FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】何かに依存せず”ほどほど”を保つのは難しいけど、ブログ主はどうかと言えば・・・

こんばんは。

今日は午後から3週間ぶりのメンタル定期受診があったので、仕事は午前中で上がらせてもらいました。

今週はあと3日間の仕事プラス木曜夜の簿記勉強会が控えていますが、昼間と朝晩の気温差で体調を崩さないように過ごしたいです。


で、肝心の受診は予約時刻より30分遅れで始まり、ブログ主の近況や今後の見通しなどを話して15分ほどで終わりました。

心身の調子を大きく崩すこともなく、契約通り「7時間×週4日」の勤務を忠実にこなすことができているので(10月以降も継続の見込み)

お医者さんから「今の調子で焦らず、少しずつ積み上げていけばいい」と助言をもらいました。 同席した就労支援の担当者も同意見でした。

また、8月頃から「徐々に減らすことを目指す」と決めた薬の量も、別の(朝と晩に飲んでいる)薬を少し減らしてみることになりました。

本来は”胃腸の不調や食欲不振を改善する薬”だそうで、食欲はむしろ抑えていきたい(苦笑)ブログ主には難しい話ではなさそうです。

最初にメンタルの病院にかかってから5年半ほどになるはずですが、こうやって少しずつ回復に向かっているのは有難い話だなぁと。


メンタルの話に限らず、薬を飲むことや飲み続けることに対して「依存に陥るのでは?」という抵抗感を持つ人は多いと思います。

特に「いちど睡眠をサポートする薬を飲み始めると、薬無しでは眠れなくなる」なんて意見はよく聞きますし、ブログ主も体験しました。

夜行バスに乗った際、普段飲んでいる睡眠導入剤が入った荷物をトランクに預けてしまい、結局一睡もできなかったことがありまして・・・

「やっぱり一度飲んだら死ぬまで止められないんだ、睡眠薬怖い!」という”極端な結論”が正しく聞こえるのも、無理はないのかなと。


最近では「せき止め薬を大量に購入・服用する若者が増加」というニュースが報道され、”依存”をめぐる問題は根が深いと思っています。

薬物に限らず”買い物”や”ゲーム(ブログ主も身に覚えが)”、”ギャンブル”に”アルコール”、そして”食欲(摂食障害)”などなど・・・

「現実の嫌な事を忘れたいがために、手近な快楽を味わって満足する」 ⇒ 「罪悪感と、さらに強い快楽を求める衝動が襲ってくる」

そして「その快楽を得るためなら、自分の生活や金銭感覚、人間関係をも省みない行動に走る」 治療が必要な依存のパターンです。


「テレビやネットで報道されるのは”極端なケース”だから、患者の心が弱いだけで自分は関係ない」と思われる方も多いのでしょうけど

外を見回せば(パソコンやスマホの”外”も含む)人間の”夢”や”欲望”を掻き立てる情報がこれでもかと提供され、世の中は嫌な事ばかり。

職場にも家庭にも心を許せる相手はおらず、テレビやネットを相手に愚痴をこぼしつつ一日が終わる・・・ なんか楽しい事無いかなぁ。

ほんの一瞬でも『こんな生活は嫌だ、こんな自分は嫌だ』と思った時、実は”依存の入り口”がすぐそばに潜んでいるのかもしれません。

「心が弱いから”うつ”になる」が必ずしも正しくないのと同じで、「心が弱いから”依存”に陥る」だけでは済まない現実があるように思います。


おっと、つい長々と【雑感】寄りの話をしてしまいました・・・。

無理やり結論を書けば、ブログ主の中にも”依存に陥る可能性”はあって、いつ”そっち側”に落ちてもおかしくないと自覚している。

そこで何とか踏みとどまれているのは「心が強いから」じゃなく、「何かに依存した自分」を想像しつつ遠ざかろうとする意識があるから?

そして「何かに”依存”しても悩みや不満の根本を見つめないと、本当の解決にはならない」ことを学んできたから?? 

・・・うん、すこぶる理想論を書いた。 ブログ主はこんな高尚な事を実践しているんだ、と思わないようにお願いします。 恥ずかしいから。


というわけで、今日はここまで。 (そして逃げるように退散)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)