FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】人口減少、食い止めるのか受け入れるのか? ぼんやりと考えています。

こんばんは。

知事選挙から一夜明けて、次の4年間を託すリーダー達が各地で動き始めています。

島根県でも、珍しく全国区で注目されるほど激しい選挙戦を勝ち抜いた、丸山新知事の話題で持ち切りです。

これから始まる任期の4年間で、島根はどう変わっていくのでしょうか? 県民の一人として、まずはお手並み拝見というところです。


ところで、丸山さんに限らず知事選候補者が口を揃えてアピールしていたのが『人口減少対策』

ご存知の通り(そもそも島根と鳥取の区別がつかない人もいるけど)、島根県は日本で2番目に人口が少ない都道府県であり

最近では『日本で初めて”大正時代の人口”を下回ってしまった都道府県』という不名誉な称号を受け取ったほど、人口減少が進んでいます。

ある全国区の人気テレビ番組では『このままいくと、島根県民は21××年に絶滅する』なんて縁起でもない仮説まで立てられてました・・・

その辺を知ってか知らずか、どの候補者も『島根の人口減少をどげんかせんといかん!』と訴えていました(←それは別の県知事)


ただね、ブログ主の本音としては『人口減少はもう仕方ないから、それでもやっていける島根県』を望んでいるんですよね。

すでに日本全体で見れば人口は減少傾向に入ってきていますし、今は増えている東京周辺だっていずれ減少に転じる予測が出ています。

そんな中で『島根県だけは人口が増えてます!』という未来が待っているとは思えないですし、今後増えるとしてもおそらく外国出身の方が頼りですから・・・

県民の社会生活や経済活動の維持発展に責任を持つ知事(候補)としては『人口減少を食い止めます!』と言わざるを得ないのでしょうけど

『もし今のペースで人口が減っても、県民生活を守るにはどうするか?』と危機感を持ち、知恵を出せる知事であって欲しいと思っています。

もちろん、県民の側も考えて行動する必要はあろうかと思います・・・ 子育て、教育、観光、仕事・・・ まずは自分にできる事から。


では、そろそろ時代劇の時間なので今日はこれで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)