FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】想定外の手間はかかりましたが、転院先の予約が取れました。 

こんばんは。

今日は、出雲に引っ越してからお世話になる(予定の)メンタルの病院へ行ってきました。

米子の病院には都合4年半ほど通っていたことになりますが、家族の都合で実家に戻ることを告げたら

先生が「じゃあ、向こうの病院に提出する紹介状を書きましょう」と、すんなり了承してくれました。

それから1週間ほどで実家に紹介状が届き、こちらの生活も落ち着いてきたので、朝から出かけました。


その病院は割と規模が大きい『総合病院』的なところで、待ち時間がかなりかかることを覚悟して行きました。

正面玄関を入ってすぐのところにあった『総合受付』で、紹介状を持っていることを告げて受診をお願いすると・・・

「申し訳ありませんが、11月中は患者さんが一杯で、予約をとってもらわないといけません」

その予約も、その場でとれる訳ではなく『以前受診していた病院から、予約の依頼をしてもらう』という手間がかかるもので。

その場ではとりあえず健康保険証の確認と、病院に登録してある住所の変更の手続きをして、米子の病院に電話をかけました。


で・・・結果から言うと、お昼過ぎには米子の病院から「予約がとれました」と連絡がありました(留守電で病院の名前が間違っていたけど)

前回もらっている薬(残り3週間分)が無くなるまでに行ければいいや、と思っていましたが、来週の水曜日に受診できるそうです。

月曜日に行ったハローワークでも『新しい病院の先生からも、就労への意見を聞いてみては?』と言われていたので

思っていたより早い時期に受診できるのは、助かります。 話がしやすい先生だとなおいいけど、どうなりますやら。


では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)