FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【お楽しみ】メーカー公認ではなさそうですが、こんな”リメイク”も長い歴史があってこそですかね。

こんばんは。

おととい(月曜日)の記事では「タイトルが空白のまま記事をアップする」という”凡ミス”をやってしまいました・・・

その流れでこの記事(水曜日の簿記勉強会留守番用)を仕込んでいるのですが、ちゃんとタイトルは最初に埋めました(いばるな)


という感じで、今回は前置き無しで動画に行きますね。 こちらです。



どこからどう見ても「スーパーマリオ」なのですが、こんなコースあったっけ・・・と思いませんでしたか?

実はこれ、1989年にゲームボーイで発売された「スーパーマリオランド」を、海外のクリエーターが”リメイク”した作品なんだそうです。

「どこへでも持ち運べるゲーム機」の元祖としてゲームの歴史を変えたゲームボーイ、その本体と同日に発売された「スーパーマリオランド」は

大人気シリーズ「スーパーマリオブラザーズ」の流れをくむ作品ですが、ファミコン版とは少し異なる部分もあちこちにあります。


・ さらわれた姫を助けるストーリーは同じだが、さらわれたのはピーチ姫ではなく”サラサ・ランド”のデイジー姫。

・ ステージ数は4ワールド×3面の計12ステージ。 ファミコン版の初代(8ワールド×4面=32ステージ)の半分以下。

・ ファミコン版の”ノコノコ”(亀の敵キャラ、踏むと甲羅になり蹴とばせた)は、踏むと爆弾になり爆発する”ノコボン”に。

・ フラワーをとると”飛び道具”を撃てるようになるが、ファミコン版の火の玉ではなく”スーパーボール”(壁で跳ね返りコインもとれる)

・ 潜水艦や飛行機に乗り込み、敵やブロックを撃ち落とすシューティングステージがある(ラスボスとの戦闘もシューティング画面)



このゲーム自体を日本で遊ぶのは難しいと思いますが、原作となったゲームボーイ版は”ニンテンドー3DS”でダウンロード購入できたはず。

また購入しなくても、原作のプレイ動画は多数アップされていると思うので、気になった方は探してみてください。


それでは。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【その他】定期受診した総合病院の入り口に張り紙が・・・ 島根県のホームページも参照しました。

こんばんは。

今日はメンタルの定期受診があって近くの大きな病院に行ったのですが、入り口に張り紙がありましてね。

「新型コロナウイルスによる肺炎を疑って来院された方は、病院に入る前に保健所の”専用相談ダイヤル”へご連絡ください。」

現時点では島根県内での感染は報告されていないとはいえ、体調を崩している方は”自分もそうかもしれない”と不安が募っているはずで。

ワイドショーでも「検査を受けたい人が、すぐに受けられる態勢を整えるべき」と言っていましたが、院内で感染が広がるリスクもあり・・・

今となっては「何が正解で何が正義か」と簡単に論じられるものではないのですが、ではどうすれば良いのかを島根県のホームページから。


新型コロナウイルス感染症について(2月21日更新)


「肺炎の症状がみられる方は、受診の前に県内の保健所に設置された”帰国者・接触者相談センター”へ相談を。」

「相談内容から新型肺炎への感染が疑われ受診が必要と判断した場合は、最寄りの”帰国者・接触者外来”をご案内します。」

「一部の”帰国者・接触者外来”に受診者が殺到するのを防ぐため、個別の病院名(県内で計18病院)は公表しません。」

「新型肺炎に関する一般的な(症状が無い方からの)お問い合わせは、”一般相談窓口”でお受けします。」



他の都道府県や市町村では多少対応が異なるのかもしれませんが、お住まいの地域でも似たような告知が出ているかもしれません。

自分や周りの人に感染の疑いが出た時に備えて(もちろん出ないに越した事はないですが)、信頼できる情報を集めておきたいと思いました。


では、また。(明日は”留守番動画”の回です)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】

こんばんは。

天皇誕生日の振替休日となった今日は、特に外へ出る用事もなく自宅で簿記の勉強をしていました。

午前中(工業簿記)と午後から(商業簿記)でそれぞれ2時間ずつくらい、合間に休憩がてらゲームを挟みつつ・・・

仕事のある日はどうしても自学にとれる時間が限られるため、試験までの休日で可能な限り進んでおきたい気持ちがありまして。

ひとまず最初に購入した教科書が一通り終われば、あとは何をすればいいかを考える”余裕”も出てくると思うので、急がず怠けずですね。


それと、大相撲春場所の番付が今朝発表されましたが、「横綱大関」の文字が復活しました。

大相撲の番付編成上、”三役(大関・関脇・小結)”は必ず東西に各1名ずつ置かなければならない決まりがあり(横綱は不在でも良い)

初場所終了後に引退を表明した(元)豪栄道関が大関の地位を失い、10勝すれば大関に復帰できた関脇・髙安関も負け越してしまったため

春場所の大関は貴景勝関ただ一人となり、規定を満たせなくなったことから、西の横綱・鶴竜関が(番付上は)大関を兼ねる形となりました。

また、役力士が7名となったことで平幕力士の数が増え(幕内の定員は42人で変わらない)、「前頭18枚目」が出現したのも珍しいです。

鳥取県出身の横綱・琴櫻さんが祖父、現在の佐渡ヶ嶽親方が父親という22歳の新鋭・琴ノ若関が新入幕で「東前頭18枚目」に座ります。 

貴景勝関や朝乃山関といった”伸び盛り”の力士だけでなく、初場所で初優勝した33歳の徳勝龍関などのベテランも侮れないという

まさに解説者泣かせ、”群雄割拠”の春場所で覇権を握るのは果たしてどの力士か・・・といったところ。  無事に開催されればですが(おい)


・・・あ、麒麟の話が入り込むスキがない。 三好長慶、細川晴元、そして足利義輝、大河ドラマで彼らに脚光が当たる日が来るとは(感無量)

あくまで主役は明智光秀で、歴史上の出来事にも何らかの形で絡んでくるのですが、「前半生が良く分からない」彼だからできる演出かと。

個人的には、ユースケ・サンタマリアさん演じる朝倉義景の登場が待ち遠しいです。 「ぷっすま」は学生時代によく見てたなぁ・・・(関係ない)


ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村


【関心事】スポーツの話題で盛り上がりたい頃ですが・・・ 例年通りに開催できるか見通せないようで。

こんばんは。

昨日のブログでも書いていた通り、今日は日本商工会議所主催の簿記検定試験が行われたようです。

公式ホームページでも「新型肺炎による試験や受検者への影響」に関する情報は出ていないのを見ると、ひとまず無事に終わったのかなと。

ブログ主は次回(6月9日)に2級を受検する予定にしていますが、その頃までには事態が鎮静化してくれれば良いのですが・・・


で、これからの時期にもう一つ心配なのが「スポーツの試合やイベントなどへの影響」。

サッカー・Jリーグ1部の公式戦やプロ野球のオープン戦が始まり、これから本格的に観戦や応援を楽しみにする方も多いと思います。

ブログ主自身も、明日の早朝に新番付が発表される大相撲春場所や、山陰両県から代表校が出る春のセンバツを楽しみにしていますが

今後も国内での感染者が増え続けた場合、競技によっては感染拡大を防ぐため「観客の入場を制限する」対応も検討しているとかいないとか・・・

すでに入場券を手配している方々には不安もあると思いますし、ある程度の方針が決まれば早めに周知してもらいたいところです。

まして今年の夏には”絶対に失敗できないスポーツイベント”がありますし・・・  国内でうまく行かなくて、どうして海外から選手を呼べようか?


というところで、今日はここまで。 明日はキリンの話かなー(ビールではない)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】明日の簿記検定試験は予定通り行う見通しとのこと、勉強の成果が出せますように。

こんばんは。

明日は”日本商工会議所の簿記検定試験(略して『日商簿記』)”の今年第1回目が、全国各地で行われる予定です。

皆様もご存知の通り”新型肺炎”の感染拡大が懸念されていて、多くの人が集まるイベント等の延期や規模縮小、さらには中止も検討される中

試験を主催する日本商工会議所の公式ホームページには「明日の試験は予定通り行います」と、今日の日付で記事が載っていました。

とはいえ、感染者の発生が報じられている地域で受検する方は、試験とは別の不安とも向き合わないといけないと思うとやるせないです・・・

ホームページには「受検者は各自で”感染防止対策”を行うようお願いします」とあり、マスクを着用したままでの受検も(原則)可とのこと。

家を出る前と試験会場では手洗いを忘れずに(会場の入り口にも消毒液などが用意されるはず)、あとは試験中の眠気に負けないで・・・

ブログ主は6月9日の次回試験を見据えて今回は”応援”に回りますが、ひとりでも多くの受検者に良い知らせが届くことを願っています。


それでは。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村


【雑感】コンビニのおでんは確かに美味しい。 労力に見合った利益が出てるかは知らんけど。

こんばんは。

タイトルに「コンビニのおでん」と書いておきながら、今日の夕飯は母が昨日から仕込んでいたおでんだったブログ主です(タイトル詐欺?)

実家にいると当たり前のように手作りのおでんが出てきますけど、一人暮らしではそうもいかず「コンビニのおでん」が時々恋しくなってました。

大手のコンビニ各社とも”冬場の主力商品”と位置付けて資金と開発力を投入しているようで、素材や味付けが改良され続けています。


一方、ブログ主は2年前に”ある大手コンビニ”の商品仕分け倉庫で、大量の”おでんダネ”を早朝から仕分けていた経験があります。

魚のすり身で作った”練り物”などは大体そのまま、大根や玉子は下味がついた状態のものが袋や容器に入って、倉庫に運ばれてきます。

それを各店舗の注文通りの数でコンテナに入れていく・・・”70円均一セール”なんかあった日には、どの店もからも大量の注文があって

他の商品なども含めて「配送トラックの出発時間」に間に合わせないといけなかったので、文字通り目が回るような忙しさでした(汗)


今になって思うのは、「材料の仕入れから加工や配送の費用、さらに従業員の人件費まで差し引いたら、利益は残るのかしら?」なんて。

コンビニのおでんは”食品ロス”(売り切れを恐れて多めに仕込み、売れ残りは廃棄する)が多い印象もありますし、薄利多売なんですかね。

他にも”24時間営業の見直し”や”早期退職希望者が想定越え”など、日本のコンビニを取り巻く環境は少しずつ変わってきているのかも・・・?

それでも「いざという時、近くにあれば便利(コンビニエンス)」なのは間違いないのですが。 今や病院の売店もコンビニだったりしますし。

でも、もう一回コンビニで働いてみるかと言われたらどうかな・・・(学生時代のバイトとは訳が違うし) まぁ今の職場で頑張った方がいいか。


ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】繁忙期の4連勤+勉強会が終わってぐったり感・・・ 今日は拾ったネタで失礼しますよ。

こんばんは。

先週あたりから繁忙期に入ったうちの職場、ブログ主も見習いとはいえ”お荷物”にならぬよう気を張って、今週の4日間を勤めておりました。

週の勤務時間上限により明日は休みを頂き、土曜日・日曜日(今年から”天皇誕生日”です)そして振替休日の月曜日まで”小休止”。

昨夜の勉強会の分も加算して、結構な疲労感が溜まっておる気がします・・・ とりあえず明日は家でおとなしく穏やかに過ごしたいです。



それと、夕飯の合間に見ていた山陰地方のニュースから”拾い物”を紹介。

今や国宝となった松江城の祖ともされる戦国武将・堀尾吉晴(ほりおよしはる)は、もとは尾張の国(現在の愛知県)の出身でした。

織田信長や豊臣秀吉に仕えたのち、”関ヶ原の戦い”では徳川家康率いる東軍に参加。 勝利に貢献し(息子が)松江藩主となりました。

それから420年、吉晴の”故郷”とされる愛知県大口町の漬物メーカーが、松江市東出雲町産の”たけのこ”を使った漬物を売り出すそう。

吉晴が生まれ育った愛知県と、吉晴(とその子孫)が城下を整備した松江市が、こんな形でタッグを組むなんて素敵やん・・・(誰の口調だ)

もし愛知やその近郊にお住まいの方で、興味がありましたら「大和屋守口漬総本家」から5月頃に発売される新商品をぜひお試しあれ。


ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【その他】ようやく冬らしくなってきた2月後半の夜、ブログ主が”冬”を感じる幻想的な1曲を。

こんばんは。

毎週水曜日は、簿記2級の勉強会で留守にしています。 そろそろ折り返し地点になりますけど、なんとかリタイアせずに続いています。

今週末には今年1回目の試験も行われるそうで、ツイッターなどではまた解答速報が出るのかなぁ・・・次回の対策として、チェックしないと。


そんなことより、留守番動画・・・というか今回は”BGM”ですが、こちらを選びました。

「信長の野望」や「三国志」などの代表作を持つゲームメーカー・光栄(現:コーエーテクモゲームス)が手掛けた「ロイヤルブラッド」

地球の歴史で実際にあった時代ではなく「RPG的なファンタジーの世界」を舞台とした、一風変わったシミュレーションゲームです。

「邪悪なドラゴンに魂を売った国王の野望を阻止するため、辺境に追いやられた6人の貴族が正義の魔術師とともに立ち向かう」物語。

とはいえゲームシステムは「野望」とほぼ同じで、自分以外の貴族もすべて倒して全国を統一しないとエンディングにならないのですが(汗)


今回お送りするのは、プレイヤーが戦略コマンド(内政や軍備など)を行う時に流れる中から”冬”をモチーフにした1曲。

このゲームの中でも”春夏秋冬”の季節があり、3か月ごとに流れる曲も変わるのですが、その中でブログ主が最も気に入っている曲です。

真っ白な雪と冷たく澄んだ空気に覆われた世界で、妖精たちが無邪気に遊んでいるような・・・  部屋を暖かくしてお楽しみください(え)




にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】東西に長い山陰地方。 全国のニュースで”大雪”の見出しも、一概には言えないようで・・・?

こんばんは。

昨日の昼過ぎあたりから本気を出した「冬将軍2020」のおかげか、今朝は”今季2回目の積雪”となった出雲市の平野部です。

この時期の”大雪”を報じるニュースでは、山陰地方よりも北陸地方や東北地方の日本海側の様子を取り上げることが多いのですが

今日のお昼の全国ニュースでは真っ先に「雪で真っ白になった鳥取砂丘」の映像が紹介されていました。 

ブログ主も直接見たことは無いですけど、やはり報道する側は珍しくてインパクトの強い映像を使いたいのでしょうかね。


で、今日ブログ主が言いたいのは「ひとくちに”山陰”と言っても、東と西ではずいぶん違いがあるんすよ」という話。

全国ニュースで「鳥取砂丘も真っ白!」みたいな映像を、山陰地方以外(同じ天気予報を見る山陽地方は別かも)の人が見たら

「うわー、山陰地方は雪で大変だな。 松江とか出雲でもこんなに降ってるのかな?」とお思いになるのも、ごく自然なことと感じます。

しかしながら、鳥取砂丘のある鳥取市は鳥取県の最も東にあって、山陰地方(の平野部)では最も雪が積もりやすい場所なんです。

今回は鳥取県の西部にある米子市や、さらに西の島根県松江市でも「朝はJRが止まり、除雪車が出動する」くらいの積雪はありましたが

もっと西にあるブログ主の本拠・出雲市の平野部では、昼前には道路からは雪がなくなり、仕事から帰るのも全くいつも通りでした。

そして、島根県をさらに西へ進んだ”ある町”のスキー場は、今年は雪不足で1日も営業できず、今回の雪も”焼け石に水”だとか・・・


なので、興味のある方は山陰地方の地名を聞いた時に、「これは東西で言ったらどのへんにあるだろう?」なんて気にしてみて頂ければ。

だからと言って山陰地方の観光客や人口が増えたりはしませんけど、鳥取と島根を間違える”うっかりミス”は減ると思います(←うっかり?)


では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【戦国時代】日本の歴史ドラマ史上最も”イケメン”な足利将軍降臨・・・?(極貧漫画家からの大出世)

こんばんは。

大河ドラマ「麒麟がくる」、昨夜は第5話「伊平次を探せ」が放送されました。

鉄砲の秘密を知りたい光秀さん、美濃出身で鉄砲に詳しいらしい鍛冶職人「伊平次(いへいじ)」を探して、再び近江→京へと旅に出ます。 

室町幕府からの依頼で鉄砲を製造しているという「本能寺(!!!)」では、部外者の立ち入りを禁止する厳重な警備が敷かれていたが

中に伊平次がいるかもしれないと気が気でない光秀(背中には大事な鉄砲)、運悪く通りかかった幕府の武士から”職務質問”を受ける。

「怪しいものではない」と主張する光秀、しかし声をかけた幕臣・細川藤孝も「さては将軍様の命を狙う刺客だな!?」と聞く耳を持たない。

ついには互いに刀を抜き、白昼堂々の”真剣勝負”に・・・と思いきや。   「待て。」


本能寺の門から馬にまたがり出てきたのは、室町幕府13代将軍・足利義輝(当時の名乗りは”義藤”とも)その人。

ちょうど本能寺での用事を終え帰途につくところ、自分の部下と見知らぬ男が街中で斬り合いを始めようとしているのは穏やかでない。

義輝公、光秀と藤孝の構えを見るなり「両名は同じ流派の使い手と見える。 仲間同士の斬り合いはやめておけ。」と諭して去っていった。

同行していた実兄(光秀とは1話で面識あり)の三淵藤英(みつぶちふじひで)も間に入り、しぶしぶ刀を納める藤孝。 唖然とする光秀。


な、なんですかこの”イケメン”は・・・ こんな足利将軍見た事ない・・・


鳥取県境港市から太平洋戦争を経て漫画家を志したもののさっぱり人気が出ず、島根県安来市出身の妻とともに”極貧生活”を送りながら

(戦争で左腕を失って)右腕一本で漫画を描き続け、ついには6回もアニメ化された”国民的妖怪マンガ”を世に送り出したあの人
に瓜二つ。

・・・うん、あまりに説明が回りくどすぎました。 あとは「ゲゲゲの女房」で検索してもらえれば。(ちなみに藤孝は「雑誌の編集者」でした)

この義輝公なら、史実では散々苦しめられた三好長慶や松永久秀ともいい勝負になりそうな気が・・・(だからって歴史を変えちゃダメだけど)

というか大河ドラマで三好長慶とか細川晴元がキャスティングされるのっていつぶりなんだ!? それだけでもブログ主は満足なんですけど!


以上「いへじ」と打っても「伊平次」と変換されたパソコンからお送りしました。 ではー。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村