は)誰も喜ばないッスよねごめんなさい。 話題を変えましょう。


自分にとって「くだらない話」って何だろうと考えたら、また哲学的な問いになってしまいそうなのでやめました。 めでたしめでたし。


「ハングライダーが趣味なんだって? どれくらいやってるの?」  「かれこれ、一年半ぐらいだー・・・」


まーるかいてちょーん、 まーるかいてちょーん。  あとは各自で適当にみつくろってもらって、 あっという間にハイ! 誰だこれ・・・


おかえりなさい、あなた。 今日はごはんにする? それともパン? ラーメンにうどんにスパゲッティに・・・  いや風呂入らせてくれよ。


・・・と、いくら仕事で酷使した(ほんとに?)頭をひねっても、やはり本場の”くだらなさ”には勝てません。 というわけでこちらをどーぞ。

30年近く前に放送された、その名もズバリ『世界で一番くだらない番組』というタイトルの深夜番組(の人気コーナー)だそーです。 




私たちはつい「テレビのバラエティー番組は、くだらないことばかりやりがって!」と口にしてしまいますが、あるタレントさんが言うには

「バラエティー番組はいかに”くだらない事を真剣にやるか”が勝負で、くだらないは自分にとって”最高の褒め言葉”だ」とのこと・・・

それでも最近はニュース報道なのか井戸端会議なのか分からないワイドショー番組ばかりで、くだらなさは余計だと思うのですけど。


はい、またマジメなスイッチが入りそうなので強制終了の巻。  明日は例の連載ネタですー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村


【日常】何かに依存せず”ほどほど”を保つのは難しいけど、ブログ主はどうかと言えば・・・

こんばんは。

今日は午後から3週間ぶりのメンタル定期受診があったので、仕事は午前中で上がらせてもらいました。

今週はあと3日間の仕事プラス木曜夜の簿記勉強会が控えていますが、昼間と朝晩の気温差で体調を崩さないように過ごしたいです。


で、肝心の受診は予約時刻より30分遅れで始まり、ブログ主の近況や今後の見通しなどを話して15分ほどで終わりました。

心身の調子を大きく崩すこともなく、契約通り「7時間×週4日」の勤務を忠実にこなすことができているので(10月以降も継続の見込み)

お医者さんから「今の調子で焦らず、少しずつ積み上げていけばいい」と助言をもらいました。 同席した就労支援の担当者も同意見でした。

また、8月頃から「徐々に減らすことを目指す」と決めた薬の量も、別の(朝と晩に飲んでいる)薬を少し減らしてみることになりました。

本来は”胃腸の不調や食欲不振を改善する薬”だそうで、食欲はむしろ抑えていきたい(苦笑)ブログ主には難しい話ではなさそうです。

最初にメンタルの病院にかかってから5年半ほどになるはずですが、こうやって少しずつ回復に向かっているのは有難い話だなぁと。


メンタルの話に限らず、薬を飲むことや飲み続けることに対して「依存に陥るのでは?」という抵抗感を持つ人は多いと思います。

特に「いちど睡眠をサポートする薬を飲み始めると、薬無しでは眠れなくなる」なんて意見はよく聞きますし、ブログ主も体験しました。

夜行バスに乗った際、普段飲んでいる睡眠導入剤が入った荷物をトランクに預けてしまい、結局一睡もできなかったことがありまして・・・

「やっぱり一度飲んだら死ぬまで止められないんだ、睡眠薬怖い!」という”極端な結論”が正しく聞こえるのも、無理はないのかなと。


最近では「せき止め薬を大量に購入・服用する若者が増加」というニュースが報道され、”依存”をめぐる問題は根が深いと思っています。

薬物に限らず”買い物”や”ゲーム(ブログ主も身に覚えが)”、”ギャンブル”に”アルコール”、そして”食欲(摂食障害)”などなど・・・

「現実の嫌な事を忘れたいがために、手近な快楽を味わって満足する」 ⇒ 「罪悪感と、さらに強い快楽を求める衝動が襲ってくる」

そして「その快楽を得るためなら、自分の生活や金銭感覚、人間関係をも省みない行動に走る」 治療が必要な依存のパターンです。


「テレビやネットで報道されるのは”極端なケース”だから、患者の心が弱いだけで自分は関係ない」と思われる方も多いのでしょうけど

外を見回せば(パソコンやスマホの”外”も含む)人間の”夢”や”欲望”を掻き立てる情報がこれでもかと提供され、世の中は嫌な事ばかり。

職場にも家庭にも心を許せる相手はおらず、テレビやネットを相手に愚痴をこぼしつつ一日が終わる・・・ なんか楽しい事無いかなぁ。

ほんの一瞬でも『こんな生活は嫌だ、こんな自分は嫌だ』と思った時、実は”依存の入り口”がすぐそばに潜んでいるのかもしれません。

「心が弱いから”うつ”になる」が必ずしも正しくないのと同じで、「心が弱いから”依存”に陥る」だけでは済まない現実があるように思います。


おっと、つい長々と【雑感】寄りの話をしてしまいました・・・。

無理やり結論を書けば、ブログ主の中にも”依存に陥る可能性”はあって、いつ”そっち側”に落ちてもおかしくないと自覚している。

そこで何とか踏みとどまれているのは「心が強いから」じゃなく、「何かに依存した自分」を想像しつつ遠ざかろうとする意識があるから?

そして「何かに”依存”しても悩みや不満の根本を見つめないと、本当の解決にはならない」ことを学んできたから?? 

・・・うん、すこぶる理想論を書いた。 ブログ主はこんな高尚な事を実践しているんだ、と思わないようにお願いします。 恥ずかしいから。


というわけで、今日はここまで。 (そして逃げるように退散)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【雑感】見ないフリを続けるのは楽っちゃ楽だけど、いつか心苦しくなる時が来るよね・・・

こんばんは。

台風17号は今日の午前中に”温帯低気圧”へランクダウン(?)しましたが、夕方ごろまでは山陰地方でも風の強い状態が続きました。

今回は島根県内でも、秒速35mを超える最大瞬間風速を観測したところもあったようで・・・ 近所に被害が出ていなくてホッとしています。

豪雨にしても台風にしても、10年や20年前には想像できなかった規模で発生して被害を残していく災害が増えてる気はしますよね・・・


そういうタイミングだからかどうなのか、世界各地で『地球温暖化を食い止めるための市民デモ』が起こっているそうです。

スウェーデンの高校生が「学校の勉強よりも、地球の環境を守る方が大事!」と訴える活動を始めたのがきっかけ・・・とは耳にしましたが

温暖化の原因とされる”温室効果ガス”の排出を抑制することや、限りある石油や森林などの”天然資源の保護”を求めているそうです。

経済の大部分が”際限のない消費活動”で成り立っている先進国に、人口の増加と生活レベルの向上を目指している新興国。

『楽しく豊かで不自由のない』現在の生活を手放したくないがために、将来の地球や子孫の世代に代償を払わせることになっていいのか?


私たちの日本でも、昔から問題提起はされてきましたが(ブログ主が子どもの頃から、環境保護を訴えるCMはたくさん流れていました)

解決のために必要な『お金と行動力』を持っているはずの、大政党の国会議員や大企業の経営陣がこの問題に積極的とは思えません。

民間レベルでは、レジ袋の無料配布を止めたりプラスチック製のストローを廃止したり(どちらも原料の石油を守るため)の取組もありますが

世界のあちらこちらで危機感を持つ人々が次第に増えている中で、日本の政治家や社長だけが無関心であっていいはずが無いです。

どうか口先だけではなく(うっかり”失言”をされても困るけど)、将来の日本や世界の姿を見据えて行動を始める”要人”が増えますように・・・


もちろん、たとえ「焼け石に水」と言われようとも、個人レベルで取り組めることを着実にやっていくのも大事だと思います・・・

先の例に出したレジ袋やストローを無駄遣いしないとか、電気や水道の使用量をこまめに意識するとか(災害の時には有難みが分かる)

「温暖化なんて自分には関係無いから」と言う人に限って、自然災害に見舞われると「これは温暖化のせいだ!」と憤ってみたり(←偏見?)

少し極端な例えかもしれませんが、この問題に関してはいつまでも”見て見ぬフリ”はできないって事ですよね・・・

もし地球に”感情”があって、そこで暮らす人々に何か言いたいとしたら、どんな言葉だろう? たぶん「ありがとう」ではないと思います・・・


『他人様に偉そうな説教ができる立場ではないブログ主』なのはいつもの事ですが、今日は思ったことをつらつらと書いてみました。

また明日はくだらない話をするブログ主に戻ると思いますので(メンタルの病院も明日です)、今週もどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【関心事】令和の大相撲は横綱不在でも盛り上が(ゲフンゲフン) 後半はブログ主からのお知らせ。 

こんばんは。

いやー、令和元年の大相撲秋場所は、最後の最後までアツい展開で盛り上がったようで何よりでした。

横綱2人と大関1人を欠く”優勝候補不在”の場所を制したのは、関脇・御嶽海(みたけうみ)関。 昨年の名古屋場所以来、2度目の優勝です。

12勝3敗の成績で並び、優勝決定戦で敗れた関脇(来場所は大関復帰)の貴景勝(たかけいしょう)関も、力強い相撲を魅せてくれました。

そして、その貴景勝関に今日敗れて”島根県出身力士初”の優勝を逃した隠岐の海関も、4度目の敢闘賞受賞となりました。 めでたい。

石浦関も千秋楽までハラハラしながら、どうにか勝ち越し。 怪我をせずに終えてくれたので、来月の出雲巡業で待ってます(←行くのかよ)


さて、今場所の大相撲に関しては言いたい事・感じた事いろいろありますが、ツイッターとかブログの過去記事と被るのでここまでにして。

ここからは、私事になりますが(前にも書いたけど、このブログって基本的に私事を書く場所だよな?)ブログ主に関するご報告をひとつ。

えー、この度私こと『まこな。』は・・・


来月、東京へ行くことになりました!


・・・いやそこ、小声で『”ブログ辞めます”じゃないのか』とか(思ってても)言わないの。


実はですね、今月に入ったあたりから職場で『研修とリフレッシュを兼ねた、2泊3日の社員旅行』の話が出てきておりまして。

なんと有り難いことに、入社して半年も経っていない(しかもパート勤務の)ブログ主にも参加のお誘いがあり、連れて行ってもらえることに。

全体の行程はまだ分かっていませんが、半日程度は自由行動ができる時間を設定してもらえるようなので、どこへ行こうか考え中・・・

とはいえ、ひとり大都会・東京に放り出されて人混みに揉まれるブログ主は、何事も無く帰りの飛行機に乗ることができるのか!?

当日までワクワクドキドキしながら、高校生の時以来となるブログ主VS東京。 続報はあるかもしれないし、ないかもしれません(ないのか)


では、今まさに暴風警報が出ている山陰地方から、今日はこれでお別れです。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】今日は携帯電話の契約更新をしてきました。 かなりお安くなってますよ奥さん(誰だよ)

こんばんは。

大相撲秋場所も明日の千秋楽を残すのみとなりましたが、明日の今頃どんな結果になっているのか全くもって分かりません!!

まだ千秋楽の取組が発表されていない(幕内のみ)のもありますけど、まだ隠岐の海関が優勝争いのトップにいるというのが、もうね・・・

横綱不在、大関も1人休場1人陥落(栃ノ心・・・(;д;))の場所で平幕が優勝しても、世間の驚きはそれほど無いのかもしれませんが

明日もし貴景勝関か御嶽海関に勝っての12勝なら、優勝に手が届かなくても敢闘賞は固いでしょう。 せっかくなら優勝してほしいけど

もう34歳、正直に言えば『引退』の2文字も浮かんでくる時期に入ったベテランが、最後のチャンスにひと花咲かせることはできるのか。


それはそうと、今日は事前に予約しておいた携帯電話のショップへ行き、契約プランの見直しと更新をしてきました。

ブログ主は携帯電話というものを持ち始めて以来、今までずっと同じ会社と契約を続けていて、今後も乗り換える予定は無いのですが

今は業者間の利用者争奪競争が激しいようで、毎月のように”お得なプラン”だとか”新サービス始まる”といったメール等が届きます。

普段ならいっさい無視するところですけど、ちょうど今月は前回結んだ2年間の契約が満了する時期だったので、相談してきましたよ。

お世話になっている携帯電話のショップは大きなショッピングモールの中にあって、台風が接近してあいにくの天気でも人が多かったです。


事前にネットで予約をとっておいたおかげで、ほぼ約束の時間通りに担当の方との話が始まり、10分ほどで更新ができました。

今回の見直しは「データ通信量に比例する部分の料金が下がります」というのが主で、通話料金は使った分だけ別途でかかるものの

自宅にWi-Fiを導入してからほとんどデータ通信を使っていないブログ主の場合、以前の契約より半額近くまで安くなるみたいです。

もちろん「うまい話には裏がある」と言いますし、業者さんも儲けないといけないので、手放しで喜んでばかりもいられませんけど・・・

もらった契約書の隅から隅までよく読んで(大事なことに限って、小さい字で隅っこに書いてあったりする)、またお世話になろうと思います。


というあたりで、3連休の1日目は無事に終了。 明日以降は買い物に出ることすら難しいかも・・・  皆様もどうかご無事で。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村