FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】空白期間を挟むと能力は落ちるのが理で、無理に埋めようとする必要は無かった。

こんばんは。

今日行ったジムで”ちょっとした気づき”があったので、共有させて頂きますね(なんか”〇〇コンサルタント”を名乗る人が書きそうな書き出し)


ブログ主は基本的に毎週土曜日を”ジムの日”にあてていたのですが、先週の土曜日は喉の痛みがあったのでお休みにしました。

そして2週間ぶりとなった今日のジム、いつも通りのペースでランニングマシンを走らせたら、運動中の心拍数がかなり高く出てまして。

マシンに備え付けられた”握り棒”みたいな部分を握ることで、運動中でもリアルタイムに心拍数を測ることができる仕組みなのですけど

2週間前の数字より10~20も高い”1分間あたりの心拍数”が出てしまい、『休んだら体力が落ちた・・・』と落ち込んでしまいました。


・・・でも、よく考えてみたら『先週のジムを体調不良で休んだ』上に『8月からデスクワークの仕事に復帰した』わけですから

週2~3回のペースでジムに通えていた時期と比べて、体力を維持するのが難しくなっているのは当たり前のことだと思うのですね。

仕事の方でも、1か月ほどお休み(名目上は”簿記の勉強期間”)を頂いてから復帰すると、いろいろと忘れていることがありましたし

いきなり『以前と同じことができないとダメ』というのは自分にとって酷な話で、自分への要求水準を少し下げて臨んだ方が

自己評価(ひいては”自分を大事に思う心=自尊心”)を必要以上に傷つけなくて済むのではないかな・・・と感じた次第です。


現代は『満足したらそこで終わり、夢は叶えなきゃ意味が無い』と闇雲に鼓舞するフレーズに溢れていますが、自分が壊れたらオシマイですし

病み上がりでもいっそ病んでいる途中でも、昨日よりダメになっていても今の自分にできる事が一つでも増えれば、まずは合格点と思います・・・

こんな言葉で誰かの心や人生を救えるなんて思いませんが、自らが自分の人生を投げ出してしまわないために、書き残しておきました。


以上、久しぶりに飲んだ酒の勢いで書いてみました(←飲んでたんかい)  ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)