FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【再放送2019】 最終話『下剋上とは何だったのか?』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。

誰ですかアナタは 「・・・(無言でこちらを見ている)」

【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  毛利元就・徳川家康

 5位(同率)  長尾為景・宇喜多直家

 4位      豊臣秀吉

(ランキング圏外の紹介⇒番外編

 3位      斎藤道三

 2位      松永久秀

 1位      ????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――



(CMが終わったつもり)

makonaga png

ま「・・・さて! 長らくお付き合い頂きました下剋上列伝ランキングも、ついにクライマックスです。」

  栄えある第1位、ブログ主が独断と偏見で選んだ『キングオブ下剋上』に輝いたのは!?」



デケデケデケデケ(ドラムロール)………  ジャンジャカジャーン!!


第1位 北条早雲(ほうじょうそううん)

 立身出世度:☆☆☆☆☆  昔は「どこの馬の骨だか~」

 下剋上度 :☆☆☆☆・  幕府の官僚から関東の群雄へ

 権謀術数度:☆☆☆☆・  謀略の逸話には事欠かない

 危険人物度:☆☆☆☆・  『下剋上の元祖』は悪名なのか

 人気知名度:☆☆☆☆・  立志伝に憧れた方も多いはず

 繁栄存続度:☆☆☆☆☆  北条氏は5代100年続いた



ま「下剋上列伝ランキング第1位は、北条早雲(ほうじょうそううん)。

  総合得点は、26点となりました。」


(ADからカンペが出る)

ま「えーと・・・『ここで、急きょ出演が決まった”スペシャルゲスト”をお呼びしましょう』・・・?

  『戦国時代から時空を超えてやってきた”笑いの下剋上コンビ”、「公家大名(くげだいみょう)」のお二人でーす』・・・???」



公家大名「「はい、どーもーーー!! (と言いながら小走りでスタジオ中央へ)」」

おかべカッター(え

???「ただいまご紹介にあずかりました、公家大名でーす!

     私は家来の”おかべ君”文字色、そしてこちらにおわすのが・・・」

誰ですかアナタは


???「”今川マロ11世”、でおじゃ。」

おかべ君(以下”お”)「というわけで、皆さん今日は顔と名前だけでも覚えて帰ってくださいねー!」

今川マロ11世(以下”今”)「ホッホッホ・・・(と言いながら右手に持った湯呑みをゆするフリ)」

ま「えぇ・・・(困惑)」


お「さて、殿。 今回のネタは、みごと”下剋上ランキング”の第1位に選ばれた、北条早雲殿ですね。」

今「うむ、やんごとなきマロの話術をもってすれば、足軽たちの笑いをとるなど他愛もない・・・ 面倒だから普通に喋るわ。

ま「いや、普通にしゃべれるんかーい!!(心の声)」


お「さて! テレビ(ブログ主注:パソコンかスマホも含む)の前の皆さんは、北条早雲殿のことをどのくらいご存じでしょうか?」

今「実は私自身もね、早雲さんにはお世話になったというか、早雲さんがいなかったら生まれてないかもしれないんですよねー。」

お「えー、殿が生まれてなかったら、私もこうして殿にお仕えしてなかったかもしれません。 どうしてそんなことに?」

今「まぁ私も生まれてない時の話ですけど、私のおじいさんのお嫁さんが、早雲さんのお姉さんだったらしいんですわ。」

お「つまり、おばあさんですねぇ。 名門だった今川家に嫁いで来る早雲殿のお姉さんは、それなりに位の高い女性だったんですかね?」

今「そうやね、少し昔までは『どこかの流れ者』みたいに言われてた早雲さんやけど、実はなかなかの家柄の坊ちゃんだったみたいですわ。」


お「で、それと殿が生まれてなかったかもしれないって話と、どう関係があるんです?」

今「ある日、おじいさんは隣の国へ合戦に出かけて、そのまま帰ってこなかったんですわ・・・」

お「昔話の始まりみたいに言ってますけど、大事件じゃないですか!?」

今「おじいさんの息子、つまり私の父になるんですけどね、まだ6歳だったので『跡継ぎにするには早いんじゃないか』って話になって。」

お「ほう。」

今「こんな幼子に今川家の当主は無理だーって言い出した”親戚のおっさん”が、勝手に今川家の当主として振る舞いだしたんですわ。」

お「そんな勝手な事をされて、殿の父上を産んだおばあさんは黙ってたんですかね?」


今「そこで、早雲さんの出番ですわ。

  自分のお姉さんが困っているのを放っておかず、すぐに京から駿河にすっ飛んできて、おっさんを説得しはったんです。

  『幼子であっても当主は当主、家来は家来。 身の程を考えて・・・』と言ったかどうかは知らんけど、なんとか丸く収まりまして。」


お「お姉さんのピンチに颯爽(さっそう)と現れて、トラブルをあっさり解決してみせる。 まるでドラマか何かのヒーローですねぇ。」

今「ただこのおっさん、早雲さんが京に帰りはった後にまーたゴネだして、怒った早雲さんに”ズバーっ”と…」

お「成敗されてしまいました、とさ。 めでたしめでたし。」

今「いや別にめでたくはないけども。 ひと一人死んでるから。」


お「そうそう、忘れるところでした。 今回のテーマは”下剋上”、ここはひとつ早雲殿の下剋上話を私めにさせてくださいな。」

今「おかべ君、ホンマにできるのー? 大事な役目ですよ?」

お「任せておいてください、昨日は徹夜してヤホーでウィキをエゴサーチしてきましたから。」

今「なんか分からんけど不安やわ・・・ でも本番始まってるからね、よろしく頼むよー。」


お「さて、先ほどの”おっさん退治”で今川家の重臣になった早雲殿は、駿河と伊豆の国境近くに自分の城をもらいました。」

今「ふむふむ。」

お「一方、伊豆の国には”室町幕府の出張所”みたいな機関があって、そこのお殿様だったのが『足利茶々丸(ちゃちゃまる)』です。」

今「戦国武将なのに、かわいらしい名前やね。」

お「しかし、この足利”じゃじゃ丸”にはちょっと複雑な過去があって・・・」

今「いや”じゃじゃ丸”って! ”茶々丸”ね! なんでそこ言い間違えるかな、ぴっころとぽろりを連れてこなあかんやん。」

お「茶々丸はちょっと”やんちゃ”な子どもだったそうで、父親は彼に自分の跡を継がせたくなかったと思っていたらしいです。」

今「はぁー、父親にそれだけ言わせるってことは、相当に”やんちゃ”やったんやね。」


お「で、そういう嫌な雰囲気を感じ取っていた足利”臥牙丸”がとった行動はというと・・・」

今「今度はお相撲さん出てきた! ジョージア出身の”ががまる”関! あと”ががが”って言いづらい!」

お「茶々丸は、自分より可愛がられていた弟とその母親(※茶々丸の母親とは別人)の2人を、”ズバーっ”とやっちゃったんですね。」

今「うわうわうわ! いくら戦国時代でも、平気でそんな事をできるもんなんですかね?」

お「で、そんな”事件”を起こした人物がお殿様とあっては伊豆の国がうまく治まるはずもなく、孤立していく足利”千代丸”。」

今「いやそれもお相撲さんだから! かわいい寝顔をSNSにアップしてる場合じゃないでしょ!?」


お「こうして混乱を極めた伊豆の国を今なら手中にできると、今川軍を率いて攻め込んだのが誰あろう早雲殿だったのです。」

今「やっと早雲さん出てきたねー。」

お「もちろん攻め込まれて黙ってはいられません、伊豆を守ろうと出陣した足利”武蔵丸”でしたが・・・」

今「ついに(元)横綱が出てきちゃったよ! 現在の武蔵川親方ね! いい加減お相撲さんから離れなさい!」

お「やはりというか早雲殿の采配と知略には敵わず、最後は”ズバーっ”とやられてしまった足利”真田丸”でした。」

今「オチだけ微妙に戦国ネタかい! というか途中から完全に茶々丸メインになっとったで。」


お「・・・と、この後も早雲殿の活躍は続くのですが、そろそろ善徳寺に出かけないといけないお時間です。」

今「む、もうそんな時間か。 あとは各自で調べて勉強”するが”良いぞ。 ”駿河”だけに。」

お「・・・ヤヤウケですね。」

今「やめさせてもらうわ。」

「「どーも、ありがとうございましたー!」」  (二人してスタジオの外へ出ていく)




ま「えーと、私たちは何を見せられていたのでしょうか・・・?」

ま「と、とにかく! 今回の戦国下剋上ランキング第1位は、北条早雲でした! おめでとうございます!」

ま「このブログでは、これからも”ちょっと変わった切り口”から戦国時代を解説していく記事を、作っていきたいと思っています。」

ま「今回の企画で紹介できなかった戦国武将も、また何らかの機会に取り上げることもありますので、ご期待くださいね。」


  最終回までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!

  また平常運転のブログでもお会いしましょう~!



『これぞ戦国オールスター! 怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』  


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

【日常】寝坊したうえに頭が痛かった1日・・・ 明日を乗り切れば一息つけるが、どうなるか。

こんばんは。

昨夜飲んだ薬(3~4日に1回のペースまで落としている睡眠導入剤)が効き過ぎたのか、今朝は寝坊してしまったブログ主です。

幸い1時間単位で寝過ごし仕事にも遅刻するという「派手な寝坊(?)」ではなかったですが、やはりこの薬はもう私には必要ないのか…?

次回のメンタルの診察で先生にも話をしてみて、今もっている分が終わったら処方を止めてもらうことも検討したいと思います。


あと、今日は昼過ぎからちょっと頭のあちこちが痛くて・・・ 仕事は定時まで行いましたが、いまひとつ集中できませんでした。

大気の状態が不安定(=曇りや雨の天気)ではなかったので、今回の頭痛は”低気圧や寒さのせい”にしづらいのが辛いところ・・・

まぁでも考えてみれば、10月は東京に行ったり簿記の模擬試験問題を解いたり”シークレットのお出かけ(近日公開?)”をしたりと

例年になく盛りだくさんな『神在月(出雲地方では10月をこう呼ぶ)』だったので、その疲れがいまドッと押し寄せてきたのかな・・・とも。

いちおう明日の仕事と簿記の勉強会(最終回です!)が終われば、金曜日から4連休に突入する予定ですから、あと1日の踏ん張りです。

今週は新聞の占いでも「仕事でミスして怒られるかも」と書かれていて、今日も電話応対でミスをしましたが(汗)乗り切りたいです。


では、今日はこれにて。 さぁ最終回の原稿書かないと・・・(休載になったらごめんなさい)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】もうすぐ令和も半年が経つか・・・ あの熱狂はどこへやら(今はカボチャ方面で熱狂が)

こんばんは。

今日もこのあと”新ネタをひねり出す儀式”をしないといけないので(まだできてないんかい)、短信で終わらせたいです。 かたじけない。

気が付けば令和元年の10月も、あと2日ちょっとになりました。 5月1日から始まった令和の時代も、はや半年が過ぎたのですね。

夜中にカウントダウンしたり夜通し盆踊りをしたり、「もう一回年が明けた」みたいな盛り上がりでした…何もかもがみな懐かしい(←死ぬなよ)


ブログ主はといえば、その5月1日から新しい職場に迎え入れてもらって、なんとか体調を崩さずに仕事を続けることができています。

その仕事に必要ということで簿記3級の勉強も始め、週1回の勉強会にも休まず顔を出しました。 1年前には想像できなかった姿です。

そう考えると、今からさらに1年後の自分がどこで何をしているのか、まったく予想がつかないです。 仕事は続けていたいですけどねぇ。

案外、ここ数年で日本に根付きつつある(?)仮装してカボチャを食べまくるお祭り(??)を、心から楽しんでいたりしてね… それはないか。


ともあれ…人生を豊かにするらしい”刺激や快感”は少なくても、心は穏やかに身体は健やかに生きていけたら良いと思うブログ主でした。

ではー。 (今日の所要時間は10分でした)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村


【関心事】大相撲九州場所の番付発表がありました。 いつもと何か違うと思ったら・・・?

こんばんは。

今日はこの後、3日後に公開する(予定の)”例のアレ”を考えないといけないので、手短にいきます(すんません)

けさ、大相撲九州場所(11月10日が初日)の新番付が発表されまして、ブログ主もさっそくチェックしてみました。



西
鶴竜横綱白鵬
豪栄道大関髙安
貴景勝大関
御嶽海関脇栃ノ心
阿炎小結遠藤
北勝富士小結朝乃山
大栄翔前頭1
隠岐の海
妙義龍前頭2明生
宝富士前頭3友風







9月の秋場所で12勝を挙げた貴景勝関が大関への返り咲きを果たした一方、栃ノ心関は2度目の大関陥落です。

同じく秋場所で12勝3敗の成績を残し、貴景勝関との優勝決定戦を制した御嶽海関も、大関昇進に向けて負けられない相撲が続きます。

そして、『今場所の番付を見てビックリした』という相撲ファンの反応が多かった理由が・・・”小結が4人いる”ことでした。

通常では関脇と小結はそれぞれ”東西に1人ずつ”というのが”原則”となっていますが、今回はその原則を超えてきたわけです。


ご存じの通り、大相撲の番付は”本場所で勝ち越し(幕内で8勝以上)すれば上がり、負け越し(同じく8敗以上)で下がる”ものですが

以前の記事でも書いた通り『番付は生き物』という言葉が相撲界にはあって、全ての力士の成績が等しく反映される、とは限らないんです。

今回の場合、先場所も小結だった阿炎(あび)関と遠藤関がともに勝ち越しており、本来ならば関脇に昇進しても良かったはずですが

その関脇の御嶽海関が優勝、貴景勝関は大関に復帰しましたが替わりに栃ノ心関が関脇に落ちたため、関脇の枠が空きませんでした。

さらに、先場所は東の前頭筆頭だった北勝富士(ほくとふじ)関は9勝6敗、西2枚目の朝乃山関も10勝5敗という好成績を挙げており

どちらも本来なら小結に昇進できる成績と思われていたものの、小結の枠も空かないので平幕のままではないか・・・と予想されていました。


しかし、流石にそれでは本人たちもファンも納得しないと相撲協会の関係者は考えたのか、異例の”4人小結”が誕生することになりました。

それだけでなく、先場所勝ち越した力士はいつもの場所以上に番付を上げているし、負け越しても番付が落ちていない力士もいたりして

おそらく番付編成会議に参加した親方さんたちは相当頭を悩ませたのだろうなぁ・・・と考えてしまいます。 だからAIの導入を(←勇み足)


ともあれ、令和元年最後の本場所となる九州場所の主役に躍り出るのは、誰なのでしょうか? 今から楽しみです。

では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】今日はゆっくり過ごすことを心掛け・・・ 先の事も気になるけど、今できることから。

こんばんは。

今日は特に外出をする用事も無く、ブログの記事を練ったり簿記の勉強したりツイッターでスポーツ観戦したりしてました。

隠す必要も無いので言っておきますと、ブログの記事っていうのは今週木曜日公開予定の「例の連載企画」の最終話です。

いままでの話は約4年前に書いた記事を軽く手直しすれば済んだのですが、最終話だけは大幅にリメイクというかほぼ一から書き直しです(汗)

とりあえず大筋の文章はできたのですが、あとはどんなネタとオチを盛り込むか・・・ 木曜までに完成することを祈るばかり(←させろよ)


簿記の勉強も、試験まであと3週間となってくると『1日に1問でも解いておかないと、落ち着かない』みたいな”焦り”に近い感じがあります。

問題集も何冊か買ってポチポチ解き進めてはいるものの、本当に試験日までに全て消化できるのか…? 見たこと無い問題が出たら…??

本試験は100点満点の70点をとれれば合格なのですけど、仕事の基礎になる知識や技能なので満点に近い点数を取りたいし…

そして、資格をとった後は任される仕事の質や量も上がるだろうし、メンタルの調子が上向きつつあるとはいえ耐えられるだろうか…とか。

落ちればもちろんショックは大きいし(今の仕事も続けられない)、受かれば受かったで別の不安や負担が出てくるのは目に見えているけど

「将来の不安の先取りをして、いま落ち込んでもしゃーない」と(かなりの代償を払って)学んだので、今の自分に必要な事を優先します。

日々の睡眠を確保しつつ問題集のやり残しを少しでも減らして、ゲームのログインボーナスも取りこぼさないことかな・・・(結局そこかい)


今日は以上でーす。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【雑感】あなたは白黒はっきりさせてもいいし、しなくてもいい。 そんな10月最後の土曜日。

こんばんは。

夕飯中の居間のテレビで、ラグビーワールドカップ日本大会の準決勝第1試合”ニュージーランド対イングランド”を見ておりました。

ファンの方にはお馴染み「オールブラックス」の愛称通り、黒のユニフォームに身を包んだ世界ランク1位・ニュージーランド代表に対し

”ラグビー発祥の地”としての誇りを胸に挑む、純白のユニフォームが芝生に映えるイングランド代表。 この対戦が日本で見られるなんて。

白熱する試合の結果も気になりますが、ブログも書いておかなくちゃねーということで自室に戻り、ツイッターを見ながらこれを書いてます。


ラグビーひいてはスポーツに限った話ではなく、「白と黒」はいろいろな場面で『”対極”といえるような”2つのモノ”』の対比に使われます。

『敵か味方か(囲碁やオセロ)』 『勝つか負けるか』 『善か悪か』 『有罪か無罪か』・・・ なんとなく白の方がイメージよさげですけど。

でも黒だって強そうで良いですよね、戦国武将も黒や赤で統一した鎧兜をつけていると戦場で目立つし、威圧感もあるから人気だったとか。

ドラマとか時代劇でも「白黒はっきりしようじゃねーか!」という役どころはおいしいです。 弁護士やお奉行様が優柔不断だとちょっとね・・・


え、ブログ主ですか?  そりゃもう「優柔不断と八方美人がTシャツを着て歩いている」ような感じでしてね・・・

このブログの中で、ただの一度でも「日本は○○すべき!」とか「△△以外ありえない!」みたいな強い主張をしたことがありましたっけ??

ある一方の意見に偏ると、もう一方の立場から批判を受けるのは世の常。 このブログを、そういうものがぶつかり合う場にはしたくなくて…

ツイッターでたまに流れてくる、他人同士が行う「人格すら否定するような表現の”議論(という名の誹謗中傷合戦)”」も、直視できませぬ。

なのでね、私は(このブログにおいては)白とも黒とも明言せぬ、”グレー”な存在の管理人でありたいとすら思っているのです。 わがまま?


・・・今日の雑感は、特にまとめはありません。 ”グレー”なままで終わるのもまた良しってことで。 ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】今週の勤務もどうにか終わりました。 先週の”二の舞”にならぬよう手を打とう・・・

こんばんは。 今日プレミアムフライデーやん(ひとりごと)

昨日は(職場には事前にお願いをして)お休みを頂いて”ある場所”へ出かけてきました。 そのレポートは後日書くとして・・・

今週は火曜日が『今年限定の祝日(即位礼正殿の儀が行われた日)』だったこともあり、実質的な勤務は週3回となりました。

まだ有給休暇がついていないため、給料の手取り額は通常の週より減る計算ですが、体調をみながら来週で巻き返そうかと。

それに、仕事は休みでも昨日は”ある場所”で歩き回ったり声を出したりして(結構なヒント…)、夜は勉強会もあったので疲れはあります。

明日は土曜日なのでジムに通う予定ですが、先週は張り切り過ぎて夕方に”ガス欠”を起こしてしまったことを考えて、慎重に行きたい。

とりあえず今夜は充分な睡眠をとった上で、翌朝も疲れが残るようなら”お風呂だけ入りに行く”という選択もやぶさかではない(???)

もちろん簿記の勉強と連載の原稿(←最終話は、ほぼイチから書き直し)も進めなくては・・・  無事に月曜日を迎えられるのでしょーか?


東日本にお住まいの方は、今後の雨風の情報にくれぐれもお気を付けて、どうかご安全に。  ではまた。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【再放送2019】 第8話『アイツは”稀代のワル”でした!? 魔王も認めたニクイ奴』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物(一人二役)】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。
おっす!おら信長(文中「長」):ゲスト解説者という設定の、信長のまねっこ。
                   


【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  毛利元就・徳川家康

 5位(同率)  長尾為景・宇喜多直家

 4位      豊臣秀吉

(ランキング圏外の紹介⇒番外編

 3位      斎藤道三

 2位      ????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――



(CMが終わったつもり)

makonaga png

ま「戦国武将下剋上ランキングも、いよいよ大詰め。第2位の発表です。」



デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャジャン!!



第2位 松永久秀(まつながひさひで)

 立身出世度:☆☆☆☆・  素性の分からぬ三好一族の側近

 下剋上度 :☆☆☆☆・  将軍や大仏にも情け容赦なし

 権謀術数度:☆☆☆☆☆  悪巧みの知能指数は天下逸品

 危険人物度:☆☆☆☆☆★ 信長公認、掟破りの満点超え!

 人気知名度:☆☆☆☆・  怪しい魅力のダークヒーロー

 繁栄存続度:☆☆・・・  名物の茶器ごと爆死?して滅亡




ま「第2位は、松永久秀(まつながひさひで)。

  総合点数は25点でした。」


のぶさま2019

長「久秀が2位とな。 間違いなく1位だと思っておったがのう。」

ま「そうですか。」

長「うむ、こやつの所業には余も驚かされたでな。

  なにしろ、並の人間にはできぬ事を3つもやってのけおった。」


ま「では、せっかくですのでその“3つの悪事”の解説は信長さんから。」


長「まず一つ目は、自らが仕えた主家の三好家を事実上“崩壊”させたこと。」

ま「松永久秀は、信長さん以前に京の周辺を支配した、三好長慶の家臣だったんですよね。」

長「左様。

  どのような素性なのかはよく分かっておらぬが、長慶にはずいぶんと重用されたらしい。

  しかし、ある時期から長慶の親類縁者が相次いで謎の死を遂げる。

  これらは久秀が裏で手を回しておった、とする噂が絶えなかったのじゃ。」


ま「主なところでは、長慶の弟の安宅冬康(あたぎふゆやす)と十河一存(そごうかずなが)、

  それに長慶の跡継ぎ息子だった三好義興(みよしよしおき)などですね。」



長「親族を次々に失い精神を病んでしまった長慶は、ほどなくして病死する。

  そして三好家は久秀の一派と、同じく重臣であった“三好三人衆”の勢力とに分裂してしまった。

  これと前後して、久秀は大和(やまと、現在の奈良県)の地に自らの城を築き

  三人衆の勢力に対抗して畿内における影響力を確保するべく、余に接近してきたのじゃ。」


ま「それにしても、主君の親類すら平気で亡き者にするような危険人物を、なぜ信長さんは受け入れたんですか?」

長「実は、こやつは余と趣味が合うというのか、茶道の名品を数多く所有しておってな。

  そのうちの一つを余に譲り渡すことを条件に、協力を求めてきおったのじゃ。

  相手の利益や好物で釣って要求を通すのは交渉の初歩じゃが、確かにうまいやり方よの。」



ま「何と言うか、抜け目がないですね。で、二つ目は?」

長「室町幕府の現役将軍・足利義輝(あしかがよしてる)の宿舎を襲い、殺害した。」

ま「応仁・文明の乱以降、幕府の将軍を京から追放した武将は何人かいましたが…。

  命まで奪うのは“やりすぎ”というか、いかにも久秀という感じですね。」


長「まぁ、これには三好の跡継ぎ(義継)や例の三人衆も絡んでおったようじゃがの。

  ただ、この義輝は相当な剣の使い手であったそうで、敵に囲まれてからの抵抗はすさまじいものだったと伝わっておるぞ。」


ま「一説には、将軍家に伝わる名刀をとっかえひっかえしながら、襲いかかる敵を次々に斬って捨てたとか…。」

長「互いに実際の光景を見たわけではないから、責任は持てぬがの。

  しかし最後は力尽き、京は完全に三好一族の手に落ちたのじゃ。」



ま「そして、三つ目ですが…。」

長「おぬし、東大寺(現在の奈良県奈良市)の大仏は知っておるか?」

ま「えぇ、修学旅行で見たことがあります。」

長「その大仏、実は余の時代に一度焼き払われておる。


ま「確か、江戸時代に寄付を募って再建されたんですよね。」

長「何じゃ、知っておったのか。」

ま「ずいぶん前になりますけど、“ヒス○リア”で見た覚えがあって…。」

長「だから、特定の放送局に媚びを売るのもほどほどにせい。

  ともあれ…その大仏が焼失した際にも、久秀がその場におった可能性が高いのじゃ。」


ま「三好三人衆との戦いの最中の出来事だったと聞いています。」

長「うむ。どちらかの陣営が意図的に火を放ったのか、

  あるいは何かの拍子に飛び火したのかもしれぬが、罰当たりなことよ。」



ま「で、久秀はこの後も信長さんを頼ったり寝返ったり降伏したり裏切ったりを繰り返し、

  最後は居城の大和・信貴山(しぎさん)城に追い詰められて、自害したんですよね。」


長「久秀には、茶道の名品『平蜘蛛釜(ひらぐもがま)』を譲れば命は助ける…と

  使者を通して伝えてあったのだが、あろうことか奴はその茶釜に火薬を詰めて爆発させ

  文字通り城ごと“吹き飛んで”しまったのじゃ。あれには驚いたのう。」


ま「(小声で)…ここまでお互いに見てきたような事を言ってますが、台本のセリフです。

  久秀が働いた悪事の虚実や、その最期には諸説あります。 ご了承ください。」


長「何をこそこそしておる?」

ま「いえ、別に。」


長「ともかく、人間の短い一生のうちで奴ほどの所業を働いた存在というのも珍しい。

  それをも上回る戦国武将がおるとは驚きじゃ。 第1位はいったい何者ぞ?」


ま「…という所で、大変残念なのですが信長さんは別の仕事があるため、出演はここまでとなります。
  (いろいろあって時間も押しちゃったし…)」


長「是非もなし。 だが有意義な時間であった。 いずれまた語らおうぞ。」

ま「ありがとうございます。」

長「あと、こんな事もあろうかと余の”芸人仲間”を呼んであるゆえ、よろしく頼むぞ。」

「え!? いやそんなの聞いてないですけど、誰なんですかそれ

長「蘭丸、馬を引けぃ!」

(のっしのっし、と退場)


ま「(えぇ…) き、気を取り直してこの後は第1位の発表です! チャンネルはそのまま!」

誰ですかアナタは

(じーーーーーーっ…)


ま (なんかさっきからすごい視線を感じるけど、あの人じゃないよね…??)


【次回、感動(?)の最終回! 謎の芸人(??)の正体は?】

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
【メンタル】気を抜くと自分をいじめてしまうクセ・・・ 少しずつ毒を抜いていくしかないか。

こんばんは。

昨日の夜は、ひさしぶりにツイッターで弱音を吐いてしまいました。

ここ3日ほどでフォロワーが減り続け(ほとんどは”相互フォロー”を掲げている、実際の交流は無い人たちですが)、かなりへこみました。

「そんな事で落ち込んでどうするの?」とか「心が弱すぎる」というご指摘もあろうかと思いますが、へこんだものはへこんだのです。

こんなブログ主の心には、「フォロワーの数が自分の値打ちを決める」とか「たくさん”いいね”をされることが幸せな人生だ」という

世の中の”真理”とはかなりズレた認識や願望が巣食っているのは、間違いないと思います。 同じことをふと考える方も多いのでしょう。

しかし、それ以上に深刻なのは「自分に落ち度があったから、フォロワーが去っていったのだ」という決めつけだったのかもしれません。


私には昔から、何かトラブルが起こると「自分のせいではないか」とあれこれ想像して、落ち込んでしまうことがあります。

原因が分かってみれば、なんてことはない(他の誰かや不可抗力のせいだった)場合がほとんどなのですが、自分が悪いと決めつけて

「他人から非難されたらどうやって許してもらおうか」とか「仕事を辞めなきゃいけないのかな」など、極端に悲観的なシナリオを練ります。

人によっては最初から「そんなのアイツのせいに決まってるよ」とか「社会や政治が悪いんだ!」と、自分に非が無いことを確信するでしょう。

でも、不思議なほど私にはそれができない。 「とりあえず自分が悪者になれば、その場が丸く収まるから」という”保身”の行動か

はたまた「他の誰も責めたくない、ましてや社会のせいにしても何も解決しない」という”過剰なやさしさ”のせいなのか。


何が言いたいのかと言えば、こういうことで落ち込むのを「心の弱さ」や「未熟さ」だけで語るのは無理があるのではないかなと・・・

もうかれこれ30年以上抱えて生きてきた”心のクセ”を、1日や2日で叩き直せるとは思えないし、下手すればもう30年かかるかも・・・


なので、今日はもう自分をいじめるのはやめて、適度に甘やかしてやろうと思います。  仕事も無事に終えてえらいえらいヽ( ´_`)丿

ゆるいばんさん

簿記3級の試験も近いですし、少しでも穏やかで安定した心の状態で過ごしたいところ・・・では今日はこのへんで。 【ヒント】明日は木曜日

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】今年限りの祝日は、文字通りの祝賀ムードでつつがなく。 勉強も進んだので良しとする。

こんばんは。

今日10月22日は、今年5月に即位された天皇陛下が”即位を国内外に知らせる「即位礼正殿の儀」を行う日として、祝日となりました。

原則カレンダー通りに勤務する職場に勤めるブログ主も仕事はお休みで、午後からテレビの前で式典の生中継を見ていました。


ブログ主が式典を見て感じたことは「国を挙げて行う儀式の形式や作法が、百年単位の時を超えて受け継がれてきた日本のスゴさ」です。

もちろん日本だけでなく他の国々にもこうした伝統や格式はあるのでしょうけど、普段生活していて実感する機会ってなかなかないですし

現代になっても”当時の儀式の詳細な記録が残っている”のは、それらを守り伝えようとしてきた先人の苦労や想いがあってこそ・・・

極端な話、仮に信長あたりが「こんな儀式やめちまえー」とでも言っていたら(※)、現代で再現できなかった可能性もあったわけですし。

(※)ただし世間でよく言われるイメージとは異なり、信長も天皇の立場や権威をある程度認め敬っていたらしいことは書き添えておく。

そう考えると、実際に国のかじ取りを担う人たちには”どんな日本にしたいのか、何を未来に残すのか”を真剣に考えて行動して頂きたいと…

ガラにもなく”国を想う”みたいな話になってますが、こーいう話題にもある程度は対応しますよ…ってことでひとつ。 次はいつになるのやら


式典を見届けた後は、自分のことも進めなきゃねと思って簿記の勉強を進めました。

前回の勉強会で頂いてきた”3級の模擬問題”3回分のうち、あさっての講義で使う1回分の問題を実際に解いてみました。

本番の制限時間は2時間と設定してあるそうですが、今日解いた分に関しては答え合わせまで込みで2時間弱かかりました。

それでも、自前で用意した参考書に比べて”まわりくどい表現の問題文”が多く、本番でうまく対応できるか不安はまだ残ります。

試験まであと1か月を切ったところですし、一つでも多くの出題パターンを経験して”どんな球が来ても打ち返す”準備をしたいと思いました。


では、今日はこのへんで失礼。 (昨夜はあまり眠れなかったので早寝します)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村