FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】トレーニングシューズの購入と、”ゆるくない”ご当地キャラの人気取り。

こんばんは。

今日は昨日の予告通り、来月からのジム通いで使うシューズを買いに行きました。

それもタイミング良く、実家の近くの大型商業施設が『今日だけポイント10倍!』のチラシを出していまして。

これを逃す手はないと、開店直後に出掛けて3000円ほどのスニーカーを購入しました(ポイントが300点つきました)。

今後は明後日に米子の家を引き払って出雲に住民票を移したら、12月になるのを待ってジム入会の手続きをします。

目に見えて体型に変化が出てくるのは三か月後か半年後か・・・ ケガをしないように気を付けてやっていきます。


さて、今日はもう一つ話題をお届け。

毎年恒例になっている『ゆるキャラグランプリ』の今年の最終結果が、今日発表されたらしいです。

今や島根県の顔となっている『しまねっこ』がグランプリを”卒業”して以来、あまり気にしなくなっていましたが

今年の投票では、キャラを応援する自治体などによる”大量の組織票”が問題視された報道もありまして・・・

グランプリでの得票数が『そのキャラの純粋な人気度や応援の大きさ』を反映しているのか、疑問に思った方もいたようです。


『ゆるキャラ』という概念が出来てから、20年くらい経っていると思います(”ゆるキャラの元祖”ことトリピーが生まれたのがその頃)。

そこから『ひこにゃん』や『せんとくん』、『くまモン』に『バリィさん』といった全国的な人気者になったキャラがいる一方で

あらゆる自治体や企業がそのブームに乗ろうとするあまり、どーしようもない(おい!)キャラが乱立している様子もあります。

もちろん地元の知名度やイメージの向上に貢献しているのであれば、そのキャラの存在意義はあるということでしょうけども

『票の数』が多いほど有名かというとそうでもないですし、ましてそれが人為的に水増しされていた(疑いがある)となれば、不信感も出てきますよね。

来年以降もグランプリ自体は開催されると思いますが、投票方法などが変更されたりするんですかね。 続報を待ちましょう。


というあたりで、今日はおしまい。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)