FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【再放送2019】 第3話『若かりし日の“尾張のうつけ”と、オヤジ殿の面影』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物(一人二役)】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。最近気になる大名は朝倉義景。
おっす!おら信長(文中「長」):ゲスト解説者という設定の、信長のまねっこ。
                   いろいろあって、ただいま別室にて休憩中。


【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      ????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――



(CMが明けても、信長氏の席にはクマのぬいぐるみ)

makonaga png

ま「まだ信長さんが戻ってきませんが、時間の都合もあるのでランキング発表を続けます。

  戦国武将下剋上ランキング、第9位は…」



デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャン!


第9位 織田信秀(おだのぶひで)

 立身出世度:☆☆☆・・  尾張半国守護代のそのまた家臣

 下剋上度 :☆☆☆・・  守護の斯波氏から支配権を奪取

 権謀術数度:☆☆☆・・  どちらかと言えば合戦が得意

 危険人物度:☆☆☆・・  経済の重要性を理解していた

 人気知名度:☆☆★・・  信長の父なのでボーナス点加算

 繁栄存続度:☆☆☆☆・  息子は天下統一に王手をかけた



ま「第9位は、織田信秀(おだのぶひで)。 総合点数は19点です。」


ま「苗字でピンときた方もいらっしゃると思いますが、実は“織田信長のお父さん”です。

  とはいえ初めて名前を聞いた方も多いと思うので、まずは経歴の紹介から。」



ま「織田信秀は、尾張の守護代(しゅごだい、守護の代行職)・織田信友に仕え

  その業務を補佐する奉行(ぶぎょう)という役職に就いた人物とされています。」



ま「その頃の尾張の統治は、守護の斯波(しば)氏と守護代の織田信友が担っており

  信秀が当主だった織田家は、さらにその下の地位だったことになります。」



ま「しかし信秀は、父親(信長の祖父)の代から支配していた津島(つしま)港に着目。

  ここを行き来する商人などから税を徴収して財力を蓄え、独自の兵力を養いました。」



ま「これを背景に、尾張国内において守護や守護代をもしのぐ影響力を獲得した信秀は

  国内の対抗勢力だけでなく、美濃の斎藤氏や駿河の今川氏とも戦いを繰り広げました。」



ま「…って、やっぱり自分ひとりでしゃべってても面白くもなんともないよなぁ。

  信長さん、いい加減戻ってこないかなぁ。自分のお父さんの話題なのに…」



(スタスタスタ)

のぶさま2019
長「あー、食った食った。」


ま「信長さん!」

長「楽屋にて弁当を馳走になっておった。腹が減っては戦は出来ぬ、ぞ。」

ま「そんなのんきなことを言って…。放送時間は相当に押してるんですよ?」

長「特に、あの”味噌かつ”とやらは美味じゃのう。

  余は濃い味付けの料理が好きでの。料理人に褒美を取らせたいくらいじゃ。」


ま「あの…信長さん?(イライラ)」


長「それにひきかえ、先日の京都ロケで出された料理の味の薄さと言ったら…。

  カメラが回っている手前『美味い』とは言ったが、正直食えたものではなかったわい。

  一流料亭だか何だか知らぬが、料理長を呼び出して文句を言わねば気が済まぬと…」


ま「信長さん! そういう話は楽屋でお願いします!

  今は番組の本番中で、しかもアナタのお父さんの話をしてたんですよ!!」


長「!? オヤジ殿の話、とな…?」

(信長氏、急に神妙な面持ちになり、クマのぬいぐるみをどかして着席)


長「…オヤジ殿は、享年わずか41。働き盛りで逝ってしまったからのう。

  あの頃の尾張は国外はおろか国内も敵だらけ、残された方は困ったものじゃ。」


ま「当時は”うつけ(愚か者)”と呼ばれた信長さんは、そのお父さんの葬儀の席で大暴れされたとか…?」

長「こらこら、大暴れは言い過ぎではないか? ただ普段着のまま、香を位牌に投げつけただけじゃ。」

ま「ごく普通の人の振る舞いでない事は確かですが…。いったい何を考えてあんな行動を?」

長「……若気の至りと言えばそれまでじゃが、何も考えていなかったとも言い切れぬ。」

ま「と、言いますと?」


長「家中の者はいざ知らず、国内の城主はみな我が織田家を面白く思っておらなんだ。

  そのうえ“やり手”で鳴らしたオヤジ殿が死んだとあれば、奴らは一斉に攻めかかってくるやもしれぬ。

  オヤジ殿の跡取りたる余がメソメソしていては、一城の主としていかがなものか?」


ま「まぁ、それは確かに…。」

長「また、当時の家中には弟の信勝(のぶかつ、信行とも)を跡継ぎに支持し

  余の一連の行動を『織田家の跡継ぎ失格だ』と騒ぐ者も少なからずおったのじゃ。

  敵と味方とがはっきり分かったのも、この一件の収穫だったのかもしれぬ。」


ま「なるほど…。」


長「余がどれほど周りから『うつけ』と呼ばれても、オヤジ殿が余を跡継ぎにする意思は固かった。

  そのお蔭で、余は”天下布武”の旗印を掲げて戦乱の世に出ることができた。 そこは感謝すべき事かもしれぬ。

  そしてもう一つ、我が妻・帰蝶(きちょう)と出会えたのも、オヤジ殿のおかげじゃな。」


ま「帰蝶さんといえば、一般に『濃姫(のうひめ)』の名でも知られている女性ですよね。」

長「オヤジ殿は帰蝶の父親…つまり(斎藤)道三殿とも戦っていた時期があった。

  戦況が悪くなった時期に、余と帰蝶との縁談を持ちかけて停戦を狙ったのであろう。

  実際に話をまとめたのは、ずいぶんと苦労をかけた平手の爺(平手政秀※)だったがの…。」


※平手政秀(ひらてまさひで):信秀の家臣で、信長の教育係を務めた。 「うつけ」と呼ばれた信長を諌めるために自害したとされる。


ま「…思い出話はまた次の機会にして、そろそろ次に行かないといけません。

  信秀自身の知名度は高いとは言えませんが、息子である信長さんの実績と知名度を考慮して

  『人気知名度』にボーナス点を加算させて頂きました。」


長「で、あるか。(←満足げ)」


ま「次は第8位…ですが、同点が2名いるので、第7位となります。」

長「また同点か、多いのう。」

ま「すみません、なかなか評価するのが難しくて…。」

長「是非も無し。」

ま「第7位で並んだ2名の発表は、CMのあと!」


【次回更新に続く】

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
ルネッサーンス!(古っ)
CMのお時間です

今回ご紹介する商品はこちら!

ジャジャン!

クリスタルガラスでーす!

食材をこういうガラスの器に盛ったり

お酒などを入れて飲んだり

普段のお食事もぐっと美味しくなりますよ!

信長公、おひとついかがですか?

2019/09/12(木) 19:47:13 | URL | byリト (#m2mWYtU6) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)