FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】『広島CS進出決定』を掘り下げたら、なかなか面倒だった件(前編)。
こんばんは。

タイトルを見てピンときた方もそうでない方にも、今日は分かりにくい話です。

なにせ、ブログ主自身も完全には分かってないですから(⬅️いばるな)

いま理解している範囲で、お話ししたいと思います。


プロ野球は、いよいよシーズン終盤に差し掛かりました。

セントラルリーグとパシフィックリーグのそれぞれで順位が決まって

上位3チームによる『クライマックスシリーズ(CS)』を勝ち抜いた1チームずつが

『日本シリーズ』で日本一の座を争う、というのがお馴染みです。


今日の朝刊で、セントラルリーグの広島東洋カープが

CSに出場できる『リーグ3位以内』を確定させた、と出ていました。

昨日は広島の試合は無かったのですが、他球団の試合結果によって決まったそうです。

新聞には詳しい解説が出ていなかったので、考えてみることにしました。

(お手元に新聞等があれば、順位表を見ながらお読みください)


まず、全試合を消化する前に広島の3位以内が確定したのは

『残りの試合を全て負けても、3位以内に入れる』ことを意味します。

広島の今季ここまでの成績は、74勝50敗2引き分け。

残り17試合を全敗すると、74勝67敗2引き分け(勝率0.5248)となります。

これと、他球団それぞれが『残り試合を全勝した場合の成績』と比べて

少なくとも3球団の成績を上回れば、4位以下にはならないといえます。


では、他の5球団がそれぞれ残り試合を全勝したとすると。

ヤクルト 63勝61敗2分け(残り17) ➡️ 80勝61敗2分け(勝率0.5674)

巨人 60勝61敗4分け(残り13) ➡️ 73勝61敗4分け(勝率0.5252)

阪神 55勝64敗1分け(残り23) ➡️ 78勝64敗1分け(勝率0.5493)

中日 59勝70敗2分け(残り12) ➡️ 71勝70敗2分け(勝率0.5035)

横浜 56勝67敗2分け(残り18) ➡️ 74勝67敗2分け(勝率0.5248)


これらの数字から、中日は全勝しても広島の勝率を上回れず

横浜も勝率では並びますが、順位は広島より下になることが確定(※)。

ただ、残り3チームはいずれも広島より勝率が上回っています。

(※)直接対決の勝敗でも(計算上は)互角になり、昨年のリーグ戦で1位だった広島が上位になる規定がある。


こうなると『他球団どうしの対戦結果』の兼ね合いを考えないと

どのチームが最終的に広島の勝率を下回るのか、はっきりしません。

これを今日のうちには解析しきれなかったので、続きは明日にします。

なにせ、このネタでいこうと思った時にはすでに夕方だったので(⬅️二回目か)


情報などあれば教えてください。 では。





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)