FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】消費税率引き上げまで、あと1か月。 ワイドショーが絶対伝えない話を少しだけ。

こんばんは。

今日はメンタルの定期受診で行ってきましたが、ここで特にお伝えすることも無い程度には平穏な診察でした。

ここ数か月にわたって体調も精神面も安定していますし、仕事も(見習いですが)ついて行けていることは良い傾向です。

あとは「自分の素直な感情をノートなどに吐き出して、それを客観的に眺めてみるのも心の訓練になる」と言われたくらいかな?

仕事やら簿記の勉強やらで(もちろんゲームも)忙しい日々が続く中で、そんな時間がとれるかどうか・・・ 気が向いたらやってみます。


ところで、昨日の最後に言いかけていた「書きたいネタ」を、手短にですが放出します。

このブログでも1,2度は取り上げたのかな? 10月に予定されている「消費税率の引き上げ」についての話です。

すでにテレビやネットは「軽減税率の対象は? ポイント還元はどこがお得??」などの情報で溢れている感がありますが

このブログでそれらの後追いをするのも面白くないので、ほとんどのメディアが伝えていない『消費税の基礎知識』をいくつか・・・

偉そうに『基礎知識』なんて言葉を使うと「知識を披露して(知識の無い相手を下に見て)悦に入りたいだけだろ」と思われそうですが

私自身も今の仕事に就くまではまったく知らなかった話でして(恥ずかしながら・・・)、皆さんと一緒に勉強するつもりで書いてみます・・・


まず、消費税って「お店で商品を買ったりサービスを受けたりした時に支払う税金」という認識がありますけど

消費者である私たちは、消費税を実際に国や地方自治体に納めている場面に立ち会っているわけではないですよね。

では、私たちが支払った消費税はその後どうなっているのか・・・? 簿記の勉強をしている途中に解説が出てきたので、こちらの図を。

消費税とは

例えば、あるお店で”税別1,000円の商品”を買うと、もれなく80円の消費税相当額も支払います(現在の消費税率8%の場合)。

この80円がそのまま国や地方自治体に納められるかというと、さにあらず。 まずは商品を売っているお店なり会社が”預かり”ます。

ここから先は私も含めた消費者が意識することが少ない部分ですけど、お店が売った商品も”他の誰かから仕入れている”わけで

商品そのものか商品の原料かという違いはあれど、当然ながら仕入先に対しても”仕入の代金を支払わないといけない”のですね。

そして、この仕入に関わる売買の代金にも消費税がつきます。 仕入の代金が800円なら、8%分の64円を”仕入先に納める”ことに。

すると、商品を売って預かった80円から仕入に伴って納めた64円を引いた”16円”がお店の手元に残り、これを積み上げたものが

基本的には年に一度(商売の規模が大きくなれば、何度かに分けて)、納付書とともに国や地方自治体へと納められるという流れです。


・・・淡々と説明してみましたが、何となくは伝わりましたでしょうか?

税率が8%から10%に上がると、企業が預かって納付する金額も増えますけど、商売の儲けそのものには関わりが薄い感じもします。

一方で、商品の値札を新しく作り直したりレジを”軽減税率対応”のものに替えるなど、費用や労力がかかって大変という声もちらほら・・・

中小規模のお店でキャッシュレス決済を導入すると、ポイント還元の恩恵を受けられるそうですが、これも広がりは今一つだそうで・・・

あと1か月足らずで”その日”が来るのはほぼ確実な中で、混乱やトラブルが無く10月1日が終わるのか・・・? ちょっと心配です。


時間があまりないのでもう一つ、食品や新聞(どちらも条件あり)における”軽減税率の8%”の話を。

数字だけ見ると「増税前と何も変わらないんでしょ?」という印象も受けるのですが、これも調べてみたらちょーっとだけ変わるらしい。

そもそも、消費税とひとくちに言っても実は”2種類”あることをご存じ・・・と言うと上から目線に聞こえますね、私は知らなかったです。

簡単に言うと「国に納められる消費税」と「地方自治体に納められる消費税」の2種類があって、同じ8%でもこの割合が変わるという話。

小数点も沢山出てきて文章にすると「なんのこっちゃ」なので、これも表にまとめてみました。 だからどうしたと言われても弱りますが。

消費税率のちがい

・・・まぁ、これを知っていたからと言って「お店でポイント還元が受けられる」みたいな恩恵は無いのですが(←ぇ)

自分が納めた税金がどのように扱われているかを知ると、日々接している”お金”を見る目が変わってくるとか、こないとか(無責任)

ともあれ、簿記を勉強しているといろいろ社会の事が分かってくるかも? という宣伝も込みでの今回の記事でした(???)


明日は木曜日、ブログ主は勉強会で不在ですが連載記事の続きをお送りします。 良かったらどーぞ。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
大変なんですよね
こんばんは。
増税でなくても
気象変動などで
野菜や魚の値段が高騰すると
消費者である私たちは
ただただ「高い」と文句を言いがちですが
生産者の方々の身入り
問屋さん
そしてお店のことも考えると
そうも言ってられないんですよね

特にニュースでは
お店の方が「赤字覚悟で~」と仰ったりしていますが

いろいろ知ってしまうと
「それは言わないでぇ~辛い!」
って思っちゃいますね
2019/09/04(水) 21:43:44 | URL | byリト (#m2mWYtU6) [ 編集]
Re: 大変なんですよね
リト さん
コメントありがとうございます。

> 増税でなくても
> 気象変動などで
> 野菜や魚の値段が高騰すると
> 消費者である私たちは
> ただただ「高い」と文句を言いがちですが
> 生産者の方々の身入り
> 問屋さん
> そしてお店のことも考えると
> そうも言ってられないんですよね
>
> 特にニュースでは
> お店の方が「赤字覚悟で~」と仰ったりしていますが
>
> いろいろ知ってしまうと
> 「それは言わないでぇ~辛い!」
> って思っちゃいますね

消費者の不安を煽る内容ばかり、ニュースが伝えている感じもありますよね。
「今年は〇〇の価格に異変です」と見出しを打った方が、視聴者が増えるから?
逆に豊作や豊漁で値下がりすると「安すぎて農家や漁師が悲鳴」となりますし。

話がそれましたが(汗)消費税も、最終的に負担するのは消費者なのですが
お店の側は増税によって儲けが増えることは無くて(納税分を預かっているだけなので)
それどころか、レジの取り換えやキャッシュレス決済の導入にかかる費用だったり
8%と10%の税率を分けて経理をする手間が増えるため、増税は嬉しくないと思います。
それでも中小規模のお店は「身を切る覚悟で」商売をしないと、生き残っていけないのでしょうね・・・

われわれ消費者の側も、ただ嘆くばかりではなく知恵をつけなければならないと思いますが
”まっとうな商売”で生計を立てている生産者やお店が、報われる世の中であってほしいです。
同時に、不当な報酬を得て平気な顔をする強欲な経営者には、正義の鉄槌が下りますように(´・ω・`)
2019/09/07(土) 17:33:13 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)