FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】勉強をはかどらせる方法は様々・・・ かえって今の子どもは大変そうな。

こんばんは。

今日の山陰地方は『ようやく・・・』と言ったらいいのか、今年の梅雨に入って初めての”しっかり雨”の一日となりました。

ブログ主もこんな日は自宅でのんびり・・・と思いながらも、午前と午後にそれぞれ親のお使いで外出してきたのですが

どちらも『外を歩く間は本降りなのに、店や車の中に入ると小降りになる』という、理不尽な現象に見舞われました・・・ なんでやねん。


ところで、8月からの職場復帰に向けて絶賛(!?)勉強中の”簿記(ぼき)”ですが、マイペースながら着実に進めています。

まずは”仕訳(しわけ)”と呼ばれる、簿記の世界において『基礎にして全ての土台』となる知識と技術を身に着けないといけません。

前にも書いた通り、この仕事を始める前に本屋でとりあえず選んだ簿記の参考書を読んでも、最初は全く分からなかったのですが

2~3か月を経て、職場で勧められた他の参考書やネットの解説サイトを併せて読み込むことで、少しずつコツがつかめてきた気がします。

知識が頭に入ったら、あとは例題や練習問題を相手にノートを埋めていく、つまり『手を動かして、書いて覚える』のがブログ主のやり方。

効率やクオリティを求めるなら、通信制の塾なり学校で教わるのも良いでしょうけど、今はなるべくお金のかからぬ方法を選びたいもので。

学生時代も、国語の漢字書き取りや化学変化の公式とかはとにかく書いて覚えたなぁ・・・なんて思い出しながら、やっています。


そう思い返すと、今の時代は『勉強しよう』と思い立ったら、学校に通って先生に習う以外にも様々な方法があるわけですね。

知りたい言葉や人物の名前を調べるのに、図書室で本棚を探さなくても検索サイトに打ち込めば、あっという間に情報が出てきますし

何かの分野を勉強しようと思えば、おそらくほぼ全ての分野について『○○を分かりやすく教えます!』みたいなサイトや動画が出てきます。

もちろんスマホやパソコンといった”情報端末”の所持が前提になりますが、今はもう机に向かって本を読むだけが勉強ではないのですね。


子ども(に限らず大人も)それぞれに”個性”というか、どうやったら覚えるのが早いか(耳から聞くか文字で覚えるか、絵で覚えるか)

あるいは逆に苦手な方法が個人によって違う部分もありますから、自分(あるいは身近な人)に適した方法を探すこともできそうです。

とはいえ、あまりに選択肢が多いと『何から手をつければ・・・』となりかねないし、本来の勉強に入る前にくたびれても本末転倒ですし。

教員の経験があるブログ主から言えることがあるとすれば『どんな方法でもアリだけど、とりあえず手を動かしてみたら?』ですかね。 

”料理のレシピ本を穴が開くほど読み込んでも、実際に作ってみないと料理は上達しない”ように、やってみないと始まらないので・・・ 

漢字を覚えるために、まず5回書いてみる。 数学の公式を見ながら、2~3問実際に解いてみる。 勉強ってその積み重ねだと思います。

これからを生きる子どもや若者が”ノウハウコレクター(知識や方法論ばかり勉強して、実務の能力は怪しい人)”になりませんように・・・


ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)