FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】あと3か月半で始まる軽減税率。 ブログ主も重い腰を上げて考えます。

こんばんは。

今日の山陰地方は『梅雨入り?なにそれおいしいの?』と聞きたくなるような晴天。 一体いつになるのでしょう・・・

それでも帰り際にふと目線を道路に落とすと、小さなアマガエルがぴょこんと目の前を横切っていって、季節は進んでいるなぁと思いました。


ところで・・・ 今年10月から『消費税の軽減税率』が導入されるという話は、皆様どこかで一度は耳にしていると思います。

ざっくり説明すると・・・今年10月1日から、消費税の税率が現在の8%から10%に引き上げられるのですが

『生活必需品である飲食料品(※)』と『週2回以上の頻度で定期的に購読する新聞』に限って8%の税率になる・・・というものです。

(※)毎日の食事など”家庭や職場で人間が飲食するもの”はほとんどが含まれるが、外食やお酒などは10%の方に入るとか。

しかしこの分け方は非常に抽象的で、実際に制度が始まったら『これは8%か10%か?』で混乱する人や職場も出てきそうな気がします。

例えば、同じお店の『ハンバーガーセット』でもお店の中で食べれば外食と見なされて10%だが、持ち帰りにすれば8%で済むとか。

『ウチの会社は飲食物を販売しないから関係ないね』ではなく、会社の経費で飲食物を購入する際にも問題になるので、無視はできなさそう。

ブログ主の新しい職場も例外ではなく(むしろ結構ガッツリ勉強しないといけない)、あと3か月半の間に覚えるべきことは多いわけです・・・。


そんなブログ主の職場で、今日出てきたのがこんな話題。

先輩A 『軽減税率って、”栄養ドリンク”には適用されないんだって。』

先輩B 『医薬品と同じで、10%になるってこと? 地味に痛いね~。』

言いたいことは読んで字の如しなのですが、栄養ドリンクは”食品”とはみなされず、消費税率は10%に引き上げられるそうです。

そこでブログ主が(口には出さぬとも)思ったのは、『じゃあ、似たような成分が入った”エナジードリンク”はどうなの?』ということ。

”エナジードリンク”・・・ 聞き馴染みの無い方もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと派手めの缶に入った”元気が出る”炭酸飲料です。

具体名を挙げれば『モン○ターエナジー』とか『レッ○ブル』とか・・・ 飲むと眠気が吹き飛んだりやる気が湧いてくるらしいのですけども

”ビンに入った栄養ドリンク”とあまり変わらない量のカフェインや栄養成分が入っているので、飲みすぎは推奨されないものです。


栄養ドリンクが10%になって、エナジードリンクが”食品”とみなされて8%のままなら、そっちにお客さんは流れるんじゃないの・・・?

いち消費者の、素朴な疑問です。


さてさて、皆様はどうお考えになりますか? 私のツイッターでは簡易アンケートを実施中ですので、良かったら一票を。

答え合わせは、明日のブログにて。 それまでに調べておきますので。 ではまた。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)