FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】貴ノ岩関が引退すると聞いて、ブログ主が一番気になったこと。

こんばんは。

大相撲の幕内力士・貴ノ岩(たかのいわ)関が、同じ部屋の力士に暴力を振るったとされる問題で

今日(7日)の午後になって貴ノ岩関自身が日本相撲協会に現役引退を届け出て、受理されたそうです。

モンゴル出身で日本国籍を持っていないようなので、年寄(としより、一般に『○○親方』と呼ばれる)として協会に残ることはできない上に

一連の騒動で相撲ファンの印象を大いに損ねてしまった彼は、今後どのような第二の人生を送ることになるのでしょうか・・・?


まぁその辺の詳しい取材や考察は、例によってテレビ局やジャーナリストに任せるとして。

ブログ主がこの知らせを聞いて気になったのは、『来場所の番付での扱いはどうなるの?』でした。

大相撲の番付というのは、通常『本場所が始まる2週間前の月曜日早朝』に発表され、ニュース等に上がりますが

実は番付そのものは、前の本場所が終わった3日ほど後に『番付編成会議』で審議され、その日のうちに決まっているのです。

ということは、九州場所後の番付編成会議の時点では”現役”だった貴ノ岩関は、来年初場所の番付には当然名前が載っているわけで・・・

そのまま名前を残して星取表には『引退』と書かれるのか、それとも名前すら削除されて『空白』の地位ができてしまうのか。

ネットで過去の事例を調べてみても、今回のケースに応用できる情報は得られず、番付発表の当日を待つしかない気がしています。

もしその辺の事情に詳しい方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。


では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)