FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】日本代表が予選通過する条件を、(元)数学教員が整理してみる。

こんばんは。

夜中のサッカーの試合を観戦して、白熱のあまり寝不足という方も多かったでしょうか。

ブログ主はぐっすり寝ておりましたが、起きてネットをチェックしたら、まだ興奮冷めやらぬという感じでした。

気が早い人は『日本が決勝トーナメントに進出できる条件はこれだ!!』なんてまとめたページを公開したりして。

こういうのを見たら、むかし中学校で数学を教えていたブログ主も黙っちゃいられないってんで、遅ればせながら参戦です。


まず、今日の試合が終わった時点での1次リーグ・グループHの星取表を見てみましょう。 なんと、日本は暫定ながら1位です。

1次リーグは4チームが1回ずつ総当たりで戦い、上位2チームが決勝トーナメントに進出できます。

日本セネコロポー勝ち点得失点差総得点FP※
日本
2-2
2-1
+1
セネガル
2-2
2-1
+1
コロンビア
1-2
3-0
+2
ポーランド
1-2
0-3
-4

※FP:フェアプレーポイント。
    試合中の反則でイエローカードやレッドカードをもらうと加算される。
    イエローカード:1点 イエローカード2枚による退場:3点 レッドカード:4点 
    勝ち点・得失点差・総得点、さらに直接対決の結果でも優劣がつかないチーム間の順位決定に用いられる
    (より少ない方が上位。 現時点で日本が1位なのも、FPがセネガルより少ないため)


これを踏まえて、最終戦となる『日本対ポーランド』『セネガル対コロンビア』の結果を”場合分け”してみると(スコアは考えない)

以下の表の通り『どちらかが勝つ(2通り)』と『引き分け』の3通りずつ、2試合を組み合わせて9通りの結果に分かれます。

それぞれについて、日本(とライバルたち)がどのような結末に行き当たるのか、表の番号順に見ていきましょう。 

なお、ポーランドは最終戦に勝っても勝ち点3にとどまり、日本とセネガルの勝ち点4に追いつけないため、どのパターンでも敗退となります・・・

セネガル勝ち引き分けコロンビア勝ち
日本・勝ち1位か2位日本1位日本1位
日本・分け日本2位1位か2位日本2位
日本・負け日本2位日本3位2位か3位



①日本勝ち、セネガル勝ち

日本セネガルが勝ち点7で並び、両チームが決勝トーナメント進出。 コロンビアは勝ち点3で敗退。

どちらが1位になるかは、両チームの最終戦の結果によって決まる。

(例えば日本が1-0セネガルが2-0で勝った場合、得失点差で上回るセネガルが1位通過になる)


②日本勝ち、セネガル引き分け

日本が勝ち点7で1位通過、2位は勝ち点5のセネガル。 コロンビアは勝ち点4で敗退。


③日本勝ち、コロンビア勝ち

日本が勝ち点7で1位通過、2位は勝ち点6のコロンビア。 セネガルは勝ち点4で敗退。


④日本引き分け、セネガル勝ち

セネガルが勝ち点7で1位、日本は勝ち点5で2位通過。 コロンビアは勝ち点3で敗退。


⑤日本引き分け、セネガル引き分け

日本セネガルが勝ち点5で並び、①と同様に両チーム勝ち抜け。 コロンビアは勝ち点4で敗退。

日本とセネガルの順位は、総得点あるいはフェアプレーポイントの差で決まることになる。

(仮に日本が2-2の引き分けセネガルが1-1の引き分けなら、総得点の多い日本が1位通過になる)


⑥日本引き分け、コロンビア勝ち

コロンビアが勝ち点6で1位、日本は勝ち点5で2位通過。 勝ち点4のセネガルは敗退。


⑦日本負け、セネガル勝ち

セネガルが勝ち点7で1位、日本は勝ち点4で2位通過。 勝ち点3のコロンビアは敗退。


⑧日本負け、セネガル引き分け

セネガルが勝ち点5で1位通過。

日本とコロンビアが勝ち点4で並ぶが、引き分けで得失点差が”+2”のままのコロンビアに対し

ポーランドに負けた日本は得失点差が”0”以下になるため、得失点差でコロンビアが2位。 日本は3位で敗退。


⑨日本負け、コロンビア勝ち

コロンビアが勝ち点6で1位通過。

日本とセネガルが勝ち点4で並ぶが、①のケースと同様に得失点差・総得点などの比較となる。

例えば日本が1-2、セネガルが1-3で負けた場合、日本の方が得失点差が高くなるため、日本2位通過

日本が0-1、セネガルが1-2で負けた場合、得失点差は同じだが総得点はセネガルの方が多いので、日本は敗退となる。


【まとめ】

・日本は、ポーランドに勝つか引き分ければ決勝トーナメント進出が確定。

・日本がポーランドに敗れても、セネガルがコロンビアに勝てば、日本は(スコアに関係なく)決勝トーナメント進出。


・敗退となるケース・1 日本が敗れ、セネガルとコロンビアが引き分けたとき(スコアに関係なく、敗退決定)

・敗退となるケース・2 日本とセネガルがともに敗れ、得失点差⇒総得点⇒フェアプレーポイントの順でセネガルとの比較に負けたとき



日本国内ですら前評判が思わしくなく、「1次リーグで3戦全敗もあり得る」と言われていた今回の日本代表でしたが

上に書いた通り決勝トーナメント進出への可能性が高まっているとなれば、応援も盛り上がるというものでしょう。

もちろん次に対戦するポーランドも、今大会は敗退が決定しているとはいえ、ワールドカップの舞台を”消化試合”とは考えないでしょうし

現在のサッカーの世界ランキングでトップ10に入っており、日本にとって手ごわい相手であることは間違いありません。


そして、日本と同じく決勝トーナメント進出を目指すコロンビアとセネガルも、日本の試合と同じ時間帯で試合をするため

どちらかの会場で点数が動くたびに、各国のサポーターやテレビの前の応援団は一喜一憂することになるでしょう・・・。

私たちにできるのは、選手たちが持てるチカラを試合で最大限に発揮するのを信じて、応援することだけです。 

地元・米子北高校出身の昌子選手も頑張っています。 どうか最後まで、悔いのないプレーができますように。 応援しております。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)