FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【メンタル】落ち込みを止められない。 自分に非がある理由だから、なおさら。

こんばんは。

また、このカテゴリーを使うことになろうとは・・・・ でも書かずにはいられないのです。


おおむねご想像の通り、今日の仕事でやらかしてしまいました。

終業時刻の間際に上司から呼び止められて、作業の進み具合を報告したら「そのやり方では仕事をしたことにならない」と返され。

その上で「限られた人件費で仕事をしてもらうのだから、スピードも意識してもらいたい」とも言われ、頭が真っ白になってしまいました。


上司のご指摘は至極もっともなことです。 仕事のやり方が分からないなら聞けば済む話だし、費用対効果を考えるのもビジネスの基本です。

そして、この業界の仕事を始めて3週間目の”見習い”に、上司や先輩から”完璧な仕事”を求められているかと言えば、違うと思います。

ただ、それらが重々分かっているつもりでも、心が傷ついたと感じてしまうブログ主がいるのは、いったいなぜだろう・・・?


「いくら初めてでも、このくらいの作業は一人でできるはず」という、ちっぽけなプライドがへし折られたから?

「仕事をしたフリをして、ただ時間を無駄にしただけ。 給料を払うに値しない」と言われたように感じたから?

「聞けば済むのは分かっているけど、どうしても他人に話しかけるのが怖い」という”ひきこもり気質”に嫌気が差したから?



・・・こんな事を書けば『ま~た始まった、構ってちゃん。 黙って落ち込んでろよ』などと言われるのは分かっている。

それでも書かずにいられないのは、”自分の心が傷ついて、痛がっている”ことから目を背けてはいけないんじゃないか、と感じたから。

”心が痛い、苦しい”なんて話せる他人はいないけど、どこかに吐き出せば少し楽になることもある。 それがたまたまブログだっただけ。

明日も仕事には行く。 行かないとしょうがないし、自分のためにもならない。 強がりとか追い込みじゃなくて”試練”だと思うから。

仕事から帰ってきた時、今日より少しでも心が軽くなっているように、与えられた仕事に真っ直ぐ向かい合ってきます。


この後は明朝まで”心の手当て”に専念しますので、このへんで・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)