FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】夏休みの自由研究は”やってみた”的に考えたら、いいじゃないの~。

こんばんは。

いまさら言うなって感じもしますけど、夏ですね!!

今日は私も病院に行く用事があって(昨日言ってた市役所の方は、書類が足りなかったので延期しました)

車で行くと駐車場代で100円取られるのが惜しくて、片道45分の道のりを往復で歩いてしまいました。 

もちろん、今の体調なら乗り切れるという”自信(?)”と、いざとなったら路線バスで帰るという”保険”があってのことですが。

あと、外出時はなるべく日陰を歩くようにした方がいいと思います。 直射日光がないだけで、ずいぶん楽に感じますので。


そういえば、7月も半ばを過ぎて、もう夏休みに入った学校もあるかもしれません。

最近は”夏休みの友”のように『ベタ』な(?)宿題は出ないのかな? 私の小学生時代はありましたが。

あとは、学校から持ち帰ったアサガオの観察日記を書いて、スケッチをして、自由研究・・・  そう、自由研究

そりゃ子どもですから、”自由”と言われたら何でもやってみたくなりますけど、実際なかなかうまくはいかないもので。

結構な確率で、夏休みの最後の1週間あたりまで先延ばしした挙句、”やっつけ感”満載のネタでごまかしたりして。

そうかと思えば、夏休み前から親と打ち合わせして、夏休みをフルに使った”研究”をして、コンクールで賞をもらう人もいたり。

そういう環境や親の協力が得られるならいいですけど、ウチは「親が宿題を手伝うなど、あり得ない」という感じだったので・・・ね。


そんなこんなで、はじめから”コンクール入賞”や”研究者になる将来”を考える人は、とことん”それ向け”の情報を集めたらいいと思うのですけど

そうでなくて『特にやりたいことがない! でも何かやらないと!』と思っている大多数の(?)子どもたちに、人生の先輩(??)からひとこと。


自由研究は、学校の教科でいえば『理科』に関連するテーマが選ばれることが多いと思います。

でも、本当に”自由”にやっていいのなら、別に理科にこだわらなくてもいいんじゃないか、って思うんです。

この前(珍しく)見たテレビ番組で、”自由研究のヒント”みたいなコーナーをやってまして。

そこで紹介されていたのは『100円玉の重さをはかってみる』という実験? 1枚の重さを正確に測るには?的な話でした。

ここでは詳しい内容は書きませんが(それこそ気になったら人がいたら、自分でいろいろ試してみてはいかがでしょう)

「標本のばらつき」とか「平均」といった『数学』の知識も必要となるので、理科が苦手という人でも試せるかもしれません。


現代ならではの方法として、ユーチューブなどの動画サイトで”やってみた”系の動画からヒントをもらうとか。

もちろんそっくりそのまま真似するのはおすすめできませんが(子どもがやると経済的・道徳的にアウトなものもある)

例えば「炭酸入りジュースに”メン○ス”入れてみた」とかだったら、いろいろバリエーションができそうな気もします。

ジュースの温度を変えてみるとか、2倍に薄めてみるとか・・・ それぞれ泡の立ち方がどう違うのか、私も知りたいくらいです(←じゃあ自分でやれよ)

身近なお店で揃えられる材料を使ったネタを見つけて、再現してみるのも面白いのではないかと。 動画と違った結果になれば、それをまとめて立派な研究に。

とにかく『これやってみたいかも』とちょっとでも思ったら、その欲求のままに突き進んでみるのが吉です。 せっかくの夏休みなんですから、ねぇ。


でも親や先生、そして周りの人に迷惑かけちゃ、ダメよ~ダメダメ!


・・・と、まさかのタイミングでタイトルの伏線を回収したところで、今日はおしまいです。 (というか、このネタ覚えてる人いるのか)

ではねー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)