FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】そうそう、昔から「減価償却すれば火もまた涼し」って言うよね~ (丸焼けになるわい)

こんばんは。

今日は朝から晴れたり曇ったり雨降ったりと忙しい空模様で、ついには先ほどから雷様がゴロゴロ言い始めました。

来週はまた台風の接近で大荒れになるとかならないとかの予報が出てますが、どうか東京旅行に影響が出ませんように・・・と。


ところで、タイトルのことわざ(?)に何の違和感も抱かなかった方は、ブログ主と気が合うかもしれません(流石におらんやろ)。

減価償却(げんかしょうきゃく)・・・  昨日の夜の勉強会で一番時間を使ったテーマです。

ブログ主もつい2か月前に簿記3級の勉強を始めた身ですから、他人様に教えられるほどの知識や技術は身についていないわけですが

あえて”簿記の知識が無い相手に説明”すると・・・例えば自動車を買って何年か乗り続けていたら、傷がついたり部品が劣化したりします。

会社の帳簿(持っているお金の額やモノの価値を記したもの)には、新品として買った時の値段が”その車の価値”として記録されますが

1年、2年と使い続けていれば、前述の通り車の価値(売った時の下取り額)はどんどん下がっていく・・・ なんとなくイメージできますかね?

そんな”時間の経過で劣化していく固定資産(車や建物など)”の帳簿上の価値を”目減り”させる手続きというのが、減価償却らしいです。

もっと詳しく知りたい方は、このページを閉じた後に「減価償却 わかりやすく」で検索してみてください。 楽しいと思います(ホントかよ)


・・・ただ一つ、この授業を受けてブログ主が思った事は「うん、算数が苦手でなくて助かった」でした(自慢するわけではないのですが)。

簿記の先生は「問題文に出てくる数字を落ち着いて”公式”に当てはめれば、誰でも問題が解けるようになります」と説明していましたが

ブログ主が数学の先生をしていた頃には、授業中に『それができれば苦労はしないよ』って顔をする生徒がたくさんいた訳でしてねぇ・・・

昨日は前の方に座っていたので本当はどうか分かりませんけど、練習問題に四苦八苦していた受講者も少なくなかったような気が・・・

似たような練習問題を何回も実際に解いてみて、問題文の読み方や公式の使い方を目と頭と手先で覚えるのが大切かなと思います。


簿記についてはまだまだ初心者ですけど、数学の勉強方法だったらちょっとくらいは相談に乗れますよ・・・と謎のアピールをしたところで

今日は以上です。  あじゅじゅじゅした(ありがとうございました)。



にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)