FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】上田城復元に10億円!? 太っ腹なお方もいたものだ。

こんばんは。

昨日から悩まされている鼻のグジュグジュは、一晩寝て多少は軽くなっている気がします。

ただ時々どうしようもなく鼻の奥がムズムズしてくしゃみも出るので、予定していたジムを取りやめました。

以前から外に出る時はマスクを着用するよう心掛けていましたが、家の中でもマスクが取れない生活が2,3日続きそうです。


ところで、昨日の夕方あたりからテレビのニュース番組を賑わせていた話題がありました。

長野県上田市が、昨年12月に匿名の市民から”10億円の寄付”を受けていたことを明らかにしたそうです。

なんでも、この市民の方は『上田城の”やぐら”を復元する費用に充ててほしい』と市の担当者に寄付を申し出て

担当者も金額の大きさに驚きながらもそれを了承すると、数日後には上田市の銀行口座に本当に10億円が振り込まれていたとか。

なお、NHK長野放送局の記事によれば”やぐらは1つ復元するのに5億円かかり、当時の図面や写真も復元には必要”とのこと。

10億円もの大金を惜しげもなく寄付してしまう”市民”ってどんな方なのか・・・ 気にはなりますが、詮索するのも野暮というものですかね。

正月早々ツイッターで1億円をバラまいたどこぞの社長とか、通販サイトのギフト券で税金をかき集めようとするどこぞの自治体の長が聞いたらどんな反応をするだろう、なんて。

(かく言うブログ主も”観光客を集めるための話題作りか?”とか”事業収入の課税を逃れるためか?”とか変な勘繰りをしないでもなかったですが・・・にんげんだもの。)


それはともかくとして、上田城といえばやはり3年前に放送された大河ドラマ『真田丸』で一躍有名になった感があります。

もちろんそれ以前から”戦国最後のヒーロー”として人気の高い真田幸村(信繁)をはじめとする真田家一族の居城として

世の戦国時代ファンやお城ファンから熱い支持を集めていた”名城”ではあったのですが、全国的な人気を博したのはやはりドラマの影響が大きいかなと。

特に、幸村の父で『真田丸』では主役以上に目立っていた(苦笑)真田昌幸が、圧倒的な兵力を誇る徳川軍を2度も撃退した”見せ場”もあって

戦国時代を強くしたたかに生き抜いた真田一族の記憶とともに、上田市のみならず全国的に見ても歴史的価値のあるお城として後世に残るのは、嬉しいことです。


実はブログ主も、ちょうどドラマ放映されていた時期に長野までふらりと行ってきたことがあります・・・ (お目当ては上田城と諏訪大社)

20161102193524591.jpg

上はブログにも一度アップしている(はずの)写真ですが、覚えている方がいますかねぇ・・・? 結構な賑わいだったことは記憶しています。

他にもお諏訪様の御柱を拝んできたり、信州名物?の”山賊焼き”や”ローメン”を食べたり、鳥取で強い地震があったり(←お) 

旅日記としては去年4月の吉田郡山城(広島県安芸高田市)が最後となりますが、機会があればまたどこかに行ってみたいと思います。


はい、記事の主旨がよく分からなくなってきたところで今日はおしまい。

明日はジムに行けるくらいには、鼻が良くなっていますように・・・ ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
まこな。さん、こんばんは。
花粉症大丈夫でしょうか。
こっちは少し雨降ったのですが気温が急上昇して私もムズムズしております

なんと10億ですか!
金額が高すぎて想像できない^^;
観光客も増えますし、忠実に再現してほしいですね。

百名城巡りを再開していると各地で大手門復元とか馬出し門再現とかお金をかけています。
歴史好きの観光客が増えたんですかね^^
2019/02/20(水) 21:01:23 | URL | byかひ (#-) [ 編集]
Re: 城
かひ さん
コメントありがとうございます。
花粉症かどうかは微妙なところですが、鼻炎はひとまず止まったようです。
これで目のかゆみもあれば間違いないのでしょうけど、用心は続けます。

10億円もの大金を支出できるなんて、実に気前のよい人物だと思います。
昨今のお城巡りブームもあって、良い投資先だと考えたのかもしれません。

そして全国的にお城や遺構が復元されつつあるのは、嬉しいことです。
特に地方では、日本の歴史に詳しくない外国人観光客の呼び込みも大事なので
日本の歴史上の人物にまつわる逸話に関心を持ってもらうためには
まずは形のあるものを見てもらいたい、という思惑もあるのかな?と考えたり。
自治体任せでなく、歴史ファンとしても魅力を発信していきたいと思いました。

2019/02/21(木) 16:31:47 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)