FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】東京マラソンが明日開催と聞いて、マラソン誕生の逸話をひとつ。

こんばんは。

ツイッターでも発信しましたけど、今年の2月はやはりというか『記録的な雪の少なさ』だったようですね。

特に、山陰地方を含む『西日本の日本海側』における降雪量は、平年に比べてわずか”1%”だったと気象庁が発表しました。

いやホントに思い返してみても雪が降った記憶が無いですからね、今年の2月は(昨日の記事みたいな事もあるから、単に忘れているだけかも)

『雪が少ない年の夏は猛暑になりがち』なんて、ありがたくない”気象あるある”も聞きますが、はてさてどうなることやら。


ところで、明日3月3日は東京マラソンが開催されるそうですね。

来年の東京オリンピック・パラリンピックの日本代表選手を決める上でも重要なレースだそうですが、ブログ主はその辺の事情には詳しくないのでノーコメント・・・

そんなトップクラスの選手が集まるのはもちろん、この日のために準備と練習を重ねてきたランナーが3万8千人も走るそうですよ。 すごい数です。

今年は大河ドラマでも『日本人で初めてオリンピック(のマラソン競技)に出場した選手の話』をやっていますので、世間の関心も高まると良いのですが(←番宣かよ)


そんな”マラソン”という競技名には、紀元前の時代に起こった戦争に由来する逸話がありまして・・・聞きます? 『嫌です』と言われても書くのですが

紀元前5世紀(今から2500年ほど前)に、古代ギリシャ(当時の国名は”アテナイ”)の軍勢がマラトンという場所で敵国の侵略軍を打ち破った際に

1人の兵士が戦場から首都(現在のアテネ)まで約40キロの道のりを鎧を着けたまま走り抜き、自軍の勝利を伝えてそのまま息絶えた・・・というものです。

もちろん相当に使い古されてきた(←失礼)逸話なので、実際のところどうだったのかは”諸説あり”ですが、それなりに有名なエピソードではあります。

そして、近代オリンピックの第1回目とされる1896年のアテネオリンピックで、その兵士が走った『マラトンからアテネまで40km』のコースを走る競技が行われ

これが”マラトン”の地名を冠した『マラソン(マラトンの英語読みとも)』と呼ばれることになる競技の始まり、と言われているそうです。


一人の勇気ある兵士の行動が、時代を超えて世界中で行われるスポーツにまで発展するなんて、ずいぶんロマンのある話だと思います。

日本の戦国時代にも、黄色の旗を背中に差して『勝ったぞー、勝ったぞー!』と叫びながら戦場を駆け抜けた武将がいたのですが

遠い未来には、彼をモチーフにした新しいスポーツが誕生してたりして・・・ブログ主は多分生きていませんが もしかして:北条綱成


そんな妄想をこねこねしつつ、3月最初の土曜日のブログは終了です。

ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
マラソン
まこな。さん、こんにちは。
色々とお詳しいですね(^_^)

いまマラソン大会でコスプレして走る人はいますが、鎧となると重量あるから命がけでしょうね。

あっ!俺の好きな北條綱成のことご存知だったんですね。
北條家てドラマとかで主役級に扱われないから関東以外の知名度てどうなんでしょうね(^_^;)

今日はこちらは冷たい雨で東京マラソンも雨になったようです。
2019/03/03(日) 17:01:58 | URL | byかひ (#-) [ 編集]
Re: マラソン
かひ さん
コメントありがとうございます。

> まこな。さん、こんにちは。
> 色々とお詳しいですね(^_^)
いえいえ、逸話の細かい部分は忘れていたので、ネットでいろいろ調べました。
世界で最初のマラソンがギリシャで行われた事も、調べて初めて知りましたし(苦笑)

> いまマラソン大会でコスプレして走る人はいますが、鎧となると重量あるから命がけでしょうね。
かひさんも、ちょうどマラソン大会に出場されていたのですね。
私は10分も続けて走れば息が上がってしまうので、スゴイと思います。
ましてや鎧や兜をつけて走れと言われても、まず一歩も動けないかも・・・
それでも、郵便やメールなどない時代に伝令をする役目は、大きな名誉だったのかもしれませんね。

> あっ!俺の好きな北條綱成のことご存知だったんですね。
> 北條家てドラマとかで主役級に扱われないから関東以外の知名度てどうなんでしょうね(^_^;)
北條(北条)綱成に限らず、戦国武将の名前を『信○の野望』で覚えたブログ主ですから
個々の生い立ちや経歴には詳しくないのですが、有名なエピソードとして覚えていました。
北條氏も実力的には全国有数の戦国大名で、信玄や謙信にも引けを取らない存在だと思うのですが
信長との絡みが無くて”地味な印象(すみません)”なのか、なかなかドラマの主役にならないですね・・・
例えば北條幻庵(早雲の弟)を物語の軸にして、成り上がりから滅亡までを語らせる作品とか見てみたいです。

長々と失礼しました。
2019/03/04(月) 16:44:22 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)