FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【お楽しみ】ゲームの”攻略法”は多種多様で、人それぞれに好みがあります・・・

こんばんは。

10連休も3日目になり序盤戦も終わろうとしていますが、皆様はどんな風にお過ごしでしたでしょうか。

ツイッターで付き合いのある方々からは、普段はなかなか行けない観光地やお目当ての場所に出かけたという報告もありました。

こういう”お楽しみ”こそ連休ならではですから、存分に楽しんできて頂きたいと思いながら”いいね”のボタンを押しました。


一方その頃ブログ主はどうしていたかというと・・・ちょっくら世界征服してました。 もちろんゲームの中の話ですよ?

『シヴィライゼーション』という、海外の有名なゲームデザイナーが生み出したゲームがありまして・・・ 久々にプレイしてみたのです。

プレイヤーは日本やアメリカなどといった”ある民族”の指導者となって、定住する集落を発展させて都市を築き、未開の地を切り開いて資源を獲得します。

同時に技術革新や文化の振興も行わねばならず、自分以外の指導者が率いる民族ともうまく付き合う(場合によっては武力を行使する)必要もあります。

そして、プレイヤーの最終目的となるのが”世界征服”なのですが、このゲームではただ単に『自分以外の国をすべて滅ぼす』ことだけを指す訳ではありません。


例えば・・・他国に先駆けて宇宙開発を推し進め、自国の民をいちはやく”銀河系の外にある入植地”へと送り届けることができれば”勝利”ですし

自国の芸術や文化をひたすら振興し、世界中から羨望のまなざしを集める”花の都”を作り上げることでも”勝利”を得ることができます。

あるいは、ゲームの終盤で設立することができる”国際連合”の事務総長になるための支持を集め、選挙に当選すれば”勝利”とみなされます。

もちろん自分以外の国が達成すれば”ゲームオーバー”ですので、自分の国はどの勝利条件を目指すべきなのか、入念に計画を練らないといけません。

また、最初に選ぶ”民族”には『戦争に強い』とか『文化振興が得意』などそれぞれの特徴があり、それを活かせるかどうかで難易度も変わってきます。

そういう意味では”天下統一”という目標が決まっている『信○の野望』的な作品より、戦略面での自由度は高いようにも思います。

その反面、ゲームを有利に進める上で覚えなければならない事柄は沢山あり、慣れるまで時間がかかります(シミュレーションゲーム全般に言えますが)


久々にゲームの感想を書いて思うのは、ゲームの”攻略法”って一つではないのだなぁという事です。

昔ながらの”マ○オ”や”ドラ○エ”なら、ひたすら練習してミスしないようにするとか、ひたすら戦ってレベルを上げるとか

それでもダメなら友達に聞いてみるのだけど、結局は自分が上手くなるなりモンスターと戦うなりしないとクリアできなかったわけで。

でも現代となっては、ネットに繋げばそこかしこに『ゲームの攻略情報』が転がっていますから、それさえ読めばクリアはできてしまう。

そうなると、ただ単にクリアするだけでは飽き足らなくなり”制限を課してクリアする事”を考えるようになるのです、ゲーマーってのは。

”マ○オ”だったら『スーパーキノコをとらずにクリアする!』とか、”ドラ○エ”なら『レベル15以下でラスボスを倒す!』とかね。

『単なる自己満足じゃん!?』と言われそうですけど、これで”ユーチューバー”になってたりする人もいるので侮れないというか。

なお、この攻略スタイルは『課金が前提』で『対戦要素がある』スマホゲームには向かない模様・・・ どうしても『お金つぎ込んでる人ほど強い』ので。

そもそも、大半のスマホゲームにはエンディングなどあって無いようなものですから・・・ 『そこにエンディングがあるからや!』課長も言ってました。


久々にグダグダと書きましたが、やっぱりゲームって面白いんですよね。 生活に支障をきたす程ではないけど、1日ゲーム禁止と言われたら怒ります、たぶん。

明後日5月1日からは約1年ぶりに仕事をしますけど、残りの時間をどうやって今遊んでいるゲームに振り分けるか、悩ましいところです・・・

それでも、明らかにブログ主より忙しいであろう人たちが(主にツイッターで)ゲームの話をしているのを見ると、負けてはいられないとも思うわけで。

まぁその時間配分も”ゲーム攻略法”の一部と割り切って、仕事に支障が出ない範囲で楽しみたいと思います。 なんてネ。


明日はついに平成最後の日。 ブログ主はどんな記事で平成を締めくくるつもりなのか? ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)