FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】相撲界だけの話じゃない・・・暴力以外の交渉手段を模索する社会。

こんばんは。

今日は午前中にジムへ行って、いつもとは違うメニューで身体を動かしてきました。

先生のお手本を見ながら音楽に乗って運動すること45分・・・ 全身汗だくになり、体重が1キロ減ってました(本当)。

スタッフの方からは「いちばん初心者向けのメニュー」と聞いていたのですが、何とかついて行けたというのが実感です。

まぁまだスタートから1か月も経っていない段階ですので、何度か繰り返して少しずつモノにしていきたいと思います。


ところで・・・ 本場所が終わった年末も、今年の相撲界は話題が尽きないみたいです。

昨日は、日本相撲協会に所属する関取(幕内・十両の力士)を対象に、研修会が行われたと聞きました。

協会全体で”暴力の根絶”を目指す取り組みを進めていたにもかかわらず、(元)幕内力士が”付け人(※)”に対して暴力を振るい

事実上『引退に追い込まれた』という”事件”が記憶に新しいところですが、再発を防げるかどうかを世間は厳しく見ています。

(※)付け人・・・『力士として一人前』の関取になると、身の回りの世話や作法の指導などを目的に、同じ部屋の(原則)幕下以下の力士が当てられる。


相撲界の暴力に限らず、他のスポーツや一般企業でも見られる『パワハラ』だったり教育現場における『体罰』なんかも

根っこにあるのは『立場の強い側の人が、自分の信念や常識を押し付けるために行う手段』という認識なのでは、とブログ主は考えています。

師匠と弟子、上司と部下、先生と生徒・・・ 人間同士の『上下関係』では、目上の相手を敬いその教えを尊重して自分を高めようとする態度は(ある程度は)必要です。

ですが・・・いざ自分が上の立場に立ってみると『自分の方が偉いのに、こちらの思う通りに動かない相手が気に入らない』という感覚を持ってしまうのも、よく聞く話。

時には、自分が気に入らないだけなのに『お前は常識を知らない』とか『そんな当たり前の事も分からないのか』と、もっともらしい理由をつけて相手の非をあげつらった挙句

『口で言っても分からないなら、こうするしかない』と、暴力やそれに近い行為に及んでしまう・・・ そんな状況が思い起こされてきます(想像の域を出ませんが)。


この議論に欠けているのは・・・”相手が自分の思う通りに動くのが当たり前”という思い込みをまずは疑わなくては、という点のように思います。

いくら上下関係が明確であっても、それぞれの人にそれぞれの人格や生い立ち、考えて行動する能力が備わっているのですから

それらを無視して『お前らは立場が下なんだから、俺の考える通りに動くべきだ』と振る舞うのは、どうしても無理があるように思います。

もちろん、会社が利益を出すためとかスポーツ選手が結果を出すために、上司や先輩が『こうした方がいい』と指導助言をする必要はあるでしょう。

でも、その目的を見失って『俺は立場が上なんだから、俺の言うことが絶対に正しい』という態度で指導助言する相手から学びたい、とは思わないはずです。

『言うことを聞かないから叩く』なんて、今時はペットの犬や猫をしつけるためでもやらないのでは(私は飼った事は無いのですが)。

・・・そうやって言うのは簡単ですけど、実際にはもっと複雑な要素が絡んでいて全てを解決する方法は見出しにくいのでしょうね・・・


ともあれ、ブログ主は『自分がされたら嫌なことは、相手にもしない』ことが基本だと考えてます。

これから仕事で部下を持つような立場になった時、その真価が試されると思うので、これからも考えていきたいテーマです。


では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)