FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】現代人のストレス解消法、今昔ものがたり。

こんばんは。

今日は、新聞を読んでいてたまたま目に留まった載っていた気になる話題から、一席お付き合いください(←落語かよ)


東京のとある調査会社が、首都圏の18歳以上の男女を対象に『あなたのストレス解消法は何ですか?(複数回答)』というアンケートを2018年に行って

20年前の1998年にとった同じアンケートの結果と比較したら、社会や生活の変化に伴う興味深い考察が得られた・・・という記事が載っていました。

端的に言いますと、20年前に比べて急増したストレス解消法が『食べること』なんだそうです。 (1998年:25% ⇒ 2018年:43%

調査会社の担当者は、その理由として「コンビニや外食チェーン店の増加で、より手軽に食べられるようになったからでは」と推測していました。

確かに、ブログ主にも『何かを口に入れると嫌な気分がまぎれる』という経験はありますし、何より食べ物も食べる事も大好きなので(!!)

日頃のストレス解消法として取り入れる人が多いというのもうなずけます。 ただ、現代の食べ物は基本的に高カロリーですからねぇ・・・(遠い目)


他の結果を見てみると、今も昔も最多回答だったのが『充分な睡眠をとること』。 (1998年:59% ⇒ 2018年:50%

『睡眠は万病に効く薬』という方もいるくらいで(←要出典)、寝る間を惜しんでゲームをしていた20代の自分に聞かせてやりたいと思いました。

それに続くのが『親しい人と話をする』で、1998年も2018年も変わらず44%。 一方で『タバコを吸う』は23%から15%に減ったそうです。

ここ20年は『自動販売機の撤去』や『店内分煙の義務化』など、タバコに対する規制ムードが広がってきたのも影響しているのかも。


そして、最も興味深いと感じた調査結果が『ストレスの程度と解消法の関係』でして。

この調査では『普段どのくらいストレスを感じているか』という質問もしていて、ストレスが少ないと感じる人は『睡眠』や『運動』などを挙げる割合が高かった一方

日頃からストレスを強く感じている人ほど『食べる』『タバコ』『酒』『買い物』の割合が高く、これらは度を超えると”依存症”につながりかねないので要注意、と。

依存症と言えば、今朝も有名な芸能人さんが薬物に手を出していたと言って大騒ぎになってましたが・・・ ストレス解消のために薬物に手を出すのは、ダメゼッタイ。

ブログ主もストレスを感じやすい(量は少なくても”ガラスのハート”・・・)と自覚していますので、健全なストレス解消法を実践していきたいものであります。


特にオチは無いですけど、別にいいですよね・・・ 今日はこのへんでお開き。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)