FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【お楽しみ】病室のテレビを見ながら、あの頃を思い出す。
こんばんは。

午後4時頃から強めの雨が降り出した山陰地方です。

朝の天気予報を見て傘を持ってきましたが、それでも濡れてしまいそうな感じの。

これで夜も寝苦しくない程度の気温に落ち着いてくれると助かるのですが。


ところで、父の病室にはテレビがあります。

もちろん無料で見られるわけではなく、病院の売店等でカードを買って

『1000円=1000分(16時間40分)』だけ見ることができます。

寝ている間やリハビリで部屋を空けている時間帯を除けば

父が見たいというニュースやスポーツ中継を映していることが多いです。

今はちょうど大相撲秋場所があるので、退屈はしていないようです。

それにしても石浦関はどうしちゃったの・・・ 勝ち方を忘れたのか??



ブログ主がここ2年くらいテレビをほとんど見なくなったのは

ブログでも何度か書きましたが、実家に戻っている今もあまり見ていません。

テレビ局が競うように流している旬の話題や耳寄り情報に

あまり魅力を感じなくなっている自分がいるように思います。


テレビはいついかなる時でも私が知りたい情報を流している訳ではないですし

今はスマホがあれば自分から情報を取りに行くこともできますから

『上から目線で』情報を流してくるテレビに対する抵抗感もある。

『知らなきゃ恥ずかしい◯◯の新常識!』みたいな煽り文句は『そんなん知るかよ』と思いますし

出演者のおしゃべりとか、わざとらしいリアクションも邪魔に感じることすらあって。


・・・と、ネガティブな表現はほどほどにしときますか。


主が小学生から中学生だった頃には、面白いと思った番組がいくつもありました。

中には『こんなんでよく番組が成立してたな』と思う企画もありましたね。


例えば、ダウンタウンが司会をしていたバラエティー番組では

『クイズ形式で街頭アンケートの結果を予想する』企画の合間に

『壁に開けられた丸い穴に10個のボールを3回投げて、入った個数を競う』コーナーがありました。

コーナー名はそのものズバリ『3回投げて』だったはず。

10個全部入るとパーフェクトですが、なかなか出なかったのを覚えています。

別番組では『ストラックアウト』とかもありましたね(こちらはプロ選手向けですが)。


あと、今でも忘れられないのが『あっち向いてホイ選手権』。

これも、お笑いコンビ・とんねるずが司会をしていた番組で

『あっち向いてホイのトーナメント』だけで1時間使った回がありました。

それも、生放送で。

現代ならまず企画書の段階でボツですよね・・・

でも、どこも似たり寄ったりのワイドショーや雑学バラエティーばかり放送する中で

1局くらいはそんな遊び心があってもいいのにな・・・とか思いました。

でも、そういうのを求める人はユーチューバーに流れるのかそうなのか。


うん、雨は止んできました。 そろそろ帰るかな。

では、また。







コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)