FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】イチロー選手、お疲れさまでした。 そして名言を頂きました。

こんばんは。

今日は新聞もテレビもネットも、イチロー選手の現役引退の話題で持ち切りだったようです。

ここで改めて書くまでもないとは思いますが、イチロー(本名・鈴木一朗)選手は愛知県出身の45歳。 背番号は”51”。

日本のプロ野球では(バファローズではなくブルーウェーブだった頃の)オリックスで頭角を現し、その実績を引っ提げて日本人野手では初めてメジャーリーグに挑戦。

移籍先のシアトル・マリナーズでも大活躍を続け、1シーズンの最多安打記録(262本)や10シーズン連続での200本安打など数々の記録を残しました。

28年に及ぶプロ野球選手生活の中で積み上げた日米通算の安打数は4367本。 ・・・きりがないので、あとは各自で調べてください(得意の丸投げ)


そんな野球界の”生きる伝説”となったイチロー選手にも、ついに引退を決断する時が来てしまった、ということで。

おととい・昨日と日本で行われたマリナーズの今シーズン開幕2連戦では、外野の守備で見せ場を作ったもののヒットは打てず。

昨年ごろからは試合に出場する機会も減少しており、そろそろ潮時か・・・という憶測も流れてきていたように思います。

それでも、今までに積み重ねてきた輝かしい記録と記憶が、野球ファンのみならず多くの人々に勇気や感動を与えてきたのは確かで。

イチロー選手に憧れて野球を始めた少年少女や、イチロー選手の野球への姿勢と情熱を人生の糧とした社会人はどれ程いたことか。

そう考えると、他人を変えるとか感化するというのは『自分から押し売り』しても効果が薄くて、『真剣に取り組む姿を見せる』ことで伝わることもあるのかなぁ。

つーか、最後の一文は何の話だよ。 まったく。


えーと、正直なところブログ主はイチロー選手にそれほど関心を持ってはいなかったのですけど

今朝偶然耳にした、引退表明直後の会見における1フレーズが心に刺さったので紹介しておきます。 (初めて使う”ツイートの貼り付け”機能)




イチロー選手の名言やプロ意識を引き合いに出す人は、決まって『辛いことやしんどいことから逃げるな』と言いそうなものですが

ご本人は『そこから逃げたいと思うのは当然』と”人間が抱えている弱さ”を受け止めたうえで、どう乗り越えていけばいいのかを説いています。

『エネルギーがある状態で立ち向かうのが大事』、裏を返せば『心身が消耗した状態で問題解決を図るのは得策ではない』ということかな、と。

メンタル面の弱さを自覚するブログ主にとっても、この言葉は他の名言よりもスッと腹に落ちたように感じました。

他の名言を聞いて『でも、イチロー選手だからできたんだろう』と内心思っていた自分にも、これなら真似できるかもしれない・・・なんて。


まぁだからと言って明日から劇的に人生の方向性が変わるなんてことは無いですが、逃げっぱなしでは何も始まらないですし。

まずは現時点より気力体力が落ち込むことを極力避けつつ、人生の中で何かを為していくために動いていきたいところであります。

ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)