FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】今日気になったニュースの言葉・・・ 『営業係数』

こんばんは。

今日の記事は個人的なメモ書きの域を出ない感じですけど、良ければお付き合いください。

家で購読している新聞の一面に、こんな見出しが出ていました。 『JR四国、ほとんどの路線が赤字経営』

要点だけ言うと・・・四国4県で鉄道事業を担っている『JR四国』が、ここ数年の経営状態を発表したところ

ほとんどの路線で赤字経営となっていて、このまま人口と収入の減少が続けば廃止される路線も出てくるかも・・・という話でした。

昨年には島根県内でも”JR三江線(さんこうせん、島根県江津市~広島県三次市)”が廃線されていますし、他人事とは思えない問題です。

JR四国では『駅や線路が通っている自治体とか地元の企業にも協力を呼び掛けて、なんとか路線の維持を図りたい』としていますが・・・


その記事の中で、ブログ主には全く聞き覚えが無かった『営業係数』なんて言葉が出てきまして、ちょっと興味を惹かれました。

『営業係数』というのは、具体的には『100円の収入を手に入れるために必要な出費の額』を表す指数で

100より小さければ『収入の100円より出費が安い』ので利益が出ている(=黒字)、逆に100以上だと『出費が100円以上かかっている』ので赤字、ということ。

記事によれば、JR四国が経営している路線の『営業係数』はほとんどの区間で100を上回り、中には1000を超えてしまっている区間もあったそうで。

『1000円かけて100円稼ぐ』となったら、そりゃ経営はうまくいきませんよね・・・ 人口減少や交通手段の発達など、努力だけでは難しい面もあるのでしょうけど。


それにしても、説明を聞けば何となく使い勝手が良さそうな『営業係数』という言葉、他の業界では使われていないようです。

毎度お世話になっているウィキペディア様によれば、この係数を用いるのは鉄道やバス会社などに限られるそうで・・・ 理由は謎です。

収入目的でブログやホームページを経営している方が『今月の”営業係数”は~~』なんて使っていても、違和感は無さそうな気もしますが。

こういうサイトで収入の額を具体的に書くのはNGらしいですけど、営業係数が示すのは”金額”ではなく”比率”だからセーフだったりしないかなーとか。

あれこれ妄想は膨らみますが、ブログ主自身がそういうサイトの一つでも立ち上げてから言えって話ですよね。 失礼しました。


では、今日はこのへんで。 本当にメモ書きだなこれ・・・

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)