FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【戦国時代】武田信玄伝説~舞台裏~
こんばんは。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが

先日「にほんブログ村」のランキングに登録いたしました。

トップページと記事の最後にボタンをつけていますので

よろしければ応援クリックをお願いいたします。


さて、前回と前々回で武田信玄の生涯について見てきましたが

これに関してお問い合わせを頂きましたので、

今日はその点について少し掘り下げたいと思います。

続きは追記からどうぞ。

‐‐‐‐‐‐




今回お話しするのは、武田信玄の子どもについてです。

前回の記事で名前が出てきた信玄の跡取り、武田勝頼(かつより)

信玄の四番目の男子で、本来ならば跡取りになる立場ではありませんでした。


実は勝頼の母親は、以前信玄が信濃攻略の際に攻め滅ぼした

諏訪地方の領主・諏訪(すわ)氏の出身で、信玄はその事情を踏まえて

勝頼に「諏訪」の姓を名乗らせ、諏訪地方の統治にあてようとしていたのです。

ちなみに、諏訪氏は武士でありながら、諏訪大社の神官も務めた家柄です。
私もいつか諏訪大社にお参りしたいと思っているのですが、いつになるやら…。


さて、信玄の跡取りになるはずだった長男は、義信(よしのぶ)といいます。

「なるはずだった」というのは、ある事件が起こったからです。


武田氏は駿河の今川氏および相模の北条氏と同盟を結んでいましたが、

今川氏は桶狭間の戦いで当主・義元(よしもと)が戦死してからは勢力が衰退し、

三河(みかわ、現在の愛知県東部)で独立した徳川家康の攻撃を受けていました。


信玄はこれを勢力拡大の好機ととらえ、今川領への侵攻を考えます。

これに真正面から異を唱えたのが義信です。

実は義信は、今川義元の娘を妻として迎えていたのです。

親戚筋の家を攻めるのは、大義名分が立たない。義信はそう主張しました。


しかし、信玄は義信の主張を退けました。

それどころか「義信には謀叛の企(くわだ)てがある」として

義信を幽閉し、後に彼の近臣らとともに切腹を命じたのです。

信玄には、かつて父親を追放した過去があります。

義信を放っておけば、今度は自分が追放されるかもしれない。

そんな考えがあったのかもしれません。


こうして、跡取りとなるはずだった義信を失った信玄は、

四男の勝頼を諏訪家から呼び戻し、自分の跡を継がせることにしたのです。
(次男は生まれつき目が不自由で寺に入れられていました。
 また、三男は幼い頃に亡くなっています。)


信玄から跡取りに指名されたことで意気込んだ勝頼でしたが、

一度他家に養子に出された子が本家を継ぐという今回の決定に

戸惑う家臣も少なくなかったようです。

しかも、それから間もなく信玄が病死してしまったため、

勝頼にとっては信玄のノウハウを学ぶ時間が十分に無かったとも考えられます。


長篠の戦いで大敗を喫したこと、そして武田家を滅亡させたことで

後世の人からあまり良い評価をされていない勝頼ですが、

本人の資質以外に、こうした複雑な背景があったことも

勝頼が信玄死後の武田家臣団をまとめきれなかった一因なのかもしれません。


というところで、今日のお話は終了です。

次回、もう少しウラ話的なことを書こうと思います。

【応援クリックはこちらから!】


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
川中島や長篠や桶狭間という有名な戦いが全部連鎖しているのが、戦国時代なんですね。私はその連鎖が全くわからなかったので、前回と、今回のブログを読んで、なんかちょっと興奮してしまいまいした。あの頃の歴史で何かが少しでも違っていたら、現在はものすごく変わっているなあと実感しました。ありがとうございました。歴史の授業なんかでもここは一気にまとめておくとわかりやすいですね。
2015/08/25(火) 06:22:51 | URL | by丹後のきんちゃん (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
丹後のきんちゃん さん

> 川中島や長篠や桶狭間という有名な戦いが全部連鎖しているのが、戦国時代なんですね。

おっしゃる通りだと思います。
一つの合戦や特定の人物を深く掘り下げて見ていくのも面白いですが、
やはり歴史というのはその前後のつながりとか周りの人物の動きなども
合わせてみていくと、さらに奥深さが感じられると思っています。

ただ、学校の授業でこういうことをやろうとしても
時間や学習内容の制約もあって難しい部分もあるのですが…。
このブログで、そういった楽しみ方を少しでも感じてもらえたら嬉しいです。
2015/08/25(火) 19:22:22 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する