FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】将来は現金を使わない生活に・・・? 手引きと不安解消もついてきてほしい。

こんばんは。

最近、”ペイペイ”だか”ぽいぽい”だかという『電子マネー』の社会現象が起こってましたね。

アプリ?を登録したスマホをかざしてお買い物をすれば、代金の20%分のポイントが還ってくるばかりか

運が良ければ買い物代金の全額に相当するポイントがプレゼントされて、実質”タダ”になるというキャンペーン。

企画した業者は100億円分の予算(ポイント)を用意していたとの事ですが、わずか10日で使い切ってしまったそうです・・・

ブログ主が普段行くお店には、そんな張り紙やQRコードはなかったけどなぁ・・・(ファミリーマートはやってたみたいだけど、行かなかった)。

ともあれ『少しでもお金の手出しを少なくしたい!』という人たちにとっては、ありがたいキャンペーンだったのでしょう。


とはいえ、業者さんの真の狙いは『日本にキャッシュレス決済の文化を定着させること』だそうで。

というのも、お金の支払いは『やっぱり現金払いが一番!』という考え方が日本ではまだまだ根強いようで

他の先進国などと比べても、”キャッシュカード”や”電子マネー”といった現金を使わない(=キャッシュレス)決済を扱っているお店が少ないそう。

そうなると、キャッシュレス決済に慣れている海外からの観光客が日本で買い物をしづらくなる、つまり観光収入を増やしていくことが難しい・・・という懸念が出て

キャッシュレス決済ができるお店や宿泊施設を国内にどんどん増やしていこう・・・という思惑が、あるとかないとか。

来年10月に予定されている消費増税でも、”キャッシュレス決済のみ”増税分のポイントを還元する、という案も検討されているそうでして

私たちが好むと好まざるとに関わらず、キャッシュレス決済が日本の暮らしに浸透していくのは間違いなさそうです。


一方で、ヒトには『正体が分からない、理解できないものを不安に思う』という本能?があります。

普段の買い物で現金しか使わない人であれば、キャッシュレス決済に対して抱く不安も様々だと思います。

『お金が目に見えないから、気づかないうちに使いすぎて金銭感覚が狂わないか』

『スマホに登録した個人情報や銀行口座の内容が、盗まれて悪用されることはないのか』

『停電や通信障害でスマホが使えなくなったら、何も買えなくなってしまうではないか』


システムを導入するお店の側にも『設備を置くための費用がない』とか『客や売り上げが減ってしまわないか』という声もある様子。


国や自治体がこれら全ての不安に対して適切な対応ができるとは思いませんが、本当に将来の日本に必要な仕組みであるのなら

『トラブルや悪用を防ぐには、こういう仕組みがあります』とか『普及は推進しますが、現金が使えなくなるわけではありません』というように

正確でわかりやすい情報を、地道に根気強く発信していく努力が必要ではないかな、と考えています。

『理解できる人だけ得をすればいい、理解できない人は置いてけぼり』という態度では、ますます現金に固執する層も出てきそうな気もします・・・

公的機関だけでは難しいなら、業者や一般ユーザーの中からもそういう動きが出てきてもいいですよね。 ビジネスとして成り立つかは分かりませんが。

そのうち、ブログ主も発信する側に回ることになるのかも・・・? その前に、山陰地方に対応店舗が増えることが先かなぁ。 それじゃダメじゃん


という感じで、グダグダ言ってたらお時間です。

今年もあと2週間と少し。 カレンダーにアディショナルタイムは無いので、年内に決めきりたいです(何を)。

では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)