FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】頭痛も電話も思い出した頃には・・・ 一番の薬は”時間”かもしれません。

こんばんは。

木曜日に公開した4年前の再放送(リメイク込み)記事について、反応やコメントを頂きまして感謝しております。

4年前と比べれば、ブログ主自身の言葉の”引き出し”だったり文章を打ち込む能力が多少は上がっているものと思いますが

根底にある『読みに来た方に楽しんでほしい』とか『難しそうな話題を気軽に分かりやすく』という想いは変わらないので

次回以降の記事も(多少の手直しはしますが)なるべく当時の雰囲気を残しつつ、楽しんで頂けるものにしていきたいと思います。


ところで、昨日の今頃は頭痛に悩まされていることを書きましたが、なんと今日の昼過ぎにはすっかり治りました。

今朝の起床時にはまだ後頭部の痛みが残っていて、どうもその痛みを感じる部分に”腫れ物”ができているのに気付いたのです。

どこかで頭を打ったという記憶も無いですし、過去にも何度か腫れ物ができた事はあったのであまり気にはしませんでした。

そして、午前中にいつものジムへ行って軽く汗を流し、ちょっと買い物をして帰ってきた頃には、痛みがすっかり消えていました。

やはり昨日の不調は低気圧も悪さをしていたのか・・・?とも思いながら、午後からの簿記の勉強がはかどったのは助かりました。


この際なので”時間が薬になった”という話をもう一つ。 以前話をした『自宅の電話が鳴らなくなった』のも、いつの間にか直りました。

『電話のトラブル、113番』でお馴染み・・・ではないような気がする相談窓口もネットで調べたのですが、出番はありませんでした。

結局のところ、何が原因でこの不具合が起こったのかは謎のままですが、修理にお金をかけずに済んだのは良かったです。

でもまた近いうちに同じような症状が起こったら、迷わず相談しなければ・・・とは思います。 地方では固定電話もまだまだ必要なので。


最後は今日の”まとめ”的な意味で、ドラマにもなった時代小説『鬼平犯科帳(おにへいはんかちょう)』から、好きなセリフを一つ。

主人が営むお店が盗賊に襲われた上、自身も(自主規制)されてしまった女性が川に身を投げようとするのを目撃した主人公・長谷川平蔵。

慌てて女性を川岸から引き離し、自らの素性(火付盗賊改方長官、現代なら警視庁の捜査一課長?)を明かした上で、こう諭します。


『死ぬつもりか、それはいけない。 どうしても死にたいのなら、1年後にしてごらん。

 1年も経てば、すべてが変わってくる。 人間にとって、時の流れほど強い味方はないものだ』



『自分で自分の生命を絶つものではない』と他人を諭すのは非常に難しいのですが、この言葉はブログ主の心にも深く刻み込まれています。

事実、1年前のブログ主は『1年後に簿記3級の取得を目指して勉強している』なんて全く思ってなかったものなぁ・・・


すぐに消えてしまいたいほど辛くて悲しくて、明日を生きる事すら嫌になる時があっても、1年生き延びれば何かが変わっているはず・・・

『頑張れ、逃げるな』とも『頑張らなくていい、逃げてもいい』とも少し違う、『時間の流れに身をゆだねる』という選択肢。 

もちろんその”望む未来をつかむため努力”は必要なのですが、それはあくまで”自分が納得し必要と思える方向”であってほしい。


いつになく真剣な話になってしまいましたが、疲れが残らない程度に明日も勉強を進めたいなぁ。 ゲームもやりたい。 

ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)