FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】発表から2日余り、このブログでも新元号ネタを解禁します。

こんばんは。

昨日は『クタクタだー』と心配をおかけしましたが、一晩寝たらまずまず回復したのでご安心を。

で、4月1日に発表されてから”何となく”ブログでの使用を避けていた新元号ですが、今日の記事で解禁します。

とはいえ、唐突に出すのも不自然なので話の流れで登場させます・・・ どこで登場するかお楽しみに。


さて、今日の山陰地方はようやく新年度らしい(?)青空に恵まれましたが、吹く風は依然として冷たいまま。

そんな中、ブログ主は『自立支援医療制度』の更新時期が来ていることに気付き、手続きのため市役所に行きました。

そんな制度初めて聞いた、という方もいると思うので書いておくと、要はメンタルの病気等を治療する人のための医療費助成制度で

病状や経過を証明する”医師の診断書(※)”を持って役所の福祉関係の窓口に申請、その後の審査が通ると使うことができます。

該当する医療機関や薬局の窓口に証書を提示すると、通常は健康保険使用で3割負担の医療費や薬代が1割負担となります。

対象となった病気や症状が続いている間は受け続けることができますが、1年に1回の更新が必要です。 (※)2年に1回は医師の診断書も必要


ブログ主の場合は有効期限が『平成31年5月31日』までとなっていて、その3か月前から更新の申請は可能だったのですが

昨日の就労支援センターの方との顔合わせ中に証書を取り出して見せた時、そろそろ更新しないといけないと気付きまして。

ちょうど今日は別の用事で市役所方面に行こうと思ったこともあり、ついでに更新も済ませてしまおうと考えたのです。


新年度が始まったばかりの市役所は、新しく転入してきた方の手続きで混雑すると聞いていましたが、昼過ぎに行ったら割と空いていました。

そしてブログ主のお目当てであった福祉関係の窓口には、だーれもおりません。 しめたと思い、窓口の椅子に着席するとすぐに応対してもらえました。

担当の方に渡された『更新を申請する書類』に目を通し、内容を確認して署名と押印。 現在使っている証書と保険証のコピーも預かってもらいました。

で・・・ 窓口での手続きがほぼ終わった段になって、思い切ってこんな疑問をぶつけてみました。


『あのー、次の証書に記載される元号は”令和”になるんでしょうか?』 ←出た!


そう。 『平成31年5月31日』まで有効な今の証書から切り替わって、更新後の証書は『令和元年6月1日』から有効になるのです。

もしかしたらブログ主が初めて手にする『”令和”の年号が入った証明書』になるかもしれん・・・と、ちょっとだけワクワクしてしまいました。


ところが・・・ 窓口の方がおっしゃるには。

『えーと・・・ 4月中に申請されたものに関しては、証書の有効期限も”平成”のままで発行されると思います・・・』

だそうで、どうやら”令和”の年号が入るのは来年度の更新から、ということになってしまいそうです。 ちょっと残念。

ただ、この後には毎年7月末で期限が切れる健康保険証が控えていて、8月からは”令和”の文字が入った保険証を使えるのは間違いない。

それに対して、運転免許証は来年の2月(誕生日の前後1か月間)に更新なので、『令和元年』と刻印された硬貨を見る方が先になりそうな・・・?

その頃には”令和”の響きにも違和感を感じなくなっているのでしょうか・・・? 何はともあれ、平穏な日々が続く”令和元年”になることを願います。


では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)