FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【戦国時代】ある戦国大名の生誕から、今年で500年。 これ以降の武将を祝えるかどうか・・・?

こんばんは。

今日も外は非常に暑いことになっていたので、クーラーの効いた部屋でおとなしく過ごしていたブログ主です。


さっそく本題・・・先週と今週の『笑点』は、静岡県からの放送(厳密には収録)だったようです。

どちらも大喜利だけは見ていたのですが、先週の問題に『静岡の戦国大名・今川義元(いまがわよしもと)』公が出現されました。

出現といっても、2年前に大河ドラマで演じた”静岡出身の司会者”による「そっくりさん」ですが もちろん「ほぼセリフが無かった」こともイジられました

まぁこの時点でタイトルのネタバラシをしてしまったようなものですが、気にせずお付き合いください。


戦国時代に”名門”と呼ばれた(※)守護大名・今川氏の当主として、現代の戦国ファンにも名前が知られている義元公。

ただ、その評判は決して誇らしいものばかりではなく・・・ 『お歯黒大名』 『公家かぶれ』 『馬に乗れないデブ』 『おじゃる丸』などなど

”桶狭間の戦い”でおよそ10倍の兵力を率いながら(諸説あり)、若き織田信長に討ち取られた”ダメ大名”のイメージも根強く残ります。

もちろん法律の整備や外交手腕など、他の大名のお手本になる優れた力量もあったようなのですが、そちらが話題になることは少なく・・・

名誉挽回のための記事をブログ主が書けなくもないのですが、今日1日ではとても間に合わないので別の機会ということで・・・

(※)家系図を遡ると、室町幕府を開いた足利尊氏の先祖と同じ人物に行きつくそうで、将軍家に何かあれば跡を継ぐ資格があったとか。


その今川義元公、歴史の文献における”生まれ年”が1519年ということで、今年がちょうど500年の節目になるわけですね。

地元の静岡では、これを記念して誕生した(?)『今川さん』なるご当地キャラが活動を行っているとか、いないとか・・・ 気になる方は検索を

そして、義元公は有名な戦国武将の中では生まれた時期が早い方でして、これからもどんどん”生誕500年”を迎える武将が出てきます。

・武田信玄 → 2021年(2年後)

・上杉謙信 → 2030年(11年後)

・織田信長 → 2034年(15年後)

・徳川家康 → 2042年(23年後)

・石田三成 → 2060年(41年後)

・真田幸村 → 2067年(48年後)


いずれも義元公の生誕500年よりは盛り上がりそうだけど(←失礼)、三成や幸村を祝うまで生きていられるのかしら・・・?

でも、その頃には歴史的な新発見もたくさん見つかって、今語られている歴史が大きく変わっているかもしれないですよね。

本能寺の変を起こした動機や真犯人(!?)が解明されてたり、今川氏真が”愚か者のフリをした大賢人”と評価されてたり(それはない)

ともかく、これからも戦国時代ネタを好きであり続けるために、定期的にネタの仕入れ&提供をしていきたいと思ったブログ主でした。


では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
戦国
まこな。さん、こんばんは。

戦国時代ネタありがとうございます。
戦国武将生誕500周年が続きますね。
500年は長い年月ですが、今は80歳ぐらいまで生きることを考えると、そんなに大昔でもないような気がしてしまいます。
すいません、変なこと言って^^;

今年の夏は毎年恒例の百名城巡りしていないので戦国不足になっていました(笑)
やっぱり戦国時代のワクワク感はなんともいえませんね。

またお邪魔しますね。
ありがとうございます。
2019/08/12(月) 18:33:35 | URL | byかひ (#-) [ 編集]
Re: 戦国
かひ さん
コメントありがとうございます。
体調の方はいかがでしょうか?

> 戦国時代ネタありがとうございます。
> 戦国武将生誕500周年が続きますね。
> 500年は長い年月ですが、今は80歳ぐらいまで生きることを考えると、そんなに大昔でもないような気がしてしまいます。
> すいません、変なこと言って^^;

私自身も、ここ最近は戦国ネタを書く時間と気持ちの余裕が無かったように思います。
好きな分野なので、ちょっと調べただけのいい加減な内容を書きたくない想いもありますし
ただ単に知識だけを並べた記事になっても、自己満足で終わってしまいそうな気がして
『歴史に詳しくない人にも読みやすい文章』を自分に課すと、筆が進まんのですよね(苦笑)

でも、こうして喜んで頂ける方が一人でもいるのなら、手間をかけた甲斐があるというもの。
今回のネタはほぼ思いつきですが、月に1,2度は戦国ネタでしっかり書いてみたいですね。
あと、今は人生80年が当たり前になってますけど、信長は「人間50年」と謡ってましたし
実際に当時の大名で60歳以上まで生きた人は少ないので、いい世の中になったなぁと(謎)
石田三成や真田幸村の生誕500年を祝う頃、ブログ主も立ち会ってみたいものです。


> 今年の夏は毎年恒例の百名城巡りしていないので戦国不足になっていました(笑)
> やっぱり戦国時代のワクワク感はなんともいえませんね。

かひさんのブログでも、お城の写真を見て楽しませてもらっています。
やはり関東や甲信地方は、合戦や攻城戦の逸話が残っているお城が多くて良いですね。
私の実家から一番近いのが月山富田城で、あとは県外に出ないと大物(?)がいないですし
小規模な城跡もいくつかあるのですが、地元ですら知名度が低いので紹介できるかどうか・・・
その分、このブログでは戦国武将や当時の用語の解説などに力を入れたいと思っています。

あと、先日からアナウンスしている”過去の再放送”も、昔書いた戦国ネタを準備しています。
ブログを始めて間もない時期に書いた記事で、リメイクする部分も沢山ありますが・・・
来週から木曜日に1本ずつ公開していく予定なので、楽しみにしてお待ちくださいませ。
2019/08/15(木) 17:35:08 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)