FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】確定申告の書類を仕上げようとして、あちこち壁にぶつかった話。

確定申告の書式です



こんばんは。

今日は変化球気味に、しょっぱなに写真を持って来たりなんかしてみました。

ツイッターの朝挨拶でも書いた通り、そろそろ確定申告の書類に手をつけないとなーと思い、あれこれ作業をしてました。

結論から言えば、ブログ主個人の所得税については『昨年1~3月までに徴収された全額が戻ってきそう』という計算になりましたが

書類上での計算が完了するまで、というより計算式や記載内容に自分自身が納得するまで、あちこちと壁にぶつかりながらの作業でした。


給料に関してはわずか3か月分だったということで、そこから給与所得控除(言い換えれば『仕事を続けるための最低限の必要経費』)を差し引くと

所得税を課税されるべき”所得”がマイナスになってしまい(嬉しいやら悲しいやら)、この時点で『貴方から所得税はとれませんよー』ということになりました。

しかしながら、3月まで毎月のお給料をもらった際に”源泉徴収(げんせんちょうしゅう)”として前もって徴収されていたので、その分が全額戻ってくるというわけですね。


これだけなら話は簡単だったのですが、この先がちょっと難しかった・・・

実はブログ主、去年は会社からの給料だけでなく、証券会社の投資信託とFX口座からも若干の利益が出ていまして。

詳しく説明すると長くなるので各個で調べて頂きたいですが、これらにもそれぞれおよそ20%の税率が(原則として)かかります。

そのため、証券会社やFXの取引会社の会員ページから去年1年間の取引金額が分かる文書を引っ張り出し、正確な金額を調べて

(今更言うな、ですが)紙の様式ではなくネットの書類作成コーナーで金額や必要事項を入力し、ようやく完成した書類のデータを見たら、こちらも課税額はゼロ・・・

いやまぁゼロならゼロで嬉しいのですけど、内心では『記載のミスでもしたんじゃないか?』と不安になりまして。 後で間違いを指摘されるのも嫌ですし。

なんとか原因を探り出したいとネットであれこれキーワードを変えながら調べまくり、ようやく納得できる理由にたどり着きましたのでご報告。


まずFXの方は、一昨年の確定申告で届け出ていた『損失額を最大3年後まで繰り越せるルール』が適用されて、去年の利益はその損失の穴埋めに消えた格好に。

そして投資信託・・・『一般口座と特定口座の違い』とか『課税方法を選択してください』だのと、専門用語も飛び交ってあちらこちらのサイトを当たってみました結果

『今回出た投資信託の利益は、所得から差し引かれるはずだった”基礎控除”で相殺できる』ということで、計算ミスでは無かったと確認できました。

・・・これ以上分かりやすく説明する気力も脳力(?)も残っていませんので、あとは各自で調べてください(←いつものパターン)


ということで、せっかく1年間とっておいた病院関係の領収書も、今回は出番を迎えずに終わりそうです。 作業量は減りましたけど。

あとは明日か明後日にコンビニの印刷機から書類データを打ち出して、提出が必要な証明書の類と一緒に会場へ持っていこうと思います。

これが終わったら両親から頼まれた分にも取り掛かりますが、本当は法律違反らしいんだよなぁ・・・(ここだけの秘密話でお願いします)


では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)