FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】改めて思った、やっぱり野球は面白い。
こんばんは。

不定期と言いつつ、早速の更新となります。

父の状態も落ち着いてきたので、つとめて何気ない話題などを。


夏の高校野球は、今日が決勝戦だったらしいですね。

結果や感想をどうこう言うのは他のサイトやブログにお任せして(そればっか)

今回は私が見聞きした範囲での話になります。


思い返せば、開会式の日に父が体調を崩し、野球どころではなくなったのです。

それでも、病院内の家族控え室や用事で外出した時にラジオで中継を聞いたり

実家から持ってきた新聞で結果や組み合わせを知ったりはしてました。

様々なドラマや名場面が生まれて、100回目の記念大会にふさわしい盛り上がりになったようです。

これで山陰勢が一つでも勝ってたら、言う事無しだったですが(どちらも惜しい試合だった)。


そして高校野球に限らず、野球って奥が深いし面白いスポーツだなと改めて実感。

攻撃側はいかに相手投手の球を打ち、走者を出して1点をもぎ取るか。

対する守備側はアウトを取るために、あらゆる状況を頭に入れて動く。

打者と投手、走者と野手、そして監督どうしの駆け引きが1球ごとに交錯し、時には誰も予想しない結末を呼んだり。

見ている側は手に汗握り、選手のプレーに一喜一憂し、そしてあーでもないこーでもないと互いの野球論を戦わせ(以下略)


いやー、野球ってホントにいいものですね(お前が言うな)


高校野球は終わりましたが、プロ野球だって負けてはいられません。

この前も、テレビで大変に劇的な試合を見ました(名誉のためチーム名は伏せます)。


先発投手が7回まで1失点の好投、チームは3点リード



しかし8回、1番から3番まで3連続ヒットでノーアウト満塁



ここでピッチャー交代、打席に入った4番打者が初球を打って逆転満塁ホームラン



さらに5番打者・6番打者もソロホームラン、ピッチャー交代からわずか5球で6点入る


プロの世界でもこんなことが起こるんですから、野球の勝負は分からないものです。

今年の甲子園で戦った選手の中から、その世界に飛び込んでスターになる存在は現れるのか。

それに限らず、野球にこの夏を懸けたすべての球児の将来に、幸あれ。


では、また。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)