FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【再放送2019】 第4話『松寿丸と竹千代が夢の共演! …って誰のことだい?』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物(一人二役)】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。最後に訪ねた城跡は吉田郡山城。
おっす!おら信長(文中「長」):ゲスト解説者という設定の、信長のまねっこ。
                   お腹も満たされ、機嫌が直ったようです。


【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  ????・????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――




(CMが終わったつもり)

makonaga png

ま「さて。 ランキング発表もそろそろ中盤戦。第7位を2人まとめて発表します。 まず一人目は…」


デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャン!


第7位 毛利元就(もうりもとなり)

 立身出世度:☆☆☆☆・  安芸の国人から中国地方の主へ

 下剋上度 :☆☆☆・・  大内・尼子の2大勢力を駆逐する

 権謀術数度:☆☆☆☆☆  多種多様な謀略は元就の代名詞

 危険人物度:☆☆・・・  家臣や領民への気配りを忘れなかった

 人気知名度:☆☆☆・・  三本の矢の精神は今も生きている

 繁栄存続度:☆☆☆☆・  乱世を生き抜き長州藩の礎となる



ま「第7位の一人目は、毛利元就(もうりもとなり)。 総合点数は21点です。

  続いて、二人目は…」



デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャン!


第7位 徳川家康(とくがわいえやす)

 立身出世度:☆☆☆・・  源氏の末裔だと主張していたが…

 下剋上度 :☆☆☆☆・  人質の身から最後は征夷大将軍に

 権謀術数度:☆☆☆・・  律義者の裏の顔は・・・タヌキ!?

 危険人物度:☆☆・・・  勝者となったためか悪評は少ない

 人気知名度:☆☆☆☆・  日本史における重要人物の1人

 繁栄存続度:☆☆☆☆☆  200年以上続いた江戸幕府の祖



ま「第7位の二人目は、徳川家康(とくがわいえやす)。 総合点数は、同じく21点です。」


のぶさま2019

長「おぉ、竹ではないか。」

ま「おぉ竹…? 若い頃の家康って、そんな苗字でしたっけ?」

長「何をとぼけた事を申しておる。

  家康の幼名(ようみょう)が『竹千代(たけちよ)』だから、竹じゃ。

  アイツとは、まだ幼い頃からの付き合いでな。 つい懐かしゅうなったわ。」


ま「冗談ですよ、冗談。 では信長さん、家康の前半生について解説をお願いできますか?」


長「竹は尾張の隣国・三河(みかわ、現在の愛知県東部)の出身で、最初は『松平(まつだいら)』という姓だったのう。」

ま「信長さんが今川義元を討ち取った“桶狭間の戦い”の後、『徳川』姓を名乗ったんですよね。」

長「左様。 松平氏はもともと、三河の岡崎(おかざき)城を拠点とする領主でな。

  余が織田家を継ぐ前には、オヤジ殿(織田信秀)とも合戦を繰り返した時期もあったそうじゃ。」



長「じゃが、当主であった竹の祖父が不慮の死を遂げる。家臣の仕業という噂もあるな。

  これで松平家中は混乱し、竹の父親は駿河(するが、現在の静岡県東部)の大名であった今川義元の力を頼ろうとする。」


長「今川氏の保護を受ける条件として、竹は人質となって駿河へ送られることになった。

  ところが、途中で何かの手違いが起こり、竹は我が織田家に送られてきた。

  そこで、余と知り合ったというわけじゃ。」


ま「なるほど、信長さんと家康の出会いは、偶然の産物でもあったんですね。」


長「その後、いろいろあって竹は予定通り義元の本拠・駿府(すんぷ)へと身柄を移された。

  駿府では肩身の狭い思いをしたようであるが、質の高い教育を受けたという話も聞いておる。

  そうして竹が岡崎に戻ったのは、最初に言った通り桶狭間で余が義元を討ち取った後のことじゃな。」


ま「それから?」

長「岡崎に戻り『徳川家康』と名乗った竹は、余に同盟の締結を持ちかけてきた。

  敵対関係となった今川に対抗するため、後ろ盾を求める意味もあったのじゃろう。

  我が織田家としても美濃の斎藤攻めに手を焼いていたので、好都合じゃったがな。」


ま「後の世にいう『清洲同盟(きよすどうめい)』の締結ですね。

  同盟の破棄や突然の裏切りが当たり前だった戦国時代で、最後まで良好な関係を保った珍しい例かもしれません。



ま「ちなみに、家康が『徳川』姓を名乗った理由は諸説あるようですが、後に征夷大将軍となり幕府を開くことを見越して

  自身が『源氏』の出身であることを広く世間に主張する必要があった・・・とする説がよく知られています。

  当時は【征夷大将軍=源氏の出身者】という暗黙のルールがあったんですね。 ちなみに信長さんは・・・」


長「まぁ、その辺りは解釈次第でどうとでも言えよう。 ”平氏”だったはずの余も、いつのまにか”藤原氏”とも呼ばれておるしな。」

ま「とはいえ、家康はその後実際に征夷大将軍に任ぜられ、天下統一を達成。

  人質から見事な成り上がりを完成させました。」


長「小心者で人見知り、戦に負けて(モニョモニョ)を漏らした事もあるあの竹が、のう。」

ま「何やら放送できなさそうな単語に、しっかり”自主規制”を入れて頂いてありがとうございます。」


ま「さて。 徳川家康については、歴史の教科書にもしっかり載っているので説明はこの位でいいかと思います。それより…」


長「?」

ま「もう一人、毛利元就については…?」

長「生まれた時代も地方も違うでな。 正直なところ、名前を聞いても印象が無いのじゃ。」


ま「それでは、今度は私からご説明を…といきたいところですが

  時間が押しているので、あまり知られていないエピソードを一つだけ。

  信長さんにも、お手伝い頂いてよろしいですか?」


長「何かな?」

ま「寸劇の台本を用意してきたので、家臣の役を担当して頂きたいのです。」

長「“幸若舞”なら得意じゃが、うまくできるかのう。」

ま「で、私が毛利元就の少年時代・松寿丸(しょうじゅまる)役です。」


長「『き、きょうは、しょうじゅまるさまと、いつくしまじんじゃに、さんぱいしました。』」


ま「(さすがに声は張ってるけど、想像を超える“棒読み”…

  『う、うむ。お主は宮島の神様に何を願ったのだ?』」


(互いに棒読みの芝居が続きますが、読みづらいのでここからは普通に書きます)


長「はい、松寿丸様が“中国地方を統一できますように”とお願いしました。」

ま「なんと志の小さいことだ。 なぜ全国を統一したいと願わなかったのだ?」

長「吉田郡山の小領主に過ぎない我が毛利家が、全国を統一するなどとても…」

ま「良いか、中国地方の統一を果たすには、全国を統一するくらいの志が無ければならぬ。

  最初から中国地方だけが目標では、せいぜい安芸一国で終わってしまうだろう。」



長「…。」

ま「…。」


長「……で、オチは?」

ま「ズコーーーッ!!」(椅子から転げ落ちる)



……(気まずい沈黙)


長「…ふぅ。」

ま「(何事も無かったように座り直して)…コホン。

  茶番はさておき、以上第7位の2名を紹介しました。

  CMの後は6位の発表ですが、実はまた同率が2名いて、第5位となります。」


長「そろそろ、話の仕込み方も強引になってきたのう。 ネタ切れか?」

ま「…だから、そういう話はカメラが回ってない時にお願いします。」


【次回更新に続くッッ】

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
たまにはリアルに(笑)
CMです!

本日ご紹介する商品はこちら!

じゃじゃん!

「遠州みそまんじゅう~」

「ランキングで家康殿が入った記念におひとついかがでしょうか?」

「え?それってリアルな商品じゃ・・」

「ちなみに、三方原の戦いとは関係ないですからね」

「アレですね・・」

何か言いたげな顔でご覧になっている信長公にはこちらっ!

じゃじゃん!

ビロードのマント!!です

「どうです?羽織ってごらんなさいな
さらに威厳が増してございますよ」

今回もフロイス便がお届けします!


2019/09/19(木) 22:51:09 | URL | byリト (#m2mWYtU6) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)