FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】米子北には負けてられない? 米子東がセンバツ出場権をほぼ手中に。
こんばんは。

今日は、ブログ主にとって非常に嬉しい話題で記事が書けます。

何日か前のブログで記事にした、高校野球のいわゆる『春のセンバツ大会』に向けた戦い。

山陰勢では鳥取県から米子東高校がベスト4、つまり準決勝進出を果たし

あと1つ勝てばセンバツ大会の中国地方代表に選ばれるのがほぼ確実、とお伝えしましたが・・・


今日、岡山県で行われた中国大会の準決勝で米子東高校は

広島県の市立呉高校を相手に、延長13回・タイブレークにもつれ込む熱戦のすえ

6対5で勝利して決勝進出を決めるとともに、センバツ大会出場に大きく前進しました。

正式に決まるのは来年1月末ですが、余程の事が無い限り甲子園の土を踏むことになるでしょう。


鳥取県立米子東高校は、これまでに夏の甲子園に13回と春のセンバツに8回出場しています。

最高成績は1960年のセンバツ大会で記録した準優勝で、山陰勢で甲子園の決勝に進出した唯一の高校です。

また、夏の甲子園の第1回大会から今年の第100回大会まで、地方予選に出場し続けた

全国で15校しかない『皆勤賞』の1校でもあります(同じ鳥取県の鳥取西高校も)。


県内では『野球の伝統校』として知られていますが、ここしばらくは県大会を勝ち抜けず

夏は1991年の第73回大会、春は1996年の第68回大会を最後に甲子園から遠ざかっていました。

もし来年のセンバツ出場が確定すれば23年ぶりの甲子園となるわけで、地元は盛り上がりそうです。


同じ米子市には、今年の高校サッカー全国大会でベスト8(準々決勝)進出を果たし

ロシアワールドカップの日本代表・昌子(しょうじ)選手の出身校でもある米子北高校があります。

米子東高校もサッカーは強かったのですよ・・・ブログ主が高校生だった頃は(汗)

高校生クイズ(日本テレビで放送してるやつ)で優勝したことだってあるし・・・


ちょっと気が早いけど、全国に『米子東』の名を知らしめる絶好のチャンスです。

明日の中国大会決勝の相手は、"甲子園の常連"といえる強豪・広陵高校。

山陰両県の高校野球ファンが応援していますので、持てる力を尽くしてぶつかってほしいです。

果たして結果はどうなりますか。 それは明日のブログで。





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)