FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】11月も終わってしまったか・・・ 令和元年の「最後の直線」には、何が待っているのやら。

こんばんは。

今日はジムの帰りに、某ハンバーガーショップに立ち寄って昼食を調達したのですけどね(持ち帰りだと消費税率は8%)。

お会計を済ませて商品を待つ間に見つけたお店の求人広告を見たら、通常の(夜間や土日祝ではない)時給が今回の代金と一緒でした。

1時間働く対価として受け取る金額を”可視化”すると、こうなるのか・・・ ちょっと複雑な気持ちになりました。 美味しかったですけど。


それはさておいて、あと数時間で11月も終わってしまいますですよ。

10月の終わりに「令和になってもう半年か、早いな~」みたいな記事を書いてから、まだ3日くらいしか経ってない気がしています(←過言)

そうは言っても今年の11月は益田市への”遠征”から始まって、健康診断に簿記3級の試験とそれなりに色々あったのも確かですが。


明日から12月、”師走(しわす)”を迎えるわけですけども、師(=”お坊さん”を指すらしい)が走るほど慌ただしいとされる年の瀬。

おそらくテレビやネットでも『今年1年を振り返ってみましょ~』的な番組や話題で賑わうのだと思いますが、ついていけるかなぁ・・・

何しろ”横綱・稀勢の里関が引退したのって今年だったの??”と、、新聞の「10大ニュースを選びましょ~」という記事で知ったブログ主。

なので今年の「新語・流行語大賞」だったり「今年を象徴する漢字」の予想に関しては、ブログ主は”ノータッチ”で行こうといま決めました。 

とりあえず自分と家族が無事に年を越せて、お金と気持ちに少し余裕が出来て、簿記3級が受かっていれば言う事無しです(割と欲張り)


では、11月さんありがとうございました。 また1年後にお会いしましょう・・・ 12月さん、お手柔らかにお願いします(なにを)。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【お楽しみ】うっかり見つけてしまった”おもしろ動画”を、気まぐれに紹介したいだけの人生だった。

こんばんは。

職場との2か月契約(10~11月)も無事に満了し、次の2か月間も引き続き働かせてもらえることになったブログ主です。

まだ正式な契約書はできていないのですけど、お互いの事情により12月の最初の1週間は「インターバル」的なお休みとなります。

そのかわり、次回の契約からは「必要に応じて残業をする」ことが求められ、また簿記2級の勉強会に週1回参加する予定も入るため

今までより体力や気力、そして時間のやりくりが難しくなりそうです・・・ ゲームやブログに割く時間も最低限は確保したいところだ・・・


まぁ日常的な話はそんな感じで、他に書きたい話題もないので”おもしろ動画”を借りてきてお茶を濁します(←えぇ・・・)

登場人物は実在しますがあくまで「ネタ」として作られた動画ですので、「ブログ主は将棋を知らんのか!」などのコメントはご遠慮ください。





では、今日はこれで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】かつてよく読んでた漫画が実写ドラマになるらしい・・・ 確かにに当たる作品も多いけど。

こんばんは。

今週は火曜日を休みにしてもらった関係で、明日も勤務の予定になっているブログ主が通りますよ。

会社では今月末に納期を迎える案件が大詰めを迎えているのですが、今月までは”見習い”のブログ主はうかつに手を出せません・・・

来月からは勤務時間も長くなりそうな話になっていて、体力や精神力がきちんと保てるかは不安ですが、自分を整えて臨みたいと思います。


で・・・帰ってパソコンを立ち上げて、ネットニュースを見ていたら、気になる記事が。

ブログ主が学生時代によく読んでいた”あるギャグ漫画”が、実写ドラマ化されるらしいのです。 「浦安鉄筋家族」というんですけど。

少年向け漫画雑誌の『週刊少年チャンピオン』に連載されている作品で、初めて読んだのは小学校高学年の時じゃなかったかな??

友達に勧められて読んだのがきっかけでハマってしまい、一時はサブタイトルを第1話から単行本の最新刊まで全部暗記してたり

部活の大会で東京に行けることになり、最終日に自由時間があると知った時には「浦安に行きたい!」と即刻決めたり・・・ 好きすぎやろ。


ただ社会人になってからは仕事が忙しかったりメンタルが不調になったりして、しばらくは遠ざかっていたのですけど、驚きましたね。

ぜひ皆さんにも一度見て頂きたい・・・と言いたいところなのですが、ちょーっと「好きな人と嫌いな人がはっきり分かれそうな作品」なので

「まこな。に勧められたけど、気分が悪くなった! 金返せ!(←なんで)」とブログやツイッターにコメントを残さないようにお願いします・・・


まぁ、漫画の実写化というのはよく話題になりますけど、当たり外れが大きいものでもありますからねぇ・・・

最近の作品でブログ主も原作を知っていたものだと「きのう何食べた?」とか「孤独のグルメ」に「ワカコ酒」あたり(ぜんぶ食べ物系・・・)

これらの作品はおおむね好評を博したように思いますが、中には「実写化しない方が良かった!」とハッキリ言われてしまうものもあったり。

もちろん全てのファンや視聴者を納得させる作品はあり得ないですが、原作の”ハチャメチャさ”を演者さんがどこまで再現できるのか・・・?

実はアニメ化されたこともあったものの、「朝や夕方のアニメ枠では放送できないネタ」のために”深夜番組”として放送されたくらいですし。

正直なところ期待より不安の方が大きいのですが、決まってしまったものは仕方ない。 もし山陰でも放送するなら、一度は見てみたいです。


では、今日はこんなところで。 さぁプレミアムフライデーだ!(それこそ誰も気にしてない)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【メンタル】「私の人生って何だったの・・・?」 理想の世界に追いつけなくて、心が闇に飲まれる前に。

こんばんは。

今朝は大した理由も事情もないのですけど、なんとなくだるかったのでツイッターでの挨拶をお休みしました。

「別に毎朝つぶやかなくても誰も気にしないし・・・」と書くと心配されてしまいそうですが、自分が「NO」だと思ったらそれに従うのもアリかなと。

じゃあブログも毎日更新しなくていいよね・・・ いやそれはなんかモヤッとする感覚の方が強いから、体力気力が続くかぎりやるけども!


まぁこういう”てけとー”な事をつらつら書けるくらいにはチカラが残ってますよー、と示したところで本題。

今年もあと1か月ほどで終わってしまいますけど、思い返せばいろいろな人が世間を騒がせてくれましたねぇ・・・

例えば「自分の小説を真似されたと逆恨みして、アニメ制作会社のスタジオに放火した人」とか・・・

    「あれほど反省して依存から抜け出す啓発活動もしていたのに、クスリを使ってしまった人」とか・・・

    「SNSで知り合った少女を自宅まで連れ帰り、別の少女の話し相手にしようとした人」とか・・・

    「歌手として成功しファンもたくさんいたのに、まだ30にもならずに自ら命を絶ってしまった人」とか・・・

・・・いや割と最近のことばかりじゃない?? うん、あまり世の中の動きに強い関心を持っていないのがバレるね。


それにしても、もう少し明るい話題もたくさんあったでしょうに、なんで「人生につまづいた(ように見える)人」ばっかり覚えてるの?

なんというかね、いかにも「私は人生を豊かに楽しく生きています!」というオーラを放っている人には近づきがたいというか

心の奥がザワザワしてどうにも落ち着かないというかで、むしろ「光の当たらない所まで落ちる人」こそ自分に近いのではないか、と。

なおかつ、自分の人生にしたって全てが思い通りになるなんて事はなくて、「なんかうまく行かないなぁ…」と思いながら生きている。

それなのに周りを見れば「幸せはすべて自分が作る!」「理想の自分を引き寄せよう!」「頑張らなければ夢は叶わない!」などと

誰にでもあてはまりそうで、実は個々人の事情などこれっぽっちも考えていない”無責任な励ましの言葉”が、疲れた心に突き刺さる。

自分以外はみんな幸せな人生を送っているんだろうなぁ・・・ なんで自分ばかりこんな辛い目に遭わなければならないのだろう・・・?


「・・・! おい! 聞こえるか? しっかりしろ!」


・・・どうやら”闇堕ち”しかけていた数年前の自分が、心に呼び覚まされていたようです。 うん、もう大丈夫、ありがとう。

どんなに頑張っても報われず、他者や世の中(ときには自分自身)に憤りだったり諦めの感情を抱く人たちを、どう受け止めたらいいだろう?

かつて思い描いた”理想の自分”には手が届かないと認めつつ、同時に”今の自分も捨てたもんじゃない”と思うことができる瞬間があれば。

誰もが活躍して輝く世の中も素敵だけど、誰も置いてきぼりにしない社会もいいんじゃないでしょうか。 うまくまとめきれませんけど。


では、今日はこれで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【日常】メンタルの病院を済ませて、少しくたびれた感じ・・・ あと3日をうまく乗り切れるか?

こんばんは。

今日は午後からメンタルの通院予約(3週間ぶり)があったので、仕事はお休みを頂きました(その分、今週は金曜まで勤務)。

ここ2~3か月の診察室では仕事や生活の近況を話して、自分の心や体の調子をどう整えていったらいいかの相談がメインになります。

まだまだ「薬に頼らず、普通の人と同じように頑張る!」には程遠いとはいえ(それがベストとは限らないが)、まずは良い傾向かなと。

「今の職場に定着して、できる事を増やす」とか「簿記の勉強を続けて、自分の財産にする」という前向きな目標ができたのも大きいのかも。

これから冬になって、外の寒さや暗さ(冬型の気圧配置は山陰からお日さまのぬくもりを奪う)が心身に与える影響も心配になりますけど

なんとか乗り切った先に春の雪解けが待っていると信じて、”ポジティブ51:ネガティブ49”の精神でのそのそ進んでいけたらと思います。


それはそれとして、簿記は3級の試験が終わったのもつかの間、次は2級を目指すことになります。

以前も書いた通り、今の職場は「3級は雇用の前提条件」という扱いで、実際の仕事では2級レベルの知識を必要とする案件が多いです。

今日の病院は普段より少し遅めの予約だったので、先に地元で一番大きな本屋に寄って、2級のテキストと問題集を2冊ずつ買いました。

・・・ん? 1冊ずつで充分じゃないか、って?  いや実は、簿記の2級は「商業簿記」「工業簿記」の2科目(?)に分かれていまして

試験そのものは両方合わせて100点満点(70点以上で合格)なのですが、テキストや参考書はほとんどが別々に出版されておるのです・・・

「商業簿記」は3級の範囲で勉強した内容を掘り下げていく話も多いのに対し、「工業簿記」はほとんどが初めて勉強する内容みたいで

(会社から”目標”と示された)来年6月の試験までにマスターできるのか・・・? と、腰が引け気味なブログ主です。 やるしかないんだけど。

そんな気持ちもあってか、家に帰ったらどっと疲れが押し寄せてきた感じがしました。  明日からまた仕事だし、早く休もうっと。


ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】職場で受けた健診の結果が戻ってきまして、簿記の合格発表より緊張した・・・かも。

こんばんは。

今日は朝からいろいろと考える事があったのですけど、半月前に受けた健康診断の結果が帰ってきたのでその話題から。

職場ごとに行う健診としては3年ぶりとなる今回、ブログ主の人生で初めて「夜9時以降は水やお茶もダメ」という過酷な(?)条件で

「12時間も水を飲めなかったら、血液がドロドロになっちゃうよ・・・」なんて心配もしていたのですが、結論から言えば「おおむね正常」でした。


・・・おおむね??


心配していた血液検査の数値はすべて基準値以内であり、他の検査でも「精密検査」を要する項目は無かったのですが

「これ以上体重とお腹周りの数字が増えないように、生活習慣を管理しましょう」と、病院からの”ありがた~くないお言葉”が・・・

要するに「あんたは”メタボリックシンドローム”になりかけてるから、気をつけなはれや」ってことですかね。 

でも1年前からジムに通い始めていなかったら、もっとひどい数字になってたかもしれぬ・・・とも思いました。 やっぱ運動って大事だわ。


せっかく精神的にも安定している(と自分では思う)状態ですから、「いつでも元気いっぱい!やる気全開!!」とまではいかなくても

仕事と身の周りのことが自力でこなせて、外の環境に大きく揺さぶられることのない心身の状態を保っていければ・・・とは思います。

そして最後に断っておきますが・・・ 巷にあふれる「飲むだけで痩せる!」とか「中年太り卒業!」みたいな広告は、ノーサンキューです。


それでは、今日はこのへんで。 来週の今頃は、簿記の結果が分かってるんだよなぁ…

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】車のタイヤを冬用に交換して、あとは大雪が来ないのを祈る・・・ 相撲も終わって年末だ。

こんばんは。

今日は午前中に、車のタイヤを冬用に履き替える作業をしていました。 所要時間は約45分、おおむね例年通りです。

そして、タイヤを替えたらセットで行うのが空気圧のチェック。 これは近場のガソリンスタンドに行って、給油のついでに済ませました。

通勤に車を使わないこともあって、去年と比べて運転をする機会は激減したのですが、全く運転しないで山陰の冬を過ごすのも無理なので

できるだけ大雪が降る回数が少なくなってくれれば・・・ 全く降らないのも心配ですけど、車の下半分が埋まるほどの雪はいらない(汗)


ともあれ、大相撲九州場所も今日で千秋楽となり、いよいよ年末に向かって世の中が慌ただしくなりそうです。

国内の政治や隣国との関係、さらに治安だったり芸能界なんかもいろいろ騒がしいですが、心は穏やかにして年の瀬を迎えたいところ。

そして、来年は”アレ”が控えているんだよなぁ・・・  立候補した時のPR動画に、「島根県出身のアノ人」が出ているとは思わなかった。



なぜ彼が”この業界の代表”で選ばれたのかは謎なのだが・・・ ひょっとして理事長権限


というあたりで、今週もよろしくお願いします。 ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】大相撲九州場所は白鵬関の優勝(知ってた)。 でも史上初がもう一つありまして・・・
 
こんばんは。

今日は後で2つほど表が出てくるので、文章の方は短めでいこうと思っていますが…。

昨日のブログでお話できなかった「令和最初の九州場所に飛び出した”2つの史上初”」の、後半戦です。


今日のお話の主役になるのは、今場所もまだ優勝の可能性を残す活躍を見せている、新小結の朝乃山(あさのやま)関

ちょうど半年前の5月場所で初優勝を飾り、アメリカのトランプ大統領から賞状とトロフィーを授与されたのは記憶に新しいです。

そんな朝乃山関に、今年はもう一つ嬉しい”名誉”が加わりました。 それが「幕内年間最多勝」のタイトル獲得です。

読んで字のごとく「1年間(6場所)で最も多くの勝ち星を挙げた幕内力士」に与えられるもので、福岡の新聞社から賞金も出るとか。

1957(昭和32)年に始まってから60年以上続く歴史ある賞ですが、これまでの受賞者はほとんどが横綱か大関でした。

そして、朝乃山関の何が”史上初”かといえば・・・「1年間の最高番付が”小結”だった力士が年間最多勝を獲った」という点です。


2019(平成31~令和元)年に行われた6回の本場所での、主要な(勝ち数上位+横綱・大関)幕内力士の勝ち星がこちら。

 初場所  春場所  夏場所 名古屋場所 秋場所  九州場所   合計  
 朝乃山 8勝7勝12勝7勝10勝10勝54勝   
 阿 炎 10勝8勝10勝8勝9勝7勝52勝   
御嶽海8勝3休7勝9勝9勝12勝6勝51勝 3休
白 鵬10勝15勝0勝15休12勝0勝13休12勝49勝28休
 鶴 竜 2勝9休10勝11勝14勝4勝7休0勝12休41勝28休
 豪栄道 9勝12勝9勝3勝7休10勝0勝11休43勝18休
高 安9勝10勝9勝8勝4休0勝15休3勝5休39勝24休
 貴景勝 11勝10勝3勝8休0勝15休12勝9勝45勝23休

※九州場所は13日目まで。 ピンク地は幕内優勝(初場所は13勝2敗の玉鷲)、水色地は休場(途中含む)


この時点では朝乃山関のほかに阿炎(あび)関にも年間最多勝(同点)の可能性がありましたが、今日14日目に朝乃山関が勝ったため

単独で2019年の年間最多勝力士となることが決定しました。 先場所優勝の御嶽海関も九州場所は失速し、届きませんでした。

この表を作ってみて、本来なら最多勝を争うはずの『横綱・大関陣に休場が多すぎた』のが、今回の”大混戦”の要因だったようにも思えます。

場所ごとに見れば悪くない成績を残している力士が多いものの、1場所の半分以上休んでしまうと勝ち星はガクンと減ってしまいます…

上位陣に限らずケガによる休場や長期離脱を余儀なくされる力士が増えてきており、「無事これ名馬」ではないですが心配にもなりますね。


おっと、朝乃山関の何が『史上初』だったのかをもう少し補足しないと。

これまでほぼ横綱か大関で独占されてきた年間最多勝を、関脇以下の力士が獲得した例は過去に2回しかありません。

1960年の大鵬(たいほう)と1992年の貴花田(たかはなだ、後の貴乃花)で、どちらもその年の最高位は関脇でした。

しかしながら大鵬は翌年の初場所に、貴花田も翌年の春場所には大関昇進を果たしており、後に大横綱になったのは言うまでもなく。

それに対して、今年の朝乃山関の場合は「九州場所で新小結に昇進(それ以前の5場所はすべて平幕)でありながらの年間最多勝。


大関どころか関脇にもなった事の無い力士が年間最多勝に輝いたのは、「史上初」であると同時に次があるかどうか分からない”快挙”かと。

将来の朝乃山関が偉大なる先達に肩を並べることになるのかどうかは『相撲の神のみぞ知る』ですが、ケガにだけは気をつけて(切実)


そろそろ時間ということで、昨年まで過去5年間の年間最多勝を獲得した力士の表を見ながらお別れです。

もう少し前まで遡ろうかと思ったのですが、2002年から朝青龍(あさしょうりゅう)と白鵬しか名前が出てこないのでやめました…

最多勝利者年間勝利数 
2014年 白 鵬 81勝   
2015年 白 鵬 66勝12休
2016年 稀勢の里 69勝   
2017年 白 鵬 56勝25休
2018年 栃ノ心 59勝 8休


蛇足ながら付け加えると(蛇足ならやめとけよ、とか言わずに)

・2015年までの白鵬は、2007年から9年連続で年間最多勝を獲得していた。

・2016年の稀勢の里は、史上初めて「1度も優勝していない(同点も含む)のに年間最多勝」を達成。

・2017年の白鵬は、史上最少の勝ち星数で年間最多勝を獲得。(明日、朝乃山が敗れれば最少記録を更新)


結局、好きな相撲の話だと長々と書いてしまいました・・・ 2日続けてのすんまそん。

明日こそ、情報量が少なくてさっぱりと終われる話を書こうと誓うブログ主であった・・・ ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】お出かけから帰ってそそくさと更新・・・ 大相撲の”史上初”が2つも出たと聞いて。

こんばんは。

今日は仕事が休みだったのと、おととい書いた通り出雲に戻ってからちょうど1年になるのを思い出して

冬用タイヤに交換する前だしちょうどいいタイミングと思い、米子方面まで車でお出かけしてきました。

1時間以上の長距離運転も久しぶりでしたし、出雲に戻る頃には日も暮れかけていて、とにかく事故を起こさぬよう慎重に運転しました。

そのおかげで無事に帰ってこれて、米子でたまに食べてたラーメンも食べて、掘り出し物(もちろんゲームです)も手に入って大満足。

この後は日曜日が雨の予報になっているようでして、できれば明日の午後からでもタイヤを替えてしまいたいと思っています…


それにしても、大相撲九州場所はあっという間に13日目が終わり、あと2日間となりました。

近年は例の無かった小結4人の番付や、上位陣の相次ぐ休場で『史上まれにみる大混戦』が予想された幕内の優勝争いでしたが

結局と言ってしまっていいのか、横綱・白鵬関が2日目に敗れただけで1敗をキープし、43回目の優勝に王手をかけました。

白鵬関のほかに優勝の可能性を残しているのは、10勝3敗の小結・朝乃山(あさのやま)関と平幕の正代(しょうだい)関の2人ですが

優勝のためには「① 残り2日で連勝する  ② 白鵬関が連敗する  ③ 優勝決定戦で白鵬関を破る」の全てを満たす必要があり

余程のことが無い限りは白鵬関の優勝になると思われますが・・・ あとは三賞の受賞者と来場所の三役がどうなるかに注目したいです。


それより、今日は大相撲の記録で”史上初”が2つも生まれる日になったそうですよ。

一つは『大関経験者の十両再昇進が(ほぼ)確実』になったこと、もう一つは『年間最多勝が横綱・大関未経験者』となったことです。

長々と書いても伝わりづらいので、ポイントだけ押さえて書こうと思いますが・・・ 最初の『大関経験者』は照ノ富士(てるのふじ)さん。

平成27年夏場所に大関昇進を果たした照ノ富士さん(幕下以下の力士に”関”はつけない)でしたが、怪我や病気のため約2年で陥落。

その後も治療や闘病生活の中で苦しみ、幕内→十両→幕下→三段目と番付は下がり続け、序二段まで落ちてしまっていました。

それでも復帰してからは地力を発揮してじりじり番付を上げ、今場所は幕下10枚目で全勝優勝。 来場所での十両復帰が叶いそうです。

大関だった力士が幕下以下で本場所の相撲をとること自体が(昭和以降では)初めてで、そこから這い上がってきたのも史上初です。

照ノ富士さん自身も、優勝決定後のインタビューで「また白鵬関と対戦したい。 目標は大きい方が頑張れる」と語っていたそうで

いち相撲ファンとしても、来場所からまた”照ノ富士関”と呼べるのは嬉しいですし、今回の”試練”で一段と成長したのを感じますので

さらに番付を駆け上がっていくことを期待したいですね。 そして再び『マーボーはるさめ』のCMキャラクターに(これ以上はヤバたにえん)


・・・というところで時間と体力が切れてしまったので、2つ目の”史上初”は明日に持ち越します。 すんまそん。

たぶん明日の朝刊やネットニュースにも記事が出てると思いますが、だいたいの内容を想像しながらお待ちくださいませ。 ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【戦国時代】元就公 振る舞うものが 二つあり うまいお酒に たくさんの餅 (詠み人知らず)

こんばんは。

両親と夕飯を食べながら見ていたテレビのニュースで「輸入ワインの解禁」と「幼稚園児がもちつき」の話題が流れていました。

もう年の瀬が近いですよー的な話ですが、ブログ主はワイン(=お酒)と餅と聞いて”ある戦国武将の逸話”を思い出したのでお送りします。


安芸(広島県)の弱小武士だった毛利家を、一代にして中国地方を制覇する戦国大名に押し上げた”智将”毛利元就

毛利家を脅かす敵に対しては”神ってる”謀略の数々を繰り出して恐れられた元就も、家臣や領民への気配りは忘れなかったというお話。

ある冬の日、仕事で屋敷に来た家来に応対した元就。 ひととおりの用件が済んで、家来が帰ろうとすると・・・

「ちょっと待ちなされ。 おぬし、酒と餅ならどちらが好きかな?」

家来は驚きますが、上司のお誘いとあっては、無下に断るわけにもいきません。 少し考えた後、家来はこう答えました・・・


A:「酒が好きです。」 「それなら、すぐ酒を用意させよう。 外は寒いから、酒を飲んで身体も心も温めるがよいぞ。」

B:「餅が好きです。」 「そうか、私も酒は苦手でな。 替わりと言っては何だが、餅を腹いっぱい食べていってくれ。」


・・・もうお分かりかと思いますが、特にオチはありません。 酒や餅に毒が入っているなんてこともありません(←え)

酒が好きな家来にもあまり飲めない家来にも、分け隔てなく接しようとした元就の”気配り術”として、地元の書物に残っている逸話でした。


今日は以上です。 やっぱり戦国時代ネタは楽しいなぁ

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村