FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】8月6日に思うこと
まこな。です。

まず、ご報告。

来訪者カウンターが2000件を突破しました。

皆様、ありがとうございます!


で、今日の本題はちょっと重い話になります。

テーマはズバリ「8月6日」

読んでもいいという方は、続きからどうぞ。

‐‐‐‐‐‐




今から70年前の昭和20年8月6日、広島市に原子爆弾が投下されました。

今日、広島市でその犠牲者を追悼する式典が開かれたのをご存知の方も多いと思います。

これに関連して、数日前に報道されたニュースを引用します。


【以下、「NHK NEWSWEB」より引用】

被爆70年に合わせてNHKが行った世論調査で、広島と長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、正しく答えられなかった人がそれぞれ全国で7割程度に上り、専門家は原爆について意識を高めていく必要があると指摘しています。

NHKはことし6月下旬に、広島市と長崎市、それに全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で調査を行い、それぞれ1000人余りから回答を得ました。
まず、広島に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月6日」と正しく答えられた人は、広島で69%、長崎で50%、全国で30%でした。
また、長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月9日」と正しく答えられた人は、広島で54%、長崎で59%、全国で26%でした。

【以下略、引用終わり】


調査の方法や結果が統計的にどこまで信用できるかの判断はさておき、

『国民のおよそ7割は、70年前に原爆が落とされた日付を答えられなかった』という結果は

私たちに何を訴えようとしているのでしょうか。


「単に記憶が風化していっている」と言ってしまえば、そうかもしれません。

「日付までは覚えていないが、原爆を落とされたことは知っていた」のかもしれません。

「日付を間違えて覚えていた」という人もいたかもしれません。

「電話口で、質問内容がうまく聞き取れなかった」場合もあったかもしれません。

いろいろ想像はできますが、この結果から何かを見いだそうとするならば…。

以下は私個人の感想になります。


長年中国地方に住んでいる私は、広島の原爆についてのテレビ番組や新聞記事を

この時期には必ず目にしてきました。意識していなくても、目や耳に入ってくるのです。

もちろん、8月6日という日付も頭に残っていました。

なので、私自身は正直なところ、この数字は少し低すぎるように感じました。
(広島であれば、90%位あるのかとも思っていました)


ただ、これはクイズのように「正しい日付を知っているから良い」という

単純な問題ではないことも理解はしています。

正確な日付がぱっと思い出せないとしても、

また普段は歴史に興味が無い、忙しくて過去のことを考える暇も無いという人でも、

ニュースなどを見て「そういえば○年前の今日は…」と思いを巡らせ、

当時の人々を偲(しの)ぶというだけでも、今日という日の意味は伝わると思います。

その感情?を後世に伝えていけるかどうかが、今問われているのかもしれません。

「その時」を体験した人は、どうしても減っていってしまうのですから。


うまくまとめることができませんが、今日はこれで結びたいと思います。

拙(つたな)い文章を最後までお読みいただき、ありがとうございました。





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こんばんは
広島では、この日が近付くと特集の番組もあります。
投下された時刻にはサイレンが鳴ります。
静かに黙とうをしています。
平和学習も広島のことだけではなく、長崎、沖縄のことも勉強します。
でも、現実はこの数字が表わしている通りなんですよね。
どんな小さなことでもいいから、原爆のことに目を向ける 少しでいいから耳を傾ける そうなってほしいですね。

海外から過去最多の100カ国と欧州連合(EU)代表部の代表が参列した。アフガニスタンやスリランカ、フィリピン、モナコなど初参加の7カ国の大使らも祈りをささげた。
っていう記事を目にしました。

世界が平和であってほしいですね。
2015/08/06(木) 21:59:31 | URL | by花梨 (#ndHicBQ6) [ 編集]
驚きました
7割もの人がヒロシマ、ナガサキの日付を答えられなかったんですか?!
しばし絶句・・・

改めて、自分に出来ることをしないといけないという思いを強くしました。
ありがとうございました。

2015/08/06(木) 22:48:05 | URL | byナカリママ (#-) [ 編集]
お返事です
まこな。です。

>花梨 さん
>ナカリママ さん

コメントありがとうございました。

今、テレビや新聞では安全保障法案や憲法改正議論、
戦後70年談話などの話題が取り上げられていますが、
これらは世界の平和や秩序を守るためのものであってほしいと
願ってやみません。(キレイごとかもしれませんが…)

過去は変えられませんが、未来はきっと変えられます。
お二方の言うとおり、できる事から始めていきたいですね。

これからもよろしくお願いいたします。
2015/08/07(金) 19:26:21 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]
こんばんは。
貴重な記事ありがとうございました。

非常に考えさせられます。

戦時中は、国益とは家族、親族ひいては
国民そして、未来の日本を守るという大義のため、
闘うことがそれだったかもしれませんし、
決して忘れてはならないと思います。

ただ、それと同時に
戦時中に被害に見舞われた多くの犠牲とともに
広島や長崎が受けた被害は決して忘れてはいけないですね。

国益は、時代によって変化いたしますし、
いろいろな手段があると思います。

総理をはじめ、政治家の方々には、
その辺をしっかり考えていただきたいですね。

なにが国民にとって大切なのかを
しっかり議論してほしいと思います。

長文失礼しました。
2015/08/08(土) 00:21:18 | URL | bykidsweet (#-) [ 編集]
その通りです。伝えていかなければならないのは、その時の感情でいいですよ。もう二度と繰り返さないという誓いを伝えること。日付は二の次です。しかし、その一つの表れとして、日付のアンケートが行われたんだと思います。ちょっと危機なんじゃないですかという。危機感はいつも意識していないと薄れるんです。だから、アンケートは大事だと思います。今は違うと思いますが、昔、終戦記念日はいつかときいたら、8月の中頃だったなあと応えた友人がいました。今、その友人は中学校の校長をしています。これが、現実なんです。しかし、その友人の戦争に対する意識は私よりもしっかりとしています。危機だ、危機だと毎年叫びましょう。マスコミでも、周りでも。それが一番の防御策のように思います。
2015/08/08(土) 06:46:21 | URL | by丹後のきんちゃん (#-) [ 編集]
お返事その2
まこな。です。

前回のお返事後にもコメント頂きました。

>kidsweet さん
>丹後のきんちゃん さん

ありがとうございます。

前回のお返事とも重なるのですが、
今年は終戦から70年の節目ということもあって
様々な行事や集会などが行われるそうです。

日本という国に暮らす私たち一人ひとりが
平和とは何かを考え、声をあげていくことが
未来を良くするために必要なのかもしれません。

報道やインターネットの世界では極端な論調も目立ちますが、
憎しみや蔑(さげす)みの感情からは何も生まれないと心に刻んで。
平和を願い、自分が為すべきことを為していきたいと思います。

お読み頂いた皆様、ありがとうございました。
2015/08/08(土) 11:47:47 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する