FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【FX連載】まこな。が「FX」をやらを始めたらしい・3
こんばんは。

今日もFXについての連載記事を書きます。

今回のテーマはこちら  じゃーん

【FXって何やねん?② 「FX」と「取引の基本」】


これも、すでにFXをやっている方にとっては(たぶん)当たり前、

そういう方には「釈迦に説法」もいいところなのですが、

自分自身の勉強のために書かせてもらいます。


続きは追記からどうぞ。
‐‐‐‐‐‐




さて、以前の記事で「外国為替(かわせ)」という言葉が出てきましたが、

これは基本的には「2つの通貨による取引」を意味します。

具体的には、ある通貨を一定量「買って」、後で「売る」。

ここまでで1回の取引が完結し、買ったときと売ったときの

それぞれのレートによって、利益(または損)が確定します。


FXに限った話ではなく、商売で儲けを出す基本として

「安いときに買って(仕入れて)、高いときに売る」というのがあります。

私がやっている日本円とアメリカドルの取引で考えると、

ドルが安い(円高ドル安)時に手持ちの円を使ってドルを買い、

ドルが高くなった(円安ドル高)時にドルを売って円を手に入れることで、

取引前より多くの円を手にすることができるわけです。


ただ、レートは日々刻々と動いているため、

常にこのような取引ができる状況にある訳ではありません。

そのためか、FXには「買って売る」とは逆の取引方法があります。

つまり、先にドルを「売って」おき、後で「買い戻す」という方法です。

この場合、ドルを「買って売る」時とは逆に、

最初が円安ドル高、最後が円高ドル安であれば利益が出ることになります。


…と、分かったようなことを書いておりますが、

正直、私自身も「売って買い戻す」というイメージがつかめておりません。

どうして手元にないものを売ることができるのか、うまく説明できません。

FXや為替に詳しい方、コメント等で解説を頂ければ幸いです。


とにかく、円とドルの関係だけで言うならば

「円高ならば買い、円安ならば売り」と考えれば良さそうなのですが、

そう単純には運ばないのがFXの難しいところだと思います。

何度も言いますが、レートは日々刻々と変動しているうえに

今のレートが高いのか安いのか、この先のレートが上がるのか下がるのかを

常に考察しながら予測し、それにしたがって判断することが求められるからです。


そもそも、なぜレートは絶えず上下するのでしょうか?

これも私自身の理解の範囲で言うならば、

「(例えば)円とドルの需要と供給のバランス」が動いているからだと思います。

国際情勢や経済に関するニュースをよく聞いていると

「経済の先行きに対する警戒感から、比較的安全な資産とされる日本円が買われ、
 今日の円相場は値上がりしました。」

(この文面はイメージです。実際のニュースではありません。)

のような表現が出てくることがあります。


どんな品物でも、それを欲しい人が増えれば品物の値段は上がります。

売る側は、より多くお金を払ってくれる人に売りたいと考えるからです。

また、流通する品物の数自体が少ない場合も、品物の値段は上がります。

買う側が、より多くのお金を払ってでも買いたいと思うからです。

ただ、あまりに値段が上がりすぎると買いたい人は離れていってしまいます。

それでは売る側も困るので、次第に両者が納得できる価格に近づいていきます。


これと同じことが、円やドルをはじめ、各国の通貨について世界中で行われています。

それぞれの通貨を買いたい人とその量、また売りたい人とその量の変化によって

「このレートなら買ってもいい」あるいは「このレートなら売ってもいい」という

(その時点での)適切な水準が決まります。

このようなかけ引き(?)が絶えず行われているのです。
あと、調べたら「レートは複数存在する」ようなのですが…どういうことでしょう?


えー、ちょっと話が飛んでしまいましたが、

FXで利益を出そうと思ったら、このレートを味方につけなければなりません。

そのためには、様々な分野の勉強と情報収集が必要なようです。

今の私はチャート(過去のレートの動きを示すグラフのようなもの)は見ているのですが

「テクニカル分析?移動平均線?なにそれおいしいの?という状態なので(苦笑)

先は長いですが、少しでも長くFXを続けるために頑張りたいと思います。


今日もお読みいただいてありがとうございました。

次回は、FXを始めるために私がした準備を見ていきたいと思います。

【追伸】
拍手コメントをくださった”モル作”さん、ありがとうございました!



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
おはようございます
「FX」はよくわからないのですが、まこな。さんの挑戦を「頑張って」って思いながら拝見しております。

為替レート、国際送金をする時ににらめっこ(笑)をしていた時があります。
円をウォンに変換してドル仕立てで送金だったかな?
4年間毎年8月にお世話になりましたが、ここ2年はお休みしています。


専業主婦が5年で3000万円貯めたお金のルール  って言う本を4年前に買っったのですが、私には向いてないなぁと(・・;)・・・じっくり読まずにそのままです。

2015/09/07(月) 08:20:23 | URL | by花梨 (#ndHicBQ6) [ 編集]
Re: おはようございます
花梨 さん
コメントありがとうございます!

> 「FX」はよくわからないのですが、まこな。さんの挑戦を「頑張って」って思いながら拝見しております。
実は私もあまり分かってはいないのですが、
勉強をしながら長く続けたいとは思っています。
こうしてブログに情報を上げながら、というのも
長続きさせるための一つの作戦です(笑)

FXに関するブログも読み始めているのですが
情報がありすぎてどこから手をつけたらいいのか…(汗)
まずは基本的な言葉の意味を覚えなきゃと思います。
途中経過も随時アップしていきますので
楽しみにしてお待ちください~e-446
2015/09/07(月) 19:35:06 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]
買いと売り
自分の場合、FXは結局のところ両替を繰り返してる訳なので、2つの通貨のどっちが起点かで入れ替わる、みたいな理解です。

ようは…

①円を持ってる状態でドルを買う
②ドルを持ってる状態で円を買う

…①は通常の感覚で買い、②は円視点で見ると、買いと逆の行為なので、売り、と。

…すまんです。上手く説明できない( ;´Д`)
2015/09/08(火) 21:09:30 | URL | byモル作 (#-) [ 編集]
お返事です
>モル作 さん
コメントありがとうございます!

すみません、分かりづらい質問で…。
答えていただいて感謝です。

「売って買い戻す」というのは、考えてみたら
例えば「3-5」のような引き算のように
現実には再現しづらい状況なのかもしれませんね。

実は私は数学の教員免許を持っていますが、
答えにマイナスの出る引き算を説明するのは
なかなか大変なんですよね。
「そういう仕組み」だということが分かれば
話が早いのですが…。
それと同じ話なのかもしれません。
私ももう少し調べてみますね。
2015/09/09(水) 19:32:22 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する