FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】体重が減った事に気を良くして、ツイッターに張り付いてしまいました。

こんばんは。

今日は5月最後の土曜日でした。

『令和』の元号になってから『もう1か月』と短く感じたか、『まだ1か月』と長く感じたかは人それぞれだと思いますが

ブログ主個人の感覚では、全くの未経験だった業界に飛び込んだこともあってか、この1か月は長かったと感じました。

今の仕事をこの先も続けていけるのか、それともまた別の道を探らざるを得なくなるのか。 どちらにしても焦らず一歩ずつ進みたいです。


と、毒にも薬にもならない前置きをしてから、タイトルの回収(つまり本題)に入ります。

午前中は、いつものジムに行く前に”かかりつけの町医者(メンタルではない)”へ行ってきました(月に1度の定期受診です)。

毎回決まって体重と血圧を測ってもらうのですが、ここ半年は一進一退だった体重が1か月で3kgほど落ちていました(血圧もいい数字でした)。

5月初めの連休が終わってから”ジムは土曜日だけ”だったにも関わらず・・・ 確かに食事やお菓子の量には気を付けていましたけど。

仕事とプライベートを切り分けて、メリハリのある生活ができているのも一因かもしれません。 お菓子をダラダラ食べることもなくなったし。

ともかく、体調を崩すこともなく体重が減っているのは良い傾向なので、この流れを大きく変えることなく次の受診まで過ごしたいです。


病院とジムを終えて帰宅し、昼食を終えたらもう午後の1時半を過ぎたくらい。

何気なくパソコンを立ち上げてツイッターを見ていたら、サッカーの”天皇杯”が今日から始まったようで。

Jリーグに所属するプロチームだけでなく、各都道府県の予選を勝ち抜いた学生・アマチュアのチームも参加する”サッカーの日本一決定戦”。

我が(?)島根県からは、今年3月に悲願のJFL(日本フットボールリーグ)昇格を果たした”松江シティFC”が出場しました。

今日がその1回戦で、相手はJリーグの3部(J3)に所属するカマタマーレ讃岐(香川県代表)。 格上と言えば格上の相手です。

ツイッターでフォローしている松江シティのアカウントが数分おきに試合経過をツイートしていて、ブログ主もたびたびチェックしていました。

結果だけ言えば(延長そしてPK戦までもつれ込んだ末に)負けてしまいましたが、リードしていた時間帯もあって大健闘だったと思います。

なお、明日は鳥取県代表でJ3に所属するガイナーレ鳥取が登場します。 相手は環太平洋大学(岡山県代表)、こちらも応援したいです。


その後も、パソコンで他の作業(動画見たりブログ訪問したり)をする合間に、ツイッターを見つつたまに投稿しつつ・・・

プロ野球の試合とか大相撲の取組に動きがあるたびにチェックしてしまって、落ち着きが無いように自分でも感じますが、たまにはいいですよね。

それはそうと、大相撲夏場所は14日目で前頭8枚目・朝乃山(あさのやま)関の初優勝が決まりました。

11勝2敗で単独首位だった朝乃山関は今日の相撲で大関・豪栄道関に勝ち、3敗で追っていた横綱・鶴竜関が関脇・栃ノ心関に敗れたため

千秋楽を待たずして(もっと言うと、普段ならすでに決まっている千秋楽の対戦相手が決まる前に)『令和初の優勝力士』の栄冠を手にしました。

そして『10勝すれば大関復帰』にあと1勝と迫ってから3連敗を喫していた栃ノ心関は、来場所での大関返り咲きを勝ち取りました。


昨日の”朝乃山-栃ノ心”の一番が後味の悪い形で終わったことに、複雑な気持ちを抱いたファンもいたかと思いますが(私もです)

白鵬関や貴景勝関が休場してどこかピリッとしない夏場所を引き締めた、富山県出身の25歳を今は大いに祝福したいと思います。

もし明日の千秋楽、これより三役の結びで鶴竜関との対戦が組まれればこれも”異例”ですが、あり得ない話ではない気がします。

また、先日ブログにも書いた通り”アメリカのトランプ大統領が観戦&トロフィーを授与”とのことなので、どんな表彰式になるのか楽しみです。

場所前は優勝するなど想像もしていなかったであろう(←失礼)朝乃山関は、これから優勝力士インタビューの練習をするのだろうか・・・  

その辺は、明日の千秋楽の中継を見てからゆっくり記事に落とし込みたいと思います。 ごめんよ昇太師匠と笑点のみなさん・・・


では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)