FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】冒頭のセリフには元ネタがありますが、伝わるのだろうか・・・?

「勉強時間は多ければ多いほど良い・・・

 そんなふうに考えていた時期が、ブログ主にもありました。」



こんばんは。

なんかいきなり偉そうな事を書いてますが、結局はどーでもいい内容の話になりそうな予感です・・・。

【ちと長くなったので、セーブポイント】にほんブログ村 その他日記ブログへ


ブログ主が11月の試験で取得を目指す”簿記3級”、今日も2時間くらい机とノートに向かって勉強してました。

思い返すと、学校に通っていた頃は『毎日家庭学習をしなさい!』と先生からも親からも言われて(しぶしぶ)やってました。

自己評価なのであまり当てにはなりませんが、ブログ主の学生時代はそれほど集中力がある方ではなかったと思います。

机に向かい始めてから1時間くらいはいちおう頑張りますが、テスト前でもない限り3時間とか4時間も続けることはできなかったです。

だいたい途中で「あー、あのマンガの続きを読みたいなー」とか「ゲームのレベル上げしたいなー(←これは今も変わってない)」と

勉強以外のことが気になり始めてそっちに手を伸ばしたら、もうその日は帰って来れなかったですね。 大抵そのままベッドで寝落ちです。


で、学校に行ったら行ったで『昨日は自宅で何時間勉強をしたか、”生活ノート”で自己申告しなさい』と来るわけですね。

特にテスト前になると、”テスト勉強の計画表(かつ実績記録)”を事前に渡されて、毎日何の教科を何時間勉強したかを書かされる。

ほんでもって、先生がそれを集計して『うちのクラスの平均勉強時間は何時間!』とか『一番多かった人は何時間!』と学級便りに載せて

『自宅で勉強に費やす時間が多い奴がエライ』みたいな空気になってたよーな・・・ もちろん自分もそう思ってましたとも。

受験に向けた格言でも『○当△落(睡眠時間が○時間以下のヤツは合格するが、△時間以上のヤツは落ちる)』とかありましたっけ。


でも、大人になってみて十数年、ブログ主がいま思うことは『勉強って、時間をかければいいってもんでもないな』と。

大人になる前は『学生のうちは勉強が仕事』というくらいに、勉強のほかに時間とエネルギーを費やせる事柄が限られてました。

もちろん人によっては部活に青春そして恋愛(・・・。)も充実していたでしょうけど、やはり勉強をおろそかにする事は後ろめたさがあった。

そこ行くと、大人になってから何時間も費やして勉強しようとなっても、本来の仕事や大人のお楽しみ(別にやらしくないよ!)があって

そっちの方に向かうエネルギーも計算しながらで、学生の頃のように『とりあえず長い時間勉強しとけばいい!』とはいかないような。

もっと言えば、勉強した知識って1日や2日で詰め込んでもすぐ忘れるから、何日もかけて”染み込ませる”方が結果的に効率がいいはず。

結局は『継続は力なり』のような話になってしまうけど、1日15分でも30分でもいいから毎日続ける”クセ”をつけるのが大事でしょうかね。

今のブログ主もそれが出来ているとは思えませんが、気持ちだけでもそういう境地に置くことが重要ですよね(と言い訳してみる)


では、今日はそんな感じで。 板垣先生ごめんなさいでした。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)